yasu さん プロフィール

  •  
yasuさん: アコギで弾き語り講座
ハンドル名yasu さん
ブログタイトルアコギで弾き語り講座
ブログURLhttp://maeyasu05777777.seesaa.net/
サイト紹介文アコースティックギターの好きな方、弾き語りの好きな方に楽しんでもらいたいサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/05/26 20:10

yasu さんのブログ記事

  • アコギでメロディーと伴奏を同時に行う方法
  • アルペジオ(フィンガリング)の応用編とも言える"コードとメロディの同時弾き"にはちょっとしたコツ・ポイントがあります。使えるコード(Cadd9,Aadd9)の押さえ方やメジャースケールと共にご紹介していきます。応用すればバンドや弾き語りのイントロフレーズ作りにも役立ちます−−−−−−誰もが一度はチャレンジしてみたいと思ったことのあるギターあなたも『この曲弾けたらかっこいいなぁ』と考えたことが、1度はあるのではな [続きを読む]
  • ギターの構え方入門
  • みなさんは、ギターを抱える時に何か工夫をしてますでしょうか?いえ、なにも考えずに脚にのせます ですか?人によって構えかたやギターの位置が微妙に違いますね。どれが良いとか悪いとかでは無くて体の大きさや手の長さなどみんな違いますし自分が弾きやすいと言うのが一番だと思います。だたし初心者さんは気をつけてください楽な格好が構えとして正しくなっているかは別だと思いますので。おやじの場合、結構斜めに構えるクセ [続きを読む]
  • カポタストってなに⁇ 通称カポ
  • アコースティックギターの弾き語りをする際に、歌の音の高さが「高い」とか「低すぎるかな」など、Keyが合わない場合にカポタストは多く使われます。「カポ」と略称で呼ばれることも多いかと思います。 例えば、keyがDの音で始まる歌をギターを伴奏に歌ったものの「少し低い。もう半音上げたい」と言う場合、半音上げますと、Keyは、E♭(D#)になりますね。カラオケですと、リモコンで容易にkeyを変えられますが、ギターをいきなり半音上 [続きを読む]
  • シェリー 尾崎豊 アコギ弾き語り
  • シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついたシェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも捨てちまったけれどシェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけどシェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮しさ転がり続ける 俺の生きざまを時には無様なかっこうでささえてるシェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれおまえの愛が すべてを包むからシェリー いつになれば [続きを読む]
  • カーターファミリー奏法てなんだ?
  • カーターファミリーピッキング奏法は、フォークソングの弾き語りには欠かせない、カントリー・ミュージック調の曲でみられるギター奏法の一つです。 右手親指(もしくはピック)で1〜3弦の低音弦をつまびき、人差し指で、4〜6弦までの高音弦を指ストロークで弾きます。1927年から1943年にかけて活動したカントリー・バンド「カーター・ファミリー」のメンバーであるメイベル・アディントン・カーターが編み出した奏法で、それが由 [続きを読む]
  • アコギのフィンガリングノイズは心地よい音か?
  • 「フィンガリングノイズ」「フィンガーノイズ」「フレットノイズ」とか呼ばれるモノなんですが、「ノイズ」とあるからには、本来は出しちゃいけない、要らない音なんでしょうね ただし、オレなんかはそのノイズが好きで、アコギの練習中にいかに意図的にフィンガリングノイズを出すか、て練習したくらいです確かにあんまり目立って入ってると「キュッキュキュッキュウルセェ!!」てなりますよね お気持ちはわかります程よく入って [続きを読む]
  • わたしはピアノ 昭和歌謡曲アコギ弾き語り NO1
  • 懐かしい昭和の名曲ですね上手くアレンジして歌っています「私はピアノ」(わたしはピアノ)は、サザンオールスターズの1980年のアルバム『タイニイ・バブルス』の4曲目に収録された歌である。作詞・作曲は桑田佳祐、ボーカルは原由子による。高田みづえによってカバーされ、同年にシングルが発売された。作曲:桑田佳祐 作詞:桑田佳祐 人もうらやむよな仲が いつも自慢のふたりだった あなたとならどこまでも ゆけるつもりでい [続きを読む]
  • ギター用語 スケールってなんですか?
  • ギター/ベースのスケールの覚え方●Introduction  ギターやベースを少しやってくると『スケール』という言葉が出てくる。スケールというのは、音の並びの事である。何も特別なものではない。(日本語では「音階」と訳されるので、スケールと音階は同じものである。) たとえば、Cメジャーの曲があれば、ドレミファソラシの音を使う事になる。基本的に#や♭が付いた音は使わない。したがって、ピアノであれば、Cメジャーのキーであ [続きを読む]
  • なんと浪漫飛行 コメコメクラブをアコギ弾き語り
  • 逢いたいと思うことが何よりも大切だよ苦しさの裏側にあることに眼を向けて夢をみてよどんな時でも全てはそこから始まるはずさ君と出逢ってから いくつもの夜を語り明かした はちきれるほど My Dreamトランク一つだけで浪漫飛行へ In The Sky飛びまわれこの My Heart Wow Wow Uh Wow Wow Wow Wow Wow Wow Uh Wow Wow Wow Wow style="display:inline-block;width:300px;he.. [続きを読む]
  • M プリンセスプリンセス ギター弾き語り
  • プリンセスプリンセスのドラムス、富田京子氏が体験した大失恋を元に作詞した名曲である。幾多のアーティストにカバーされ、いまだにカラオケでも人気。(余談だが、筆者が通った中学校の柱にMの歌詞が彫ってあった。まだその曲自体知らなかった頃、素晴らしい詩だと思ったものだ。)人気アーティストの実際の失恋を歌った曲。そしてタイトルはイニシャルを意味するらしい。そう言われれば、それが誰なのか気になるのも当然と言え [続きを読む]
  • コードチェンジを解放弦を利用してスムーズに行う方法
  • コードチェンジがうまくできないあなたにそんなあなたに必殺技を伝授しましょう。 例えば4拍子の8ビートの曲をストロークで弾くとして、1小節毎にコードチェンジをするとしましょう。 例えばG→Cとか。G↓↑↓↑↓↑↓ C↓↑↓↑↓↑↓みたいに弾くわけです。ポイトンは4拍目です。Gを押さえて4回ダウンアップをするのではなく、押さえているのは3拍目までで、4拍目は全弦解放を弾きます。その間に左手はGに行く準備をしておき、2 [続きを読む]
  • ギターの弦の上手な押さえ方教えてください
  • コードなどを弾くときに、意図せずに鳴らしたい隣の弦に触れてミュートしまうのは、指が寝てしまっていることが原因であることが多いと思います。 指が寝てしまって隣の弦をミュートしているとしたら、弦を押さえる時に、指を指板に対して垂直方向からまっすぐにおろすことを意識して、弦を捉えてみて下さい。 指を弦の上から下ろすのが難しい場合は、手首をぐっとネック側に押し出して、指を垂直に入れやすい位置にまで移動させて [続きを読む]
  • アコギで弾き語り Gコートはどうやって弾くのか?
  • Gコードはどのような弾き方をするのがいちばんよいのでしょうかローコードの「G」は簡単なコードとして早い段階で覚えるのですが、人によって、あるいは教則本によって指の使い方がまちまちです。(1)1弦を薬指で押さえるパターン。 (2)1弦を小指で押さえるパターン。 どちらが正しいというわけではないのですが・・・小指の力が付いていないうちは(1)のパターンで押さえる方が簡単に思います。僕もギターを始めた頃はこの [続きを読む]