ノムラ店長 さん プロフィール

  •  
ノムラ店長さん: 京都のゴルフショップ ノムラゴルフの店長ブログ
ハンドル名ノムラ店長 さん
ブログタイトル京都のゴルフショップ ノムラゴルフの店長ブログ
ブログURLhttp://nomuragolf.blog39.fc2.com/
サイト紹介文南京都のゴルフショップ、ノムラゴルフの店長ノムラが、新製品情報、お役立ち情報をガンガン配信中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/05/22 20:39

ノムラ店長 さんのブログ記事

  • 手を体に引き付けたスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。多くのゴルファーはトップからダウンスイングにかけてボールを叩こうとしておられるでしょうか。クラブヘッドでボールを叩こうとしますと、必然的に手もボールに向かって動きます。その結果手が体から離れたインパクトを迎えることとなります。手が体から離れたインパクトではスイング軌道のバラツキが多くなります。また、手が体から離れますと体のパワーが伝わりにくくなりますので飛距離も [続きを読む]
  • 当てに行くスイングには限界が早く来る
  • おはようございます、店長ノムラです。トップしたりダフッたり、時にはシャンクしたりとゴルフではミスヒットが多発しますね。ミスヒットが続きますと、どうしてもクラブヘッドをボールに当てようとするようになりがちです。ヘッドをボールに当てようとしますと、本能的に手を使います。このようにして手が主体の「手打ちスイング」ができるのでしょうか。類人猿の頃から器用に手を使うことで進化してきた人類ですから手を使ってボ [続きを読む]
  • BB4のヘッドにアーチシャフトの相性が良いと大評判
  • おはようございます、店長ノムラです。飛んで、しかも曲がりが少ないと全国的に評判の「BB4ドライバー」ですが、中でもアーチシャフトととの相性が抜群だとの噂が持ち上がっているようです。単純に噂話を真に受けるわけにはまいりませんので、当店でもアーチシャフトを取り寄せてBB4のヘッドと組み上げました。早速、試打してみますと、元々速かったボール初速が更にアップしました。これからもっと多くの方々に試打していただいて [続きを読む]
  • スイングとクラブとの関係を考える
  • おはようございます、店長ノムラです。自分にはどんなクラブが適しているのか解りにくいところががありますね。アウトサイドインのスイング軌道のゴルファーがストレートやオープンフェースで、重心角の小さいドライバーを選んでしまいますとスライスボールの頻度が増してしまいます。逆にフックボールが多く出るゴルファーが掴まりの良いドライバーを手にしますとフックボールがますます多くなります。使用するクラブでスイングが [続きを読む]
  • 平均飛距離を考えたドライバー選び
  • おはようございます、店長ノムラです。ドライバーの醍醐味は何といっても飛距離でしょうか。しかし一発の飛距離も魅力ですが、安定性が低ければスコアになりません。例えばシングルゴルファーになるにはアプローチやパッティングは勿論ですが、ドライバーのバラツキを少なくする必要があります。当たれば飛ぶけれども、ムラがあるものではなく、平均点の高いドライバーを選ぶことがスコアアップに欠かせません。ゴルフにミスショッ [続きを読む]
  • 体幹を使って切り返しで間を置くアプローチ
  • おはようございます、店長ノムラです。アプローチのような比較的小さな動きのスイングではどうしても手でチョコッと打ってしまいがちですね。手先の動きは可動域が広く、複雑な動きが可能ですが、その分一定性を保つのが難しくもあります。一方、体幹を主体としますと、複雑な動きはできませんが、安定したスイングには大変役立ちます。ところが体幹を使ってアプローチをしますと、動きが何となくギクシャクすることがあります。そ [続きを読む]
  • スイングのイメージと現実の差を埋める
  • おはようございます、店長ノムラです。人のスイングはよく見えるのですが、自らのスイングについては誤解だらけなのがゴルフでしょうか。撮影したご自分のスイングに「こんなスイングだったとは」と驚かれることがよくあります。例えば「少しはオーバースイングだと思っていたが、ここまでオーバーだったとは」と認識のズレを感じられることがあります。それ以外にもシャフトクロスや極端なアウトサイドインのスイング軌道など数え [続きを読む]
