こがねざわぐみ さん プロフィール

  •  
こがねざわぐみさん: コガブロ!-小金澤組をもっと知って-
ハンドル名こがねざわぐみ さん
ブログタイトルコガブロ!-小金澤組をもっと知って-
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/koganezawagumi
サイト紹介文株式会社小金澤組にはどんな人達がいてどんな活動しているのか?!是非当社をもっと知ってください!
自由文小金澤組ってどんな会社?どんな活動しているの?が、すぐわかる!
ブログを通して当社を知ってもらい、皆様と繋がることができればと思います。気軽にコメントください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/05/21 14:27

こがねざわぐみ さんのブログ記事

  • 打設
  • すっかり寒くなり、本格的な冬が到来したようです。確かに12月にしては気温が高く、記録的な暖かさではあるようですが、外にいれば寒さはしっかりと体に効いてきます現場は今日現在での進捗率が約82%。残りのコンクリート打設は2回(全6回)。やっとここまで来たかと安心していると、次の打設予定日に生コンプラントが別の大口出荷を抱えていて無理・・・別な日は打設に使用するコンクリートポンプ車が満車・・・なかなか最後ま [続きを読む]
  • 終盤
  • いよいよ工事も終盤戦。進捗率も約75%となり残りの作業もわずかとなってきました。しかし、これからは仕上げの施工がほとんどとなるので、気が抜けない状況が続きます。橋脚は最後のスパン。一番厄介な施工場所を進めており、鉄筋の組み立てが完了。現在は型枠の設置を行っています。この最後のスパンは、上に向かって幅が広くなる構造をしていまして、しかも端部は曲線で設計されています。とにかく厄介で、鉄筋を組むのに [続きを読む]
  • 杭頭処理2
  • A2橋台施工場所も掘削が終了し、次の工程へと進んでいます。掘削完了後基礎砂利を20?の厚さで敷均し、締固め。その後均しコンクリートを打設。で、本日杭頭処理。前回同様大型のクレーンを配置し、削岩機等でコンクリートに亀裂を入れ、いざ引抜!!前回を踏まえいろいろ準備してあったので、今回は比較的スムーズに作業は終了しました。しかし、クレーンにかかった荷重は前回同様なかなかシビレる値でしたこれで、基礎部分の工 [続きを読む]
  • 相変わらず、各社の協力を得ながら非常にタイトな工程で現場は進んでいます。昨日の大荒れの天候の中でもできる作業は進めるということで、合羽を着て通常営業。しかしながら、夕方に作業中止基準を上回る強風となったため、その時点で作業は中止。前回紹介した底版コンクリートの打設を終了し、養生と共に次の作業を進めています。底版コン打設後の養生状況。今回はコンクリート養生のために専用のシートを購入。このシー [続きを読む]
  • 打設前
  • 先週末から天候に翻弄されていましたが、今日は風もなく穏やかな1日でした。今回の現場は、天候が悪くても作業ができる現場なので、でも作業に当たる方々には合羽を着てもらい通常営業。この時期の雨は体温も奪われ非常に寒いですが、協力してもらいながら現場進めています。毎年この時期は人員も資材も重機も空きがなく、実際下請けさんも現場は一つだけではないので、雨だからと言って休んでいる暇もないの実情であったり [続きを読む]
  • 杭頭処理
  • いよいよ陽も短くなってきました。夕方4時を過ぎると作業している場所は囲いの中なので、うす暗く、明かりがないと作業が困難な状況になってきました。この間は見間違いかもしれませんが、現場近くにハクチョウがいたような・・・さてさて現場は掘削が終わり、場所打杭の余分なコンクリートを除去しました。所定の場所で切れ目を入れて削岩機とコンクリートブレーカーで下部と縁を切りクレーンで吊り上げ除去していきます。 [続きを読む]
  • サケ3
  • 寒くなってきました。今朝は最低気温が3℃・・・。現場事務所は朝晩だけですが、ストーブをつけないと寒くて居られません。昨日あたりから寒気が入ってきているようで、作業服だけでは寒く、ウインドブレーカー着用で現場作業行っています。そんな寒さの中、作業の合間に川を見ると、日にもよりますが、サケが遡上している様子がよく見られるようになりました分かりますかね〜朝はほとんど姿が見えないですが、午後から川を覗 [続きを読む]
  • 終了
