raku036 さん プロフィール

  •  
raku036さん: FPの備忘録
ハンドル名raku036 さん
ブログタイトルFPの備忘録
ブログURLhttp://rakuraku036.blog73.fc2.com/
サイト紹介文自動車保険、火災保険、生命保険、がん保険、医療保険等の知っているようで知らない保険情報を提供します。
自由文損害保険、生命保険の情報の他にも社会保険等、生活に役立つ情報を提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/05/31 08:19

raku036 さんのブログ記事

  • リスクとリターン
  • 資産を運用する上で、一番気になるのは、リスクとリターンではないでしょうか?どのようなリスクがあり、どの程度のリターンが期待できるのかは、最も知りたい点だと思います。今回は、リスクとリターンについて解説します。1.リスクとは?  一般的にリスクとは、「危険」と訳されることが多いと思い  ますが、投資においてリスクとは、「危険」ということでは  なく、価格変動の振れ幅を指します。  株式や投資信託の価 [続きを読む]
  • 1ドル100円と1ドル90円、どちらの方が円安?
  • 前回の記事『1ドル100円と1ドル90円、どちらの方が円高?』で円高について解説しまいたが、今回は、円安について解説したいと思います。1ドル100円と1ドル90円、どちらの方が円安なのでしょうか?また、円安のメリット、デメリットについて解説します。1.円安とは?  円安とは、円の価値が海外の通貨に対して安くなること。  逆に海外の通貨が円に対して高くなります。この説明  だけではよく意味が分からないと思いますの [続きを読む]
  • 1ドル100円と1ドル90円、どちらの方が円高?
  • 1ドル100円と1ドル90円ではどちらが円高でしょうか?1ドル100円の方が円高と思われている方もいらっしゃると思います。実は、1ドル90円の方が円高なのですが、なぜ、1ドル100円よりも1ドル90円の方が円高なのでしょうか?逆のようにも思えます。今回は円高について解説します。1.円高とは?  円高とは、円が海外の通貨に対して価値が高くなること。  逆に海外の通貨が円に対して安くなります。この説明  だけではよく意味 [続きを読む]
  • 最低限押さえておきたい投資指標
  • 株式で資産運用する際に最低限押さえておきたい投資指標がいくつかあります。投資先の分析をせずに投資をすると痛い目に遭う可能性があります。例えば、インカムゲインを狙う場合に、配当利回りだけに気を取られていると、肝心の会社の収益が落ち、減配、最悪は無配に陥る可能性もあるわけです。優待を目的とした投資も優待ばかりに注目してしまうと、投資した元本を減らしてしまうことになる可能性があります。今回は、株式投資を [続きを読む]
  • キャピタルゲインとインカムゲインとは?
  • 資産運用をする上で知っておくべき言葉に「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」はどのような違いがあるのでしょうか?また、資産運用を始めようと思っている方にとっては、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」のどちらを狙っていけばいいのでしょうか?「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」について解説します。1.キャピタルゲインとは?  キャピタルゲイ [続きを読む]
  • 投資・投機・浪費の違いとは?
  • 日本では今後、更に少子高齢化が進んでいくことが予想されます。その中で、社会保障は削減されていく可能性が非常に高くなります。社会保障とは、公的医療保険や公的年金などです。公的年金でいえば、マクロ経済スライドの強化により、物価が上がっても年金額は物価上昇ほど上がらない仕組みが導入されています。支給される額は減らなくても実質的に年金額は減ってしまうことになります。また、現在65歳から支給されている老齢年金 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法とは?