  • テークバックで肩の入りを意識したスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。数多くのスイング診断を継続してきて気付くことがあります。ボールの捉まりが悪く、飛距離不足に悩んでおられるゴルファーの多くがテークバックで肩の入りが浅いようです。つまりは体の捻転が不十分で、手だけを上へ上げるのがテークバックだと思い込んでおられるのかもしれません。テークバックを手で上げてしまえば、ダウンスイングからインパクトも手を主体に使ってしまいます。ゴルフスイ [続きを読む]
  • 右かかとの上りを遅らせてインパクト
  • おはようございます、店長ノムラです。スイング軌道がアウトサイドインのゴルファーの多くが右かかとが早く浮き上がったインパクトを迎えておられます。インパクトで右かかとが浮き上がっても、肩のラインがアドレスの時よりも開いていなければ大丈夫ですが、残念ながら多くのゴルファーが肩のラインが開いた状態でインパクトしておられます。その結果ヘッドが外から下りてくるアウトサイドインのスイング軌道になってしまいます。 [続きを読む]
  • テークバックで開いたフェースは閉じて下してこなければボールは右へ飛ぶ
  • おはようございます、店長ノムラです。スライスをなんとかしたいとお考えのゴルファーは多数おられるでしょうか。テークバックを始動してフェースを一定量開かなければヘッドがトップまで上って行きません。アドレスでのフェースの向きをキープしたままではテークバックは途中で止まってしまいます。つまりフェースをある程度開きながらトップに至るのがテークバックといえるでしょうか。ところが、テークバックで開いたフェースを [続きを読む]
  • グリップを直すだけでスライスボールを修正できる
  • おはようございます、店長ノムラです。いくら練習しても上手くならないのがゴルフでしょうか。練習すればするほどスライスが強くなるような気さえします。しかし、よく見ますとスライスボールの出る人はウイークグリップになっている方が多いようです。ウイークグリップで握ればスライスボールが出るのは普通です。スライスボールの出やすいグリップで、スライスに悩んでいるのも不思議なものかもしれません。思い切ってフックグリ [続きを読む]
  • 少しアンダーからで丁度良い
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルファーの過半数は多かれ少なかれアウトサイドからボールを捉えているといわれます。私も長年のスイング診断を経て、アウトサイドインのスイング軌道のゴルファーが多いことに気付いています。もちろんインサイドからの度合いが強すぎても良くありませんが、多くのゴルファーがアウトサイドからのスイング軌道であれば、アンダーから入れてくるつもりでも簡単には入りません。むしろ強めの [続きを読む]
  • スイング軌道を安定させるための練習法
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルフ上達にヘッドスピードのアップも大切ですが、スイング軌道が安定してこそのヘッドスピードです。ヘッドスピードが上がっても、スイング軌道が不安定ではボールの曲がり幅が増すばかりです。先ずはスイング軌道が安定するための練習が最重要ではないでしょうか。そのためにはハーフスイングでの練習が効果的です。右肩から左肩までのハーフスイングですが、当初は手と腕を主体にスイング [続きを読む]
  • 前傾姿勢を崩さないスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。これまで「目からウロコのスイング診断」を通じて多くのゴルファーのスイングを拝見させていただきました。その中で、多くの方が上体が起き上がってインパクトしておられました。つまりアドレスした時の前傾姿勢がインパクトで崩れていました。世界のトッププロ達のインパクトでは、当然のことながらアドレスした時の前傾姿勢が維持されています。アドレスした時の前傾姿勢が崩れては、目とボ [続きを読む]
  • エポンAF−505アイアンの評価が凄いことに
  • おはようございます、店長ノムラです。エポンゴルフより発売されたAF-505アイアンが好調に売れています。ヘッドを手に取ってみますと、ソールの厚みがややあってボールの上がりやすさを感じます。しかしグリップしてアドレスしますと、キリッとして締まった顔になります。かなりな上級者でも納得させる顔に変身します。実際打ってみますと、ポケキャビヘッドのやや軽い打感はなく、ソリッドで重厚な打感が心地よく手に伝わってきま [続きを読む]
  • お盆の休業日のお知らせ
  • おはようございます、店長ノムラです。いつもお世話になり有難うございます。お盆の休業日は次の通りとさせていただきます。8月12,13,14,15,16日まだまだ猛暑が続きそうですがご自愛ください。Facebookページ作成いたしました。https://www.facebook.cCom/nomuragolf?ref_type=bookmarkいいね!の していただければ幸いですブログランキングに参加しております。   していただければ幸いです。    [続きを読む]
