orion12 さん プロフィール

  •  
orion12さん: 『クリアー整体ヒーリング』です
ハンドル名orion12 さん
ブログタイトル『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orion12-clear/
サイト紹介文クリアー整体ヒーリングというものをやっている者です。癒しやちょっと不思議な話など書いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/05/17 11:29

orion12 さんのブログ記事

  • 所謂『因果応報』と途轍もなく大きなブーメランの話
  • 何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因があります。逆に言えば結果の無い原因なんてないということです。所謂『因果応報』というやつです。因果応報と言ってもすぐさま分かり易いカタチで目の前にハイッて返ってくることは少ないと思うのです。 大体はタイムラグがあると申しましょうか…ブーメランみたいにグルーっと大きく一周回って返ってくるんじゃないかと感じるのです。 しかも真正面からではなく明後日の方向から忘れ [続きを読む]
  • 感覚の共鳴性と眼に見えない世界
  • 以下は所謂一つの寓話です。大陸のとある国の権力者が自分のすごい読書量を誇っていたそうです。毎日5時間平均で本を読むみたいなね。でも、それを聞いたとある知識人がそれはおかしいと言いました。「もし本人が言うほどの読書をしているのなら、その知識量は膨大であり、あんな (知性の感じられない) 喋り方はしないだろう」と。これは多分「その人の積み上げてきた経験値は隠しようもなく表に出るものだ」って意味だろうと思い [続きを読む]
  • 何事もチカラ尽くではなく、『自然』を目指せば楽になる
  • 「病原菌の抗生物質に対する抵抗力がどんどん強くなっているせいで、抗生物質で治すことができない病気(軽い病気も含めて)が増加中である」といような話について以前ちょこっと触れたことがあります。元々は雑誌か何かの記事だったと思いますが…結局抗生物質を使えば使うほどそれに耐性を持つ強い細菌をやがては生み出されてしまうらしいです。強く抑えれば抑えるほどかえってより強いものが現れるということです。 例えば何か [続きを読む]
  • 「所謂一つの『式神』を使ってヒーリングをする」とかいう話
  • ここでいう式神とは特定の人間や集団などが何らかの霊的・呪術的な方法を用いて意図的に使役することの出来るエネルギー体全般のことを指します。 昔の陰陽道で言わていたような狭義のモノとは違うとお考えください。他に適当な言葉が見つからないので『人間の側が何らかの手段で使いこなそうとするエネルギー体すべて』を式神という言葉で表現しています。言葉としてはどちらかというと使い魔と言った方が近いのかも知れません。 [続きを読む]
  • 白と黒がハッキリする時代とワールドワイドな呪術合戦
  • 先日こんなニュース記事を拝見したのです。(引用はじめ)2018年8月2日、環球網は、韓国大統領府の青瓦台が風水に問題があるとして、大統領の執務室を移転する見込みだと報じた。 (引用終わり)まず前提として、このニュースそのものについて、ここであれこれ語りたいわけではありません。じゃあ、何が言いたいかというと「この21世紀においても国家のような『表向きの機関』が占いや呪術のようなモノに公然と頼っている」という事実 [続きを読む]
  • 波動的な影響に対する耐性と感受性
  • 波動エネルギーが人間に与える影響の度合いについて以下のような視点で分類をしたことがあります。① 波動的な影響に対する『耐性』の強弱 ② エネルギー的な影響に対する『感受性』の強弱 同等の波動的な影響を受けてもそれに対する耐性は個人個人で強い弱いがあります。 また、同じ波動を受けていてもその影響に対して敏感な人と鈍感な人がいます。つまり、①と②を組み合わせると波動的な影響に関して人間をおおまかに4つのタ [続きを読む]
  • 「あれもこれもそれも宇宙から飛来したエネルギーなのだ!」っていう話 (その5)
  • 所謂一つの『宇宙人神話』って個人的に呼んでるモノがあります。ここでいう『宇宙人神話』というのは「遠い宇宙の果てからやってきた知性体が高度な技能によって地球を生物の住めるような星に改造し、人類という存在をテクニカルに作りだしたのだ!」という風なお話のことです。20世紀の後半、宇宙人絡みの話ってのは「物理的に存在する先進的な宇宙人が、UFOに乗って地球にやって来ている」程度の話が主流だったように思います。 [続きを読む]
  • 『お盆の行事』の話
