柊木かなめ さん プロフィール

  •  
柊木かなめさん: (腐)的感想文
ハンドル名柊木かなめ さん
ブログタイトル(腐)的感想文
ブログURLhttp://futekikansou.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文隠れ腐女子の普通の感想ブログ。ミステリ、ラノベ、児童書、漫画など基本なんでも。本探しの参考に。
自由文腐女子といいつつ、感想は普通。
ミステリ、ラノベ、児童書、漫画など基本なんでも読んでます。
伝奇や時代物も特に抵抗なく読めますが、どうもSFは苦手です……。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/05/17 19:43

柊木かなめ さんのブログ記事

  • 14歳のバベル
  • 14歳のバベル/暖あやこバベルの塔は崩落する。それが合図だ!担ぎ込まれた病院の診察台。夢うつつの14歳の脳裏に現れた光景は鮮烈だった。巨大な樽の林立する地下工場。指揮を執る少年王の姿――。同い年という彼は囁くのだった。間もなく地上は消滅する。代わって自分たちが人類史をやり直すのだ……。ビール会社のキャンペーンと、黙示録的計画の関わりに気づいた二人の14歳は、秒読みの中で知恵を絞り、そして行動 [続きを読む]
  • ジュディ・モードはごきげんななめ ジュディ・モードとなかまたち1
  • ジュディ・モードはごきげんななめ ジュディ・モードとなかまたち1/メーガン・マクドナルド(絵/ピーター・レイノルズ 訳/宮坂宏美)今日から新学期。 でも、ジュディは、朝から「ふきげんモード」。なぜって、休みのあいだにトクベツなことをなんにもしてないから。br おしゃまなジュディと弟のスティンク、親友のロッキーがくりひろげる楽しい物語。図書館で借りてみました。でも、先に読まなくちゃいけない本もあるんですよ [続きを読む]
  • 死ぬほど読書
  • 死ぬほど読書/丹羽宇一郎もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元 [続きを読む]
  • 闇のダイヤモンド
  • 闇のダイヤモンド/キャロライン・B・クーニー(訳/武富博子)フィンチ家では、アフリカからの難民家族を一時あずかることになった。高校生のジャレッドは乗り気になれないが、妹のモプシーは大喜びで迎え入れようとしている。ところが、やってきた難民たちには恐ろしい秘密があった……。図書館で借りてきました。数年前からあることは気づいていたのですが、今回ようやく読めました。物語の舞台はアメリカ。教会の活動 [続きを読む]
  • 伴走者
  • 伴走者/浅生鴨自分ではなく他人のために勝利を目指す。熱くてひたむきな戦いを描く、新しいスポーツ小説!夏・マラソン編「速いが勝てない」と言われ続けた淡島は伴走者として、勝利に貪欲で傲慢な視覚障害者ランナーの内田と組むことに――。冬・スキー編優秀な営業マンの涼介は、会社の方針で全盲の天才スキーヤーの女子高生・晴の伴走者をするよう命じられるが……。本が好き!を通じて頂戴しました。中々自分じゃ [続きを読む]
  • シロクマが家にやってきた!
  • シロクマが家にやってきた!/マリア・ファラー(絵/ダニエル・リエリー 訳/杉本詠美)障害のある弟ばかりが優先され、アーサーは、毎日がまんばかり……。ある日、大好きなサッカーのテレビちゅうけいが見られなくなり、とうとう家をとびだします。アーサーの目の前にあらわれたのは……シロクマ!本が好き!の企画で紹介するために図書館で借りてきました。うーん、自分からこういう本を借りることはな [続きを読む]
  • 櫻子さんの足下には死体が埋っている 蝶は十一月に消えた
  • 櫻子さんの足下には死体が埋っている 蝶は十一月に消えた/太田紫織北海道・旭川の冬は長い。僕、正太郎と、骨を偏愛するお嬢様・櫻子さんは、雪が降る前に森でフィールドワークをすることに。成り行きで、担任の残念イケメン・磯崎先生も一緒に、森へ入った僕たち。そこに、先生のかつての教え子が行方不明だという報せが届く。しかも彼女の親友も、数年前に失踪していて……。(「蝶は十一月に消えた」)そこに骨があ [続きを読む]
  • ノラのボクが、家ネコになるまで
  • ノラのボクが、家ネコになるまで/ヤスミン・スロヴェック(訳/横山和江)ボクってさいこう!気ままなノラネコぐらいだからね!自分のすきなように生きればいいだけ。気まぐれなボクに、ぴったりなんだ。ヒトには、ソクバクされたくない。でもね……。普段中々こういった本は手に取らないのですが、本が好き!の企画に参加するため図書館で借りてみました。先日紹介したグレッグのダメ日記と同じく、横書きの物語になり [続きを読む]