  • 株式投資を始めようと思うが、どの株を買ったらいいかわからない、どのタイミングで買ったらいいかわからないという方も多いと思います。投資を初めても今日は、この株が上がりそう、あの株が下がりそう・・・。そういう予想を立てて、全く予想とは逆の動きになる・・・。こんなことを毎日、続けるのは非常にストレスではないでしょうか?更に、仕事の合間に株価や為替をチェック、自分の考え通りに相場が動いていないとテンション [続きを読む]
  • 日銀が目標としている年2%の物価上昇が続くと・・・
  • 日本銀行は、消費者物価指数の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えることを目標に金融緩和を続けています。さて、日銀の目指す2%の物価上昇が実現した場合、世の中はどのように変わるのでしょうか?日銀の金融緩和を他人事のように考えている方が多いと思いますが、実は、日本人全員に関係する問題が潜んでいます。知らぬが仏ではなく、知らぬが地獄になる可能性があります。1.2%の物価上昇が続くと・・・  日銀が目標 [続きを読む]
  • 72の法則
  • 72の法則ということばを聞いたことがあるでしょうか?資産運用する際の金利や運用利回りを考えるときに使える法則です。1.72の法則「72の法則」を利用すると、資金が2倍になるおおよその年数や金利を導き出せます。具体的には、下記算式を利用することにより資金が2倍になるおおよその年数や金利が分かります。金利(%)×年数(年)=72この法則の金利は、複利です。金利には単利と複利があり、「単利」とは、元本にのみ利息 [続きを読む]
  • 単利と複利
  • 銀行にお金を預ける時、住宅を購入する際に住宅ローンを組むときなど、日常生活で金利を意識することも多いと思います。その金利には、単利と複利があることをご存知でしょうか?銀行に預金する際などは、単利か複利かなど、考えない方も多いと思います。「人類最大の発明は『複利』である」 相対性理論で有名なドイツの物理学者アインシュタインの言葉です。単利と複利で何が違うのでしょうか?お金を預ける際は、単利と複利では [続きを読む]
  • デフレになると何が問題なのか?
  • 日銀はデフレ脱却に向けてマイナス金利政策などの金融緩和を継続していますが、デフレは、モノの値段が安くなり、消費者にとっては、嬉しい現象です。一消費者からしてみると、モノが安く買えることにどんな問題があるのかと考えてしまいます。しかし、デフレが続くと日本経済全体には、マイナスの影響があります。デフレとは何か、なぜデフレが続くと経済に悪影響があるのかを解説します。1.デフレとは?  デフレーション(デ [続きを読む]
  • 学資保険は元本割れが当たり前?
  • 日銀のマイナス金利政策の影響で貯蓄性のある生命保険商品の多くは2017年4月に保険料の値上げを実施しました。その中で学資保険も貯蓄性のある商品として保険料値上げの対象になっています。さて、学資保険は保険料の値上げ後も加入する意味があるのでしょうか?1.学資保険の加入目的とは?  学資保険に加入する一番の目的は何でしょうか?    子供に学費がかかる時にまとまったお金を受け取れるよう  にするためで、そ [続きを読む]
  • 日本ではインフレは起こらない?
  • 日本銀行は、消費者物価指数の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続するという「オーバーシュート型コミットメント」を導入し、デフレ脱却を目指しています。日銀のマイナス金利政策が話題になっていますが、デフレ脱却という状態には至っていません。日本では長期間デフレが続いてきましたので、本当にインフレが起こるのかという疑問さえ感じてしまいます。今回は日本がインフレに [続きを読む]
  • 生命保険加入は保険料値下げまで待つべきか?
  • 生命保険の保険料が値下げされるという報道がありました。生命保険各社が加盟している日本アクチュアリー会が標準生命表を見直すことにより、死亡保険の保険料が2018年4月頃に下がるとの報道です。長寿化により、平均寿命が延びたため、掛け捨ての生命保険の保険料は5〜10%程度下がる見込みです。そのような報道を受け、「生命保険の加入を考えているが、保険料が値下げされるまで加入を待つべきか?」との質問を頂きました。現在 [続きを読む]
  • 特約で保障を追加する場合のメリット・デメリット
  • 生命保険や医療保険を検討する際に色々な特約を勧められた経験がある方は多いと思います。特約で保障を充実させる場合のメリット・デメリットを考えたことがあるでしょうか?保険加入を検討する際に、保障を特約でセットするか、単品で準備するかで、その後の見直し易さが変わってくる場合があります。今回は、特約で保障をセットするとどのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットが発生するのかを解説します。保険加入を [続きを読む]
  • 医療保険やがん保険が夫婦型や家族型になっていませんか?
