テン3 さん プロフィール

  •  
テン3さん: テン3の旅行・探検blog
ハンドル名テン3 さん
ブログタイトルテン3の旅行・探検blog
ブログURLhttp://tenten333.blog118.fc2.com/
サイト紹介文国内外の旅行・探検日記を紹介します。探検日記は主に鉱物採集と廃墟探訪日記です^^
自由文写真が続く限り更新しますwよろしくお願いします^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/05/23 02:59

テン3 さんのブログ記事

  • 長崎市の稲佐山夜景(長崎県)
  • 本日は、長崎市の稲佐山の夜景を^^昨年のGWに訪れたものですが、長崎の夜景は2012年に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」というイベントで香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれたそうです。また、2015年には、神戸、札幌と共に「日本新三大夜景」にも選ばれたようです。北日本ですと、やはり函館の夜景が一番有名かと思いますが、長崎の夜景もとても綺麗でしたね〜^^↑稲佐山の山頂には電波塔があり、こちらも [続きを読む]
  • 鶴岡カトリック教会 天主堂(山形県)
  • 本日は、山形県鶴岡市の鶴岡カトリック教会天主堂を^^鶴岡カトリック教会は明治36年に建てられたものでロマネスク様式教会建築の傑作として国の重要文化財に指定されています(リンク先HPより)。ステンドグラスとは異なる独自の技法でつくられた「窓絵」や世界的にも珍しい「黒い聖母マリア像」は、国内ではこの教会でしか見られない貴重なものだそうです。↑外観。門構えは和風な感じで和洋折衷といったところでしょうか。。庄 [続きを読む]
  • アポイ岳ジオパークビジターセンター(北海道)
  • 本日は、北海道様似町の「アポイ岳ジオパークビジターセンター」を^^こちらの施設は、名前の通り、世界ジオパークであるアポイ岳ジオパークを紹介するビジターセンターとして作られた施設となります。アポイ岳ジオパークビジターセンターについて(リンク先HPより引用) 様似町の地形・地質、自然、歴史・文化・産業に関する展示や映像、解説を通して、アポイ岳ジオパークをより楽しむために必要な情報の提供を行う施設です。 [続きを読む]
  • 高田松原〜奇跡の一本松〜(岩手県)
  • 本日は、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」を↑奇跡の一本松は、陸前高田市の海岸に広がる景勝地「高田松原」の松が震災の津波によって壊滅的な被害を受けた中、ただ1本、津波に流されずに生き残った松とされています。津波に負けずに耐え切った松であることから、地域の方々にとって震災に負けない復興のシンボルとされてきました。しかしながら、その後塩害等により枯死してしまうこととなったことから、松に加工を加えてモニ [続きを読む]
  • 気仙沼大島架橋(宮城県)
  • 本日は、宮城県気仙沼市の本島と大島を結ぶ「気仙沼大島架橋」を^^【気仙沼大島架橋の事業概要(宮城県HPより引用)】 気仙沼湾に位置する大島は、本土との交通機関が船舶のみであり、住民の日常生活に於ける利便性の向上や救急医療などの安全・安心の確保、当該圏域の観光振興及び地域間交流を図る観点からも架橋の整備が求められてきました。 さらに、平成23年3月11日に本県を襲った「東北地方太平洋沖地震」の津波により、大 [続きを読む]
  • 早春の吾妻山(福島県)
  • 本日は、早春の吾妻山を^^吾妻山は、福島県と山形県にまたがる火山群で、日本百名山にも数えられる名峰です。最高峰は西吾妻山の2,035メートルで、西吾妻山以外にも標高2000mに近い山が多数連なり、とても美しい風景を望むことができます。↑3月も下旬になると、気温も上昇し、徐々に山地の雪も融け始めます↑吾妻小富士も山肌が見え始め、これから冠雪もなくなってくることと思います↑山頂付近を通るルート(磐梯吾妻スカイラ [続きを読む]
  • 青の洞門と手掘り洞窟(大分県)
  • 本日は、大分県中津市の「青の洞門」を^^こちらも以前の記事の耶馬渓と同じ景勝地で、岩盤の急崖地が続く、独特の風景を造り出しています。↑説明看板によると、この地域の通行人は、今のような道路がない昔には岩壁に作られた鎖を命綱にして大変危険な道を通っていたようです。ときには人や馬が命を落とすこともあり、旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚が安全な道を確保するため、1735年より自力で岩壁を掘り始めたそうです [続きを読む]
  • 村田町蔵の町並み〜やましょう記念館(宮城県)
