ちゃびん さん プロフィール

  •  
ちゃびんさん: mae's blog
ハンドル名ちゃびん さん
ブログタイトルmae's blog
ブログURLhttp://mae.chab.in/
サイト紹介文30代に突入し、趣味を増やすことに努めています。Linux、WEBアプリ、ピアノなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/05/30 02:43

ちゃびん さんのブログ記事

  • Angular 7リリースノート ? Angular Blog日本語訳
  • 2018年10月19日に Angular の最新バージョンとなる Angular 7 がリリースされました。全バージョンの Angular 6 のリリース(2018年5月4日)から約5ヶ月ぶりのメジャーバージョンアップです。早速ですが、リリースノートとなる Angular Blog の記事『Version 7 of Angular?―?CLI Prompts, Virtual Scroll, Drag and Drop and more』を日本語に訳してみました。ぜひ参考にしてみてください。Angular 7リリース?―?CLI Prompts, [続きを読む]
  • Reactの「Error Boundary」について ? 公式ドキュメント日本語訳
  • React v17 のリリースが差し迫ってきている今日この頃。私の場合、今年はほとんど React の開発案件に携わることがなかったので、React v16 の機能も完全に追いきれていません。React v17 がリリースされる前になんとか知識だけでも入れておこうと思って、React の公式ドキュメントを日本語に訳しています。前回まで、『Render Props』、『Higher-Order Component』を訳しました(これらは v16 の機能ではないですが…)。今回は、 [続きを読む]
  • MongoDBことはじめ ? CRUD操作をMongo Shell, Node.js Driverで行う
  • そろそろGraphQLを本格的に勉強してみようと思って、いろいろ試しているところです。その中で、GraphQL用のデータベースにMongoDBを使ったパターンを試したくて、今回MongoDBについても使い方など改めてまとめてみることにしました。環境構築方法、Mongo ShellやNode.js DriverでのCRUDの方法などをまとめてみました。目次はじめにMongoDBの環境構築Mongo ShellでMongoDBを操作するMongo ShellでCRUD操作を行うNode.js DriverでMon [続きを読む]
  • WebVRコンテンツをReactで開発するためのaframe-react紹介
  • 各WebブラウザーでのWebVRの対応が徐々に進んできています。つまり、VR(バーチャルリアリティ)コンテンツがブラウザーで体験できるようになってきています。VRヘッドマウントディスプレイを開発するOculusを傘下に持つFacebookは、React360というReactでWebVRコンテンツを開発するツールを提供したりするなど、WebVRコンテンツを開発するツールも世の中に出回ってきました。今回は、以前にこのブログで紹介したMozillaが開発して [続きを読む]
  • TypeScriptでVue.jsを書く ? Vue CLIを使った開発のポイントを紹介
  • 2018年8月11日に新しいメジャーバージョンとなるVue CLI 3.0がリリースされました。Vue CLI 3では、公式にTypeScriptをサポートし、 TypeScriptを利用する新規プロジェクトの生成に対応しました。これはつまり、Vueをこれまでの(憎き?)オブジェクトリテラル構文ではなく、TypeScriptによる見通しの良いクラス構文でも書けるようになったと言うことです。私は普段はAngularでTypeScriptを書いていますが、Vue CLI 3によりTypeScr [続きを読む]
  • Angular Elementsことはじめ ? Custom Elementsを実装する方法
  • 2018年5月4日にAngular 6がリリースされました。Angular 6は、Angular自体の機能というよりは、Angularをいかに使ってもらえるかというところに重点が置かれたリリース内容でした。その中の1つに、Angular Elementsという、Angularの利用を促進しそうな機能が新たに追加されました。詳細は記事内に書きますが、Angularで構築したコンポーネントを手軽に別のWebサイトで通常のHTMLのように扱えるCustom Elementsに変換する機能です [続きを読む]
  • Jest 23 リリース: 🔥 爆速で快適なテストを【日本語翻訳】
  • 2018年5月29日にロンドンで開かれた Jest サミットで、テスティングフレームワーク Jest の最新バージョン Jest 23 がリリースされました。今回のリリースは、これまでで最大のメジャーリリースと言われています。Jest の特徴と言えば、やはりスナップショットテストだと思いますが、スナップショット周りの機能も強化されています。リリース内容は大変盛りだくさんです。Jest の公式ブログのリリースに関する投稿 Jest 23: Blazi [続きを読む]
  • React v16.4.0: Pointer Events をサポート【日本語翻訳】
  • 2018年5月23日に React v16.4.0 がリリースされました。全バージョン v16.3.0 のリリースは2018年3月29日だったので、約2カ月ぶりのバージョンアップです。今回のリリースの目玉は、Pointer Events のサポートと、v16.3.0 で追加されたライフサイクルメソッドの getDerivedStateFromProps のバグ修正です。今回も React の公式ブログのリリースノート記事 React v16.4.0: Pointer Events を日本語に訳してみました。ぜひ参考にして [続きを読む]
  • GitHub Pagesに独自ドメインを設定してHTTPS化する
