naomi さん プロフィール

  •  
naomiさん: ゆとり日記
ハンドル名naomi さん
ブログタイトルゆとり日記
ブログURLhttp://guwsoz4.blog123.fc2.com/
サイト紹介文気になっている出来事や、本、映画、アニメ、漫画の感想を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供546回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2010/05/23 19:19

naomi さんのブログ記事

  • 大分香りの博物館に行った。
  •  大分香りの博物館に行った。  別府駅からバスは一応通ってはいるが、一番近いのが一時間に一本で、それを逃すと坂道をずっと上らなければならなかった。別府駅から一駅で大学駅があるが、そこも坂道を延々と上るコースでかなりキツい。  アクセスがかなり悪いので、普通にタクシーを使った方が早くつくと思った。  香りの博物館は、別府大学のとなりにあった。3階まであり、3階はアロマ体験ルームと調香体験工房や、今は源氏 [続きを読む]
  • NARUTO 白の童子、血風の鬼人 (JUMP j BOOKS)を読んだ。
  • NARUTO 白の童子、血風の鬼人 (JUMP j BOOKS)(和書)2018年11月15日 00:48岸本 斉史, 日下部 匡俊 集英社 2002年12月16日 原作コミックスの5巻くらいまでの話をまとめたものだった。ナルトが忍者アカデミーを卒業し、ザブザとか白と戦ったところで終った。ナルト達の活躍で、波の国にナルト大橋が出来たって所だ。この橋はナルトの名前をとっているが、彼が後に火影になるので、本当に美味しい名前を付けたなあと思った。 [続きを読む]
  • 『GODZILLA 星を喰う者』を見た。
  • GODZILLA 星を喰う者(劇場映画)2018年11月13日 23:24“アニゴジ“3部作がいよいよラストの章へ 2018年11月09日 公開(SF) 監督: 静野孔文/瀬下寛之 出演: 宮野真守/櫻井孝宏/花澤香菜/杉田智和/梶裕貴/小野大輔/堀内賢雄/中井和哉/山路和弘/上田麗奈/小澤亜李/早見沙織/鈴村健一 制作: 2018日本/[配給]東宝映像事業部 2部は見ていないが、これで全部のようだ。2部はどうやらメカゴジラで戦おうとしたそうだが結 [続きを読む]
  • 『鐔・刀装具100選―鑑定と鑑賞の手引き』を読んだ。
  • 鐔・刀装具100選―鑑定と鑑賞の手引き(和書)2018年11月11日 22:262004 淡交社 飯田 一雄, 蛭田 道子 いろんな時代や形の刀装具が写真と簡単な解説付きで紹介されていた。 室町あたりだとシンプルで渋いのが多かった気がする。時代が下り江戸時代とか幕末あたりになるにつれて、金とか彫刻七宝などが使われた派手で華やかなものが多くなってきたようだ。  この中で一番良いなと思ったのは、P111にある正阿弥伝兵衛の水龍に七宝象 [続きを読む]
  • 『落語百選―春』を読んだ。
  • 落語百選―春(和書)2018年11月10日 18:221999 筑摩書房 麻生 芳伸 春に関係がある落語を集めたものだった。どれも面白かった。  この中では、『百年目』というのが良いなと思った。真面目で堅物と思われていた番頭が、実は芸者たちと花見などをして派手に遊んでいる。それを旦那に見つかってクビにされるかと思いきや、褒められるみたいな話だった。番頭は仕事をしているときは真面目に働いており、遊ぶときは自分の働いたお金で [続きを読む]
  • 『サピエンス全史をどう読むか』を読んだ。
  • サピエンス全史をどう読むか(和書)2018年11月09日 23:38河出書房新社 2017年11月29日 筆者と池上彰との対談や、サピエンス全史の感想を著名人が書いているのがまとめられていた。  後、サピエンス全史を読むにあたって、これを読むとより深く理解できるかも知れないみたいな本の紹介もあった。  本の紹介コーナーでは、『銃・病原菌・鉄』しか読んだ事なかったので、他の者も機会があったら読んでみたいなあと思った。ラグーン [続きを読む]
  • 新作歌舞伎『あらしのよるに』を見た。
  •  新作歌舞伎『あらしのよるに』を見た。  演出や衣装だけでなく、仇討ちやお姫様などもあり、内容も歌舞伎っぽくアレンジされていた。絵本原作だからか子どもと一緒でも分かりやすくて面白そうだと思った。  パルコに衣装などが飾っていたり、商店街などでおねりがあったりと宣伝に力を入れているなあと思った。  登場人物では、狼のおばばが一番ちゃっかりしていて面白かった。歌舞伎のオリジナル要素では、山羊のミイが原作 [続きを読む]
  • ビデオドローム [DVD]を見た。
  • ビデオドローム [DVD](DVD)2018年11月06日 23:00ジェネオン・ユニバーサル 2012年5月9日 一応ホラー映画なのだが、想像と現実が入り乱れているみたいな感じで、訳が分からないまま終った。  あるエロビデオ制作会社に務めている男性が、変なビデオを見てから何だかおかしくなって来て、最後は会社の人達を殺しまくり、自分も自殺してしまったというもののようだ。  お腹に自分で穴を開けてそこからビデオを入れたりみたいな、意 [続きを読む]
  • マリリン・モンロー 最後の告白 [DVD]を見た。
