彼方 さん プロフィール

  •  
彼方さん: 近くの彼方から
ハンドル名彼方 さん
ブログタイトル近くの彼方から
ブログURLhttps://ameblo.jp/hei-ok/
サイト紹介文身の回り、心の内に存在することを並べています。フトアゴヒゲトカゲのアゴが突如しゃべりはじめたり...。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/05/16 09:14

彼方 さんのブログ記事

  • コスモス撮影【練習】
  • 次の週末は大規模なコスモス園に行く計画を練っている彼方です。 そこで...。今日は佐賀市の北部にある金立コスモス園へウォーキング&撮影の練習に行ってきました。満開に近いコスモス。そして好天というグッドコンデションでありましたよ。メインの被写体を画面の上下三分の一の場所に持ってくる三分割法を意識してみました。 こんな感じで良いのかな...。少し風があって花が揺れていたのですが晴れているとシャッター速度 [続きを読む]
  • シリケンイモリ【寝てると思いきや】
  • シリケンイモリのつな。手つきがイベリアトゲイモリのスーさんがよくやるオバケダゾーポーズのようです。同居しているわけではありませんが、何らかの影響でしょうかw いや、そうではない模様。撮影を続けていて気づきました。おいおい、眠っているのかい??? ねてないようっすらと目を開けまして...。 おっ、すっきりした目つきに変わりましたよ。でもね,,,。よく、ご覧いただくとわかると思いますが、アゴのしたにうっすら [続きを読む]
  • 続々大造り物2018【驚嘆】
  • 山都町八朔まつりでの大造り物。そのご紹介のラストです。 四の五の言う必要がないので文章少なめです。 驚嘆という言葉しか思いつかない。見た瞬間、とんでもない、どうやってこれを...。これはお祭りの出し物を超越した芸術作品ではないのか。 平成のトリを飾るにふさわしい。 伊藤若冲の鶏画を参考にされたそうですが、迫り来るパワーが凄かったです。 [続きを読む]
  • 狛犬その446【天満宮・久留米市】
  • 8月下旬の大川・久留米狛犬巡りの続きです。 久留米市三潴町の天満宮。良く晴れた暑い日。猛暑、酷暑と言われた今年の夏でしたが、彼方は暑いのが大好き。よって、今年の暑さ加減にも実はウキウキしておりました 前々回の大己貴神社同様立派な楼門があり、期待してしまいます。屋根を支える力持ち? 門の中を覗いてみましたが、狛犬さんの姿はなしでした。ちょっと残念。 整然とした境内。狛犬さんは二対が確認できました。天気良 [続きを読む]
  • ニワハンミョウ
  • 年末に向けて来年のカレンダー作成用の素材を探そうと画像フォルダを探し回っていましたら、あんまりうまく撮れずに、放置していた昆虫の画像を再発見。 カメラを向けたらダッシュで逃げていくグリーンの甲虫。その姿からハンミョウの仲間のようですね。 ハンミョウと言えば昨日公開の南阿蘇の水源巡りの際に初めてであったあの美しい姿。あれに比べるとずいぶん地味な感じではありますが姿はソックリですね。派手さはないけれども [続きを読む]
  • ハンミョウ
  • ムシネタはまだまだ南阿蘇村での水源めぐりで出会った昆虫が続きます。7月中旬のことなので、3ヶ月遅れでのご紹介 前回のショウジョウトンボを撮影した水源を歩いていると足元を何やら素早く動く虫がいました。なんだろう...。えっ?もしや...。良く知られた昆虫でありながら、今まで一度たりとも出会ったことのなかった虫。 ついに出会ってしまいました。 それが、このハンミョウ。足元をすすーーっと動いてはピタリと止ま [続きを読む]
  • しんかい
  • 昨日のつづき。 人だかりのそれへ近づきます。自分の目で見ている人とレンズ越しの人と半々か。ついに、目の前で見る「しんかい6500」JAMSTECが誇る大深度有人潜水調査船。最近、ブームと言って良いくらい深海生物を特集したテレビ番があったり、深海魚大行進みたいな展示イベントがありますが、このような調査船が真の映像を撮ってきてくれるお陰だと言って過言ではないでしょう。照明設備や各種カメラ、そして大深度の水圧に [続きを読む]
  • あの船に乗った!!
