キルワニ さん プロフィール

  •  
キルワニさん: 家事のスキマにロードバイク!
ハンドル名キルワニ さん
ブログタイトル家事のスキマにロードバイク!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mima1025-2005
サイト紹介文自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。 今時主婦の非日常的趣味。
自由文今では毎日の通勤をはじめ、チームや仲間とのツーリングやレースを楽しんでいます。6年前にはろくに自転車にも乗れなかったのに、いまではレースで入賞も経験するようになり、最高の趣味として楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/05/18 20:01

キルワニ さんのブログ記事

  • 21号。
  • 台風が来るといつも思い出す。幼かった私は母におんぶされて近所へ避難した。暴風雨の中で振り返る我が家は床下浸水。太いロウソクに火を灯し、木製の雨戸がガタガタ鳴るのを聞いて過ごした。ほんの一瞬の風景だけが記憶に残っている。今日まで1週間雨が降り続いた。使ったタオルを次々に、使い捨てのティッシュをゴミ箱に捨てるように洗濯機へ放り込む息子たちはもう独立。先日会った次男の助手席にはてんこ盛りの洗濯物。さす [続きを読む]
  • ポップなヘアスタイルである。
  • 雨だからと送り迎えのお姫様通勤では申し訳ない。お姫様にたとえて御免なさい。もう言いません。そう言うわけで、帰りは久しぶりに歩いて帰る。公園の中でたくさんのどんぐりを見ながら無視できなくなった。ジィ〜〜〜ほとんどのどんぐりはベレー帽の面長だと思っていたが、とてもポップなやつもいる。どちらかと言うとアフロに近いぐらいだ。木から落下すると同時に帽子と頭部が別行動になってしまうらしい。それを再びかぶせてみ [続きを読む]
  • 交差点で待ち合わせ。
  • 久しぶりに会議に行った。持ち回りの進行役が回ってきた。答えのない議論、山積みの問題。それでも稀少な仲間との意見交換は貴重。なんとか予想時間内に終わらせる事ができてホッとひと息。たまたま近所で打ち合わせのあったキル兄ぃと待ち合わせ。都会の大きな交差点で西からの車に目を凝らす。西ってどっちだ?それはiphoneだけが知っている。わぁ〜はっはっはよくもまぁ、こんなに上手い事タイミングが合って会えたもんだと小躍 [続きを読む]
  • 秋の長雨クールダウンシステム。
  • よめなかった残業も1時間にとどまり、久しぶりにバスに乗った。雨で濡れた学生のぎゅうぎゅう詰め。やっぱり歩けばよかった。とはいえ、結構な雨がざぁざぁ。よく降るなぁ。こうやって一生懸命雨を降らせて気温を下げる。サザエさん症候群の対策として、月曜日にささやかな楽しみを持とうと言う説がある。早めに切り上げるディナーやデート、気になるトレンドを取り入れてアイテムの新調など・・・これは、月曜に飲んでもええで、 [続きを読む]
  • レイニーサンデー。
  • やれやれ、まだまだ降り続くそうだ。今朝の目覚めは悪かった。飲み過ぎというわけではないと思うけど、飲み続けているのは事実。腹痛を患う10月。去年のブログにもそう書いてあった。10月に入ってから気温が不安定というのは今年に限ったことではない。思いっきりダラダラしながら昼過ぎにやっとシャキッとしてくる。外が雨なのでゆっくりと絵を描く。去年と同じ早々と年賀状の図柄を思いつきが新鮮なうちに仕上げた。早く出したい [続きを読む]
  • ストイックの向こう側。
  • 慈眼寺住職の塩沼亮潤大阿闍梨さん。1日48km、16時間の山登りを1000日、約9年がかりで「千日回峰行」を達成。ここ1300年で2人目の成功者しかいないそうだ。そもそも挑戦者の数はわからない。32歳で達成して現在50歳。驚くべきはその苦行達成の次の年に四無行も達成。断食はもちろん横になってもあかん。もう仏さんですやん。言うこと全部ありがた過ぎて間違いなしですやん。で、本出したり講演にも行かはります。私はありがたいお [続きを読む]
  • フタあたふた。
  • あわわぁ〜信じられへん。フタ間違えてもた。しかもなんか違和感感じながらも職場についてまじまじと見てからやっと気付くというヤバさ。そんなアホなと1人で笑けてきた。これぐらいの神経でやらしてもろてますぅ。20.62km走って、累計96.52km。 [続きを読む]
  • 芸術の秋ーその2
  • ご近所で市民美術工芸展と言うのをやってたので、自転車でシャーっと出かけた。昔お世話になった陶芸の先生の作品を見に行ったわけだ。いろんな手工芸品があって、どれも根気の賜物だった。手作りって尊い。そして美術関係の趣味を持っている人ってたくさんいるんだなぁと単純に再認識。先生の作品はずば抜けて完成度が高かった。絵画や書道もたくさん展示されていた。見にこられてる人もたくさんいて、年齢層はかなり高め。作品の [続きを読む]
  • 芸術の秋ーその1
  • 写真展を見に行った。Instagramの小さな画面と違って、引き伸ばされた作品は素敵だ。スマートフォンやパソコンだとガラス越しに見ていると言うことなのか。紙にプリントされた写真を見ると、ふんわりといい感じ。温度が伝わってくる。 [続きを読む]
  • 3年目。
  • 今年もちょっと赤いとこ見せて期待させといてこのまま青々とクリスマスに向けて爆進体制。今年は早めに剪定みたいなことをしてみようと、選ばれし葉だけを残して見た。健康そうな葉が行儀よく伸びてきた。もう観葉植物として愛していこうと思っております。いくらノームを寄せて見ても赤くはならんよ。 [続きを読む]
  • しまっていこう〜!
