Andy さん プロフィール

  •  
Andyさん: 野菜ソムリエPro.AndyのBlog
ハンドル名Andy さん
ブログタイトル野菜ソムリエPro.AndyのBlog
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vegefruart-andy
サイト紹介文日本遺産「奈良・吉野」は下市町の「野菜ソムリエPro.」のベジフルライフをつづっています。
自由文「野菜ソムリエPro.」宮坂敏史のブログ。大阪ミナミの八百屋で野菜の販売に携わりながら、その他、セミナー講師、ラジオ出演、フードツーリズムなどを中心に活動しております。地元で野菜を育てながら、地元・下市町を中心に野菜&果物の知られざる情報も発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/05/20 20:56

Andy さんのブログ記事

  • 平成最後の「初日の出」
  • 日本遺産「奈良・吉野」は下市の野菜ソムリエプロ。宮坂 敏史です。さて、ご来光を拝みに、桜井市と宇陀市の間にある「鳥見山」(標高735m)へ。山頂近くに着くと、南西の空にはかぎろひが広がってました。そして山頂。眼下の眺めもキレイでした。西を見渡すと、大和盆地を初め、二上山、葛城山などがくっきりと。で、お待ちかねの、平成最後の初日の出。ブログをご覧のみなさまにも、お裾分けいたします。6:50。7:00。7:05。7:09 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • 新年あけましておめでとうございます。日本遺産「奈良・吉野」は下市の野菜ソムリエプロ。宮坂 敏史です。昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。お正月、皆さんいかがお過ごしでしょうか?ワタクシは今年も長谷寺で年越しをし、大神神社で初詣、そして、桜井市と宇陀市の間にそびえたつ鳥見山へご来光を拝みに登頂してきました。この恒例行事も、もうかれこれ5年余りになりますでしょうか?23時ごろ。まずは長谷寺門 [続きを読む]
  • 「栃原道しるべ」の歳末感謝祭へ。
  • 23日(日)、吉野郡下市町栃原にあります直売所「栃原道しるべ」の歳末感謝祭へ。栃原地区は柿をはじめとした果物の産地ですが、昼夜の寒暖差がある為、冬野菜にも甘味と歯ごたえがあります。お正月用品を始め、地元産のお野菜などが勢揃い。地元の方手作りのお餅、ねぎ焼き、おでんの他、昔懐かしい「あげパン」も販売。予想外(?)の暖かさですが、振る舞いで頂いた野菜の風味シッカリ詰まった豚汁、美味しかったです。******** [続きを読む]
  • 御所柿?それとも次郎?
  • 下市町に住む知人のところで見つけた柿。見た瞬間、「富有柿」でないことを確信。ご親戚からもらったらしく、「色々話を聞いたけど、よく分からない」との事。で、僕も分けてもらいました。見た目は・ヘタの部分は茶巾絞りみたいな模様がある。・ヘタは果実に沈んでる。食べると・甘味は上品で、水気が少なくクリーミー。・舌触りは滑らかでこしあんの羊羹みたい。・(富有柿などの)完全甘柿の完熟レベルで食べると、後にわずかに [続きを読む]
  • 「いきる農園」へ
  • 先日、僕の地元、下市町の若手農家「いきる農園」の中西さんところをお伺いしました。中西さんは農薬も化学肥料も使わず、自然農法で野菜やお米を作られています。田畑の面積は吉野川沿いを中心に1町以上。しかもお一人でこなしてます。更に彼は20代。今回、田畑を見学させて頂きました。今年はイネが不作との事でしたが、田んぼのイネの切株は、茎1本1本をよく見ると、太く、切株もシッカリした感じ。また、ヒノヒカリとハツシモ [続きを読む]
  • レッドキウイ。
  • 先日、とある直売所で見つけたキウイフルーツ。レッドキウイ。(「レインボーレッド」という品種と思われます)奈良県五條市西吉野産。食べた感じは、酸味が少なく、ほどよい甘味。まったりと、そしてさっぱりとした甘さでした。果肉はち密。歯触りはメロンに似ています。****************************************◆◆ブログランキングに参加中◆◆〜 して下さればありがたいです↓〜にほんブログ村 野菜ソムリエにほんブ [続きを読む]
  • 「奈良農家の会 直売所」オープン♪
  • 高校の同級生が、広陵町に「奈良農家の会 直売所」をオープン♪と、いうわけで先日、お祝いを片手に行ってきました。この後、せっかくなので、近隣の直売所もリサーチ。半径1?〜2?以内にも、ボクが知るだけでも直売所が2件あります。ターゲットも全然違う。で、この日手に入れた野菜果物。手前。大和郡山市のとぐちファームさんの「オレンジミニトマト」。優しい甘味が詰まっていて、青臭くなく食べやすかったです。たまたま姪っ [続きを読む]
  • ads.FM(FMなばり83.5)、フルタイム動画の配信もスタート!
