orion12 さん プロフィール

  •  
orion12さん: 『クリアー整体ヒーリング』です
ハンドル名orion12 さん
ブログタイトル『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orion12-clear/
サイト紹介文クリアー整体ヒーリングというものをやっている者です。癒しやちょっと不思議な話など書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/05/17 11:29

orion12 さんのブログ記事

  • 「絶対大丈夫!」という人ほど大丈夫ではない (スピリチュアル篇)
  • この世はある意味マヤカシだらけの世界です。眼に見えない世界の事柄なら尚更です。自分がマヤカシにやられない保証なんて誰にもありません。それどころかやたらとマヤカシに引っかかりまくるのが人間というものです。 世の中に死ぬまで一度もマヤカシに引っかからない人間などいないのです。 それが人間が作ったマヤカシであれ人外のモノが作ったマヤカシであれね。 マヤカシにやられまくって痛い想いをして段々と大人になるわけ [続きを読む]
  • イレズミの波動と劣化の速度
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 身体に傷が付いてしまったところは、そうじゃない場所より波動のレベルは低くなっています。 不可抗力で付いた傷でもそうです。 ましてや自分で自分の身体を故意に痛め付けるような行為を行うと [続きを読む]
  • 開催!名古屋クリアー整体ヒーリング講習会(2018年7月)
  • 今年3度目、2カ月振りの名古屋講習会となります。早いものであっという間に真夏でございます。まぁ、これを書いている時は結構まだ梅雨の真っ盛りですが…(笑)今回も何卒奮ってご参加くださいますようお願い申し上げますm(_ _)m まだまだ亀のような歩みではございますがここまでやってまいりました。 とはいえ、亀だってウサギにいつか勝つことかも知れません(笑) 講習会についての参考資料 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの波動と親による影響の関係性
  • 赤ちゃんというものは自然と癒しの波動を出しています。側にいれば暖かくて穏やかな気分になるのはそのためです。つまり、人間は癒しを為すことのできるエネルギーを生まれる時に既に持っているのです。 それはこの世にやって来る全員に標準装備されたエネルギーです。「赤ちゃんからは癒しのエネルギーが出てるのに、じゃあ何故幼児虐待とかが増えてるのでしょう?」というような感じの質問を最近受けたので、今回はそれについて [続きを読む]
  • 幸運と不運と『運を強くする方法』
  • 人生は絶え間ない出会いと選択の連続によって成り立っています。 出会いと選択があればそこには自ずから吉凶禍福が糾える縄の如く現れてきます。 それを人は運といいます。つまり、運とは人・モノ・場所との出会いとその際における選択から生まれるのです。 そうやって生まれた『運』が巨大なジグソーパズルのピースのように繋がっていきます。一見繋がって無いようなピースも何処かで繋がって一つの絵になるのです。それが所謂『 [続きを読む]
  • 『火事場のバカ力』的なモノを日常にも求めれば当然劣化は早まります
  • どんな人も穏やかさとともに荒々しさも持っています。それはコインの表と裏みたいなものです。で、荒々しさの持つある種の力強さに魅せられる人が絶えません。特にティーンエイジャーの頃とかはね…荒々しさというのは良くも悪くも分かりやすい生命力の噴出だからです。ただ、それはエネルギー的に見れば使い過ぎて放電しているスマホのバッテリーみたいなものです。当然他人よりずっと早く生命力のゲージが少なくなります。荒々し [続きを読む]
  • 荒々しい言葉は荒々しい波動を呼びおこす
  • 最近は言葉遣いの荒々しい人が目立つようになりました。それは急にそうなったわけではなく、今までその人の中に潜在していたモノが顕在化したのだろうと感じます。人間世界はまるで遠心分離機にかけられたように白と黒、上と下、右と左という風に波動がハッキリと分かれ続けているように見えます。その現象は止まることを知らず、様々なモノの違いがどんどんくっきりしてきているようです。昔ならあったはずのグレーゾーンが無くな [続きを読む]
  • 『心』に対するヒーリングと多重人格
