どんぐり70 さん プロフィール

  •  
どんぐり70さん: 70歳の脇見運転
ハンドル名どんぐり70 さん
ブログタイトル70歳の脇見運転
ブログURLhttp://wakimi70.hamazo.tv/
サイト紹介文70歳代に突入した爺様が、政治、旅行、雑感などを書く徒然日記。浜松在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/05/21 18:49

どんぐり70 さんのブログ記事

  • お店からの心に残るお礼状
  • 今日の事、三ヶ日の長坂養蜂園さんから、蜂蜜購入のお礼状が届きました。先日、夕日の撮影に三ヶ日を訪れ蜂蜜を買いに立ち寄った時の事、少しだけ夕日の事を店員さんとお話しました。それを憶えていてくれお礼状の中にちゃんと書いてくれている。ありきたりのお店の購入礼状より、どれほどうれしかったことか・・ [続きを読む]
  • 中勘助文学記念館
  • 静岡の藁科川沿いに中勘助文学記念館はある。里の静寂に包まれた場所で、昭和18年転地療養のため、この場所に移り住んだ。小説「銀の匙」は代表作で、こどもの情景を描いて不思議な魅力に満ちている。虚弱で神経質なわたしの記憶、幼い恋・・夏目漱石とも師弟関係があり、漱石の推薦で、この小説が新聞に連載され作家の地位を築いた。近い所だから、静岡に行った時訪れるとよい。 [続きを読む]
  • 冬の夜
  • 冬の夜、外に出て空を見上げてごらんなさい。漆黒の世界に、白く澄んだ月や星が瞬いています。無限の空間の広がり、どんな絵具をつかっても表現できない自然の偉大さがそこにありました。葉が落ちた木々の梢の間から光の滴がこぼれてきます。そっとコップを差し出すと、たちまち溢れて手に伝わってまいります。思わずみとれていると、夜気が音もなく忍びより、思わず両手で襟をただして見渡すと、昼間いた鳥たちの寝息が聞こえてく [続きを読む]
  • 紅葉ロマン
  • 日本列島10月の声を聞くと、北の方から紅葉前線が南下します。紅葉は、明け方の最低気温が8度以下になる日が続くと紅葉が始まります。紅葉は、北から南へ、山の頂上から麓へと降りてきます。ちなみに樹木が完全に紅葉し、みどりの葉がほとんどなくなった日を「紅葉日」と呼びます。(この写真は、昨年紅葉のスポット明神峡を訪れた時のものです)この風景を見られるのももうすぐですね。 [続きを読む]
  • 夕日と紅葉
  • これは、我が家から見た夕焼けです。夕方気ずいて外にでると、西の空は真っ赤、一目明日の雨を予想できました。これから寒くなるようですよ、みなさま風邪など引ないようにご注意くださいね。なんでもインフルエンザワクチンが不足しているようです。紅葉は、小国神社です、少し色づいてきました。気の早い観光施設ではもうクリスマスツリーが飾られていましたよ。今年も、年末に向かってまっしぐら・・ [続きを読む]
  • 囲碁の友きたる!
  • 「おーい、いるかい・・」 懐かしい声が聞こえ囲碁の友が来た。こちらにでたから立ち寄ったという。お昼も近かったから昼飯に行こうということになり、なんと三ヶ日のかんぽの宿まで行った。随分遠いじゃないか、と言うが、高速を利用すればひとっ跳びでもある。二人には下心があって、その後「落ち葉の里公園」に行こうと思ったのだ。でも、行ってみると落ち葉の里の紅葉はまだ・・だった。久しぶりのかんぽの宿の昼食おいしかっ [続きを読む]
  • 大平の柿農園へ
  • 今日は従弟と大平の澤木柿農園に行きました。従弟はもう何年も澤木農園で買っているとか、商売上のお得意さまへの贈答用です・・行けば勿論大歓迎されました。大平地区は浜松の柿の一大産地、まさに柿、柿、柿のオンパレードです。勿論、澤木さん宅の庭も畑も小屋も柿だらけ・・うーんここまで柿とは・・夢でうなされそう。 [続きを読む]
  • 夕日に再挑戦
  • もうじきに写真教室がある。課題は「夕日・・」思うような夕日が撮れない・・それで今日は再挑戦した。夕べはなぜか眠れなくて頭はぼんやり・・でも、天候のこともあり締切もまじか、思い切って出かけた。同じ日に撮っても写真にしてみればこんなにも違うものですね。 [続きを読む]
  • 今まで歩いて来た道
  •  誰でも同じことだが、一定の年齢に差し掛かったら、山道は急に険しくなってきた。旅仲間は一人減り、二人減り、心細くなっていく。息は切れ足腰は痛み、からだのあちこちに次々と故障が出てくる。 しかも峠は雲がかかり、行く先不透明だ。まぁいいや、どこまで行けるか心配するより、足元の草花でも楽しみながら歩いて行こう。  苦しい代わり、いいこともある。高地までくると空気は薄くなるが、もう先を争って走る人もなく静 [続きを読む]
  • 奥浜名湖を行く
  • 奥浜名湖を更に奥に行く、ここは大平地区。森林と湖、茶畑、柿畑、棚田が広がる。典型的な森林地帯である。こんな山奥に大平城址はある、今を去る室町時代のこと、ここにも強者どもの夢の跡がありました。辺りを見回すと、心なしか、鬨の声が聞こえるではありませんか! [続きを読む]
  • 夕日を撮る!
