ketya さん プロフィール

  •  
ketyaさん: Daydream
ハンドル名ketya さん
ブログタイトルDaydream
ブログURLhttp://kuratibonntopetika.blog88.fc2.com/
サイト紹介文南信州、特に伊那周辺の渓流でアマゴをねらってルアーフィッシングを楽しんでいます。釣行記がメインです。
自由文長野県、中心地方出身の生粋の信州人。現在は伊那市周辺の渓流にてルアーフィッシングを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/05/28 23:58

ketya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自作ミノ―〈2017-18〉/その3
  • オフのミノ―メイキング、第三弾が完成しました!今回は久しぶりに「Neon」を作ってみました。モデル名としましては、「Neon N-spec」。Neon(ネオン)という名前ですが、これは結構昔から使っている名前ですね。なたごっちシリーズが誕生する以前では、私の自作ミノ―としてはメインモデルの扱いでした。ちなみに由来ですが、そのまんま原子番号10の希ガス「ネオン」からとりました。リップのセッティングが難しく、ミスると全く [続きを読む]
  • 自作ミノ―〈2017-18〉/その2
  • オフの製作、その第2弾。毎週末ごとに1ロットが完成するサイクルですね。今回は「たなごっちSi」です。「Si」は「Sinker」の略でして、昔からヘビーシンキングのモデルに使用しているサブネームなのです。BSとの差異はフロントフックを省いたことと、眼が赤くなっていること。ウエイトはBSの2.5倍ほど入っていますので、石のように沈みます。個人的な感覚としましては、ジグミノーにリップを付けた、という感覚でしょうか。BSを使 [続きを読む]
  • 自作ミノ―〈2017-18〉/その1
  • オフシーズンの製作、自作ミノ―の第一弾が完成いたしました!今回は「たなごっちBS」です。所謂ノーマル仕様なのですが、今回はウエイトセッティングごとにサブネームをつけてやろうかと思い立ったのです。実は「BS」自体は以前にも使ったことのあるサブネームでして、「Brook☆Star」の略。「らき☆すた」みたいで良いではありませんか。その名の通り、こんな感じの小渓流での釣りをイメージしています。その中でも、あまり落差 [続きを読む]
  • 伊那谷の紅葉
  • 最近の週末はと言いますと、専ら家に閉じこもってミノーを作っています。しかしながら、3連休の初日はあまりにも良い天気。秋の行楽シーズンも後半に差し掛かり、人出が多いのも承知の上で紅葉をに行くことにしました。ここの所、愛車もあんまり動かしていませんしね。最初に訪れたのは、信州大学農学キャンパスの「ゆりのき並木」です。伊那では定番の紅葉スポットですね。(正確には南箕輪村ですが・・・・・・)若干終わりかけ [続きを読む]
  • 10/8のひとりごと
  • 干し柿用の渋柿です。今年はどうやら当り年のようで、枝が撓るほど実っていますね。渓流シーズンが終了してから1週間。猛烈に川に行きたい日々。案外、この時期が一年で一番釣欲が大きくなる時期なのではないでしょうか。そんな気持ちをガス変えに、近頃はストイックにバルサを削っております。目標としては「来年の4月までに100本! 」を目指して頑張ります。○松本アリオ閉店に泣く去る9月、松本駅前のアリオが閉店してし [続きを読む]
  • ロスタイム/泣き尺
  • 「今年はこれで最後!」そんなことを言った舌の根も乾かぬうちに、また釣りに行ってしまいました。稲刈りが思ったよりも早く終わってしまったのです。やはり、締めはここでしょう。いつもの沢、大好きなアマゴの姿を目に焼き付けてシーズンを終えることにしましょう。明け方まで降り続いた雨の影響か、入渓地点からアマゴの活性は上々です。ひとつの淵で立て続けに3,4匹。先月までの不振が嘘のような盛況ですね。しかしながら、 [続きを読む]
  • 閉幕/源流ヤマメを巡る旅
  • 今シーズンもいつの間にやら最終月となってしまいました。日程的にも、今回が私にとっての最終釣行です。今回はmiyamonteさんのご案内で、某源流へ。以前からずっと訪れてみたいと思っていた川です。何でも、この川の源流にはヤマメが住んでいるというのですよ。地形的、その他諸々の条件から考えても、完全に本流から隔離されている。「にも関わらず」です。廃林道、朽ちた登山道を歩き辿りついたのは、深い森をひっそりと流れる [続きを読む]
  • 雨の渓流/ミノーテスト
  • お盆休みの釣り。生憎の天気でしたが、雨に煙る渓流もまた良いものです。ただどんよりと曇っているだけとは異なり、実に趣がありますよね。何より、アマゴ達をより一層元気にしてくれます。今回は、完成したばかりのミノーのテストが大きな目的です。45?のシンキングに、ヘビーシンキング、そして60?シンキング。いずれも「たなごっち」の新作です。ウエイトセッティング的には、今後の秋シーズンを意識したもの。特に、60 [続きを読む]
  • アマゴ、2年ぶり