  • 昨日のこと。朝6:00前に出発。経費節減のためひたすら下道にて大分県別府市へ。 目指したのは別府国際観光港第4埠頭に停泊中のこの船舶。船体に記されたロゴをご覧下さい。JAMSTEC くぅーーっ!!かっちょえーーわかります? この船が一体何者なのか??おわかりの方は、きっと彼方のことを羨ましく思っていることでしょうwさあ、乗り込もう。 いきなりの操舵室内。意外とアナログな感じの操作盤でした。手前にしっかりつ [続きを読む]
  • 続・大造り物2018
  • 昨日のつづき。観光文化交流館にあった昭和42年の大造り物写真。ゴジラとマグマ大使とは懐かしい。写真に写っている少年達も今は還暦前後...なんて想像は余計かな(*^^*) 市役所前にあった、ラグビーワールドカップのマスコット。連獅子のレンジーだそうです。まだまだ知名度低いですね。 ジャック・スパロウは昨年度の作品。凄いバランスというか...。よく倒れないですね。 眼光鋭い虎。これだけではありません。 思わず息 [続きを読む]
  • 大造り物2018
  • 先月中旬のこと。親方(彼方の嫁ともいう)が宮崎県の高千穂にあるトンネルの駅なるところへ連れていけと言い出しました。情報番組かなんかで良さげな感じのを見たらしい。別に焼酎とか飲みもしないのにです。彼方は多少飲みますけどね。スルーしていても良かったのですが、もし行くとしたら、そうだ、今年は断念するつもりだったあの場所を経由しよう。と、いうわけで立ち寄ったのが通潤橋。そうです、このところ毎年訪れていた熊 [続きを読む]
  • 狛犬その445【天満宮・大川市】
  • 前回に引き続き大川市での狛犬巡り。 大川市木室にある天満宮。新しめの鳥居の奥に楼門が見えていますね。となれば、この中に木製狛犬または肥前が...と期待しましたが。おわしましたのは、こちらのお方のみ。まあ、がっかりせずに先に進みましょう。 いかにも地域の神社という雰囲気。正面、拝殿前の狛犬さんへ行く前に。上の写真の手前左側に一体、阿形のみ、小さめの筑後型。拝殿前の一対は先程のものとは異なる筑後型。全体 [続きを読む]
  • ショウジョウトンボ
  • 前回のマユタテアカネに続いて南阿蘇村の水源巡りの際にみつけたトンボ。ただし、同じ水源ではなく別の場所。一口に赤とんぼと言ってもたくさんの種類がいるわけですが、その中でも最も真っ赤なトンボではないかと思います。 ふとした疑問?ショウジョウトンボの“ショウジョウ”てどんなショウジョウ??症状でも賞状でもないであろうことは容易にわかりますが。 調べたら“猩猩”なんですと。いやだから猩猩がわからんのですよね。 [続きを読む]
  • 究極のビオトープ
  • 鬼木KKSを堪能した後、まだまだたっぷり時間がありましたので、島原市「鯉の泳ぐまち」へと向かいました。 “水の絶景庭園”なんて紹介されている観光ガイドもある四明荘。以前は無料で入れたのですが、去年から有料となったようです。 それでも、ここへ来たからには立ち寄るのみ。 先客の仲の良い兄弟君、後ろ姿だから良いかなと無断でモデル役にしちゃいました。元々は別荘として建てられているそうですが、これが自分ちだっ [続きを読む]
  • ベランダビオトープの水抜きます
  • ベランダに置いている発泡スチロールのメダカビオトープ。 ずっと足し水(それもほぼイモリの水換えで捨てる水)だけで維持してきました。本日まで一年以上トラブルなく維持できていましたが、アナカリスが増殖し過ぎたこともあり、思い立ってメダカを取り出しての水換えを決行です。色んな色のメダカ十数匹とエビが二匹生存中。エビさんがもっと殖えてくれたら良かったのですが、ずっとこの二匹のようです。 かき混ぜるとかなり濁 [続きを読む]
  • 狛犬その444【大己貴神社・大川市】
  • 8月下旬、福岡県大川市、久留米市で狛犬巡り。適当に七社を巡りましたが一社は無狛犬、そして一社は立ち寄ってから再訪だったことに気づきました(;^_^A そんなこんなですが、一社目は大己貴神社。立派な灯籠。その先にある楼門が気になりますが。残念ながら狛犬さんの姿はなく、干支や縁起物が適当に並んでいました。 狛犬さんは楼門のすぐ先と拝殿前の二対を確認。がっしりとした体型の筑後型狛犬さん。制作年を確認しようと台座 [続きを読む]
  • 台風の後にかかる橋
  • 先週の24号につづき、今日は台風25号で強風が吹き荒れました。佐賀市の瞬間最大風速32.4mを記録したそうです。 彼方も夜中から強まった風の様子を伺いながら自宅で大人しくしておく他ありませんでしたが...。 このところ毎日のウォーキングが習慣になっていまして、ちょっとウズウズ。台風が通過した15:30頃からいつもの公園にウォーキングに出向きました。公園のHPで確認したのですが、台風の影響で閉園していた [続きを読む]