  • 今月の写真教室の課題は「夕日」です。夕日の写真を撮って提出しなければなりません。最近は雨ばっかり、夕日が撮れる日は限りがあります。それで今日、はまゆう大橋に夕日を撮影に行きました。恥ずかしがり屋の夕日さん、雲の影に隠れて、なかなか顔を出してくれません。夕日が沈む時刻は4時50分!4時に現場到着その間じっと待っていました。でも、なんたるラッキー・・あれほど厚い雲に覆われていたお日様が、日の沈む5分間 [続きを読む]
  • 柿のある風景
  • 昨日の事、大平地方にくるまを走らせました。大平は言わずと知れた柿の産地、道端は、柿、柿、柿のオンパレードです。ふと、ガソリンが心細くなったので、丁度目にした柿畑の中のスタンドで給油・・思いがけなく親切な店員さんで「大平に何しに来たの?」というから「柿の写真撮り・・」と言うと、スタンドの横の柿畑はうちのもの「くるまをここにおいて撮っていいよ」と言うから、お言葉に甘えた。行くともう一面の柿畑が広がって [続きを読む]
  • 秋葉山スーパー林道の秋
  • 明日は文化の日、大安ですね。秋晴れが続くようですよ。昨日の事、秋葉山のスーパー林道をくるまを走らせました。本当は山住神社に出て、明神峡を通り春野にでたかったのですが、先日の雨で通行止め、やむなく布滝を通り国取り道の駅に行きました。紅葉は、頂上では今が見頃です。紅葉が下界に下りてくるのは、もう少し先でしょうか。 [続きを読む]
  • 水窪の道の駅「国盗御膳」
  • 久しぶりの秋晴れ、今日は亡くなった友人の寺の住職様を助手席に乗せ、秋葉山スーパー林道を通り山住神社に行きました。そのあと、明神峡をみて春野に抜ける予定でしたが、このところの雨で通行止め、やむを得ず、布滝と水窪国盗道の駅に寄りました。紅葉は、秋葉山頂上では真っ盛り、見頃です。でも、下界ではこれから・・ですね。さて、道の駅食堂には、昼が遅くなったせいか吾輩一人「国盗御膳」でもゆっくりいただきましょう。 [続きを読む]
  • 六地蔵様
  • 六地蔵様は,わたしたちにこんなことを教えてくださいます。        にこやかに   さわやかに        なごやかに   ゆるやかに        すこやかに    やすらかに [続きを読む]
  • 将棋参段!
  • お陰様で、将棋の三段がとれました。これで晴れて参段が名乗れます。半年がかりで挑戦しやっとのことです。我が友人に将棋6段がいるのでまだまだですが、将棋はもうこれでいい・・後は今年中に囲碁の参段を取ること、です。そしたら合わせて六段!たかが囲碁将棋「そんなもの・・」と言われるかもしれません。でも、わたしは指すからには自分がどんな程度で相手と指すか、知った上でやりたい、これはわたしの生き方です。  [続きを読む]
  • ダムファン
  • 「ダムファン」という言葉があるそうな、言うなればダムを見るのが好き、ということだが、わたしもその一人、ダムに行くとなぜか落ち着くのだ。天竜川、大井川は多くのダムがある、訪れるには事欠かぬ。ダムは季節により、いろいろな表情を見せてくれる。いつ行っても同じ表情ということは無い。ここは大島ダム、三遠南信道路が開通し便利になった。終点まで行き、道を左にとると大島ダムに行きつく。特に紅葉の頃、新緑の頃が特に [続きを読む]
  • ほよ・宿り木(万葉の森公園)
  • 雨の合間を見て万葉の森公園に行きました。今は花らしきものは見当たりません。そこで、ほよ(宿り木)を見つけました。宿り木は、さくら、榎木などに寄生する植物で生命力あふれる木です。当時、かざし(かんざし)にすると長寿になるとつたえられ尊重されたといいます。今、この植物がみられます。長寿にあやかりたい方、どうぞご覧ください。   あしひきの 山の木末の寄生取りて 挿頭(かざす   しつらくは 千年寿くと [続きを読む]
  • 台風一過、 船明ダムの今
  • 台風21号は、御前崎に上陸、あっという間に過ぎ去りました。雨台風だったので、昨日天竜川に様子を見に行ってきました。天竜川の水位を見るのに適している場所は船明ダムの辺りです。このダムは主として浜松地方の水道水、工業用水に使用されます。行ってみると、ご覧ください! 文字通り濁流渦巻く、濁った水が勢いよく放流されていました。遠くから見ても怖い!よう。 [続きを読む]
  • 柿のシーズンが到来ですね
  • 台風一過、秋の空が戻りました、柿のシーズン到来ですね。この日、森、都田方面をくるまを走らせると、たわわに実った柿を見つけました。これほど実っていると、ヒヨドリたちも敬遠するのでしょうか、飛んできては飛び去ります。鳥の会話がわかる?わたしがそっと聞いてみました。  「たくさん実っているわね」  「そうだね、きみ食べろよ・・」  「これほど多いと食べ過ぎちゃうわ、お腹こわす・・」  「そうだね、他に行 [続きを読む]
  • 掛川花鳥園で、にらめっこ
  • 掛川花鳥園に行きました。台風21号は明日以降です。今日は掛川花鳥園に行きました。ここにはたくさんの鳥たちがいます。なかでも、この鳥はなんと言う鳥でしょう?おっかない顔をして、こちらをにらんでいます。そこで、わたしは「にらめっこ」することにしました。しばらくはにらみ合い!でも、すぐに負けました、絶対笑わないのです。(当たり前)この、水鳥たちは可愛い、私の手から餌を啄みます。 [続きを読む]