ponta さん プロフィール

  •  
pontaさん: 〜 地域猫に理解を 〜
ハンドル名ponta さん
ブログタイトル〜 地域猫に理解を 〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/nekotachinotameni/
サイト紹介文あなたの町でもきっとある、野良猫たちの存在と権利の尊重を一度考えてみて下さい。
自由文多頭屋外飼育繁殖放題の現場にて捕獲避妊の着手。一気に総勢50余頭まで増えてしまった地域の猫たち。その猫たちの安全と生活を守りながらの地域住民との共存、そして猫総数の継続管理。。。あなたの町でもきっとある、野良猫たちの存在と権利の尊重を一度考えてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2010/05/31 01:43

ponta さんのブログ記事

  • 考えて
  • 現在、他区他県のSOSに毎日奔走しています。また高齢の疾患を抱えた個体などの放棄遺棄、居住区でも蛇口が大暴れです。いつも犠牲になるのは小さな命たち、そして私たちボランティアも疲れ切ります。自分の生活の中で保護した子たちを支えるために、時間も財力も使い切ります。ここには到底、人間らしい権利を尊重された生活など約束されません。保護個体の衛生管理のために風呂場を用いて閉鎖し、不自由して実家のレンタルお風呂 [続きを読む]
  • いやいやいや
  • まぁ、あちこちエラいことになっていますよ・・・。。。人でなしだらけです。連れ添った命を、どうしたら簡単に手放せるのか。 こんどはセキセイインコですよ。しかも、担当行政に迷子の捜索が無いか調べてもらったところ、わずか一か月以内に特徴の全く異なる子の捜索願が3件。。。うちに保護している子とあわせて少なくともこの限られた範囲だけで、しかもセキセイインコだけで4件の迷子またはカイヌシノイナイせきせいいんこ [続きを読む]
  • 失望
  • 居住区の遺棄現場や他区他県の繁殖制限にレスキューやSOSに出動、数日、全く時間の余裕のない日々でした。それもこれも、無責任に動物を飼っては放棄する輩たちと、それをいつまでも黙認している行政のせいです。いくら完璧に繁殖制限をしたり保護して引き上げたり、地域で管理しようとしたって、いまこうしている間にも、安易に動物の飼養を開始しては放棄する輩が発生し、蛇口が生成されていく。。。それが違法であるというのに [続きを読む]
  • すえむすめ
  • 成長が心配だった、“みらん”の実子の末娘。ほかの兄弟姉妹に比べ特に体が小さくて、開眼も歩行も離乳の開始も、いずれも遅くて、意識的に大きな兄姉たちには人口乳を追加して茶白坊と末娘ちゃまには特別待遇で育児してもらいました。無事離乳食の段階も進み、これで少し安心です。ママの“みらん”は、本当によく頑張ってくれました。はじめはあまり喜ばなかったミルクも、まるで「子猫たちのためだもの♪」とでもいうかのように [続きを読む]
  • 錬金術 ?
  • 食事って、健康を左右する最重要ファクターです。何気なく日常で当たり前のようにしていたのを、一時期から意識的に健康に尽力するようになりました。娘の為でもありますが娘は間もなく成人しますし、むしろ小さな命に、まだ自分ができることがあると思うからです。私の目の黒いうちに、やらなければならないことがある。 特に成長期の食事は重要ですね。つよい身体をつくるため良質な摂食に努めます。人は自分で選べますが、ペッ [続きを読む]
  • 3回目術後
  • 茶白坊、だいぶ大きくなりましたね♪一時は本当に危ないところでしたが、やはり母乳の力は絶大ですね。 “みらん”の実子の5チビもすっかり猫らしくなりましたよ♪茶白坊との大きさを比較するとひとまわりくらいの差かな。茶白坊は重さが急に増え、顔や体つきに丸みがでてきました♪“にや”は3回目の眼の手術を行いました。右眼だけで3時間以上かかってしまい、左はまたそのうち体調を見ながら行います。だいぶ角膜が清浄され [続きを読む]
  • かくほ
  • 他県のボランティアさんのお手伝いで訳アリ成猫や負傷疾病子猫・授乳母子猫をお預かりしていますので、時間の使い方をうまく振り分けないと到底24時間以内に終わりません。・・・このあと・・・いつ寝る? 授乳5チビが離乳に差し掛かり、それぞれに離乳食介助を追加しています。あしどりもしっかりしてきて、3週くらいお兄ちゃんの虚弱茶白坊は遊び相手が出来て、兄弟姉妹の成長に大喜びです♪“みらん”はグルーミングやらなに [続きを読む]
