ノムラ店長 さん プロフィール

  •  
ノムラ店長さん: 京都のゴルフショップ ノムラゴルフの店長ブログ
ハンドル名ノムラ店長 さん
ブログタイトル京都のゴルフショップ ノムラゴルフの店長ブログ
ブログURLhttp://nomuragolf.blog39.fc2.com/
サイト紹介文南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、新製品情報、お役立ち情報をガンガン配信中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2010/05/22 20:39

ノムラ店長 さんのブログ記事

  • ダウンスイングで左肩の開きを遅らせる
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルファーの多くがアウトサイドインのスイング軌道で飛距離と方向性で損をされておられるでしょうか。数多くのスイング診断の中でも、アウトサイドインのスイング軌道の方々からご相談を受けました。ダウンスイングでヘッドが外へ出ていく原因としまして、左肩の開きが早いということがあります。ダウンスイングのスタート直後に左肩が開いてしまいますと、それに連れてヘッドが前方へ出てい [続きを読む]
  • ミスの記憶
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルフはミスショットで成り立っているのでしょうか。アベレージゴルファーなら一日のラウンドの中で多くのシスショットを重ねるのでしょうが、トッププロでさえやはり程度の差はあれ多くのミスを繰り返すのでしょうね。そしてミスショットの記憶が血管のコレステロールのように少しずつ積み重なって、生き生きとしたゴルフから遠ざけてしまうのでしょうか。石川 遼選手も過去の伸び伸びとし [続きを読む]
  • 両肘のスライドでストロークするパッティング
  • おはようございます、店長ノムラです。パッティングの出来でスコアは大きく変わることがあります。ショットが不調でもパッティングでカバーできることもありますので、パッティングの向上がゴルフ上達には不可欠です。しかし、ドライバーやアイアンの練習の割にはパッティング練習は意外と少ないのかもしれません。プロゴルファーはパッティングの重要性が身に染みているのでしょうか、かなりの時間を割いて練習しています。パッテ [続きを読む]
  • 小さいストロークほどトップの間を意識する
  • おはようございます、店長ノムラです。トップでの間はどんなショットでも必要ですが、特に小さなストロークの時に注意が必要です。アプローチやパッティングなどの小さなストロークの時には、つい打ち急いでしまうことがよくあります。どうしても寄せたいとか入れたいとの気持ちの高まりで打ち急ぐのはゴルファーの本能のようなものでしょうが、本能のままではゴルフの向上にも限界が早く来そうです。アドレスした時からトップでの [続きを読む]
  • ダウンスイングでシャフトは立てるのか
  • おはようございます、店長ノムラです。ダウンスイングでシャフトを立てるように教えられたので、そのようにしているとお話の方がおられました。ダウンスイングでシャフトを立てますと、オンプレーン軌道からヘッドがアウトサイドへ出ていきますので、アウトサイドインのスイング軌道になってしまいます。トップではシャフトのグリップエンドがボールの後方線上を指しており、ダウンスイングの半ばでボールを指しますとオンプレーン [続きを読む]
  • トップからの切り返しでヘッドを背中へ残しておく
  • おはようございます、店長ノムラです。トップからの切り返しがスイングの中でも重要なパートといえるでしょうか。トップでできた手首の角度を崩さずにダウンスイングからインパクトに至りますと「タメ」のきいたスイングになります。そのためには切り返し直後から手を使いますと「タメ」ができませんので、ヘッドを背中へ残すようにしますと手首の角度がキープされたダウンスイングになります。同時に手首の角度が維持されますとフ [続きを読む]
  • 自らのスイングの傾向を知る
  • おはようございます、店長ノムラです。自らのスイングを録画してスローで再生してみますと、多くの方が自らの思ってもいないスイングに驚かれるでしょうか。つまり、自分のスイングについては意外と認識が浅いといえそうです。思いのほかオーバースイングであったり、ひどいシャフトクロスの状態を知らないままただ黙々と練習をしていても効果的ではありません。自らのスイングの実情を知らないままでは、どこをどう修正すればよい [続きを読む]
  • ボール位置の重要性
