daichi さん プロフィール

  •  
daichiさん: 魔法のスピーカーFDBR
ハンドル名daichi さん
ブログタイトル魔法のスピーカーFDBR
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/koubekuraji/
サイト紹介文FDBRは、8cmのユニットを使い内容積4.4Lで全ての音域と音圧を提供します。
自由文FDBR(ファンネル・ダクト・バスレフ)は、和音が開発した全く新しいバスレフ用のダクトです。8cmのユニットを使い、内容積4.4Lの小さなエンクロージャーでも全ての音域と音圧を提供します。コンパクトでありながら、シンプルな構造なので、音も実に素直な音です。音域の広さと音の解像度の高さは、従来のスピーカーとは格段の差がある音を提供出来ます。スピーカーとしては、今世紀最大の発明でしょうね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/05/21 13:59

daichi さんのブログ記事

  • SIDBR31W4その2
  • ゆっくり手間ひまかけて、作っています。スパイクは振動で緩むので、ネジ部に水道用の水漏れ防止テープを巻き付けます。取り付けも、取り外しもそんなに力がいりません。実に便利なツールです。さ〜〜〜て音ならし。あれ〜〜〜〜、そんなに重低音の音圧がありません。以前1... [続きを読む]
  • SIDBR31W4その1
  • さあ〜〜〜て、カットと組み立て。材はフローリング用の合板です、幅300ミリの長さ1800ミリです。なかなか使いにくいサイズで、ロスが多いですが文句をいっては失礼です。何とかカットして、画像のところまで進みました。もう一つの箱は接着中なので、明日には完成す... [続きを読む]
  • 少し大きな部屋で鳴らして。
  • 隣の大広間に、3,8Lタイプと2.7Lタイプを設置してみました。どちらもパワーを入れないと、重低音の音圧が足らないです。9時のボリュームを11時位に上げて、何とかそこそこの音圧が楽しめます。でも、3,8Lタイプは何だか音が汚いです。ステンレスのドーム・バスレ... [続きを読む]
  • オフ会用に作った、、、、
  • オフ会用に作りましたが、途中でやめてしまった3,8Lタイプを再度作りました。このサイズは必要ないと思って、1.8Lでも行けると思っていました。どう見ても、、、スピーカー・コードの良し悪しがあるような気がします。1.8Lタイプで、6畳くらいな部屋ですが、スリッ... [続きを読む]
  • オフ会から帰って、、、
  • オフ会は、いつもの如く散々でした。低域も広域も出ていません。会場のサイズとエンクロージャの大きさが、全く合っていないようです。「ミューズの方舟」で使われる会場よりも広いです。特に高さがあるので、小さなエンクロージャじゃ不利です。でも前哨戦と思えば、勉強に... [続きを読む]
  • 2.7Lタイプに感動!!
  • 今までブビンガで作った2,7Lタイプが、どうにも気に入らなくてあまり聞いていませんでした。何が気に入らないのかもよく分かりませんが、自身をなくしていたのだと思います。先日来いろんなサイズのSIDBRを聴いて、私の考えが間違っていることに気付きました。SIDBRはもっ... [続きを読む]
  • SIDBRの見直し
  • 今日は、もう一度真剣に個別に聞き分けてみました。どうも変なバイアスが入っているようなので、キチンと一つずつ聴き比べです。同じ曲を1.8Lタイプ 2.0Lタイプ 2.7Lタイプ 以前作ったと言うか作りかけの3.8Lタイプを組み立てみました。中のドームバスレフは... [続きを読む]
  • SIDBR18Wの改造
  • 店の持っていったスピーカーの音が気に入りません。ドームサイズが100Φなので、どうにも120Φの音に遅れを取っています。だから改造。底板の隅に木を当てて、ゴムハンマーで叩きます。力一杯叩くと、ようやく少し外れます。底板を外して中を覗くと、ステンレスの10... [続きを読む]
  • SCANSPEAK 10F/8414G10を使ったSIDBR2
  • 今日は台風で、外出が出来ません。ので、、、、、ズ〜〜っとYouTubeで視聴していました。Scanspeakの少し否定的なコメントでも、、、と思っていましたが、鳴らしていくうちにドンドン音が輝いてきました。イヤ〜〜〜〜びっくりです。コーンはコーティングしたグラスファイバ... [続きを読む]
