ひぐらしさん さん プロフィール

  •  
ひぐらしさんさん: 四国の山村と自然を撮る
ハンドル名ひぐらしさん さん
ブログタイトル四国の山村と自然を撮る
ブログURLhttp://sikokumori.exblog.jp/
サイト紹介文美しい自然の風景、景観、森羅万象を見ていただき自然の大切なことを知って欲しいと思います。
自由文私たちは自然の恵みで生きています。例えば酸素の供給、美味しい水の提供、食物の生産など自然の無償の恩恵で生命が守られています。便利さばかりを求め自然を破壊してきました。環境問題で世界は真剣に考えるようになりました。自然の美しい風景を見ればこれを壊してはならないと思うことになると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/05/24 17:40

ひぐらしさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • みどりの風景です
  • 見渡せばは新緑5月の景色になりました。木々はグレーの色からグリーンに塗り替えられました。眠れる森は春光を浴びて、かくも皆さんの好きな萌黄の色から緑のグラデーションの山肌をつくりました。樹木の突端は新しい生命を鮮明な新芽です。新しい若葉をつくる突端こそ未来に成長する樹木の自己の表現なのです。生きようとする魂、力、倒れまいとする意思がみなぎり自然の営みに心を打たれます。地球を緑で覆わねばと話合っ... [続きを読む]
  • 山桜の風景です 
  • 高知市から土佐山への途中、道路から眺められる景色です。桜の下木も切って下さり毎年美しい山桜を眺められます。これから山桜は成長して大きくなれば更に美しい景色になるでしょう。楽しみですね。4月8日に行ったのですが大方散っていました。 [続きを読む]
  • 徳島県神山町枝垂れ桜など爛漫の桜の景色です
  • 徳島県美馬町 八百萬蔵神の御殿の桜(やおよろずのかみのごてん)標高400mの境内にはソメイヨシノをはじめ約8000本の桜が爛漫と咲き誇っています。昭和26年から神木として植えました。桜には肥料を施して育てています。膨大な労力とお金を投資しています。愛情を受けたソメイヨシノの真の色は薄紅紅ピンクだと教えてくれました。白いとは違うのですね。山肌を花弁で塗り重ねた爛漫の桜に只驚嘆の一言です。... [続きを読む]
  • 桜の山村の風景です
  • 雨上がり山に行きますと春の日射しを浴びて花は満開まさに謳歌をしているようでした。公園などたくさんの花もきれいですが山の中に咲く桜も良いですね。特に山桜は深山に咲いてこそ美しい風景となります。萌黄の山なみに淡く少しぼやけた白やピンクの色彩はうっとりと見つめます。この季節は桜を始め多くの花が咲きほこります。自然の提供する美しい風景景観に身を浸しましょう。人気... [続きを読む]
  • 春は空から土から訪れます
  • 長塚 節の小説「土」の文章に春は空から土からかすかかに動くと書いてあります。春は春になりきった時より春になろうとする季節が美しいと感じます。自然のすべてに生命の始動が感ぜらるからでしょう。生き物も植物も生命の蓄積が抑えようにも抑えきれず鳥は奏で蝶は舞い、土から芽はふきつぼみはふくらみ美しい世界になります。冬と春、寒暖と春暖と混じり合いおぼろの春色に天地は春の光を浴びる... [続きを読む]
  • 高知城はしだれ梅の春の彩りです
  •    梅が咲いときはこの門が開かれます高知の風物詩お城にしだれ梅が咲きました。みなさん待ちかねたように多くの方が美しい梅と香りを求めて訪れるていました。公園には梅、椿など春に咲く樹木が植えられています。梅も種々ありこれから咲くものもあり楽しい季節です。 春は名のみの風の寒さや・・・「早春賦」の唄ですが寒さのなかに春を感じる時季です。北風の中にま... [続きを読む]
  • 龍馬マラソン土佐を駈けました
  • 2月14日昨夜の豪雨も上がり春の陽気、ランナー9534人は午前9時高知新聞社をスタート南国市を南下土佐湾の海岸を抜け終点春野球場へ49.195kmの道のりを走りました。ここは南国市の曲がり角で迎えました。「頑張れ頑張れ」の応援声援拍手、幼児は旗を振って「ファイトファイト」と叫んでいました。今日は春一番の気候初夏のような日、ランナーもこの舞台に出なくはとトレーニング、そして節制をしてきたのでし... [続きを読む]
  • 柿の木の風景です
  • 柿の景色を見ると懐かしい思い出が蘇ります。霜の降りるのを待って真っ赤に熟した柿を取って、口にべったりつけながら食べた幼いころの懐かしい思い出。母と夜なべに皮を剥いで吊した干し柿。仲間と他所の甘柿に登ってとっていて怒られたこと。今は食べる人も少なくなりましが昔は貴重な食べ物でした。未だ青いうちにの渋い柿も美味しかったのです。どの家にも柿は植えられていました。祖父は甘い柿を接ぎ木をくれの... [続きを読む]
  • 虹は白雲を背景に出ました
  • 高知は10日は過去に記録にないような風雨でした。雨上がりの14日南国市から北へ向かいました。四国霊場29番札所国分寺の傍を流れる国分川は濁流が溢れていました。更に奥へ吉野川に行くと清流は茶褐色に濁り勢いを増して流れていました。この季節にかって見たことのないような景色に驚きました。国分川の土手はへんろ道にもなっています。お遍路さんと会ってお話をしていただくこともあります。写真を撮って送って上げ... [続きを読む]
  • 過去の記事 …