  • ウエストを出すのが怖い。ダウトで手元のカードが2なのに「3!」と言って出すときぐらい怖い。そんな中年レディースの一人でぃーす。ほっそり見えてるがお腹はぽってり。それが普通。ウエストがほっそりしている中年女性は余程のアスリートか全てがガリガリかのどちらか。流行がウエストをカバーしてるここ数年。おばはんに甘かったなぁ〜。チュニックがおしゃれに見せていた流行もそろそろ終わり。ハイウエストでキュッとしてる [続きを読む]
  • まだ間に合うかな。
  • いよいよニー丈のレーパンを引っ張り出し、ついに夏スタイルにウインドブレイカーを着て出勤。毎年この中途半端な時期になると前年のブログを見て見る。去年のこの頃のいでたちをチェックして例年通りかと言う安心感や去年より秋が急激だぞとか実感したいからだ。しかしいでたち以外のところに釘付け。それは「銀杏」。いかん、明日早々にチェックせねば。そうか、そうだったかイチョウの葉が黄色になる前だったか。22.07km走って [続きを読む]
  • 継続の理由。
  • さぁ、天気が怪しい。それでもルンルンと自転車にまたがりシュンシュンと通勤。ここで考えたのがいつもとは違うルートだ。なぜなら雨上がりの桜の木の下は走るべからず。ものごっつい汚れるからだ。ちょっと違う道を通ると本当はどんどん違うところへ行ってみたくなるが、通勤なので軌道修正しながらいつもの目的地へ。なんとか天気も持つかなぁと思ったところへ結構な雨。しまった、リュックにカバー着せときゃ良かった。そう気付 [続きを読む]
  • 映えてるかなぁという勘違い。
  • 木のお盆的なヤツに陶芸の香り漂う器と温かみのあるコップをセットにしたら、何とかなるんちゃうかなて言う写真。でもベターとした感じやら光の当たり具合、シロートの下手くそ漫画と全然おんなじ。ただ救いがあるとしたら、一見お茶みたいやけど麦焼酎のプーアル茶割りというお気に入りのドリンクで仕上げてますぅ。アテは豆の炊いたんですぅ。それはそうと、昨今よく聞く話でLINEの立ち上がりがめっぽう遅い。立ち上がりぐらいは [続きを読む]
  • 成仏上等。
  • ズンタに釣られた鯛。釣られた方の立場に立って、余すとこなくいただいた。2匹めは3枚におろしてもらって、アラは大根とコラボのアラ炊き。土曜の夕暮れにふさわしくワイワイ。ありがとう。ホンマにありがとう。釣られてくれて。と言う記念すべきフォトジェニックは昨日のものです。今日はギターの絵を描いてホンマもんと重ねたらやっぱり狂ってるところがあって、この下手くそと自分の右腕を罵倒。改めて横尾忠則氏への敬意にひ [続きを読む]
  • 晴れ晴れ。
  • 久しぶりに会えたね。とてもハードな選手生活から引退。本当にお疲れ様でした。バンクなんて走ったこともないし、想像できない。そして毎日のハードトレーニング。誰もが尊敬の眼差しで彼女を取材し、すっかり有名人になったね。何度か落車と聞いて心配したけどこうして彼女を見ると全然ダメージはなさそうだ。相変わらずの美しい脚、そしてポジション。引退してからすっかり筋肉が脂肪に変わってしまったよと言うけれど、世間の同 [続きを読む]
  • 色々美味しい季節到来。
  • 自分なりのぶれない基準を持つ。いい大人がそんなこと当たり前じゃん、と思っていたのかもしれないずっと。実際大人になるとそれがなかなか難しい。どんな意見だって、「そうですね、そう言われれば・・・」ともっともらしく思える。ラピュタか、初めてみた。ジブリもディズニーも網羅してないので。そしてそれが目を丸くして「ラピュタ知らないの」と言われたとて。21.51km走って、累計331.65km。 [続きを読む]