  • 神隠しの教室
  • 神隠しの教室/山本悦子私っちは、今、もうひとつの学校にいます。そちらの学校とそっくりです。でも、私たち以外はだれもいません。神隠しなのかもしれません。先生、教えてください。私たちは、どうすれば帰れるんですか?第55回野間児童文学賞受賞作小学校で起きた、子どもたち5人の「神隠し」。5人はいじめや家庭環境などに問題を抱えていた…。「もう一つの学校」とは?謎が謎を呼ぶ、長編ミステリー!図書館本。380ペ [続きを読む]
  • メゾン刻の湯
  • メゾン刻の湯/小野美由紀どうしても就職をする気になれず、内定のないまま大学を卒業したマヒコ。幼馴染の蝶子に誘われ、東京の下町にある築100年の銭湯「刻(とき)の湯」で暮らし始める。大手の内定を蹴り愛人生活を送るマレーシアと日本のハーフ蝶子、誰にも言えない秘密を持つエンジニアのゴスピ、事故で片足を失った美容師の龍くん、ネットベンチャーに勤めるSNS大好きまっつん、刻の湯の持ち主である老人戸塚さんとその孫リョ [続きを読む]
  • ゴミと罰
  • ゴミと罰/ジル・チャーチル(訳/浅羽莢子)ジェーンの朝は、三人の子供たちを起こして回ることから始まる。裏庭恐怖症の飼い犬君にはえさ、えさ。平凡は一日? でも、今日はいつもと様子が違う。お隣で、掃除婦さんが掃除機のコードで首を絞められ、殺されてしまったのだ。おまけに疑われたのは近所の主婦一同。わが家を守るため、ジェーンは探偵役を買って出たが……。アガサ賞最優秀処女長編小説に輝く期待の本格ミ [続きを読む]
  • 人魚の石
  • 人魚の石/田辺青蛙(せいあ)人魚の男と私。おんぼろ寺での奇妙な共同生活は、私を壊す……。ある日私は誰もいないおんぼろ寺に帰ってきた。掃除に取り掛かった私が池で見つけたのは、真っ白な事象人魚の男『うお太郎』。人魚にも見えないが、人間とも思えない不思議な生物だった。うお太郎は「この寺の周辺には奇妙な石が埋っており、それを私には見つける力がある」と言うが……。本が好き!さんの献本で [続きを読む]
  • 吟遊詩人の魔法 上下
  • 吟遊詩人の魔法 上下/イラマ・C・マイヤー(訳/鍛冶靖子)かつてエイヴァールでは、吟遊詩人の学院の<視者>たちが魔法の力をふるい、強大な権力を握っていた。だが<視者>の一部が禁断の魔法に手を染めたために争いがおき、学院は弱体化し、吟遊詩人の魔法は失われてしまった。そして年月が経ち、都では最も優れた吟遊詩人を選ぶための競技会が開かれようとしていた。秘められた魔法と陰謀。吟遊詩人の戦いを描く本格ファン [続きを読む]
  • 雪の夜は小さなホテルで謎解きを
  • 雪の夜は小さなホテルで謎解きを/ケイト・ミルフォード(訳/山田久美子)12歳のマイロの両親が営む小さなホテル<緑色のガラスの家(グリーングラス・ハウス)>に、ある冬の日、5人の起毛な客が現れる。彼らは全員が滞在予定日数を告げず、他 の客がいることに驚いていた。なぜ雪に閉ざされたホテルに来たのか? マイロは客の誰かが落としたと主四季古い海図を手がかりに、彼らの目的を探ることにする。それはホテルの秘 密につなが [続きを読む]
  • 弥栄の烏
  • 弥栄の烏/阿部智里断末魔のような悲鳴が響き渡った――未曾有の大地震が山内を襲い、禁門の扉がひらく。失った記憶を必死にさがし求める日嗣の御子・若宮。真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。宿敵・大猿との最終決戦がついに始まったその時、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは。壮大な世界の謎が、いま明らかになる!八咫烏と猿、最終決戦。若宮の記憶は戻るのか大ヒット和風ファンタジー完結購入されているの [続きを読む]
  • 弥栄の烏
  • 弥栄の烏/阿部智里断末魔のような悲鳴が響き渡った――未曾有の大地震が山内を襲い、禁門の扉がひらく。失った記憶を必死にさがし求める日嗣の御子・若宮。真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。宿敵・大猿との最終決戦がついに始まったその時、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは。壮大な世界の謎が、いま明らかになる!八咫烏と猿、最終決戦。若宮の記憶は戻るのか大ヒット和風ファンタジー完結購入されているの [続きを読む]
  • ぺちゃんこスタンレー