  • 特許の公開3
  • 図面に於いて、ユニット側の空間を第一次空気室、反対側を第二次空気室と呼びます。第二次空気室を大きくすると、低音の音圧が勝ると言ってきました。そして遂に、ドームは反対側にくっついてしまいました。この間の試作錯誤は、数知れずです。特許の関係で公開が出来ずに試... [続きを読む]
  • 特許の公開2
  • アクリルドーム150φを使ったSIDBRも作ってみました。マアマアの重低音ですが、まだまだ挑戦する余地が十分にあります。ステンレスのボールのトップが平らです。この平の部分を伸ばして、平らにしたらどうなるのだろう???ドームの内容積を計算して、同じくらいの内容積... [続きを読む]
  • 特許の公開1
  • 新しい特許が、ようやく公開できる様になりました。特許庁への提出は金曜日に済ましたそうです。随分と日にちがかかりましたが、日々新しいことの発見で、ドンドン内容が変わってしまいました。密閉型ドームバスレフを考案しました。密閉型のエンクロージャ内を細工及び改造... [続きを読む]
  • 2段重ね その2
  • 今日の2段重ねは、下が2.7Lと上が2.0Lのスピーカーを使っています。これは更に重低音を、爆破させています。重低音好きにはタマラナイかもね。今度はこれを一つにしたものを作ってみたいですねえ。。。。。そのうち。明日は新しい特許の話をします。それじゃ〜〜〜ま... [続きを読む]
  • 2段重ね
  • 随分前に、上向きと前向きのスピーカーを作ったことがあります。そんなのを思い出して、2段重ねにしてみました。TBのW3-1787sは4Ωです。これを直列に繋いで、8Ωにしました。鳴らして、、、、、、びっくり。圧倒的な重低音。。。想像を遥かに超えています。広がりのあ... [続きを読む]
  • 内容積1.7L
  • サイズダウンは、更に進んでいます。2.0Lは、素晴らしい重低音の音圧を楽しませてくれます。レゲエのベースはゴキゲン。レゲエは特に重低音が出ていなくちゃならない音楽なので、2.0Lは最適です。それでもまだ、サイズダウンを欲しっています。内部構造は2.0L(一辺150mm)と... [続きを読む]
  • 内容積2L
  • 遂に、内容積2Lまでサイズダウンできました。素晴らしい重低音の音圧が楽しめます。もうスピーカー開発は、最後かなあと思うほどです。段々と密閉型ドームバスレフの、癖というか動作がわかってきました。まだ公開は出来ません。特許申請の方法を変えています。新しく申請し... [続きを読む]
  • 「ミューズの方舟」に参加
  • 「ミューズの方舟」イベント実行委員より、参加出来るとのメールを頂きました。日程は12月9日(日)です。場所は????これから指定のユニット「Scanspeak 10F/84G」を、早速ヨーロッパより取り寄せます。少しだけ安く購入できます。だけど。。ちょっと高額過ぎない??... [続きを読む]
  • 真空管+デジタルアンプ
  • ネットでこの様なものを見つけ、購入してみました。https://store.shopping.yahoo.co.jp/nfj/h171.html真空管を使ったデジタルアンプです。真空管が交換できます。交換用の球はとても小さく、びっくりしました。最初からセットしてある球で聞きましたが、なかなかの音です。... [続きを読む]
  • 特許申請の初稿は?
  • 特許申請の初稿が来ました。依頼したと時よりもいろんな事が変わって、 内容が合わなくなってきました。一番最後の考案をもとに、もう一度新たに考案文章の見直しをしています。説明図面も2図ほど足して、 考案の補足をしました。再度、書き直していただき、どの様になるか... [続きを読む]
  • 内容積1.7Lは!!
  • また新たに新しい方式を、思いついてしまいました。これも公開できないのが、非常に残念ですが仕方ないですね。画像の下は、内容積2,7Lのもので一片が164ミリです。今度作ったのはその上で、一片が144ミリで内容積は1.7Lです。一片20ミリのサイズダウンで、... [続きを読む]
  • 楽器屋さんでの販売
  • 今度作った内容積2Lのスピーカーは、驚くほどごきげんな音を出しています。やはり重低音の音圧が、生半可なく充分体感できます。これに気を良くして、もう少しサイズダウンしてみます。1.7Lを狙ってみますが、どうかな???昨日は豊橋と豊川にある「オリエント楽器」さ... [続きを読む]