  • ads.FM(FMなばり83.5)の番組「教えて!まちかどティーチャー」でお届けしております、「野菜ソムリエAndyのベジフルtime」今回は春菊と柚子のお話をさせて頂きました。そして、以下の時間に放送されました。12月10日(月)11:30〜11:50 12月11日(火)13:40〜14:00 12月12日(水)11:00〜11:20、15:40〜16:00 12月13日(木)17:10〜17:30 12月15日(土)15:30〜15:50また、今回からはフルタイム(!)で動画配信がスタート!!! [続きを読む]
  • 「水本果樹園」さんの「富有柿」
  • 下市町「水本果樹園」さんの「富有柿」水本果樹園さんはエコファーマー。農薬、化学肥料を通常の3割以下で育てられております。しかも標高が約400mの高台の傾斜地で育てられております。果肉はち密な感じで、噛み応えはシッカリ目です。味は比較的ジューシー。シッカリしていますがサラサラッとした爽やかな甘味です。****************************************◆◆ブログランキングに参加中◆◆〜 して下さればありがたい [続きを読む]
  • 「大阪農業復興応援イベント」へ
  • 12月2日(日)、野菜ソムリエコミュニティおおさか主催「大阪農業復興応援イベント」に参加させて頂きました。今年9月。大阪に「台風21号」が襲来。大阪市内でも街路樹が折れたり、屋根が吹き飛ばされたりしました。農業にも甚大な被害が発生しました。その額 約80億円。しかも、メディアの報道では被害の全容はほとんどと言っていいくらい、流れていませんし、きちんと知られていません。一方で被災された生産者さんは異口同音で [続きを読む]
  • 「辰誠園」さんの「富有柿」
  • 吉野・下市町の果物農家「辰誠園」さんの「富有柿」標高400mの傾斜地で育てられており、朝晩の寒暖差が濃厚な甘味を生み出します。さらに、糖質オフならぬ「窒素オフ」で、ほとんど窒素を与えずに育てられています。そのため、果実に栄養がタップリ行き渡ります。また、果実は厚みがあるのが特徴です。気になる味ですが、果肉がギュッと詰まっていてち密。しかも繊維質はほとんど感じず舌触りが滑らか。さらに、天然のシロップをか [続きを読む]
  • 「あなたらしさ!を売る農産物の価値の伝え方」をテーマに講演。
  • 11/30(金)東吉野村役場会議室にて、「あなたらしさ!を売る農産物の価値の伝え方」と題して、講演させて頂きました。全国で農産物直売所が約2万3千件余りとなり、地産地消、新鮮野菜、地元産が当たり前と化しつつあります。そのため、オリジナリティーを打ち出すべく、いろいろな要素が求められているのですが、その一つが、野菜果物の「個性」の伝え方だと思うのです。野菜・果物の個性とは、品種の違い、産地の違い、農家さん [続きを読む]
  • 「第4回大淀町うまいもん祭り」
  • 11/24(土)吉野・大淀町で開催された「第4回大淀町うまいもん祭り」へ。第一印象はヒトコトで、「官民揃って熱いな〜!」という印象でした。遺伝子組み換えや農薬などについての展示があったり十手リンジンのトークがあったり学校給食を、学校の雰囲気を味わいながら楽しむブースがあったり大淀町の特産品の販売だけでなく、特産品の番茶をつかった焼きもちづくりや、梨ジャム作りなどのワークショップなど、作り手の想いを聞きな [続きを読む]
  • 「辰誠園」さんの柿畑へ。
  • 11月中旬。吉野・下市町の果物農家「辰誠園」の辰巳嘉直さんの柿の畑へ。以前ブログでもご紹介しました、吉野では珍しい、サクランボも作っておられる農家さん。それ以外に梨、柿も作っておられます。「富有柿」がこれまた絶品!果肉がギュッと詰まっていてち密。しかも繊維質はほとんど感じず舌触りが滑らか。さらにジューシー。しかもただ単なるジューシーさではありません。シロップでもかけたと思うくらい。そして甘味も濃厚で [続きを読む]
  • 手作りソーセージ体験を行いました。
  • 11/17(土)野菜ソムリエコミュニティ奈良の会員および県内在住のキッズ野菜ソムリエさん対象に、明日香村にあります、「あすか燻製工房」にて、「手作りソーセージ体験」を行いました。あすか燻製工房は、コミュニティ奈良の会員でもある山戸隆由様(野菜ソムリエPro.)などが、奈良・明日香村にある古民家を改修して今年の7月にオープンした工房。多くのメディアからも取り上げられており、明日香村の新しいスポットにもなりつつ [続きを読む]
  • 「菊井果樹園」さんのあんぽ柿「菊の井」
  • 下市町・菊井果樹園さんのあんぽ柿「菊の井」菊井果樹園さんはエコファーマー。農薬・化学肥料を通常の3割以下に抑えて育てられています。更に肥料は植物性のみで、自家製堆肥で育てられています。しかも、柿が育てられている畑は標高300〜400mほどの高台。そのため昼夜の温度差があり、甘みは濃厚。こうして丁寧に育てられた柿が、あんぽ柿に変身すると、まるで和菓子のような姿です。そして絶品!外はややサクッとした柿特有の歯 [続きを読む]
