kamisan さん プロフィール

  •  
kamisanさん: 〜指導者も親もコーチングを考えて〜
ハンドル名kamisan さん
ブログタイトル〜指導者も親もコーチングを考えて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kami-san/
サイト紹介文未就学児〜小学生、ジュニアユースのサッカー指導を通してメンタルやコーチングのことを綴っています。
自由文少年サッカー指導を通し、キンダーU6〜ジュニアU12、ジュニアユース(中学)までのカテゴリーで、サッカーを中心にメンタルなこと、指導者・保護者(親)等のコーチングの重要性、練習メニューの紹介など中心に、率いたチームの試合を通して、色々な観点から子供の考えること、論理的な思考の重要性、指導内容の大切さ等を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/06/01 01:26

kamisan さんのブログ記事

  • ■挨拶してるのに返さない…(指導者)
  • チームの方針として、「挨拶はしっかり行う!」というのがあります。グラウンド、指導者&審判、会場担当者(学校などの施設管理者)、保護者などなど…。 ■試合前の挨拶!共に笑顔で!※監督、コーチたちも相手チームの指導者や本部、審判などに挨拶をします! 以前は、挨拶がしっかり出来ていないということもあり、学校施設を使用するチームとして挨拶の徹底を心がけるようにしました。 それでも低学年などは、まだしっかり挨拶 [続きを読む]
  • ■長所を伸ばすか、短所を直すか
  • 「奇跡のコーチ」という番組の「水泳編」を参考にして(笑)、番組を見ながら、ちょっと考えたこと!これらの番組は、自分の考えと照らし合わせながら見ることが多いのですが(苦笑)、例えば、前半余りスピードが出ないが後半にスピードに乗る選手が居た場合、どのように指導をしていくか。※その逆の選手がいた場合も同様!! 自分だったら、トータルタイムで見るだろうから、何回もトライアルをさせてみて、タイムが縮められそうな [続きを読む]
  • ■S1年間リーグ優勝を経て…
  • チームにしてみれば今更・・・という感じなのでしょうけど、区内の年間リーグ戦で優勝することができました!!(^^)/ 子供たちが頑張って、モチベーションを維持して臨んだ結果かと思います。そして、リーグ戦終了後に、各リーグの上位チームが対戦するチャンピオンシップがあり、そこではギリギリの接戦を行い3位という結果になりました。1年間を掛けて行う試合だったので、怪我や行事などの様々な状況がありましたが、他チームも [続きを読む]
  • ■Playを怒るのではなく、マナーを怒れ!
  • 結構前の低学年大会の時、試合が2面で行われていて、うちのチームの試合が終わり、別コートの試合も同時に終わって選手たちが控え場所に移動している時、保護者パパが今の子供のPlayについて、結構叱り飛ばしていました。 ウルウルしながら子供は歩いていましたが、この光景を見ながら『そんなこと言わなくても良いのに〜、、というか、言っちゃダメだろ〜』とか思いながらその場を離れました。 ※写真は無関係です!(笑) これは [続きを読む]
  • ■超忙しい・・・のか?? 将来の展望??
  • 色々な設立関係(仕事関係)で、しかも複数同時進行ということもあり、完全にShort Sleeperになっている。汗 今月は、なんと1記事しか書いていないし、過去、こんなに書かなかったことは無い! しかも、大会、TMなどが盛りだくさんで、それらに追われ、またコーチ会議やパパ、ママ関係のお話なども満載で、書く余裕すら無くなってしまった。 以前なら、それでも書きまくっていたのに。。。汗やはり歳かな〜〜!?大汗 今、プロジェ [続きを読む]
  • ■「気持ち」より「スキル」が大事な時
  • 最近、子供たちのサッカーノート を見ていると、相手と1:1(OF、DFともに)になった時、負けてしまった時の原因が「気持ちが足りなかったから」と書いているメンバーが少し出てきたのです。 確かに『相手に負けない!』という気持ちでPlayはして欲しいのですが、負けた原因が「気持ち」ということになると、気持ちを頑張りさえすれば、次に勝てるのか?・・・ということになります。 OFで相手を抜けない、DFで簡単に抜かれてしま [続きを読む]