  • 以前こんなことを書いたことがあります。今までヒーリングさせていただいた人の中には幾人か多重人格の方がいらっしゃいました。 家庭内の虐待や学校でのイジメなど激しく苦しい体験をされて来た方々です。 そういう経験をすると心が耐えられなくなって別の人格を作って堪えようとするのだと思います。 多重人格の人は苦しいから別人格を作っているので、当然意識の上で自分の中にいる他人について認識はしていません。 しかし、よ [続きを読む]
  • もしダメージを受けるなら波動のレベルは高くない
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。例えばそこに眼に見えないエネルギーがあるとします。そのエネルギーによって身体や心に何らかのダメージを受けるなら波動のレベルは当然低いのです。逆に身体や心が楽になるような影響を受ける [続きを読む]
  • 所謂一つのスピリチュアルな世界の曖昧模糊としたコトバ
  • 眼に見えないアチラ側のことってのは往々にして『言ったもの勝ち』の世界です。誰にでも掛け値なく分かる『裏付け』が何処かにあるわけじゃないのでね。だから、逆に誰かの言ってることが真っ当かどうかを判断する為には何らかの物差しが必要になります。まぁ、物差しというより判断の為の材料と言った方が近いかも知れませんがね。『タダシ書き』ってのはその材料の中でも重要な要素です。それは辻褄が合わないことでも何とな〜く [続きを読む]
  • 『毒を以て毒を制すこと』の恐ろしさ
  • この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 あたかもポイントカーくドにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一 [続きを読む]
  • 所謂スピリチュアルなグッズの『中身』の話
  • 先日も書きましたが、生物と無生物ではエネルギーの強さも量も全然違うのです。無生物のエネルギーは生物に比べて圧倒的に微弱です。良いとか悪いとか以前にエネルギーとして圧倒的に微弱なのです。お守りであれお札であれ、何も呪術的なことをしなければ『原料』そのものの波動を出しています。紙や布などそれが作られた材料本来の波動をです。つまり、もし何かの物体から眼に見えない強烈なエネルギーが出ているとしたら、先ずそ [続きを読む]
  • 何でも願いが叶う魔法より想像力の方がずっと大切です
  • 『世界』の方から見るならば、生身の人間というモノはあまりにも『無知』に出来ています。「まだまだ発展途上だから」とかいう理由ではなく、「分かる!」ということに対するキャパシティがそもそも小さいのです。だからこそ知らない部分は何かで補わなきゃなりません。その何かとは簡単にいえば想像力です。 ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。先ず自分の [続きを読む]
  • エネルギーの器としての呪術
  • これまでも申し上げてまいりましたように、生物と無生物ではエネルギーの強さも量も全然違うのです。無生物のエネルギーは生物に比べて圧倒的に微弱です。良いとか悪いとか以前にエネルギーとして圧倒的に微弱なのです。お守りであれお札であれ、何もしなければその『原料』の波動を出しています。紙や布などそれが作られた材料本来の波動をです。つまり、もし何かの物体から眼に見えない強烈なエネルギーが出ているとしたら、先ず [続きを読む]
  • 選択で生まれる『運命』と「カルマは連帯責任」とかいう話
  • 人生は絶え間ない出会いと選択の連続によって成り立っています。 出会いと選択があればそこには自ずから吉凶禍福が糾える縄の如く現れてきます。 それを人は運といいます。つまり、運とは人・モノ・場所との出会いとその際における選択から生まれるのです。 そうやって生まれた『運』が巨大なジグソーパズルのピースのように繋がっていきます。一見繋がって無いようなピースも何処かで繋がって一つの絵になるのです。それが所謂『 [続きを読む]
  • 『穢れ』を忌むココロと健康至上主義の行き着く果て
  • (引用はじめ) 優生学は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される (引用終わり) とにかく健康で長生きすることを絶対的な価値とする思想の行き着く果ては優生学的な思想だと思います。ここでいう優生学的な思想というのは「人工的な手段を以って人間という存在を、物理的により『完全』な状態に近付けようとする考え方全般」のこととし [続きを読む]