  • 例えば「生きてる人間の考えるお盆の時期にピッタリ合わせて亡くなられたご先祖様が自宅に戻ってくる」っていう話があります。迎え火とか送り火とかしてね。宗教的シキタリや土俗的な年中行事に対してそれぞれの立場に応じて「信じたい方は信じればいい」と思います。それを否定する気はさらさらありません。社会的な潤滑油として、また生ている人間の心の安らぎとして機能していたりしますからね。しかし、それはあくまで生きてる [続きを読む]
  • 自縛の想念エネルギーと親から受ける波動的な影響
  • 日々量産される自分自身に向けたネガティブな想念エネルギーというものは、年月を追うごとに膨大な数に上っていきます。そのエネルギーは数量に比例してチカラを増し、本来の主たる「顕在意識」を差し置いて本人の思考や行動をガッツリと支配しているのです。 私はそれを自縛のエネルギーと呼んでいます。自縛のエネルギーの始まりは大抵幼児期における人との関わりの中から生み出されます。まぁ、最初は母親か父親のどちらかであ [続きを読む]
  • 開催!名古屋クリアー整体ヒーリング講習会(2018年9月)
  • 今年4度目、2カ月振りの名古屋講習会となります。前回はとんでもない猛暑の中でしたが、今度はちょうど良いくらいの秋の空になっていることでしょう。今回も何卒奮ってご参加くださいますようお願い申し上げますm(_ _)m まだまだ亀のような歩みではございますがここまでやってまいりました。 とはいえ、亀だってウサギにいつか勝つことかも知れません(笑) 講習会についての参考資料 [続きを読む]
  • 先祖供養と所謂一つの無縁仏
  • 「先祖は漏れなく子孫の人生に関わっていくものだ」という風な考え方があります。同じ血脈の中で延々と『生きてる人間』の面倒見ていくという発想です。良くも悪くもそんなに先祖が子孫にガッツリ関わるのが常態化してるのなら、所謂浮遊霊みたいなモノは何で存在するのでしょうねぇ?所謂地縛霊は何故あちこちに立っているのですかね?そういう浮遊霊や地縛霊だって誰かのご先祖さまのはずですが…ヒーリングなんてしておりますと [続きを読む]
  • 長月!東京クリアー整体ヒーリング講習会開催(2018年9月)
  • 8月に引き続いての講習会となります。講習会がある頃には大分過ごしやすい気候になっているかなと思います。宜しければご参加くださいm(_ _)m最近我ながら我慢強いといっても過言ではない気がしております。 わざと遠回しな言い方をしてみましたが…(笑) 依然として東京での講習会はカタツムリのように進んでおります。 しか〜し! されどカタツムリなのです(笑) 講習会についての参考 [続きを読む]
  • ココロの問題と憑かれること
  • 今から考えると高校の頃の自分は精神的に相当不安定な状態だったように思います。思春期の少年というのは誰しも大なり小なりそういうものかも知れませんけどね…まぁ、ロングロングアゴーのお話ですが…(笑)その後図書館や書店とかでメンタルヘルスのことを自分なりに調べてみた時期があります。 まだインターネットなどが影も形も無かった時代です。当時は「何にも知らない」ということがすごく不安だったんでしょうね…それで [続きを読む]
  • 植物には植物としてのココロがあります
  • 当たり前ですが、植物も生き物です。石ころではないんですよね。心もあれば魂もあります。人間の持っている心や魂とは大分違うものですけどね。 「心がある」というのは植物が石ころみたいに何にも感じないわけではないということです。「魂がある」というのは無生物のようにエネルギー的に中身がガランドウではないということです。なので、植物にも個性があります。気性の違いもあります。同じ種類だからといってコピーされたみ [続きを読む]
  • 「あれもこれもそれも宇宙から飛来したエネルギーなのだ!」っていう話 (その4)
  • 所謂一つの『宇宙人神話』って個人的に呼んでるモノがあります。ここでいう『宇宙人神話』というのは「遠い宇宙の果てからやってきた知性体が高度な技能によって地球を生物の住めるような星に改造し、人類という存在をテクニカルに作りだしたのだ!」という風なお話のことです。20世紀の後半、宇宙人絡みの話ってのは「物理的に存在する先進的な宇宙人が、UFOに乗って地球にやって来ている」って感じの話が主流だったように思いま [続きを読む]
  • 運と不運は『糾える縄の如く』…
  • 人生は絶え間ない出会いと選択の連続によって成り立っています。 出会いと選択があればそこには自ずから吉凶禍福が糾える縄の如く現れてきます。 それを人は運といいます。つまり、運とは人・モノ・場所との出会いとその際における選択から生まれるのです。 そうやって生まれた『運』が巨大なジグソーパズルのピースのように繋がっていきます。一見繋がって無いようなピースも何処かで繋がって一つの絵になるのです。それが所謂『 [続きを読む]
  • 今そこにある『憑きモノ』