  • ■指導の「待つことの難しさ、与える事の難しさ」
  • 以前、ダウン症の子供たち(未就学児)のお遊び体験会というのをやりました。複数家族と紹介頂いた理学療法士さんも一緒に来て頂き、楽しい遊びの中でできることを体験して貰おうとお集まり頂きました。 「回復」などという仰々しいことでは無く、沢山の刺激を感じることで色々できることが増えたり、楽しんでやることが増えたりするためのアイデアなどを提供できればということで行ってみました。 当日は、うちの次男も教育学科とい [続きを読む]
  • 次男から「避難勧告は…」
  • 昼間、次男は友達と会う約束をしていたみたいだけど、「台風が来る前に戻るわ」と言って帰って行った。 夜中に次男から、「避難勧告出てる?」というLineが! 家内が、近くでも避難しているところがあるみたい・・・と話をしていたが、そこは川沿いの地域で、川が氾濫すると、結構大変なところ。 ※これはうちの近くでは無いですが・・・ でも、うちの場所は川から離れているので、避難勧告というほどでもない。 TVで見ていると、 [続きを読む]
  • ■パス・パッ・クルッ!(Kidsメニュー)
  • キンダー(3〜5歳)の練習メニューです! 普段の練習では、前半、体幹っぽい練習が多いのですが、最近、少し変化をさせようかなと思っています。 「パス・パッ・クルッ!」ということで、まず、 1、コーチにパス2、コーチからのパスを足元でピタッと止める(パッ)3、コーンを廻る(クルッ) そして止まっているボールを次のコーチにパスをして、次のターンを始めます。 図で言うと、コーンを廻るとき、左回り(反時計回り)で回ると、 [続きを読む]
  • ■やる気を出させる体験:中学勉強編
  • 先日、塾に中学生の女子が体験に来ました。サッカーのお兄ちゃんが来ていたこともあり、お母さんからは「他塾にも通っているのですが、試験期間だけ伺わせても良いか!?」という問合せでしたので、「こちらは構いません!」と返事をしました。すると、娘さんは、「行きたくない。つまらない。勉強する気も無い!」という話になり、親子喧嘩になってしまったようで、「すみません」との連絡が。私はてっきり中1かと思っていたので [続きを読む]
  • ■子供のやる気を引き出させる2
  • [やる気を引き出させる1]の続きです!笑やる気の出ない子供達にどう声掛けをするか、、という、自分なりの基準というのがあります。ある程度、原因というのを見極めた上ですが、出来ない子は、「自信が無い」(ストレスと感じたり、年がら年中叱られている可能性もあります)ということが多いので、話をした上で、結構「褒めまくり」ます。ただ、ず〜〜っと褒めている訳ではありません。細かい指示を出して、要所要所で、また少しで [続きを読む]
  • ■子供のやる気を引き出させる1
  • 子供がやる気になるのは、どんな時でしょう?・叱られて「嫌々」やる時・怒られて「泣きながら」、「渋々」、「ナニクソ〜」とやる時・褒められて「気分良く」やる時・自分から「積極的」にやる時…。様々なシチュエーションがあります。サッカーも勉強も、自分が求めなければ得ることがありません。 「やる気になる」というのは、積極的に行動する前段階が大切で、積極的な行動が出来始めたというのは、やる気になった証拠でもあ [続きを読む]
  • ■夜中に中学塾生からのLine
  • 私の場合、時間の許す限り電話やメール、Lineのやり取りをします。(緊急駆け込み寺??)先日も中学の塾生で、成績のことに悩んでいた子から夜中にLine が入って来ました。「せんせい…」とだけのコメント。夜中12時過ぎのLineなんて、ただ事では無いような気がします。ちょうど、自宅へ向かっている最中でしたので、「何か急ぎのことがあれば、Lineでも電話でも良いからして大丈夫だよ。今、移動中だから何回もコールしてね」と返 [続きを読む]
  • ■ママ大会:予選初勝利!
  • 先日、ママさん大会が行われ、公式戦初勝利を上げました!今年から大会参加活動を始め、ママ達も真剣に子供達と一緒にサッカー練習を行ってきた成果かなと思います。■得点を挙げて大喜び!練習するも、どうしても普段運動不足ということもあるでしょうし、まだボールが足につかないということもあったりで、この夏はけが人続出で出場も危ぶまれましたが、何とか参加する事ができました!しかし、試合直前の怪我で参加が急遽できな [続きを読む]
  • ■子供との会話(4歳児さん!)