  • 本日は、宮城県村田町の【蔵の町並み】を^^宮城県柴田郡村田町は、江戸時代から紅花の栽培が行われ、紅花や生糸、味噌、醤油等の商売が盛んな地域だったようです。商業が栄えた地で、その名残として現在も蔵が多数保存されており、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。↑それほど広い範囲ではありませんが、一部区画が蔵の町並みとして保存されています↑外装は定期的に補修もされているのか、綺麗な状態に見えま [続きを読む]
  • 日本三大水城-中津城(大分県)
  • 本日は、大分県の中津城を^^中津城(wikiより引用)中津城(なかつじょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城。黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。江戸時代の大半は、奥平氏が居城としていた周防灘(豊前海)に臨む中津川(山国川の派川)河口の地に築城された梯郭式の平城である。堀には海水が引き込まれているため、水城(海城)ともされ、今治城・高松城と並ぶ日本三大水城の一つに [続きを読む]
  • うらかわ優駿ビレッジアエル(ウィニングチケット他見学)
  • 本日は、昨年の秋に訪れた、北海道浦河町の【うらかわ優駿ビレッジAERU】を^^こちらでは、功労馬の見学が可能であり、1993年ダービー馬のウィニングチケットや、2007年高松宮記念馬のスズカフェニックス等の重賞馬が繋養されています。↑早速中へ入りますと、、、↑繋養馬の案内があります。ウィニングチケットの世代では、ビワハヤヒデが一番有名でしょうかね。。↑あまり見学のお客さんはいませんでしたが、広大な牧場でゆっく [続きを読む]
  • 弘前城冬の桜ライトアップ(青森県)
  • 本日は、春の桜で有名な弘前城の冬のライトアップを^^今シーズンから始められたイベントのようですが、冬季間、桜の木に雪が積もった状態でピンクにライトアップすると、冬に満開の桜のような夜景が楽しめるとでは?というイメージで企画されたようです。とても面白い試みだと思い、年明けすぐに行ってみました。↑弘前城公園の周りでは、冬季間街路樹等もライトアップされており、ちょっとした夜景を楽しむことができます↑そし [続きを読む]
  • 大蔵村四ヶ村の棚田(山形県)
  • 本日は、山形県大蔵村の「四ヶ村の棚田」を^^こちらの棚田は、日本の棚田百選にも選ばれており、東北を代表する棚田の一つとされています。今シーズンは青森の酸ヶ湯を超えて、日本一の積雪深を記録した肘折温泉のある大蔵村にあります。↑訪れたのが秋で、稲の収穫直前くらいでした↑棚田の上側に展望台があり、棚田を一望できます。地上からでは少し棚田の立体感が出ませんが、ドローンで撮影するととてもいい写真になるでしょ [続きを読む]
  • 耶馬渓一目八景の奇岩群(大分県)
  • 本日は、大分県の景勝地、耶馬渓(やばけい)を^^耶馬渓(リンク先HPより引用)耶馬渓が「名勝」として国の指定(文化財保護法)を受けたのは大正12年3月7日である。「耶馬渓」という地名は、1818年この地を訪ねた頼山陽が奇岩奇石の渓谷や岩峰の美しさに驚嘆し、山国谷に転じて「耶馬渓」と呼び「海内第一」の絶景と絶賛した。また、昭和25年7月29日には名勝耶馬渓を含む一帯が耶馬・日田・英彦山国定公園に指定されている。耶 [続きを読む]
  • 宇佐神宮参拝(大分県)
  • 本日は、大分県宇佐市にある宇佐神宮を^^大分間が空きましたが、昨年のGWに訪れた九州編の続きになります(^^;宇佐神宮は、八幡様を祀る全国で4万社ある神社の総本宮だそうです。↑東北でもよく見る八幡宮の総本宮ですが、なかなか訪れる機会もないため、一度はお参りしておかねば、、ということでの参拝でした↑総本宮だけあり、相当な広さです。。↑そして入り口付近になぜかSLが。。↑以前は宇佐参宮線なる路線があったみ [続きを読む]
  • 旧遠藤家住宅(多層民家)
  • 本日は、山形県田麦俣(たむぎまた)地区の多層民家(旧遠藤家住宅)を^^こちらは去年の秋に訪れましたが、豪雪地帯であり、今頃は深い雪に覆われていることと思います。多層民家(旧遠藤家住宅)(リンク先HPより引用)田麦俣集落は、庄内と内陸を結ぶ六十里街道の要所であり、湯殿山信仰が盛んになるにつれて、宿場的性格を帯びてきました。このような環境の中に、この地方独特の建築様式を誇る茅葺屋根の民家がたくさん建てら [続きを読む]
  • 竜飛崎〜太宰治文学碑
  • 本日は、青森県は津軽半島の北部に位置する竜飛崎〜太宰治文学碑を^^↑正月過ぎにふと津軽半島方面の景色が見たくなり、出かけてみました↑久しぶりの竜飛崎ですが、まずはお決まりの津軽海峡冬景色歌碑から^^↑さすがに時期も時期のため、お客さんもいませんでしたねぇ・・・(^^;↑とりあえずはこのボタンを・・・ハイシーズンはこのボタンはひっきりなしに連打されています(笑)↑そうすると、大音量で津軽海峡冬景色が流れま [続きを読む]