  • 随分昔、まだ高校生くらいだった頃、所謂『拝み屋』さんのところに何軒か行ったことがあります。 といっても自分の意志で行ったわけではなく、母の付き添いという形で連れていかれただけですが…まぁ、霊能者巡りを趣味にする少年なんてどう考えてもキモいですからね(笑)当時は父の女性問題とかで家庭内はひっちゃかめっちゃかになってました。今にして思えば「それを何とか出来ないか」ってことで、藁をも縋る想いあちこちに相 [続きを読む]
  • 所謂『パワーストーン』と眼に見えないチカラの関係
  • スピリチュアルな人々の多くがお好きなモノに所謂『パワーストーン』ってのがあります。所謂『パワーストーン』ってのに価値を見出すのは「特定の鉱物には他の物質にはない特別で強力な眼に見えないチカラが宿っているに違いない」という考え方が根底にあるからでしょう。ただ、生物と無生物ではエネルギーの強さも量も全然違うのです。無生物のエネルギーは生物のエネルギーに比べて圧倒的に微弱です。良いとか悪いとか以前にエネ [続きを読む]
  • エネルギー的に『繋がること』には当然リスクもあります
  • 生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。分かりやすい例で言えば呼吸です。吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。身体に良い成分のみを先に選別して吸い込むなんてことは出来ないのです。 呼吸に限らずエネルギーの出し入れというのは全てそういう仕組みになっています。まとめて全部取り込んでから必 [続きを読む]
  • 心の視野の狭さと波動のレベル
  • 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ〜ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 誰だって朱に交われば朱くなるものです。それは「人間は自分の外側からの影響を受けて良くも悪くも変わっていく生き物だ」ということです。しかも、その変化はほとんどの場合自覚的にやっては来 [続きを読む]
  • 「あれもこれもそれも宇宙から飛来したエネルギーなのだ!」っていう話 (その3)
  • 所謂一つの『宇宙人神話』って個人的に呼んでるモノがあります。ここでいう『宇宙人神話』というのは「遠い宇宙の果てからやってきた知性体が高度な技能によって地球を生物の住めるような星に改造し、人類という存在をテクニカルに作りだしたのだ!」という風なお話のことです。20世紀の後半、宇宙人絡みの話ってのは「物理的に存在する先進的な宇宙人が、UFOに乗って地球にやって来ている」って感じの話が主流だったように思いま [続きを読む]
  • 心や身体のクセを変える一番簡単な方法
  • 人には誰しもクセってモノがあります。心にもクセがあるし、身体にもクセはあります。そのクセっていうのはその人の持っている行動様式や思考形態によって形作られます。その人の持っている行動様式や思考形態に由来する特定の行動や思考が何度も何度も繰り返しなされることになってクセとして定着します。つまり、クセとは意識的であれ、半ば無意識であれその人自身が作り上げたモノであるということです。であるならまたその人自 [続きを読む]
  • 所謂『お盆』と時代の変わり目
  • 昨年の夏にこんな感じのことを書きました。所謂『お盆』についての話です。エネルギー的に見た『お盆』ってのは普通に言われる年中行事のお盆とは時期がズレてます。 ズレてるというか厳密にいえば別モノです。その現象を正確に言うなら、毎年起こる8月におけるエネルギー的な『場の変化』ということになるでしょう。このエネルギー的な『場の変化』は毎年起こってはいますが、時期や長さはその都度違っています。また、このエネル [続きを読む]
  • 心を傷つけても波動のレベルは下がります
  • こんなことを書いたことがあります。以前何度か腕とかにTATTOOを入れている人を見かけたことがあります。 あの入れ墨の入った箇所は他の身体の場所より波動的にレベルが低くなっています。 何故なら自分の身体を自身で傷つけているからです。 リストカットには胎児の時のトラウマがが大きく関わっています。 自分自身を否定したいという衝動です。 切った手首はやはり波動的に他より低くなっています。 切れば切るほど低くなります [続きを読む]
  • 所謂一つの『いいとこ取り』のスピリチュアル
  • 森羅万象すべてのものには波動エネルギーがあります。 そして、生きるということは数限りない出会いと選択の連続で成り立っています。 なので、この世界にいる限り種々雑多な波動エネルギーとの交流を余儀なくされます。 ここでいう交流っていうのは相互に影響を与え合うことです。一方通行の行き止まりではなく双方向の関係です。その影響にはポジティブなものもあればネガティヴなものもあります。当然常に『いいとこ取り』だけ [続きを読む]