  • 凄い久しぶりにBlogを書いてます。こんなに空いたのは、もしかして初めて??汗いつのまにかFOした説、Blog乗り換え説、入院説、死亡説…が流れる中、忙しくバタバタしていました!8月決算で、しかも夏期講習が重なり、1日11〜12時間、話しっぱなし…という体力勝負もやっていた後、9月からの新規プロジェクトやら試合関係などで、それこそBlogを書いている暇が無い…。汗一瞬、Blogerだということも忘れていたかも…。大汗という [続きを読む]
  • ■久々のギターの師匠との対面
  • FBには師匠と一緒の写真入りをUpしたのですが、BlogではなかなかUpできなくて…笑。2ヶ月くらい前に、知人のFBに先輩ミュージシャンが亡くなった記事が掲載されて、その記事に師匠のFBのことが書かれてあって、超ビックリ!※時々、友達検索や知人達の動向が知りたくて検索した時はHitしなかったのだけど…。それからFBで連絡を取ると、久々に会おうか…ということになり、わざわざ私の事務所までご足労頂きました。冷汗開口一番、 [続きを読む]
  • ■世界陸上に出場の選手
  • 先日、高校時代の友人達を会う機会があり、昔話に華が咲いた。その折、「実は息子が、今やっている世界陸上に参加しているのです」という話があり、みんなビックリ!!当日にならないと、選ばれるかどうかは判らないとのことでしたが、息子さん頑張っておられました。結果は残念でしたが、『大きな経験になったのでは』という織田裕二氏のコメントの通りだったかなと思います。東京オリンピックの時にどうなっているかが楽しみにな [続きを読む]
  • ■キャプテンと指導者の考え方
  • いま、キャプテンが負傷中なので、練習、TMなどの参加することができません。泣先日も、TopチームのTM(トレーニングマッチ)があった時、キャプテンが顔を出してくれました。すご〜〜く、ボールを蹴りたそうですが、痛さの故、ちょっと触るくらい。。苦笑TMの内容はまたとして、キャプテンにちょっと質問。チーム内での現在のポジションで、ポジションチェンジをした方が良い所があるかということとチーム力の引き上げについて。 [続きを読む]
  • ■4年&ママ達のTMの反省点
  • 秋に行われる4年大会に向けて、3、4年合同の練習と4年のTM。合間を縫って、3年とママのTMを行ってみました。近隣のチームに直前のお声掛けでしたが、良くTMも行っているチームですので、快諾を頂き、気軽に且つ真剣にTMができたかなと。※3年の召集メンバーのことや連携などを見たかったので、まずます雰囲気は判りました!笑■TMゴール前3年のTMには、遊びに来ていた1年も急遽参加!!苦笑先方は、3年の人数が少ないので、4年も参 [続きを読む]
  • ■審判に対してのアクションは要注意!
  • 先日の練習の時、審判(私が一人で審判をしていました!笑)に対してのアクション(態度や言葉)で、幾つか気が付いたことがありました。1、グリーンカード対象■低学年のミニゲームの時、サイドラインを割ったので「赤チームのスローインね!」と言ったら、赤チームの子供が、「あ、僕が最後に触りました!!」と申請をして来たのです。JFAサイトには、「自チームのボールが境界線から出た時などを自己申告する行為」の場合は、グリ [続きを読む]
  • ■キャプテンと二人きりで…
  • 中学生が移動教室ということもあり、塾の時間帯でジュニア・サッカー部メンバーのみの時間ができてしまいました!笑学年が上がってくるに従って、勉強の内容のこともお互い気に出したりしてますが、時にはアクティブ・ラーニングっぽく、お互いに教えあったりして…。汗※時には、小学生が中学生に教える場面もあります!大汗塾では複数人・複数学年が同時に行いますが、基本的に個別で指導している感じですので、自分が問題を解い [続きを読む]
  • ■子供たちに語りかけ、言葉を引き出し、しゃべらす!
  • コーチになりたての頃、最初に言われたのは『全員に声を掛けるように!』ということでした。コーチと一言もしゃべることなく、終わってしまう練習より、何かしら声を掛けられた方が「嬉しい!」と感じるのは、子供だけでは無い筈!「声を掛けられない=無視」に近いものと感じてしまうかもしれません。※本当はそんなことは無いのですが、感じるというのは、そういうものかも知れません。またコーチは子供だけでは無く、極力、周り [続きを読む]
  • ■次男の独立
  • 次男君は、大学では勉強を含め、バイトを頑張ってやっていました。私の夜の塾の講師の手伝いも頑張ってやっていたのを見て、他の塾から引っ張られて、他塾の講師もやったりもしていました。『大分、お金稼いだのでは無いかなぁ…』とは思っていましたが、この春、次男がいきなり、「自立をしたい!」ということを言って来ました。いきなりだったので、時期的なことや具体的なことが出てきてから考えようと思っていました。しかし次 [続きを読む]
  • ■ONとOFFのスイッチ2
  • 試合時間の間が空いてしまった時、気持ちが萎えてしまった時など、気持ちの切替をどうやって再度、作り上げるか…。※前回の続き「ONとOFFのスイッチ1」ルーティン化して、ゼロからスタートする(アップ以降の行動を再現)ということもありますが、1試合を行っていると試合をしていない時と気持ちが違ってしまっていますし、時間も掛かります。 また、子供の気持ちを煽ってみた所で、余計な緊張を生むだけで良い効果はありません。 [続きを読む]
  • ■ONとOFFのスイッチ1
  • 子供達に、事ある度に話す内容のうちの一つ!笑「ONとOFFの使い分け」ということをよく話をします。スイッチを入れる・入れないというシチュエーションは、日常行動の内の一つで、行動をする時=ONで、やらない時=OFF。例えば、・練習をする日=ON、休みの日=OFF・練習中でも、トレーニング中=ON、休憩・給水タイム=OFF・勉強タイム=ON、ゲーム、TVタイム=OFFなど、「どのタイミング」で「何のスイッチを入れるか!?」とい [続きを読む]