  • ぺちゃんこスタンレー/ジェフ・ブラウン(絵/トミー・ウンゲラー 訳/さくまゆみこ)ジェフ・ブラウンと98年度国際アンデルセン賞受賞画家、トミー・ウンゲラーとのコンビがおくるユーモアあふれる極上の物語!図書館で借りてきました。かなりうすい本なのですぐ読めちゃいました。アメリカのニューヨーク。とあるマンションに住むラムチョップさんの家で、ある晩事故が起こります。子ども部屋で掲示板として使っていた大きな板が [続きを読む]
  • 屍人荘の殺人
  • 屍人荘の殺人/今村昌弘神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とともにペンション紫湛荘を訪ねた 。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、"想像しえなかった事態"に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と波乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕 [続きを読む]
  • 2017年感想一覧
  • 2017年感想一覧。今年は(も)数が少ないので漫画も小説もこちらにまとめてあります。またブログには掲載せず、書評投稿サイト本が好き!にのみ投稿したものも含んでいますのでご了承ください。 リンク先間違ってたら拍手等でお知らせください。【あ行】10冊●青柳碧人 1冊国語、数学、理科、漂流●あさのあつこ 3冊光と闇の旅人 1〜3●アンジェラ・ジョンソン(訳/池上小湖) 1冊朝のひかりを待てるから●あんびるやすこ 3冊ア [続きを読む]
  • 七年の夜
  • 七年の夜/チョン・ユジョン(訳/カン・バンファ)一瞬の誤った選択によってずるずると破滅へと進む男ヒョンスに死刑が言い渡される。娘を死に追いやった男ヒョンスへの復讐に燃える冷徹な男ヨンジェは、七年の後、死刑が執行されたその日から、ヒョンスの息子ソウォンへ魔の手を伸ばす。セリョン湖と灯台村の美しい風景を背景に息も着させぬ執拗な心理劇と容赦ない暴力の応酬。読者の不安が頂点に達したとき、物語は衝撃のクライマ [続きを読む]
  • ぼく、カギをのんじゃった! もうジョーイったら!1
  • ぼく、カギをのんじゃった! もうジョーイったら!1/ジャック・ギャントス(訳/前沢明枝)ジョーイは小学四年生の男の子。いつも考えるより先に行動してしまい、騒ぎをおこしてばかり。悪気はないのに、どうしてもじっとしていることができず、まわりから「問題児」だと思われている。幼いときに別れたきりだったお母さんがもどってきて、新しい生活がはじまったのもつかのま、教室で事故をおこして、クラスの女の子にケガをさせ [続きを読む]
  • 光と闇の旅人 1〜3
  • 暗き夢に閉ざされた街 光と闇の旅人1/あさのあつこ結祈は、ちょっと引っ込み思案の中学一年生。東湖市屈指の旧家である魔布の家に、陽気な性格で校内の注目を集める双子の弟・香楽と、母、曾祖母らと暮らしている。ある夜、禍々しいオーロラを目にしたことをきっかけに、邪悪な「闇の蔵人」たちとの闘いに巻き込まれ……。「少年少女のきらめき」「SF的な奥行き」「時代小説的な広がり」といったあさの作品の魅力が [続きを読む]
  • 左近の桜
  • 左近の桜/長野まゆみ交わりを求めてくるのは、あやかしの者ばかり。その気はないけど、ちょっといい感じ?!武蔵野にたたずむ風変りな宿その長男・桜蔵の奇妙な日常を描く匂いたつほどかぐわしい連作小説武蔵野にたたずむ一軒家。じつは、男同士が忍び逢う宿屋である。この宿「左近」の長男で十六歳の桜蔵にはその気もないが、あやかしの者たちが現れては、交わりを求めてくる。そのたびに逃れようとする桜蔵だが……。 [続きを読む]
  • ノエル先生としあわせのクーポン
  • ノエル先生としあわせのクーポン/シュジー・モルゲンステルン(訳/宮坂宏美、佐藤美奈子)ノエル先生がくれたのは「学校を一日サボる券」「授業中にねる券」!?先生がこんなふしぎなクーポンをくれるなんて、どうなってるの?クロノス賞・バチェルダー賞次点作小学校最終学年の担任のせんせいが、もしもでっぷりと太った、おじいさんのノエル先生だったら? 体育は、あきらめなくてはならないし、ちっともウキウキしない! しかも [続きを読む]
  • [現代版]絵本 御伽草子 うらしま
  • [現代版]絵本 御伽草子 うらしま/日和聡子(絵/ヒグチユウコ)海に出たまま帰らない兄の行方を追って、不思議な甕のなかへと迷い込んだ「わたし」。謎の女に導かれ、たどり着いた竜宮城で待っていたのは――?魔物たちが誘う、妖しくも魅惑にみちた異界への旅人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵とともに贈る愛蔵版シリーズ図書館で借りてきました。一般書のコーナーにあったのですが、サ [続きを読む]