  • ねむっ
  • AM4時に最終?の授乳タイム、6時40分には起床の・・・仕事三昧で・・・、さすがにつかれてきましたかねぇ。もう若くはないのですから自重したいのですけれど、行政がちゃんとした指針を示してくれないものだから、相次いで飼養崩壊する馬鹿が絶えずに、動物たちが犠牲になって・・・そのSOSを耳にしちゃったら・・・寝ざめも悪いので・・・行動しちゃうもので・・・だから寝不足で・・・このままだと体壊しちゃうかも・・・そし [続きを読む]
  • EVE
  • EVEにレボリューションを塗布しました。ウサギを散歩させる人も居るので、外からノミダニを持ち帰ることもあります。今回は外にいた時間が結構ありましたから時期的にも気は抜けません。簡単にグルーミングしたところ、虫や形跡は発見されませんでしたが。ウサギ専用のケージを購入しました。プラスノコの下にスライドのトレーがついて居て衛生に優れています♪下にトイレシートを敷いて使用します。かじりそうなところはアルミの [続きを読む]
  • うさっ
  • 人馴れ修行中の2頭の姉妹、ふにゃらりんりんに仕上がりましたが、生活音などにはまだまだ免疫が無いのでかなり怖がります。急に驚いて突飛な行動をとることは私たちには予測できても里親様に必ずしも予測できるものではないため、音や動作に十分な免疫をつけることは事故や脱走の防止に直結しますから責任重大です。掃除機や洗濯機、ドライヤーやインターフォン、着信音やバイブなども、小さな音や遠ざけ位置から順に、苦手意識を [続きを読む]
  • りらん
  • 日中はお散歩できず、早朝と夕方と深夜に。タリズコーヒーのテラスが気持ち良いので都度、休憩〜。タピオカ〜♪♪♪芋虫からモグラ、そして体を持ち上げて歩けるようになってきた5チビ。ママを追いかけて見事な一列(笑)。未熟児茶白兄ちゃんは一足お先に満腹、トイレで遊んでいます♪茶白坊に一滴ずつ慎重に慎重に、離乳食を混ぜ始めました。ケージにバーベキュー用の網を細工しています。勿論子猫が挟まる事故の防止もありますが [続きを読む]
  • どうにかこうにか
  • 動物病院で人口哺育されていた茶白坊やでしたが3週間たっても大きくならないばかりか消化不良を悪化させ、いよいよ危険な状態でいたところ、“みらん”の力を借りたいとお申し出頂き始まった養子哺育。実の子猫たちより1月ほど早く生まれたが大きさは変わらないこの超未熟児を育てる方法はただひとつ、母乳に頼ること。“みらん”と私の間に信頼関係が出来ていたので頼み込んでみたところ快諾してくれました♪が、小さな“みらん [続きを読む]
  • 緊張感
  • 5+1の子猫を育てる“みらん”、自身の体もとても小さく心配は尽きませんが、本当に偉大なママにゃんです。茶白チビ坊やが動きが緩慢で心配しましたら、どうやら“みらん”の母乳だけで充足している様子です。人工乳がどれほど改良されても、母乳に勝るものはありません。この先人口哺育で生かすことが絶望的と思われた茶白君に“みらん”と出会いがあったことは幸運です。体調が落ち着いてきたのでママと坊や共に注射を終了して [続きを読む]
  • どうにかしてくださいってば
  • “みらん”の子猫たちも行動的になってきて、ママを追いかけてケージから出てきたりトイレに落ちたりしています。そのたび優しい声で子猫を呼び回収する“みらん”を見ていると自身の子育てを思い出したりしますね。ちょこちょこと歩き出すようになると本当に目が離せません。5+1の幼児を育児することの困難さ、理解してあげてください。産後は体も疲弊します・・・。。。疲労困憊の出産のあと容赦なく新生児育児が開始するんで [続きを読む]
  • だまされない
  • 行政の愛護動物への取り組み方針は、年々目覚ましく改善されてキラキラして見えてきてはいるけれど、冷静に考えればやはり納得のいくものではありません。殺処分ゼロという崇高なスローガンの後方で、どれだけの愛護活動家が無理を強いられている事か。それに対して「多頭飼養は危険である」と言いながら、それでいて“蛇口”対策に取り掛からないのはどうしてでしょうかね。飼い主のいない猫の正体・そのカラクリは遺棄や放棄・脱 [続きを読む]
  • おてつだい
  • “みらん”の寛容な計らいで、茶白坊やはなんとか軌道に乗り始めました♪さすが母乳、消化不良は早速収束傾向に。しかしこんなに小さな母猫の“みらん”の母乳だけで、ましてやひと月も前に生まれている子猫を追加して6頭を育児することは不可能です。当初2頭を予定していましたが少しずつ、5頭の“みらん”の子猫全員、授乳にあふれた子猫とある程度吸った子猫とを入れ替えたりしながら人口哺育を追加しています。母猫“みらん [続きを読む]
