前北かおる さん プロフィール

  •  
前北かおるさん: 俳諧師 前北かおる
ハンドル名前北かおる さん
ブログタイトル俳諧師 前北かおる
ブログURLhttp://maekitakaoru.blog100.fc2.com/
サイト紹介文「夏潮」所属の俳人。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。惜春の心ラフマニノフの歌
自由文初めての俳句(俳句の作り方)、1998年以降の句帳の清書、句集鑑賞、吟行記、旅行記、ゴルフ、小林研一郎、読売日響を中心にオーケストラ鑑賞記などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/05/23 15:10

前北かおる さんのブログ記事

  • 坂口昌弘『毎日が辞世の句』。
  •  『ライバルの俳句史』で第12回加藤郁乎賞を、『ヴァーサス日本文化精神史』で第10回文學の森大賞を受賞されている坂口昌弘さんから、『毎日が辞世の句』(平成30年6月、東京四季出版刊)をいただきました。ありがとうございました。 井原西鶴から飯田龍太までの俳人24人と、武者小路実篤、上田三四二、河野裕子、『きけ わだつみのこえ』の戦没学生たちを取り上げて、辞世の句歌の紹介、それぞれの死生観について探った論考です [続きを読む]
  • 本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2018年7月号
  •   癒えてゆく暮らし日焼けも少しせし 「日焼け」が季題で夏。大病をしてしばらく療養第一の生活をしていたところ、ようやく小康を得て外に出られるようになったのです。まだ自宅周辺の散歩が許されている程度なのでしょうが、やつれた体が少しずつ元気を取り戻し、肌も少し日焼けしたというのです。日常を取り戻しつつある暮らしの中で、日焼けに快復の実感を得ているのがよく伝わってきます。また、真夏に向けて希望も感じられ [続きを読む]
  • 読響第580回定期。
  •  マエストロ・コバケンのマンフレッド交響曲。昨年聴いたときより、段違いで曲に入り込めました。オーケストラの表現力の違いによるところも大きかったかも知れません。クライマックスで、パワフルに鳴っていたオーケストラが止んで、オルガンによって浄化されるところがとても効果的に聞こえました。 前半のベートーヴェンも、面白いアクセントや両手の掛け合いなど自在の演奏で良かったです。 [続きを読む]
  • ミラクルエッシャー展。
  •  今日は、エッシャー展を観てきました。錯覚を起こさせるような版画はもちろん楽しめましたが、球面鏡に写るものを描いた版画が面白かったです。版画のほかに、鉛筆とチョークで描いた下絵がいくつか出品されていてそれも目を引きました。今日は、まだそれほどの混雑でもなくて良かったです。 [続きを読む]
  • 建築の日本展。
  •  森美術館で開催中の「建築の日本展」を観てきました。色々な建築の模型などがありましたが、千利休の待庵の原寸大模型は、中に入ることもできて、面白かったです。ところどころ屋外の眺望があって、展示と響き合うところがあって良かったです。 [続きを読む]
  • 立石。
  •  最近、立石に引っ越された方のお宅にお邪魔してきました。飲み屋街をぶらぶらしているうちに酔っ払ってしまい、気がつけばふらふらでした。皆さまお世話になりました。 [続きを読む]
  • プラハ放送響。
  •  首席指揮者レナルトの率いるプラハ放送響の来日公演を聴いてきました。お国物の「モルダウ」、「新世界」というプログラムでした。がちがちに固めるのではなく、遊びの部分というか、少し弛いところのある演奏で、そこにまた魅力がありました。家路の第2楽章なども速めのテンポで過度に味付けをしないのですが、十分に歌心ある音楽になるところはさすがと思いました。 [続きを読む]
  • 句帳の清書 2017年10月
  •  10月2日 見学旅行 香川(10月3日 志木吟行会)タンカーの巨躯持て余す秋の雨 10月2日 見学旅行 香川(10月17日 志木吟行会)夜の帳雨の帳や秋の雨 10月3日 見学旅行 直島〜倉敷(志木吟行会)秋風やここに迎への船を待ち静かに来静かに遊ぶ虫の夜半 10月3日 見学旅行 直島〜倉敷(10月13日 閏の会)デジタルに染め分けられて葉鶏頭 10月3日 見学旅行 直島〜倉敷(10月16日 慶大俳句)朝露や一時に晴るる瀬戸の [続きを読む]
  • ESTA。
  •  ハワイへ行く前にESTAの申請を行いました。調べてみると、5年前に行った時にも制度はあったようです。その時には家族全員分、申請したはずですが、まったく記憶にありませんでした。 [続きを読む]
  • 「一葦」第224号。
  •  「一葦」第223号を送っていただきました。ありがとうございました。同人作品から10句、紹介させていただきます。  やうやくに立ちて仔馬の肋骨  細谷喨々  料峭やすでに大きく崖の歯朶  中根美保  野火果てて熱もつやうな月あがる  松井恭子  春水を汲みてこぼして柄杓かな  新井保  わがものと思ふ天地よ野に遊ぶ  鈴木定代  楠若葉雲なき空を覆ひけり  丸山陽子  佇みて歩みて花の吉野かな  鈴木 [続きを読む]