  • 最近では少なくなりましたが、医療保険やがん保険契約で、特約をセットすることにより、配偶者も保障対象とする「夫婦型」や、子供も保障対象とする「家族型」が選択でる商品があります。現在の医療保険やがん保険の主流は、「夫婦型」や「家族型」はなく、本人型として1人1契約となっています。1契約で夫や妻まで保障される夫婦型や、配偶者や子供が保障される家族型は、一見合理的に思えますが、デメリットもあります。今回は [続きを読む]
  • 相続について知っておきたい5つの基本
  • 2015年1月に相続税の基礎控除が圧縮され、相続対策に注目が集まっています。相続対策を行う場合、相続の基本を知っておかないと的外れな対策を行ってしまう可能性があります。相続について知っておくべき基本中の基本について解説します。相続対策をする際の押さえておくべき基本的なポイントを知り、相続対策に役立てて頂ければと思います。1.被相続人と相続人  まずは、相続の話をする際に必ず出てくる用語をご説明  しま [続きを読む]
  • 今さら聞けない保険の基本
  • 我々プロにとっては、あたりまえと考えてしまう保険の知識でも一般の方にとっては、簡単ではなく、よく理解できないということも多いと思います。色々な方と話していて、一般の方は保険の基本部分から理解されていないと思うことがあります。我々プロはそういった一般の方が理解されていない基本部分について、しっかりと説明することが重要な役割の1つだと、私は考えています。今回は、一般の方とお話ししていて、勘違いが多い保 [続きを読む]
  • 死亡保険金受取人に関して勘違いが多い4つのポイント
  • 生命保険の受取人に関してよく頂く質問があります。多くの方が勘違いしていることもありますので、今回は、生命保険の保険金受取人に関して勘違いが多いポイントについてご紹介します。生命保険の保険金受取人について知り、適切な方に死亡保険金を渡せる契約にして頂ければと思います。1.受取人は複数人の指定が可能  「生命保険の受取人は1人しか指定できないのですか?」  というご質問を頂くことがありますが、そんなこ [続きを読む]
  • 保険金を誰に受け取らせる?
  • 契約されている生命保険の死亡保険金受取人は誰になっているでしょうか?死亡保険金を誰に受け取らせるかで、相続税の税額が異なる可能性があることをご存知でしょうか?相続人にどのような割合で保険金を受け取らせれば、相続税がどの程度になるか、実際の試算例を数パターンご紹介します。生命保険の保険金と相続税の関係を知り、相続対策に役立てて頂ければと思います。1.一次相続と二次相続  まずは、相続の用語である一次 [続きを読む]
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)加入時に注意すべき5つのポイント
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、2017年(平成29年)1月から専業主婦、公務員の方を含め、基本的に60歳未満のすべての方が利用できるようになり、一気に注目度が上がりまた。注目度が上がるとメリットばかりに注目が集まりデメリットが軽視される傾向があります。メリットばかりに注目してしまうと、加入してから「こんなはずではなかった!」と後悔する可能性もあります。今回は、個人型確定拠出年金(iDeCo)加入時に注意するべ [続きを読む]
  • 自転車保険の傷害補償は必要?
  • 自転車事故による高額賠償事例が報道され、自転車保険に関する注目が非常に高くなっています。また、大阪府等では自転車保険の加入が義務化され、自転車保険への加入を検討している方も多いと思います。自転車保険とは、個人賠償責任保険と傷害保険がセットになった商品ですが、相手のケガや相手のモノを壊した際の賠償責任を補償するのは、個人賠償責任保険です。自転車保険に加入する多くの方が他人のケガ等に対する賠償責任の補 [続きを読む]