  • 食の乱反射 2018
  • ようやく、ブログ更新できました。2018年11月11日。奈良・五條の河川敷が「食」で賑わう日。それが「食の乱反射」今年で22回目。なんとか今年もお伺いできました。9時30分頃に到着するも、既に行列10数メートル!今年はスゴイ盛り上がりでした。このイベントのメインディッシュが、「食乱メニュー」。受付でお食事チケットを買うと、15種類あまりのメニューが食べれます。さて、今年のメニューです。すぎうらガンバ農園さん(御所 [続きを読む]
  • 「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?その2」をさせて頂きました。
  • 11/8(木)は「吉野三町村雇用創造協議会」様にて、「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?」と題してセミナーをさせて頂きました。吉野ヒノキの堆肥を使って育てた野菜果物がテーマ。吉野産のヒノキが「酵素浴」の材料になり、酵素浴としての役目を終えたら、堆肥となって吉野に里帰りする。そして、吉野でこの堆肥を使って農産物を育てて、新しいブランドの農産物の誕生と、吉野で大地の循環を目指すべく、企画させて頂いており [続きを読む]
  • ゆいつむぐ市
  • 10月28日(日)吉野で「ゆいつむぐ市」が行われ、チャリンコこいで行ってきました。これは、古き良きものが残る吉野から、残し伝えたい大切なものを「結い」「紡ぐ」をキーワードに行われたイベント。今回、2年ぶりに行われました。実は2年前、ボクも行ってました。そのときの記事はコチラへ!会場は、近鉄吉野神宮駅近くにあります、吉野水分神社(大守社)。お昼過ぎにお伺いしたため、完売している商品もありましたが、境内の [続きを読む]
  • 「水本果樹園」さんの柿「刀根早生」
  • 下市町・水本果樹園さんの柿「刀根早生」水本果樹園さんはエコファーマー。農薬・化学肥料を通常の3割以下に抑えて育てられています。しかも、標高400mほどの高台で育てられています。昼夜の温度差により、甘味はギュッと凝縮されていて、しかもしつこさがありません。果肉もち密で、食べ応えもあります。そして、果実にやや高さがあるのも特徴です。****************************************◆◆ブログランキングに参加中◆◆〜 [続きを読む]
  • 「“manabiya音楽会2018”中村佳穂〜ちょっと普通じゃないコンサート〜」
  • 10月27日(土)、下市町広橋の「旧・広橋小学校」にて、「“manabiya音楽会2018”中村佳穂〜ちょっと普通じゃないコンサート〜」に行ってきました。これは毎年10月末に行われている、木造校舎の講堂でのコンサート。ホールで聴くコンサートとは一味も二味も違います!コンサートに行くのは本当に久方ぶりです。この日はお昼前から、こだわりの食べ物も勢ぞろい!・「manabiya音楽会スタッフ」による茶粥、梅ジュースとオーガニック [続きを読む]
  • 「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?その1」をさせて頂きました。
  • 10月25日吉野三町村雇用創造協議会様で、「吉野ブランドの野菜果物はスゴくなる!?」と題して、セミナーをさせて頂きました。これは、僕も畑で実験栽培を行っている、「吉野ヒノキの発酵堆肥」を使って育てた野菜・果物がテーマのセミナー。正体は、元をたどれば「酵素浴」として役目を終えたヒノキのパウダーです。吉野ではまだ、この堆肥を使って本格的に野菜を作られているところはほとんどありません。吉野に、この堆肥を里帰 [続きを読む]
  • 王秋。
  • 10月末、とある直売所で見つけた梨「王秋」。奈良・五條産でした。2000年10月にデビューした品種の梨。中国の梨「慈梨(ツーリー)」と「二十世紀梨」を掛け合わせて誕生したものに、更に「新雪」を掛け合わせたもの。形がタテナガで独特です。果肉はしっかりしていて、包丁で切っていると硬さを感じますが、口にするとそんなに硬くありません。しかもジューシー。本来は大玉の品種なのですが、少し小ぶりでした。また、甘味も強く [続きを読む]
  • 「くまそば」へ
  • 10月末。久しぶりに吉野・下市のそば処「くまそば」へ。こちらのそば屋さん、吉野川沿いの高台に建てられた古民家を改装したお店。落ち着いた佇まいのお店からは絶景が楽しめるのも特徴です。しかもオープンへ5月〜11月。冬は冬眠されます。(今年は11/15までオープンされるそうです)というわけで、冬眠前に久々にお伺いしました。ちょっと肌寒いので、ざるそばの温かいバージョンの「くまそば」を頂く事に。おそばは十割そば。も [続きを読む]