  • 西目屋村の乳穂ヶ滝 (青森県)
  • 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m新年はじめは、青森県西目屋村の乳穂ヶ滝です^^あまり有名な滝ではありませんが、県内では氷柱をつくる滝として知られています。↑滝の全面には神社のように鳥居が建ち、その奥にご神体とも言うべき滝が位置します。↑鳥居をくぐると、剣の碑があります。ちょっとRPG的な雰囲気になりますが・・・(^^;↑滝の裏側には不動尊が祀られ [続きを読む]
  • 仙台光のページェント2017(宮城県)
  • 本日は、仙台光のページェント-2017-を^^毎年恒例の光のページェントですが、今年も12月初旬より始まり、そろそろ終盤に差し掛かってきました。光のページェントが始まると、いよいよ今年の終わりを感じます。では一気に写真を載せますm(_ _)mブログランキングに参加しています。よろしくお願いします(^^)ノFC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 鳥海山麓の元滝伏流水(山形県)
  • 本日は、鳥海山山麓の湧水スポット、元滝伏流水を^^訪れたのは夏で、ちょうど涼しさを感じられる時期でしたが、今の時期では少し寒さを感じるかも知れませんが・・・(^^;↑鳥海山は、先日記事にした十六羅漢岩とも近い日本海側にあります。また、秋田県と山形県に跨った場所にあります。↑鳥海山・飛島ジオパークの一部にもなっており、看板の写真のように、鳥海山を覆う厚い溶岩のヘリから多量の湧水が見られます。↑溶岩は亀裂 [続きを読む]
  • 紋別市のカニのオブジェ(北海道)
  • 本日は、北海道門別市のカニのオブジェを^^北海道の道東方面を訪れた際に立ち寄った場所です。↑秋でしたが、波風もそれなりに強く、結構寒かったですねぇ・・・(^^;↑波しぶきも結構立っていました。↑紋別市といえば、漁業の町として有名ですが、その中でもカニが特産品として知られています。ということで、特産品をダイレクトにオブジェにしてしまったようです(笑)↑高さ12m、幅6m、重さ7tの巨大なカニのはさみがドーンと [続きを読む]
  • 遊佐町の十六羅漢岩2017(山形県)
  • 本日は、山形県遊佐町の十六羅漢岩を^^こちらは何年か前にも紹介したのですが、久しぶりに日本海側を夏に訪れたので、また立ち寄りました。↑周辺地域は鳥海山・飛島ジオパークとなっております。↑快晴の空と日本海。暑かったですが、眺望は最高でしたね〜。↑絶好のドライブ日和です↑十六羅漢岩は、「吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、1864年に造佛を発願し、地元の石工 [続きを読む]
  • 弘前城リンゴアート2017(青森県)
  • 本日は、弘前城公園で10月下旬の期間に開催された、リンゴアートを^^青森県では、田舎館村の田んぼアートやスノーアートが全国的にも有名になってきておりますが、弘前では特産のリンゴを使った「リンゴアート」が開催されました。↑春の桜祭り以来の弘前公園でしたが、秋は園内の紅葉がとても綺麗でした↑弘前城天守の石垣は現在も絶賛工事中です↑まさに紅葉↑石垣の改修は、100年ぶりだそうです。↑前回(戦前)の改修は人力 [続きを読む]
  • 平泉 高館義経堂(岩手県)
  • 本日は、奥州平泉の高館義経堂を^^高館義経堂は、名前の通り、源義経にちなんだ場所で、義経最期の地とされています。↑高館義経堂も北上川を一望できる高台にあり、入り口からいきなり上りの階段があります。ということで、早速上ってみます。↑階段を上ると、今度は緩いスロープが続きます。そしてスロープから右側を見ますと・・・↑北上川周辺の風景を一望できる展望スポットとなっています^^↑小さな展示室もあり、出来損 [続きを読む]
  • 稲庭城と稲庭うどん (秋田県)
  • 本日は、秋田県湯沢市の稲庭城を^^稲庭城は大分マイナーなお城かと思いますが、稲庭の方は、「稲庭うどん」で結構有名かも知れません。↑稲庭城は、山の上にあり、スロープカーに乗って行きます。登山道もあるのですが、行った時期は夏で途中で力尽きそうでしたので、素直にスロープカーに乗りました(^^;↑もちろん、稲庭うどんの看板もあります↑地形に守られた城塞と紹介されていますが、まさにその通りで、周辺が急斜面に囲ま [続きを読む]
  • 別府地獄巡り(龍巻地獄〜血の池地獄)
  • 本日は、別府地獄巡りの最終章ということで、「龍巻地獄〜血の池地獄」を^^最後もまたインパクトのある地獄なのですが・・・↑まずは龍巻地獄から。。↑訪れた時期は、ツツジの花も綺麗に咲いていました↑中では多くの人が待機しています↑こちらの龍巻地獄は、間欠泉です。30〜40分の間隔で熱水が噴出します↑皆さん噴出のタイミングを待っています。。↑そして数分後、勢いよく熱水が噴出しました!↑噴出も10分前後続きますの [続きを読む]