  • 場所打杭完了しました。仮締切鋼矢板打込から場所打杭終了まで約2.5ヶ月。なかなか思うようにいかず苦労しましたが、現場スタッフの頑張りでなんとか乗り越え、先週の土曜日に完了しました。というわけで、月曜日から3日かけて作業に使用していたケーシングマシンやクレーンを解体、また作業に使用したすべての機材を搬出しました。搬出に使用したトレーラー、トラック合わせて24台・・・。そりゃあ3日も掛かるわけですよ。クレ [続きを読む]
  • また
  • また台風ですね北海道胆振地方では、今月初めに震災があったばかり。応急的に復旧した道路などは、やはり天候の影響を受けやすいと思いますので、勢力が弱まり、被害がこれ以上大きくならないことを祈るばかりです。現場は、当初からの悩みである『狭さ』と闘いながら進捗しています。橋台の場所打杭は残り4本というところまで進みました。橋脚の掘削は、締切の鋼矢板が崩壊しないよう締め切りの内側に山留を設置しながら掘り [続きを読む]
  • サケ2
  • 工事は遅れながらも順調に進んでいまして、現在の進捗率は約40%。最近、朝晩寒くなり、とうとう暖房のスイッチを押してしまいました。しかし、日中は25℃以上になる日もありまだ熱中症の心配をしなければならないようです。あくる日の朝、朝礼が終わり自分の仕事をと思い現場を歩いていると川の中に魚影が分かりますか?サケ上ってきてます!!川を覗いても、なかなか日中に魚影を見ることはありません。しかし、カモメやカラ [続きを読む]
  • 掘削
  • 作業再開後天候にも恵まれ順調に進んでいます。場所打杭はA2に移り、本日1本目(全9本)を終了しました。残り8本。10月上旬の終了を目指して邁進中。場所打杭が終了したP2は、掘削作業を開始。掘削は、写真の土の高さから約10m掘削(ショベルが乗っている桟橋からは約15m)しなければならず、通常の油圧ショベルでは届かないので、秘密兵器の登場『テレスコクラム仕様機』こちらは、通常の油圧ショベルと違って、ニョキニョキ [続きを読む]
  • 地震
  • まずは、『北海道胆振東部地震』で犠牲となってしまった方々にお悔やみと被災して現在も避難所生活を余儀なくされている方々へお見舞いを申し上げます。もうそろそろブログ更新と思っていた矢先、『北海道胆振東部地震』発生。自分は苫小牧在住、震度は5強、飛び起きました。飛び起きたところで、揺れがひどく立っているのが精一杯でした。震源地の厚真町では犠牲者が多く出ましたし、北海道全域が停電となるなどとても [続きを読む]
  • 鉄筋、打設
  • 前回の続き。掘削の紹介までしましたので、今回は鉄筋から。まず搬入。鉄筋は、苫小牧の工場で加工・組立して、トレーラーで1回に場所打杭2本分の鉄筋を搬入します。搬入完了。鉄筋は、杭の形状に合わせ円形に加工。 30cmと15cmの間隔で格子状に組み立ててあります。杭は長さ25.5m。その杭の中に鉄筋を配置するのですが、さすがに25.5mの鉄筋は長いので、1本を3つに分けて加工・組立。なので、鉄筋を設置するときに3本を [続きを読む]
  • サケ
  • 先日、場所打杭掘削作業を紹介しましたが、今日は続編。まずはケーシングとハンマーグラブ。左側がケーシングの先端。先日、『刃』ついていると紹介しましたが、この写真でお分かりになるかと思います。アップ。36tの機械が持ち上がるほどの固い層でもこのケーシングで掘削していくことができます。続いてハンマーグラブ。ケーシングの中に入る大きさで、クレーンのオペレーターがハンマーグラブに接続されたワイヤーを操作す [続きを読む]
  • 再開
  • 夏季休暇も終わり作業を再開しました。苦労していた鋼矢板の打込み、そして場所打杭施工のためのマウンド造成も完了。早速、場所打杭の準備を行い施工開始。まずは、杭を打つ場所に全回転式掘削機(写真中央)をセット。セットが終わったら、ケーシングといわれる鉄の筒を掘削機に挿入。掘削機でケーシングを押さえ、ケーシングを回転させながら地中に押し込んでいきます。ケーシングの先端には『刃』がついており、固い岩盤( [続きを読む]
  • もう少し
  • 先週は暑い!!という状況でしたが、それも数日。その後は今日は台風の影響もあり霧雨北海道の中でも涼しいこの地域でも寝苦しく、窓を開けて寝る日が10日間くらいあるのですが、今年は今までに2日。半袖で仕事しようもんなら、寒っ!!という日も。全国を見てみれば猛暑が続いているようですが、北海道の胆振のこの地域に関しては冷夏?といっても過言ではないのでは?という感じです。作物の育ちも悪いようですし、気候変動 [続きを読む]
  • とうとう夏がきました
