hiromi さん プロフィール

  •  
hiromiさん: ひまわりノート
ハンドル名hiromi さん
ブログタイトルひまわりノート
ブログURLhttp://himawarinote.livedoor.biz
サイト紹介文絵の心、詩の心で被写体を切り撮って「写真と散文」を載せています。
自由文絵の心、詩の心で被写体を切り撮って「写真と散文」を載せています。訪問者が、いい写真に出会えた、いい言葉に出会えたと思えるようなブログをめざしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/05/21 17:13

hiromi さんのブログ記事

  • 空の色は、いつも同じではない。
  • 夕方空を見上げたら雲がひかり輝いていた。事務所から駅までのいつも通っている道見慣れた風景は変わらない。しかし空の色はいつも違う日によっては青く赤くあるいは灰色この日のように黄色に光る空もある。だから空を見上げながら歩いてみる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 根っこの不思議をじっと見る
  • 樹木の根っこを見ているとこの土の下でどのように根を張っているのか気になって仕方がない。想像は出来るけれど地中の根を現実には見たことがない。大樹を支えて水分や栄養分を吸収しているはずだが想像するだけで本当のことはわからない。根っこの不思議をきょうもじっと見ている。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋に咲くヒマワリみーつけた!
  • 真夏に咲くヒマワリと違って秋空に彩る黄金の遅咲きのヒマワリというのもいいですね。ギラギラする太陽の下で咲くヒマワリと趣が違うようです。聞くところによると秋のヒマワリは地域おこしのためインパクトを狙って植栽されているそう。夏のヒマワリとは異なる色合いが秋らしいですね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋が来ました。秋の花と言えば萩。
  • くさかんむりに秋と書いて萩(はぎ)。萩はまさしく秋の花。しなやかな枝の先に美しい紫紅色の花をつけます。花言葉は思案(想い)、内気。ひかえめで細やかな美しさそれにどことなくさみしげな風情秋の花らしいですね。秋の空を眺めながら思いにふけるそんな様子が花言葉から想像できます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 時空の広場、楽しめますよ。
  • いまJR大阪駅ホームの真上にあるサウスゲートビルとノースゲートビルをつなぐ屋上広場が大人気。「時空の広場」と名づけられた広場にはガス灯をイメージした照明付きのマルチポールが並び金時計のモニュメントが設置されています。巨大な屋根の下、開放感いっぱいのパノラマ空間。ドームのすきまから差し込む太陽の光や、時計のモニュメントが人の心をひきつけます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 眺めているだけで「ほっ」と。
  • なんとなくおもむきがあってあじわい深い開き戸。ぼんやりと眺めながら向こう側の風景を思い浮かべる。どのような庭が人を迎えようとしているのかどのような樹木が季節を知らせているのか池は静かに波だっているのだろうかぼんやり眺めながらきょうもただただ、眺めて心「ほっ」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 処暑が過ぎれば、おのずと秋が来る。
  • 「この門を入れば涼風おのずから」京都南禅寺の三門の手前巨石に彫られたこの句詠まれたのは南禅寺派圓通寺の杉洞(森永湛堂老師)涼を求めるのではなく あるがままに涼風にというわけ。禅寺の教えに即し三門に添えるにふさわしい一句。暑い夏もまもなく終わる処暑が過ぎれば秋の足音が聞こえてくる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • きょうは立秋暦の上では秋ですねといっても実際には厳しい暑い日が続きます。ごらんの一面の花はサルビア秋の花です。英語で賢人が意味のSage(セージ)花言葉は「尊敬」「知恵」早く暑い夏が通り過ぎてすがすがしい秋の風が吹くといいですね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • まだまだ暑さ厳しいようですが…
  • 暑い、思わず口を突く、この言葉。暑さ厳しくからだに汗がまとわりつく。いつになったらこの暑さがやわらぐのかしら?そう思いながら京都の等持院を訪ねる。濃い緑の樹木に囲まれた広大な池を散策しているとにわかに心地よい風が頬に。涼しい、と思わずつぶやく私にふたたび心地よい風が頬をなでる。暑いとは言わさぬとばかりに。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花言葉は変わらぬ愛。
  • 青紫色の星の形をした花びらどこか清楚でかわいらしい。すっと伸びた姿は清々しい。桔梗は秋の七草の一つでも開花は夏。長く咲き続ける花姿にあやかってか花言葉は「変わらぬ愛」万葉集に詠まれたアサガオは桔梗の花だという。神や佛に捧げて吉凶を占っていたそうな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 遠い遠い日の思い出