  • マリリン・モンロー 最後の告白 [DVD](DVD)2018年11月05日 00:13IVC,Ltd.(VC)(D) 2010年1月27日 マリリン・モンローの、主治医というかカウンセラーの先生の告白をドキュメンタリーにしたものだった。  マリリン・モンローの写真や映像がいろいろあった。彼女が若い頃に出ていたかも知れない、ピンクフィルムまであった。  このドキュメンタリーによると、彼女は映像や写真を撮られる事は大好きだったらしいが、そこで言葉を発 [続きを読む]
  • ナイト・オブ・ハロウィン [DVD]を見た。
  • ナイト・オブ・ハロウィン [DVD](DVD)2018年11月04日 23:53竹書房 2017年9月2日 ハロウィンを元にしたホラー短編のオムニバス映画だった。別にハロウィンは関係ないが普通のホラーっぽいものもあった。  ある女性が、ハロウィンの夜に、見知らぬコスプレ男性から貰ったビデオを、暇つぶしに見てみることにする。それはホラー短編だった。最後はその訳の分からないハロウィンコスプレの男性に、勝手に家に入られて、その女性も殺 [続きを読む]
  • NHKてれび絵本 あらしのよるに DVD-BOX
  • NHKてれび絵本 あらしのよるに DVD-BOX(DVD)2018年11月04日 01:132005 中村獅童 てれび絵本なのだが、一本40分くらいで、3巻で終った。絵本で言うと丁度ガブが雪山で仲間だった狼達と戦って、雪崩に巻き込まれたってところなので、結構中途半端な所で終ったなあと思った。  絵本の中の絵がそのまま、少し動いたりしていて本当に動く絵本って感じだった。 [続きを読む]
  • 新約 とある魔術の禁書目録(20) (電撃文庫)を読んだ。
  • 新約 とある魔術の禁書目録(20) (電撃文庫)(和書)2018年11月01日 22:41鎌池 和馬 KADOKAWA 2018年6月9日 オルソラやキャリーサなど、昔のキャラクターがいろいろ出てきた。舞台はイギリスだった。  キャラクターが、モヤシ食べたいとか言っていた。フライパンに山盛りぶっこんで塩と胡椒だけで雑に味つけして、適当に火を通したものが良いらしい。  クリスマスシーズンということで、クリスマスっぽいごちそうもでてきた。オル [続きを読む]
  • 新約 とある魔術の禁書目録(19) (電撃文庫)を読んだ。
  • 新約 とある魔術の禁書目録(19) (電撃文庫)(和書)2018年10月29日 22:18鎌池 和馬 KADOKAWA 2017年10月7日 前のラスボスだったと思われていたアレイスター理事長が、何故か美少女になってしまった。  彼の赤ちゃんのリリスも死んでしまったらしいが、何故か生き返った感じになった。一体どういう事なのだ。  クリスマスの奇跡にしてもやり過ぎだろうが、最終的にハッピーエンドになりそうなのでそれで良いのだが。  日本の東京 [続きを読む]
  • 新約 とある魔術の禁書目録(18) (電撃文庫)を読んだ。
  • 新約 とある魔術の禁書目録(18) (電撃文庫)(和書)2018年10月24日 22:47鎌池 和馬 KADOKAWA 2017年5月10日 表紙のキャラクターを見て、また新キャラの女性が出てくるのかと思ったら、学園都市理事長のアレイスターだった。  毎回でる、女性キャラは、今度は少女でなく妙齢の猫耳お姉さんがでてきた。  魔術関連の資料で、『魔術ー理論と実践』(アレイスター=クロウリー)、『777の書』(アレイスター=クロウリー)が紹介され [続きを読む]
  • 新約 とある魔術の禁書目録(17) (電撃文庫)を読んだ。
  • 新約 とある魔術の禁書目録(17) (電撃文庫)(和書)2018年10月23日 00:07鎌池 和馬 KADOKAWA 2016年11月10日 女性キャラがあまりにも出過ぎて、何が何だか分からなくなって来たが、勢いがあって相変わらず面白かった。  今回の話は、100人の特殊能力をもった少女達に狙われた上条当麻がその中の二人を仲間にして、上里とかいう死んだっぽい人を助けようと頑張る話だった。  100人くらい女性キャラが出て来たようだ。その中 [続きを読む]
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 上巻 [Blu-ray]を見た。
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 上巻 [Blu-ray](DVD)2018年10月22日 23:13フロンティアワークス 2018年7月25日 三期が一番人気があったようで、話数も多かった。最終回の後に地獄篇とかいうのがあり、妖怪の仲間達で地獄に行って鬼太郎の母親に再会するという内容だった。同じく妖怪と人間のハーフの、マフラーを武器に使う生意気な男の子がでてきた。  このアニメでは、鬼太郎は人間の女性と妖怪の目玉の親父とのハーフというこ [続きを読む]
  • 印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクションに行った。
  •  印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクションに行った。  音声ガイドの声優さんは大塚明夫さんだった。海運王バレルを演じていた。  この中では、『スピネットを弾く女性』フランソワ・ボンヴァンが印象に残った。スピネットという、ピアノに少し似ている鍵盤楽器が当時はやっていたそうだ。  サミュエル・ジョン・ペプローの『バラ』も、背景は黒に、目の覚めるような明るいピンク色のバラで綺麗だった。ペプローという人 [続きを読む]