Sun&Moon さん プロフィール

  •  
Sun&Moonさん: Sun&Moon
ハンドル名Sun&Moon さん
ブログタイトルSun&Moon
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyokotsm/
サイト紹介文最も個人的であり、限りなく普遍的なこと。 誰でも心の一番奥ではつながっているのです。
自由文あなたが自分自身を信頼できるようにお手伝いしましょう。
すべての人が自分を信頼できるようになれば、
この世のあらゆる問題は解決します。

ホームページ
http://www.geocities.jp/kyokotsm/title.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/05/15 10:24

Sun&Moon さんのブログ記事

  • 何かに見守られている安心感
  • 孤独な道を行くと言っても「何かに見守られている安心感」というのは必要だ。私の場合はそのような存在に実際に助けられたことがあるから「見守られている」と信じるのは難しくない。見守られていると信じられればなかなか拭い去れない不安などをふっと手放すことができる。たとえ「見守ってくれている存在」が何もしてくれなくても、心の中の不安さえ消えればすべてのことはうまく回り出す。現実を作り出すのは自分の意識なのだか [続きを読む]
  • お役御免
  • 学生たちは自分たちの力ですごく良く出来るようになって、もう私は要らないなーと思いました。(現実もそんな感じになりつつある)私はただ信頼するだけ。何もしなくても皆自分の本領を発揮する時代なのです。それから、ホテルに古い友人が訪ねて来た。時間がなくてちょっとしか会えなかったので、こちらから会いに行くと、ホテルにそのような人はいないと言う。あれ?男装して偽名でも使ってたのか??いや、実はそこ(アメリカ?)に [続きを読む]
  • 一見悪く見えることも
  • すべて必要だから起きているのであって、何か良いことが起きる前兆なのだからこうなったらどうしよう、という不安や何で私がこんな目に!などという不満をなだめすかしやり過ごして、ただひたすら感じる。 [続きを読む]
  • 孤独な道を行け!
  • だれかもこう言ってたな…みんなが自分1人の孤独な道を極めれば思いかげずそこでみんなに出会うのです。なぜなら、みんなもともと一つだったのだから。そこにはなんの妥協もなく、不満もありません。他人に合わせる必要は何一つないのです。これがあらゆる問題の唯一の解決方法です。 [続きを読む]
  • 痛みや傷が深いほど
  • それを感じ切ろうとすると心がより深く開くことになるようです。体調悪いですが、ただひたすら感じています。不安や恐れはありません。きっと、心を全開にする練習をしているのでしょう。 [続きを読む]
  • IKIGAI
  • 本当に好きで、得意で、社会から必要とされ、収入が得られること。みんながそれを生業として生きるのが、社会の未来像ですね。 [続きを読む]
  • 無意味な人生
  • 人が心の底から幸せとか生きがいを感じるのは、自分の存在、自分の行為がだれかを幸せにしている!と実感できたときなのではないだろうか。そういう意味で自分が唯一幸せにできる人を全く幸せにできていない私の人生は無意味であり、生きるに値しない。 [続きを読む]
  • 愛は…
  • 愛はとてつもなく繊細で限りなく魅惑的でいかなるものよりも刺激的でときに極めて残酷でである。そして悲しみの極致が、実は歓びの極致と同じであることを教えてくれる。人は愛の前に全面降伏するしかないのである。 [続きを読む]
  • あらあら
  • ずっと素敵だなぁと思っていた人にいきなりキスをされた夢を見た。正直嬉しかったな。だからどう、というわけでもないけど。ただのメモでした。 [続きを読む]
  • 久々に風邪をひきました
  • 高熱にうなされていたわけではないが、支離滅裂な夢を見ました。友人たちが私を探しているのに、なぜか彼らに会いたくなくて逃げ回っている私。外国? 金持ちから貧乏人までが住んでいる、高層の建物のエレベーターに乗る。こんなところで、というような場所で知人に出くわしそうになって逃げ隠れ。日本に?逃げ帰る。流石に連絡しなきゃと友人に電話。私からの電話に歓喜する友人たち。とても心配していたのだ。しかし日本に?い [続きを読む]
  • 初化粧?
  • 昼寝して目覚めたら、何と化粧していた。眉毛も剃ってあり、白粉も、口紅も塗ってある。鏡で横顔を見たら、なんかちょっと母に似てる??取ってつけた感じでもなく、そんなに悪くないな。それにしても、化粧されているのに全然気付かないなんて…という夢でした。 [続きを読む]
  • 不快感を感じる
  • 人は不快感を感じるのが苦手である。それもそのはず、世間では不快感はよくないものと思われており、人々は常にどうしたら不快感から逃げられるかを考え、世の中には不快感をなくすための商品が溢れているからである。しかし、不快感を避けたり、感じないようにしても、根本的な解決には繋がらない。全ての解決の入り口は「感じること」にある。「感じろ」というのは、決して「我慢しろ」という意味ではない。不快感に心を開いて、 [続きを読む]