  • 不思議なことに蓮の花を眺めていると遠い遠い幼い頃のことが思いだされます。蓮の花に小さな手を合わせてお祈りしていたような記憶。そのとき一緒に手を合わせていたのはだれだったのかどうしても思い出せません。きっと仏様だった…のではと蓮の花にいまも手を合わせます。遠い遠い日のこころ安らぐ思い出です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • せせらぎに耳を澄ましてください。
  • 天の川をはさんで織姫と彦星の愛し合う2人が年に1度だけ会うことができるという伝説の七夕。会う日までお互いが相手への思いを短冊に書いてその日を待ったという。それが7月の和名「文月」の名前の由来。もうすぐ七夕。天の川のせせらぎが聞こえて来るよう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 京都の人気スポット鴨川。
  • 京都の鴨川は南北を流れる約33kmの河川。デートスポットとして有名ですが観光客にも大人気。ツイッターには大人女子おすすめのエリアと記されています。写真は四条の橋から撮った鴨川。夜になると川床でお酒と料理を楽しむ方々で賑わいます。京都の風情が感じられる鴨川です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大阪舞洲の「ゆり園」で撮って来ました。
  • 大阪の新名所大阪湾を望むロケーションに満開のゆり畑が出現。空と海のブルーと、ゆりの花々が鮮やかな色のコントラスト。とネットのコピーに惹かれて舞洲の「ゆり園」に行って来ました。確かに約50種約250万輪のゆりの花が咲き誇っていましたが撮影には趣がなくちょっとがっかり。ゆりの花だけを撮るならいいかもしれませんね。とにかくせっかくだからワンカット撮ってみました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 心も身も洗われる出会い。
  • 寺院を巡っていると僧侶によく出会う。心身の修養と修行を深めておられるのであろう。すれ違うと必ず立ち止まって数珠を持つ手を合わせ挨拶してくださる。こちらも手を合わせお辞儀をする。何故か心も身も洗われる。僧侶の後姿を目で追いながら撮らせていただいた一枚。空は晴れ吹く風が心地よい京都の建仁寺。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年もバラの花に会いに来ました。
  • バラの季節が来ました。毎年 同じ「ばら園」でさまざまな種類のバラの花を撮っています。バラの花はいつも同じように見えますがやはり その表情は毎年違います。生きものなのですね。その時々で違った表情でカメラ目線でこちらを見つめてくれます。「今年も来たよ」と声をかけながら撮りました。真夏日のような暑さにもバラの花は微笑んでくれました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 暑さを避けて水路を走る十石船。
  • このところ夏日が続いています。いかがお過ごしですか?京の街は「葵祭」で賑わっています。25度を超える暑さに観光客も汗だく。ぶらり仁王門通りを歩くと水路には十石船がスイスイと。きっと涼しいだろうなぁと思いながら撮ったのがこのワンカット。橋の上から眺めているだけでなく乗ってみたい十石船です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • さわやかな新緑の季節であってほしい。
  • 新緑の季節、5月が始まる。和名で「皐月(さつき)」早苗月(さなえづき)が「皐月」になったとか。早稲月(さいねづき)、稲苗月(いななえづき)雨月(うげつ)、梅月(ばいげつ)とも呼ばれている。5月4日は「みどりの日」本格的な夏はまだまだ先のようだが昨日、今日は30度を超える地域もあったよう。国際情勢はキナ臭く蒸し蒸しして汗が出そう。平和で、さわやかな新緑の季節であってほしい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花は散ってもサクラの季節。
  • サクラの花は散ったけれど緑いろの葉っぱが大樹の広げた手に高々と持ち上げられてキラキラ輝く。緑の季節は太陽のパワーを吸収する桜の樹にとって大切な時期。暑い夏が過ぎ秋が来ると葉は黄いろに染まる。モミジとは違う凛と輝く黄葉。冬は落葉がわびさびの世界をつくる。サクラの花の命は短いけれど桜の葉は季節を演出してくれる。たくさんの人々に愛される桜らしい生き方…。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 早くもサクラは葉桜の様相。
  • 花の命は短いと言うが開花宣言があっていざ花見に出かけようと思ったら雨で花びらが地を染め晴れた朝には強い風で花びら舞いそれでも京都、東寺には大勢の観光客が集まる。サクラも葉桜の様相だが五重の塔を背景に写真を撮っている。外国の人にとってこれぞ日本の美しい風景の一つかも。にほんブログ村 [続きを読む]