  • 5月1日のThe Github blogで「Custom domains on GitHub Pages gain support for HTTPS」という記事が投稿されました。何の話かというと独自ドメインを設定したGitHub PagesがついにHTTPSに対応したということです。セキュアなWebサイトが求められるようになってきていますし、大変喜ばしいニュースです。GitHub Pagesの利用価値がより一層高まったと言えます。私自身もちょうど放置気味のドメインがあったので、自分のGitHub Pages [続きを読む]
  • Angular 6リリースノート ? Angular公式ブログ日本語訳
  • 当初の予定より約1ヶ月ほど遅れて5月4日に待望のメージャーリリース版となるAngular 6がリリースされました。リリース内容は、Angularの公式ブログやChangelogなどで確認することができます。特に公式ブログの記事は、全体をAngular 6の全体を把握するにはちょうどよいかと思います。そのうちAngular Japan User Groupの方々が訳してくれると思いますが、自分もしっかり内容を把握しておきたかったので翻訳することにしました。翻 [続きを読む]
  • Jest + enzymeで行うReactのUT(ユニットテスト )について
  • 会社の勉強会でReactのUTについて軽く話してきました。ReactのUT(ユニットテスト )と言えば、Jestとenzymeが真っ先に思いつくかと思います。これらのツールを使ったReactのUTの書き方などを話してきた内容を補足しつつまとめておきます。目次はじめに ? ReactのUTのポイントReactのUTに必要なツールJestについてenzymeについてサンプルJest + enzymeでのUTの準備基本的なUTの書き方スナップショットテストを行うまとめはじめに [続きを読む]
  • React v16.2.0: Fragments機能の改善【日本語翻訳】
  • 現在2018年3月ですが、そろそろReact v16.3がリリースされると言われています。React v16.3の目玉機能はcontext APIと言われています。そんな中、私は最近はAngularばかり書いていて、Reactの最新情報をあまり追えていません。React v16.3がリリースされる前に、React v16.2を押さえておこうと思って、今更ですがReact v16.2のリリース内容についてのReactの公式ブログの記事を翻訳してみました。React v16.2の目玉機能は何と言っ [続きを読む]
  • Angularの@Outputを理解する
  • Anuglarの@Outputを使いこなしているでしょうか。@Outputが理解できれば、Angularの初級レベルは脱したと言えるくらい最初は理解しにくいものかと思います。私は実際にAngularを使い始めて1ヶ月くらい過ぎてから、やっと@Outputの使い方を理解しました。と言うのも私はもともとReactとReduxを使った開発をメインで行っていたことから、始めて関わったAngular案件でも@ngrx/storeを導入したため、それほど@Outputの必要性を感じてい [続きを読む]
  • 2018年注目のビルドツール「Parcel」について
  • 前回の記事『フロントエンドの2017年の振り返りと2018年の展望』で触れましたが、今年流行るのではと言われているツールのひとつに「Parcel」が挙げられます。いわゆるビルドツール(バンドラー)です。「設定ファイルがいらない」という強烈なコンセプトを打ち出し、フロントエンド界に旋風を巻き起こしつつあります。私も実際に使ってみましたが、とても使い勝手が良く、使えるツールだと思いました。今回は、このParcelについて [続きを読む]
  • フロントエンドの2017年の振り返りと2018年の展望
  • 早いもので2017年もあっという間に過ぎ2018年が始まりました。最初の投稿は、このブログとフロントエンドの2017年を振り返り、2018年の展望でも書きたいと思います。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。2017年のブログを振り返るまずは当ブログmaesblogの2017年を振り返ります。2017年は前半はそこそこのペースで記事を投稿していましたが、9月からピタッと記事の投稿がなくなってしまいました。それは9月に転職したことも [続きを読む]
  • React 16 β版 ? 公式ドキュメント日本語訳
  • 2017年7月24日に待望のReact 16のβ版(ベータ版)が公開テスト用として公開されました。それに合わせてReactのGitHubのリポジトリでも専用のissue(#10249)が立てられました。そこにβ版のリリース内容について詳しい記述がありましたので、日本語に訳してみました。来たるReact 16の正式リリースに備えて、参考にしてもらえればと思います。Getting Started: はじめにInstallation Instructions: インストール手順The beta has [続きを読む]
  • JasmineのMatchers一覧と書き方【テストフレームワーク】
  • Angularでは、Jasmine、Angular testing utilities、Karma、Protractorなどが推奨されるテストツールとなっています。Jasmineはテストフレームワークと言われるもので、アプリケーションのテストに必要な機能を備えています。Jasmineは、テストの実行環境から、アサーション、モックやスパイなど豊富な機能を備えているのが特徴でもあります。個人的にAngularを使うことになって、同時にテストを書く際にこのJasmineを使うことにな [続きを読む]
  • TypeScriptのDecoratorについて ? 公式ドキュメント日本語訳
  • Angularを勉強していると、至る所でTypeScriptの知識が必要になってきます。ということで、TypeScriptの公式ドキュメントにお世話になる機会も増えてきています。前回はClassの説明ページを日本語に訳しましたが、今回はDecoratorの説明ページ(Decorators・TypeScript)を日本語に訳しました。Angularでは、単なるクラスをAngularで使えるコンポーネントとしてその役割を担わせる時などにデコレータを使用したりします。けっこう [続きを読む]