NANA王 さん プロフィール

  •  
NANA王さん: あぱちょぴちゅぱちょ
ハンドル名NANA王 さん
ブログタイトルあぱちょぴちゅぱちょ
ブログURLhttps://ameblo.jp/munsters/
サイト紹介文夏は主にビールとフリーマーケット収穫ブログです。
自由文雑貨あり、グルメあり、札幌で家具職人をしている男ですが、仕事の話は殆ど無し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/05/18 11:59

NANA王 さんのブログ記事

  • 震災
  • やっと平常に戻りつつあります。震災時、まっさきに連絡をくれたのはススキノの某社長でした。ありがとうございます。(笑) [続きを読む]
  • 俯瞰する
  • 「じゃあやりますか!?やりますか!?やるんですかやらないんですか!!!」ススキノの路地裏でイキってる若者と、その先輩とのやり取りを見て思う。 ああ、こういうのって、いちばん惨めだよなあ。要は尊敬されてないんです。 下の者がなんでも受け入れると思って調子に乗りすぎた先輩が詰められて、うろたえる場面。自分がそうなったらもうショックでその街に居たくないよねえ。 外で酒のんでると、そうなってもおかしくない場 [続きを読む]
  • antique
  • 先日、骨董市で購入した18世紀、オランダのオニオンボトル。ヤフオクに出ていますが、200年でこんなに銀化するものだろうか。いまは人工的に銀化加工できるので怪しい。ちなみに、ローマングラス(画像は拝借)は紀元前のもの。このクラスになると価格も100万を超えるものも少なくない。 [続きを読む]
  • 観察日記その2
  • 先日、何者かが現場帰りで放置したゴミを床に投げ捨てた上司。投げ捨てた先が自分で使う機械の足元だったため、またしても邪魔で自分で横にずらす。意地でも自分は片付けない、なぜなら偉いから。アホだぜ。(笑)朝礼で「ゴミを放置した者、片付けるように」とひとこと言えば済む話を、人前で喋ると手足がプルプルするために、一年にただの一度も人前で喋れない障害持ち。可哀想になるわ。ああ、一生懸命に小学生みたいな意地をは [続きを読む]
  • 観察日記
  • 「うちの会社にさ、自分が邪魔だと思ったら床になんでも投げ捨てる発達障害の上司がいてさ、でも誰にも尊敬されてないから片付ける部下もいなくて、散らかり放題なんよ。」「ああ、自己主張するレベルが小学生なタイプなー」「平気で会社の周りで立ち小便するし、トイレも汚し放題で掃除もしないしな。」「猿みたいだね。」「自分で食ったバナナのカスで滑りまくってる感じだよねえ(笑)」「馬鹿は死ぬまで治らんよ。」という会話 [続きを読む]
  • 寝たふり
  • 年寄が同じ話を繰り返す場合は認知症 を疑いますが、身近にぜんぜん面白くない話を年間30回ぐらいする中年がいるので調べてみた。なるほど、色々なパターンがあるのですね。彼は発達障害もちなので、上記リンク先に書かれているパニック障害の類いを疑いましたが、読み進めるとそうでもなさそうで、私が思うに、家と会社の往き来ぐらいしかない生活で、「面白い話」のネタが無いにもかかわらず、目立ちたがりなので真ん中で興奮し [続きを読む]
  • 正論です。
  • 松本人志、暴行事件の日馬に「説教する時は酒の場でやっちゃダメ」 まあ、どこの会社にも一人二人は酒のんで説教始める馬鹿タレはいますが、誰も楽しくないし説教効果もないですからね。 あれ、やってる本人だけが気が大きくなって愉しいんですよ。酒飲みのレベルで言えば10段階の1ですよね。僕に言わせりゃ、「こんな場所で酒のんで説教するぐらいなら普段からシラフで物申せ。」ですわ。 ヘタレなんですよねえ。酔ってないと [続きを読む]
  • ドライブ
  • お世話になっている社長のベントレーでドライブ。パネルもシートも最高ですねえ。骨董屋さんに寄り道したら、たぶん札幌で一番りっぱな招き猫に会えました。100万でも売ってくれないでしょ。(笑) [続きを読む]
  • 子供の頃
  • 子供の頃、嘘をついたらずっとモヤモヤして、正直に話したらスッキリした経験をしたことがありますか? 大人になって、平気で嘘をつく人間は、その経験がないのかもしれない。 毎日毎日、嘘や誤魔化し、でっち上げ、生きていて疲れないのだろうか? アタマが悪いのであれば、せめて素直に正直に生きることです。 君は手遅れだろうけれど。 親が怖かったのではなかろうか。それも暴力的に。とっさに嘘や誤魔化しで点数稼ぎして生き [続きを読む]
  • 休日出勤
  • 仕事の内容上、休日出勤が発生するのは当たり前だ。しかし、それに対しての振替代休を与えるのも上司の義務だ。 先日、仕事がほぼ空になり、朝礼にて、「代休のある人は今のうちに休んでください」と経営者が言った。それに対してバカ上司の取った行動は、代休のある二人に重点的に仕事をさせ、代休のない他の社員を遊ばせるという、なんとも摩訶不思議な行動を取った。「なんで?」「なんで?」と、仕事をするときほど、やりきれ [続きを読む]
  • ジジイ
  • やらぬ者、仕事が汚い者、指導することも出来ず、ヘラヘラ愛想笑い。派閥を作るやりかたで、依怙贔屓(えこひいき)してでも優等生にしたてあげるやり方は、もう古いのだよ。経営者だって馬鹿じゃない、いつまでもバレないと思うべからず。 [続きを読む]
  • 面白くない。
  • 文学は無駄だという人は少なからずいる。教養が足りない馬鹿に限らず、実用書しか読まないホリエモンなんかもその一人だ。しかし、話にまったくユーモアが無い。飲み屋でも、職場でも、話の面白くない人は文学読書をまったくしていない。しかしながら、類は友を呼ぶで、同じような人間が数名あつまれば、面白くなくても会話はなりたつ。ただ、絶望的に面白くないのだ。 [続きを読む]
  • 盲目
  • これがどうなろうと、あれがどうなろうと、そんなことはどうでもいいのだ。これがどういうことであろうと、それがどういうことであろうと、そんなことはなおさらどうだっていいのだ。 [続きを読む]
  • さて
  • 今日はめんどくさいの誰もいないから、君は何して時間潰しするのかな?(笑) [続きを読む]