  • 苦肉の策
  • ちいさな身体の“みらん”ままにゃ。本当によくがんばってくれています。ままのお食事タイムには相談相手として少しでもママの気持ちが安らぐように、しばしお相手しています。まだ1歳そこそこという若さ、つよい母性でとてもとても聡明で優しい子です。すごいなぁ。そんなままに、さらなる負担を強いるなど・・・、本当に本当に悩みましたが。。。動物病院からのヘルプSOS。通常の人口哺育が限界という子猫。人工乳の消化吸収が [続きを読む]
  • あいた
  • ままにゃん、育児頑張ってくれています。体は子猫と見紛う程に小さく、食べムラも依然気がかりですが、立派な立派な母猫です。“巳蘭(みらん)”と名付けました♪ お世話放棄のエサヤリサンから聞いていたより数日早く生まれているようですね、身体は驚くほどにとてもとても小さいのですが開眼しました。現在のところ5チビ無事生育中です。ままにゃん、本当に偉い。みんな、頑張れ。 にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ [続きを読む]
  • 心配は絶えない
  • ままにゃんはすっかり落ち着き食欲も旺盛、信頼を寄せてくれています♪それでもむやみに子猫に触れたりすることはとても失礼だと思います。幼稚な幼児かサルの稚拙な好奇心どまりの行為に他ならない。汚れた人間の手で触れたところで、神業の如くの母猫が健在ならば、人にはできることなど一つもない。母猫は絶大・偉大ですよ。 おちびちゃんたち、母猫も、たまにせき込んでいるのは気がかりです。また、母猫の右側、おそらく産 [続きを読む]
  • 前途は多難
  • 聡明で優しい小さなままにゃん、かいがいしく5子にゃんのお世話をしてくれています。私が部屋の前にいる気配を察すると鳴いて呼んでマッサージをご所望♪その都度・・・なかなかの頻度で呼ばれるようになりました(笑)。甘えん坊さんですがひとしきり満足するとちゃんとケージに戻って子にゃんに授乳を開始してくれます。いまのところ安定してはいますが、ままにゃんは若干風邪気味、食欲もムラもあり工夫して十分量を食べてもら [続きを読む]
  • 意気投合♪
  • さきほど、ままにゃんが淋しそうに鳴いていたので、声をかけてみました。人馴れしていると聞いていましたので、しかしそこは育児中、それでも無遠慮に踏み込むものではありませんから、様子をみていました。返答後も好意的によんでくれるので入室してケージ前で座り、話しかけました。やがて猫語女子会トークで(笑)すっかり意気投合♪お友達になりましたよ♪ だいじょうぶ、子育てもあなた一人じゃない。私も手伝うから安心して [続きを読む]
  • すーぱー銭湯・再
  • 他県ボランティアさんの応援で母子猫をお預かりしました。まだ産後3日ですが、近隣の猛反発にあったエサヤリサンからのS OS だそうです。「子猫にご飯あげていたら大きくなって子猫を産んで、近隣ともめたからもう置いておけない」と。なんじゃ、そりゃ。ちゃんとオコゴトしてもらって・・・猫たちは被害者ですからね、安全なところに保護するよりほかありませんでした。勿論、近隣にも当人にも、ちゃんと筋道を立ててお話して [続きを読む]
  • we will rock you
  • てへぺろなのか、それともロッカーがよくやる・・・放送禁止用語のアレの方なのかと言えば・・・ これが“まむたん”ならばテヘペロでしょうけど・・・“エリス”ですから・・・おしてはかるべし・・・(笑)。 we will Rock you !!! マーシャルで爪研ぐのん、やめれ。 “らんでぃー” 筋肉注射も空しく、痛みが限界で、いよいよ口腔内の精査のために麻酔下で観察していただきました。 臼歯の4つに、炎症との関連が認められ抜歯し [続きを読む]
  • 元の木阿弥
  • 猫の問題はいったん片付いたように見える居住区ですが、それは繁殖制限の限りを尽くし同時に保護の限りを尽くしてきたからで、蛇口はまだ確実に存在しているという点で現在も気を抜けるものではなく、絶え間なく流出した個体の保護に徹しているから、だから解決したように見えるだけで。 そもそも猫がどこから来るのかという問題の根本が解決されない点で、その上「殺処分ゼロ♪」って言われると・・・まだこれ以上の負担を強いら [続きを読む]