  • 信号待ちのぼんやり凝視。
  • ジテ通が快適な季節到来。走り出しが爽やかで到着時には汗ばんでる。そして一番のポイントは「軽装」でいられる今、と言うところ。冬になると、同じように到着時に体温上昇の気持ち良さはあっても支度が圧倒的に面倒。メットの下にキャップかぶったり、かぶってからネックウォーマ思い出したり、グローブしてからのシューズカバーにイライラしたりする季節が来る前に今の季節を味わっとこ〜っと。で、いつもの交差点。ここが分岐 [続きを読む]
  • 花言葉は独立。
  • 彼岸花が咲き乱れる季節。田んぼや川の土手なんかに群生する。草の間からが生えている風景がポピュラーだ。あらためて彼岸花の葉っぱを思い浮かべてみる。まるっこいタイプから順に消去していく。ざっと見渡す風景を参考にすると、最後に残る葉っぱ候補は稲の葉っぱのような細長いタイプだ。でも、しかし、とんでもない光景を目にした。スッキリと自立した花。周りに葉っぱがない。むき出しのスター。ボディガーもいない。コーラス [続きを読む]
  • 王者決定。
  • いただいた栗と格闘中の図。手をグサっとやらんようにいろんな道具と相談しながらむいていく。それにしてもサガン、3連覇はすごい。誰が誰かわかりにくかったけど、こういう時のツイッターはありがたい。ありがとう、誰かさん。 [続きを読む]
  • 洗浄。
  • 夏前からずっと行きたかった友人のお墓にやっとお参りできた。お盆に行きそびれてダラダラと引き伸ばしてしまっていた。ごめんね遅くなってと言えばきっと「かめへんかめへん、そんなんいつでもええねんで。」と言ってくれる。そんな人だったから、みんなが甘えては許され相談にのってもらってたな。職場のみんなの中でも話題に出ることは多い。生き方も別れ方も教えてくれた。帰宅してからは家のお墓参り。歩いて10分。近くだか [続きを読む]
  • ×さくら  ○りんご
  • 〜♪ さクラァ〜の木の下でぇ〜   明日ぁまた会いましょう〜 ♪と言う吉田日出子の声が脳内でぐるぐるするが、正しくは〜♪ リンゴの木の下でぇ〜   明日ぁまた会いましょう〜 ♪です。そして、雨で濡れた桜の木の下を走るとこんなことになる。10年以上乗っていると言っても、年に数回だったりするのでなかなか学習も出来なければ、目の前に迫った状況から打開、迂回?が、難しくわわわ〜とそのまま突入。やがて [続きを読む]
  • 寄せ集めたガラスって強そう。
  • ステンドグラスって綺麗。ガラスのパッチワーク。手間のかかる手工芸品。教会の窓ガラス。古い映画、卒業。彼女の結婚式に乱入。乱入か。電話の向こうで非常識な対応。「今、言うたん誰やーーー!」とドアを蹴り破って乱入大暴れしたい。こんなちっこいおばはんがなんぼ暴れても小暴れか。おさまらぬ感情は周囲を巻き込んで共有。組織で働くこと。悪いことばかりではないはず。誰かが言ってたなぁ。若者へ、一人でやって行くために [続きを読む]
  • 温度で全然味が違うやんに確信を抱いた説。
  • Googleのストリートビューを見ると、個人の顔にぼかしが入ってるけど、近所のケンタッキー、カーネルおじさんの顔にもぼかし入ってる配慮に笑う。それと同じく、ワインのラベルを撮ろうとすると顔認証の枠が出て笑ける。ワインは奥深すぎてハマる人の気持ちもわかるなぁとか言いながら。ところで、イワシの安売りの時の使い道としてオイルサーディン手作り計画があったのだ。魚大好き族としては天ぷらでありますとか、煮付けなどの [続きを読む]