  • 本日朝の天気予報、最高気温29℃実際の天気・・・気温33.5℃昨日までばかりでしたが、夏がいきなりやってきました予報でも気温が上昇すると確認できていたので、朝礼時全員に『経口補水液』を配付して熱中症に気を付けるよう指示。風が強いので気温ほど暑くは感じないようですが、やはり仕事してると汗だく水分補給、重要です。作業は、仮締切鋼矢板の打込を継続して行っています。クレーンの故障の他、地盤が以上に硬いと [続きを読む]
  • 故障&パトロール
  • 仮締切作業を始めたところでクレーンが・・・。オペレーターが、『何かおかしい』ということで作業を中止し、あやしいところを確認するために、外装を取り外し内部までチェック。結果、重症。部品を取り寄せ、交換、作業再開まで数日を要する見込み・・・オペレーターが気付くのが早く、最悪の事態にはなりませんでしたが、それでも数日間は作業中断。で、本日直りました夕方ではありましたが、作業再開当初の見込みより [続きを読む]
  • いよいよクレーン搬入。今回の工事では、180t級クローラクレーンを準備。このクレーン、その名の通り180tまで吊り上げることは可能ですが、その場合、機械本体から5mの距離までしか吊れません。今回の工事では最大で35〜36tの重機を吊り上げる予定ですが、それでも作業半径は最大約18m。クレーンが乗る作業用の桟橋の許容重量の関係もありこの大きさのクレーンを選定しました。いよいよ搬入。まず本体。トレーラーに乗せら [続きを読む]
  • OPEN HOUSE
  • 今回はちょっと会社のCM。土木工事主体の当社ではありましたが、5年前に建築担当者を迎え入れ、建築工事を開始。建築工事は、公共建築物を施工していましたが、2年前からは住宅建築にも本格的に参入。『ひとと自然にやさしい家づくり』をコンセプトに、Koganezawa-STYLEとして5つのテーマを設け、同業他社とはちょっと違った魅力を発信しています当然、住宅建築業者としての実績がないので、興味を持たれても実績のあるメーカ [続きを読む]
  • 梅雨
  • 北海道も完全に『梅雨』ですね状況は様々ですが、ほぼ毎日じゃなくてもで、現在の外の湿度が現在96%。6月中頃から晴れた記憶が・・・。明日は台風7号の影響か、前線の影響か詳しくは分かりませんが、とにかく大雨の予報。すでに一昨日と昨日の前線の停滞の影響によって北海道でも川が氾濫した地域もあり、厳重な警戒が必要なようです。さてさて、現場はまだ準備中。今週から事務所周りの囲いや掲示板の設置を始めたところで [続きを読む]
  • 四季島
  • 今週に入り、本社より現場事務所へ引っ越し。昨日は事務所の中の整理をして、本日より本格的に現場事務所での仕事を開始。すっきりしないな感じで、本日も霧雨現場施工の準備も進めているところでありますが、こちらもいろいろな事情で始まってもいないのに遅れが生じています・・・モヤモヤしながら事務所で仕事をしていて、ふと外を見るとすごーく遅い列車が・・・???普段見慣れない色だなぁ〜と見ていますと!!!TV [続きを読む]
  • 晴れた日の写真撮影してきました室蘭側から苫小牧方面を見て撮った写真。クレーンの乗っている桟橋とその左側の歩道橋の間が施工場所。(一番右は迂回している国道36号線、一番左はJRの鉄橋)撮影した日も旧橋の取り壊し作業行われていまして、作業の邪魔にならないよう遠目からの撮影写真はドローンで撮影していますが、近寄りすぎるとクレーンのブームに激突してしまいます。おそらくクレーンのブームは40〜50mくらい。ドロー [続きを読む]
  • 現場
  • 先発の旧橋取り壊し工事開始前に撮影した写真。手前が旧橋の橋脚、奥に見えるのが同じく旧橋の橋台。現在は橋脚の取り壊しが終わり、橋台の取り壊しの準備を行っているようです。遠目からの写真。霧がかかっていて見えにくいですが、手前が迂回している国道36号線(仮橋)。その次が作業用の仮桟橋。その奥が歩道橋。そして一番奥がJRの鉄橋。新橋は、仮桟橋と歩道橋の間に建設されます。今でも約120mの仮桟橋の上には常時クレ [続きを読む]
  • 復旧
  • 新規工事受注しました。工事名は、『一般国道36号 白老町 竹浦橋橋台外一連工事』ということで、工事名の通り、橋の土台となる部分を建設する工事。復旧する物は違いますが、この工事も昨年の工事と同様に、台風に影響により、被災した物を復旧する工事です。台風襲来→橋が沈下→橋桁が折れる→通行止め→補修か、架け替えかを検討→架け替え決定→壊れた橋の取り壊し→新橋を建設→復旧完了→供用開始という流れの中で、 [続きを読む]