  • マユタテアカネ
  • 南阿蘇村の湧き水巡りをしていた時に見つけた赤とんぼ。近づいても逃げることなく、指を差し出したらそこにとまってくれんじゃないかと思うほど、警戒心の薄いトンボでした。マユタテアカネの名前の由来は顔に眉のような明瞭な斑紋があるからだそう。だけど、眉と言うよりも....。昭和三十年代のおっさんのちょびヒゲのようwww かと言ってチョビヒゲアカネでは、本種に対してあんまりか(*^.^*) [続きを読む]
  • Gの求愛
  • 本日はしばらくぶりにGのお話し。 Gすなわちゴキブリさんのお話しなので、苦手な方、不快に感じられる方はこの先ご覧にならないようお願いします。 では、参ります。 飼育中のアルゼンチンフォレストローチ、通称デュビアですが、成虫のオスがその翅をグッと立ててていました。まるでスズムシやコオロギのよう。違うのは翅をこすり合わせて音を出すことがないこと。 それでも、すごく頑張って翅を立てている感じがします。 ど [続きを読む]
  • お堀のハスと
  • 8月下旬の午前中のこと。ウォーキングしようとした佐賀空港付近が到着した途端に雨。雲の少なそうな場所を目指して行きついたのが佐賀城のお堀。ここを歩くのは初めて。 お堀の一角を埋め尽くしているハス。良く知られているだけあって、さすがに見応えがあります。数は少なかったけど、大きくて美しいハスの花。今年はもう時期が遅いかなと思いますが、来年は早起きしてたくさん見れる時間に行ってみようかな。この佐賀城のお堀 [続きを読む]
  • ニホンカワトンボ
  • 南阿蘇村の白川水源にて。 とんぼ目線からの水源撮影を試みましたが見事に失敗諦めてトンボ撮影に集中します。 美しいグリーンの体。この場所では以前、茶色い翅の美しいニホンカワトンボを撮影していました。上は2012年にここで撮影したニホンカワトンボ。 また、あれとは違うトンボを見つけられてラッキー!!なんて思ったら違いました。 調べたら、これもニホンカワトンボ。翅が透明のタイプがいるんだそうです。 この種の [続きを読む]
  • 狛犬その443【鴨神社・山陽小野田市】
  • 8月中旬、徳山動物園からの帰りにみつけて立ち寄った山陽小野田市の鴨神社です。長い参道の途中に最初の狛犬さんを見つけました。ちょっと困り顔の阿形。出っ張った眉にたれ耳。吽形は少しご立腹顔かな。台座には昭和七年五月吉日とありました。 さらに参道を奥へ進んだところで二番目の狛犬さん。こちらは見事に三角型に尖ったお鼻が目立ちますね。この後、本当なら社殿をしっかり確認したり撮影するはずだったのですが...。↓ [続きを読む]
  • 台風被害【小傷にモヤモヤ】
  • 非常に強い台風24号が九州南部から四国、近畿、東海へと向かっていますね。 彼方家の付近では午後に風の強い時間帯がありました。家の周りのバケツとか飛びそうな物は片付けていたのですが...。 向かいの家のゴミ入れサイズのポリバケツが四つも彼方の車の周りに転がってきて。 そのうちの二個が車のドアとカーポートの支柱に引っかかってました(`×´)リアドアを擦っていたらしく、お陰様でのこの状態。一応声かけてバケツは [続きを読む]
  • 予想不可能のKKS
  • またも鬼木棚田のKKS(かかし)まつりから。 その年話題になった人物や出来事を題材にしたかかしが多いので、そのネタを予想するのが楽しいのですが、毎年、斜め上を行く予想不可能な作品を繰り出されてしまいますww 今日は、そんな“うわっ、こうきたかー”というKKSを並べてみました。 まずは、平昌オリンピックのカーリングから。いや、平昌オリンピックが今年だったことをすっかり忘れていました。そして、流行語大賞候 [続きを読む]
  • 磯野波平様邸
  • ちょっとひねりを加えた音楽ネタ。なんとなく見てしまった動画なんですが、そこで使われいる曲がとことん耳に馴染んでいました。一曲目とラスト以外は完全なるBGMで、ストーリーの引き立て役でしかないはずなんだけど、温かい、懐かしい、優しい、面白い...湧き上がるのは良いイメージばかりです。サムネイルが表示されませんが、 で再生できています(2018.9.28時点)彼方も子供の頃、祖父母や叔母、従姉妹も含めて [続きを読む]
  • モンキアゲハ
  • 前回の謎の蛾に続き、小城市の清水の滝付近で出会った虫ネタ。滝を見た後、清流の流れに沿ってくだっていたところ大きな黒い蝶々に出会いました。 湿った地面の水を吸いながら移動しています。白い斑紋が特徴的なモンキアゲハ。かなり近づいてカメラを向けていましたが、あまり動ずる様子もなく水分補給に余念がありませんでした。なかなか一箇所にいてくれないことが多いと感じるアゲハの仲間でしたが、この日はじっくり観察でき [続きを読む]