  • 右へ飛び出して左へ戻ってくるショットの練習
  • おはようございます、店長ノムラです。何となく球数を積み上げるだけの練習ではゴルフ上達は望み薄でしょうか。右へ飛んだから左へ引っ張り込むなどの場当たり的な練習では、基本的な体の動きが習得できそうもありません。どんなスイングでどのようなショットを目指すのかを決めることで、具体的なスイングイメージを持ちたいですね。具体的なスイングイメージとしましては、インサイドインのスイング軌道で右へ飛び出したボールが [続きを読む]
  • 自分にとって入るパターを探す法
  • おはようございます、店長ノムラです。パッティングの出来でスコアは大きく違います。いかにショットの調子が良くても、そんな日に限ってショートパットをポロポロ外して悔しい思いをしたことは多くのゴルファーが経験していることでしょうか。ドライバーですと、ロフトは何度、シャフトの硬さやキックポイントなど自分なりに決めごとのようなものがあったりしますが、パターに関しては具体的な指標を持たないゴルファーが多いのか [続きを読む]
  • 左右の腰の位置でのシャフトの立て角度
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルフボールはどうしてあんなによく曲がるのでしょうか。ゴルフボールの意思で曲がっているわけでもなさそうです。ゴルフボールの曲がるのは物理現象でしょうから、曲がるには原因があるはずですね。ゴルフボールが曲がってしまうスイングが原因であれば、まっすぐ飛ばすには曲がりの少ないスイングに改善するしかなさそうです。基本的にスイングは左右対称でありたいですね。申し上げるまで [続きを読む]
  • インパクトはやや窮屈くらいが丁度よい
  • おはようございます、店長ノムラです。トッププロ達のインパクトは窮屈そうに見えますね。それに対しまして、アベレージゴルファーの多くはインパクトで伸び上がるような傾向があります。プロゴルファーのインパクトは体を小さくしてスイングが収縮するようなイメージといえるでしょうか。インパクトと云いますと爆発のイメージを持たれるかもしれませんが、実際には集中であり、爆発はインパクトの直後となるでしょうか。インパク [続きを読む]
  • ミスの原因がわからなければ直しようがない
  • おはようございます、店長ノムラです。ゴルフにミスはつきものですが、個人によってミスの傾向があります。トップの多い人、よくダフル人、スライスボールが直らないゴルファー等々、様々なミスショットがあります。インパクトで体が起き上ったり、伸び上がったりするとトップになる傾向があります。インパクトで右手を伸ばしてボールを打とうとしますとダフリやすくなります。アウトサイドインのスイング軌道である限りスライスボ [続きを読む]
  • パターを変えるだけで入りだすことがある
  • おはようございます、店長ノムラです。昨日までよく入っていたパットが何故か信じられないほど外れてしまうことがよくあります。自分としては今までと同じようにパッティングしているつもりでも、どこかが違っているのかもしれません。ビジターでラウンドしたコースのグリーンが驚くほど速くて、そのグリーンにタッチを合わせた結果パッティングに変調をきたすこともあります。知らず知らずのうちにボールの位置が変わっていたりす [続きを読む]
  • インパクトで緩めないスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。スイングに力みは禁物ですが、軽く振ろうとしてインパクトを緩めてしまうことがよくあります。常に加速しながらのインパクトが大切ではないでしょうか。勿論、急加速ではなく滑らかな加速を心掛けたいですね。インパクトでの加速はドライバーやアイアンのフルショットだけではなく、アプローチからパッティングに至るまで意識するべきでしょうか。むしろショートゲームでインパクトが緩んでし [続きを読む]
  • ハーフウエイダウンでのヘッドの位置を意識するスイング
  • おはようございます、店長ノムラです。多くのゴルファーはボールを対象としたスイングを意識されるでしょうか。そのためか、トップからヘッドが直接ボールへ向かう傾向があります。それがアウトサイドからヘッドが入る原因となり、スライスボールを誘発してしまいます。ボールとターゲットを結んだ線に平行に立ち、インサイドインのスイング軌道を想定しますと、ハーフウエイダウンではヘッドは右膝の後方付近にあるべきです。アド [続きを読む]