  • おはようございます、店長ノムラです。プロゴルファーでも知らず知らずのうちにボールの位置が変化して不調に陥ってしまうことがあるそうです。強風の中でプレーして、低い弾道を打つためにボール位置を普段よりも右へ置いたりすることで少しづつボールポジションが変化したりします。また、狭いホールでボールを曲げたくないと思いますと、ボールに近くアドレスしてしまうことがあります。他にもシャンクを警戒しすぎますと、つい [続きを読む]
  • アーリーコックのアプローチ
  • おはようございます、店長ノムラです。アプローチの巧拙がスコアに大きく影響します。アプローチに不安があればどうしてもストロークがぎこちなくなります。スムーズなストロークを目指してもなかなか実現できないのが実情でしょうか。そんな状況の中でも何とかかんとかアプローチを無難にこなせないかとのご相談をよく伺います。そこで一つの方法として、テークバックをスタートすると同時に右手首のコックを使い、後はそのコック [続きを読む]
  • トップから切り返すときの「間」を意識する
  • おはようございます、店長ノムラです。数多くのお客様のスイングを拝見させていただきましたが、トップからの切り返しで落ち着きがなく、不安定さを感じさせるケースがよくありました。それに対してトッププロ達の切り返しにはえも言えない「間」があり、安定感と美しさが感じられます。そのような「間」は無意識にできてしまうこともあるでしょうが、それは極めてまれなことで、やはり意識して作っていく必要がありそうです。しか [続きを読む]
  • メンタルでゴルフは変わるか
  • おはようございます、店長ノムラです。メンタルでゴルフは変わるでしょうか。メンタルだけではゴルフはできませんが、ゴルフの技術を支える働きはあるでしょうか。優勝のためにはどうしても入れなければならない局面でのパットを平常心に近い状態でストロークするためにはメンタルの支えが重要な役割を果たしそうです。同じ実力ならメンタルの強さが勝敗に影響を与えるでしょうか。しかし、技術的な差が大きければその限りではあり [続きを読む]
  • 左肘を逃がすスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。左肘を逃がすようにスイングしますと、ボールが右方向へ流れます。しかし、それを利用してショートアイアンでの左へのヒッカケなどを防ぐこともできます。ショートアイアンは重心角が多いなどで左へのミスが多くなる傾向があります。インパクトからフォローにかけて左肘を逃がすようにしますと手首が固定されてボールが左へ出にくくなります。しかし、ボールが右へ出ることも多くなりますので [続きを読む]
  • 基本中の基本を再確認
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルフ上達の過程でセットアップやグリップなどが疎かになることがあります。自らのグリップがウイークになっているのに気づかずに、インパクトにばかり集中していてもスイングの向上にはつながりません。基礎の不安定な建物は必然安定性にかけざるを得ません。つい先のことに興味が移るのはゴルファーだけではなく人間の本性のものかもしれませんが、時々基本に立ち返ってグリップやスタンス [続きを読む]
  • オンプレーンスイングはインサイドイン
  • おはようございます、店長ノムラです。オンプレーンスイングという言葉は多くのゴルファーがご存じでしょうが、具体的にどういうものかについては意外とご存じないかもしれません。インパクト前後の30cmほどを真っ直ぐヘッドを走らせるとか、インサイドから入ったヘッドをストレートに出すとかとお考えの方もおられます。スイング軌道は楕円形ですので、直線の部分は基本的にはありません。コップなどを乗せる御盆を垂直から少し倒 [続きを読む]
  • フェースを開いたアプローチ
  • おはようございます、店長ノムラです。アプローチで一番多いのはザックリでしょうか。ザックリを警戒するあまりトップにもなります。アプローチに臨むときに先ずザックリやトップが気になっていては距離感などが疎かになりかねません。ザックリを防いだりミスの程度を軽減するためにフェースを開いてストロークすることが有効です。フェースを開くことでバウンス角が大きくなりますので、ダフッたときにリーディングエッジが地面に [続きを読む]
  • 臨時休業のお知らせ
  • 臨時休業のお知らせがあります。11月1日は誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。申し訳ございません。Facebookページ作成いたしました。https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmarkいいね!の していただければ幸いですブログランキングに参加しております。   していただければ幸いです。    [続きを読む]
  • インパクトで下半身が止まらないようにスイングする