  • 波動が表現する『特徴』を見れば波動のレベルが分かります
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。例えばそこに眼に見えないエネルギーがあるとします。そのエネルギーによって身体や心に何らかのダメージを受けるなら波動のレベルは当然低いのです。逆に身体や心が楽になるような影響を受ける [続きを読む]
  • 人にダメージを与える『龍神』と呼ばれるモノ
  • この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 あたかもポイントカーくドにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一 [続きを読む]
  • 「神は人間をサポートしたくて堪らないのだ」っていう『神話』
  • まず最初にカミサマという用語についてご説明します。このブログにおけるカミサマという言葉が何を表しているかということについてです。ここでいう所謂カミサマってのは何かと申しますと「これまで世界のどこかで人間によって崇め奉られてきた眼に見えない存在全般」を指します。そのカミサマの正統性だの妥当性だのには関係なくね。今回に限らず私がカミサマって言う時はそういうモノのことを想定しているのです。簡単にいえば「 [続きを読む]
  • 人の波動のレベルを見極めるための方法 (顔つき篇)
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。例えばそこに眼に見えないエネルギーがあるとします。そのエネルギーによって身体や心に何らかのダメージを受けるなら波動のレベルは当然低いのです。逆に身体や心が楽になるような影響を受ける [続きを読む]
  • 所謂一つの『覚醒』と万能感によるファンタジー
  • スピリチュアルな世界には「神秘体験をする→価値観のコペルニクス的転回が起こる→万能感に支配される」という道筋を辿る人が少なくない気がします。「私は覚醒したぁ!」みたいな人のことです。拝見しておりますとそもそも所謂スピリチュアルの目的ってのが「世界は自分の為にある!」なんて思えてしまうほどの『万能感』や「自分に出来ないことなんてない!」と信じてしまえるほど『高揚感』を手に入れることじゃないかと思うん [続きを読む]
  • 「何かに憑かれたってソレは直ぐに離れます」とかいう話
  • 世の中には本当に色〜んなエネルギーが存在しています。 街に出れば携帯電話から出る電磁波だけでも物凄い数が飛び交って人の体もグサグサと突き抜けているのです。 細菌やウイルスは空気中を浮遊しそこら中に付着しています。 もちろん人間の皮膚や体の中にもそれは入ってくるのです。 でも、ほとんどの人は平気で外出し電車や自動車に乗り、人と触れ合います。 ウイルスや電波が怖いから外出しませんなんて人がいたら「おいおい [続きを読む]
  • 『これさえあれば健康法』は絶対正義を目指す者の最後のパラダイス
  • 世の中には身体の事になると直ぐにご自分の信奉されている健康法とかのキモの部分に話を持っていきたがる方が結構いらっしゃいます。 「あの病気の原因もこの不調の原因も全てはコレだ!」みたいな感じにおっしゃるのです。特徴は「ある特定の食物や運動の過多や不足さえ改善すれば健康は取り戻せる!」みたいな単純明快さです。それを私は『これさえあれば健康法』って呼んでるんですがね…『これさえあれば健康法』は間違ってる [続きを読む]
  • 肉体が『ナマモノ』であることと所謂一つの不老不死
  • 生きてる人間は肉体と魂が結びついているが故に成り立っています。肉体という器に魂というエネルギーの塊が入って結びついている状態がこの世では一番安定して強いのではないかと思われます。ただ、肉体は本来的に劣化しやすいナマモノです。ナマモノであるがゆえに強いのです。もっと言えば劣化しやすい儚さゆえに美しいのです。劣化を必要以上に忌まわしいモノと思えば、生命のダイナミズムは返って失われてしまいます。簡単に言 [続きを読む]
  • 心のリミッター外しとマインドコントロール
  • 例えば自己啓発系やスピリチュアル系で何か新しい価値観を推したいって時にこんなやり方をされる人がいらっしゃいます。「コレってイカしてるよね!」みたいな話をする。「でも、頭の硬い人は中々分からないんだろうね」などと続ける。そうやって「その新しい価値観を否定する人はダサい」ってイメージの下地を作るわけです。先ずはここまでは第一段階。「もちろん色んな価値観があっていいし、新しい価値観に染まらないからといっ [続きを読む]