  • 先週末のことです。早朝の3時間だけ、慣れ親しんだ地元の川で竿を出すことが出来ました!この川で釣りをするのも2年ぶりですね。流れの印象も随分と変わりました。工事の跡も薄れ、ポイントも復活しつつある気がします。では、魚たちは?相変わらず水は少な目ですが、アマゴたちの反応は実にフレッシュでした。この川一番のポイントで、今日一番のアマゴ。鮮やかなパーマークに、大きく張ったヒレ。健全な魚ですね。少しの雨でも植 [続きを読む]
  • 梅雨なのに渇水
  • ちょこっとした雨でも嬉しくなってしまう今日この頃です。梅雨なのに雨が全然降りませんね〜僅かな雨に、庭の生き物も嬉しそうです。標準ズームの画ですが、こういう写真をもっときれい撮ろうと思ったら望遠マクロとかが必用なのでしょうか?いやいや。レンズ沼には嵌りたくないですね・・・・・・こちらは、タラノキをムシャムシャと喰っていた謎の甲虫。(ゾウムシ?)遠目には真っ白、まるで鳥の糞みたいなキモイ虫ですが、寄っ [続きを読む]
  • 開幕/小遠征
  • もう6月です。今年の渓流シーズンが開幕してから早3か月半になるわけですが、ついに、やっと!私の渓流シーズンが開幕いたしました。今回は、兼ねてよりmiyamonteさんからお誘いいただいていた、とある北の川へ。昼過ぎに自宅を出発し、中央道〜上信越道で北を目指します。上の写真は道中の梓川PAから望む北アルプス。miyamonteさんとお会いするのは実に2年半(?)振りくらい。前回は木曽でしたね。今回は現在開拓中という川を案 [続きを読む]
  • サクラソウ科2種
  • 今回も自宅庭からです。まずはサクラソウですね。薄紫orピンクの可憐な花が目を引きますが、ハクサイ的な葉も特徴的。これが、まるで絨毯のように茂っている光景は本当に幻想的です。ウチの庭はまだまだですが、大事に増やしていきたいですね。一方、こちらはクリンソウです。日本に自生するサクラソウの仲間では、最大の部類になるそうですね。こいつは前回ご紹介したクマガイソウの隣に生えているのですが、近年、クマガイ押され [続きを読む]
  • 初夏の午後
  • 初夏の花。実家の庭ではクマガイソウの花が満開となっています。昔はアツモリソウも生えていたんですけどね〜いつの間にかいなくなってしまったようです。これからはサクラソウなんかも咲いてきますし、賑やかでキレイな時期ですよ。クマバチ(に似たアブ的な何か)の縄張り争いも最盛期です。この巨体同士で繰り広げられるドッグファイトはなかなかの見ものですよ。のんびりしているようで意外と動きが速いので、ファインダーの中 [続きを読む]
  • ドライブ/4月
  • 眼が回るほどの忙しさだった4月も下旬に入り、やっと、落ち着きを取り戻しつつあります。松本城、そして弘法山古墳では先週末が桜のピークでしたね。毎朝の通勤途中、目を楽しませてもらいました。一方、実家の庭先では梅の花がちらほらと花をつけはじめていました。こちらは今日のこと、リアルタイムです。いやー、さすがに標高が900メートル近いと、季節の進み方がまるで違います。今日は久しぶりの晴れの週末。ガレージから愛車 [続きを読む]
  • 2年ぶりの自作
  • 役2年ぶりの自作ミノ―が誕生しました!11月から型紙を起こし始め、バルサのカットからサンディング、ディッピングを経て塗装まで。思ったよりも長い時間がかかってしまいましたね。しかし、実に楽しい時間でした。今回はすべてノ―ネームの試作機です。コーティング剤や塗装では新しい試みも多く、耐久性には少々疑問符が付きそうです・・・・・・こればかりは実釣でのテストあるのみですね。ちなみに、バスタブでのアクションテ [続きを読む]
  • 2017年
  • 開けましておめでとうございます!今年も素晴らしい1年になるよう、お祈り申し上げます。さて、個人ごとではありますが、今年の抱負でも。私にとって、今年は「渓流復帰シーズン」となりそうです。ただの一度の釣行さえなかった昨年。釣りを始めて以来のことでした。しかし今年は、時間的にも精神的にも余裕があるのです。ミノーの製作も再開です!前ロットからの継続モデル、新作、そして試作を含めて40個ほどが塗装待ちの段階ま [続きを読む]
  • 分かれ道のさき
  • お久しぶりです。ご無沙汰しておりました。いよいよ秋ですね。信州の実家では、すでに上着なしでは外も出歩けません。寒いですね。そういえば、今年の渓流シーズンのいつの間にか終了。私はというと、ついぞ一度もロッドを振ることなく10月1日迎えてしまいましたよ。寂しい限りです。さて、昨年の7月あたりに「岐路」というエントリーをした記憶があります。岐路、それは分かれ道ですね。選んだ道の、その先を歩んだ一年でした。結 [続きを読む]
  • 12/23のひとりごと
  • 都内の紅葉は12月になってからと聞き、軽くショックを受けたものです。でももう、さすがに終わりですね。公園のもみじの葉も、くしゃくしゃに縮こまってしまいました。写真は少し前に撮ったもの。野良たちは、どうやって冬をしのぐのでしょうか?雪国でも生き生きとやっているわけですし、雪がほとんど降らないここでは、案外楽勝なのかもしれませんね。それにしても、今年もあと一週間で終わりらしいですね。実感が全くありません [続きを読む]
  • 過去の記事 …