  • おはようございます、店長ノムラです。クラブヘッドをボールに正確に当てようとしますと、下半身が止まってしまうことがよくあります。インパクトで下半身が止まりますとボールは左へ曲がる確率が高まります。ゴルファーの心理としましてミスショットが続きますと、次こそ上手く当てようとする傾向があります。そこが落とし穴となって更なるミスショットにつながることがあります。つまりスイングすることを忘れて、ボールに当てに [続きを読む]
  • ブログが二千話に到達しました
  • おはようございます、店長ノムラです。コツコツと書き続けてきましたブログが二千話に達しました。ニューモデルのご紹介、個々のクラブの機能の説明、スイングとクラブとの相性、スイング改善への方法、基本的なスイングへの理解、などをテーマとして当ブログを見ていただける方々のゴルフ上達に役立つ記事をランダムに書き連ねてまいりました。誠につたない記事の連続ではありましたが、ブログをご覧いただいての遠方よりのご来店 [続きを読む]
  • 体幹を主体としたスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。クラブを手にしてボールを打つ以上どうしても手が主体のスイングになりがちです。なかには手の感覚が優れて、手打ちでもかなりボールを上手くコントロールできるゴルファーがおられるのは事実ですが、やはり手打ちでは限界がありそうです。体幹を主体にしますと、あまり器用とはいえませんが、パワフルで再現性の高い動きには優れていそうです。また、手はプレツシャーの影響を受けやすいのに [続きを読む]
  • スイングの軸を意識する重要性
  • おはようございます、店長ノムラです。数多くのお客様のスイングを拝見させていただきましたが、スイングの軸を意識しておられる方は極めて少数でした。スイングの軸が首筋としますと、テークバックからダウンスイング、インパクト、フォローの間に大小の差はありますが、首筋が動いてしまう方が多数でした。スイングの間に首筋が動くということは、スイングプレーンも動いてしまうことになります。目標に正確にアドレスできていて [続きを読む]
  • ショートとロングでアイアンの打ち方は変わる
  • おはようございます、店長ノムラです。アイアンはショートからロングまで同じ機能だとお考えの方がおられるでしょうか。ショートアイアンは重心角が大きく、ロングアイアンは小さいのがそれぞれの特徴です。重心角の大きいショートアイアンはフェースが返りやすく、ロングアイアンは返りにくい機能を持っています。そのため同じ打ち方をしては、どちらかが曲がってしまいます。ロングアイアンが右へ飛んでしまうことが多いのではな [続きを読む]
  • トップから左への体重移動で切り返す
  • おはようございます、店長ノムラです。トッププロはトップからの切り返しが実にスムーッズですね。多くのアベレージゴルファーの方々はトップからの切り返しを手で行います。可動域の広い手で切り返しますと再現性が低くなり、安定したショットが打てなくなります。トップからの切り返しでは手は動かさずに、左への体重移動からスタートさせますと、それに連動して手が下りてきます。この連動して手が下りてくることが大切なポイン [続きを読む]
  • スイング以前に準備できる上達法
  • おはようございます、店長ノムラです。数多くのスイング診断を経まして気づくことがあります。ボールが飛ばなくてゴルフが面白くなくなってきたとのご相談をよくいただきます。さっそくボールを打っていただきますと、なるほどスライスボールで距離も出ていません。スイングもアウトサイドインで、当然のことながらスライスかヒッカケの繰り返しのようです。さらに拝見させていただきますと、グリップが「ウイークグリップ」になっ [続きを読む]
  • できるだけボールに近づいてアドレスする
  • おはようございます、店長ノムラです。トッププロのアドレスはボールに近く立っています。ボールから遠くなりますと手打ちスイングになる傾向が高まります。その結果体幹を使ったスイングが出来にくくなってしまいます。ボールに近くアドレスしますと、体幹と腕や手との連動がスムーズになり、飛んで曲がりにくいスイングにつながります。しかし気を付けなければならないのは、おへそを前へ突き出すようにしてはならないということ [続きを読む]
  • 不調の原因を知らなければ修正できない
  • おはようございます、店長ノムラです。トッププロでさえ絶好調のゴルフは長続きしないものでしょうか。世界ランキング上位のプロゴルファーでも調子の波はあるようです。スイングのどの部分に問題があるのかが判らなければ修正のしようがありません。世界のトップクラスの選手の多くがコーチを採用しているということは、自分で自分のスイングの変調の原因を突き止めるのは簡単ではないと云えるでしょうか。不調に陥ったトッププロ [続きを読む]