ユーモン さん プロフィール

  •  
ユーモンさん:  KJ  SKY High
ハンドル名ユーモン さん
ブログタイトル KJ SKY High
ブログURLhttp://jumong007.blog133.fc2.com/
サイト紹介文感じたり 考えさせられるセリフが 多いですね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供388回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/06/01 12:08

ユーモン さんのブログ記事

  • ミスターサンシャイン第21話(2) 愛する妻
  • (2018.10.16)ミスターサンシャイン第21話(2) 私が愛する妻ドンメは義兵に撃たれました。また、無心会の親分の信頼を失っていると知って、独自の道を歩むことにしたようです。「しかし、俺は誰に撃たれたのかは無視することにした」ドンメを理解したファン・ウンサンは、「では、しばし我々の活動を支援して欲しいのだが?」「断るかもしれない。 それに身分に関係なく、そちらの方からも礼儀を尽くして欲しい」「…」「い [続きを読む]
  • 遠い歴史
  • 日韓併合を考える⑥〜遠い歴史1.日韓協約(ウィキペディアより)日韓協約とは、日露戦争から韓国併合にいたる1904年〜1907年の間に、日本と大韓帝国(李氏朝鮮、韓国)との間で締結された3つの条約の総称。これらの条約により日本は韓国を事実上の保護国とし、1910年の韓国併合へ進んでいくことになる。・第一次日韓協約(1904年) - 韓国の財政と外交の顧問に日本の推薦者をおくことを定めた。・第二次日韓協約(1905年) - 韓 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第21話(1) パスポート
  • (ローズマリー:2018.10.15)ミスターサンシャイン第21話(1) 偽造のパスポートエシンとユージーン「私が断ったらどうするのか?」「断りはしないと知っているわ」「私を利用するつもりなのか? 自分では少しも努力しないで?」「…」「お願いではなく、君の愛情を明確に伝えて欲しい」「…」「愛しているからと、 私に対して“愛している”と言うべきだ。 そして、一緒に連れて行ってというべきだ」「…」「そうであれば [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第20話(5) 日本へ
  • (東京駅・八重洲中央口:2018.10.11)# 1871年の「辛未洋擾(シンミヤンヨ)」(米軍による約1か月の江華島占拠:当時の?宗は19歳)から始まり、ドラマは1894年の日清戦争を経て、1897年には国号が「大韓帝国」に変わり、1904年の日露戦争となります。33年が経過したということになります。ミスターサンシャイン第20話(5) 日本へ〜拉致されたイ・ジョンムン大監1904年1月(日露戦争勃発まであと [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第20話(4) 青春の旅立ち
  • (カクレミノの実:2018.10.17)ミスターサンシャイン第20話(4) 立ち上がる若者たち前夜の義軍活動を庇った?宗でした。?宗とスング「昨夜はお傍にはいませんでした」「よく知っている。 そなたは昨夜だけでなく、昔から私を守ってくれた。 美国との戦いのことも聞いている」(# 1871年の「辛未洋擾(シンミヤンヨ)」のことです)「…」「しかし、私は彼らを守ることができなかった。 だが私は謝罪する立場にもない。 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第20話(3) 戦う高宗
  • バラの季節は5月と10月(2018.10.09)ミスターサンシャイン第20話(3) 高宗の決断船宿の女将(ジュモ)の墓参り「これまでお世話になったが、もう振り返らずに…。 ここは我々が後を始末する」「…」「アイゴ〜」「ここで別れよう」「いや、一緒に行こう。 朝鮮人を朝鮮人が殺してはいけない。 森タカシは義兵の名簿を持っている。 つまり、スパイ活動をしているから、 背後を調べるためにはしばらく生かしておこう」 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第20話(2) 動く標的
  • (ローズマリー 東京駅・八重洲中央口:2018.10.10)ミスターサンシャイン第20話(2) 動く標的イ・ワンイクの屋敷に向かうヒナ「カン夫人が何か言いましたか?」「ええ、確かめに行く必要があるわ。 イ・ワンイク大監の屋敷に行って頂戴」左腕を負傷したユージーン薬剤倉庫の軒の赤い風車を見て急ぎます。ドンメの道場には、エシンから先々の分の支払いが置いてありました。「なぜだ…? しばらくは、彼女はここには来るこ [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第20話(1) ペンと弾丸
  • (もう秋。暫くは蝶々も見ることはないでしょう。2018.10.09)ミスターサンシャイン第20話(1) ペンは剣よりも弾丸よりも強し船宿の女将の遺体を公道に吊るした森タカシユージーンは森タカシを殴り倒しますカイルは、「下がれ。 私は腕が悪いから、君の頭を吹き飛ばすぞ」森タカシにユージーンは、「お前は軍人ではない。 戦争では軍人は軍人だけと戦うものだ」「…」「彼女が軍人に見えたのか?!」「どうも知り合いのよう [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第19話(5) 49日
  • ミスターサンシャイン第19話(5) コ・サホンの49日グローリーホテル「ナウリは食事もしないんだ」「アガシの家族のことが心配だからだわ」「なぜ心配なのか?」「あんたは知る必要はないことだわ。 ただナウリの傍から離れてはいけないわよ」「解った」「美国公使館で働いているスミの弟だわよね?」「はい、アガシ」「何の話をしていたの? 深刻なようだわね」「あのイ・ワンイクという悪党が、 エシンお嬢様の屋敷とご [続きを読む]
  • Sad Ending
  • (ハナミズキの実:2018.10.04)日韓併合を考える⑤Sad Ending〜悲しい結末1.ドラマの結末既に韓国では『ミスターサンシャイン』の最終回(第24話)放送が終わっています。(秋夕により1週間延びた放送だったようです)まずは、Kstyle Newsからのコピペです。イ・ビョンホンがキム・テリと義兵を助けるために、自分を犠牲にし、死を迎えた9月30日に韓国で放送されたtvN「ミスター・サンシャイン」最終回ではこの日、ユジン( [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第19話(4) 母の写真
  • (9月末に拾ったクヌギとナナカマドの実です)ミスターサンシャイン第19話(4) 母の写真「大監媽媽。 大監に仕える農夫たちも集まりました」「どうもこれまでのようだ。 我々はこれまでの縁を切らないといけないようだ」「…」「この台帳で、鉄道がとおらない土地を選んでおいた。 その土地は、この30年も仕えてくれた者たちと、 20年仕えた者たちとは違いがあるが、 そなたたちが所有することになる」「大監…」「 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第19話(3) 国を売る者
  • # 10月に入り、キンモクセイの香が漂っています。(2018.10.05)ミスターサンシャイン第19話(3) 国を売る者〜国権の乱用イ・ジュニョン「教官!」「今日は夕食を取らずにここで待機した。 いったい何をするつもりなのか?」「なぜご存知なので…?」「訓練の後、戒厳令の前までにやるべきことなのだろうな。 しかも雨の日を選んで来たのだろうな」「…」「夜間練習で腕を上げたのは分かるが、 同時にその間にこの武器庫 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第19話(2) 活動家たち
  • (9月末のキンモクセイ)ミスターサンシャイン第19話(2) 活動家たちのリストグローリーホテルのカフェ一緒にテーブルに座るようにと言われたヒナが断っていたところですが、ちょうどヒソンが戻って来て、ヒソンも一緒に座るようにと言われます。「一人にしないでくれ。 今日は最低の気分なんだ。 あれは俺の父親だ」「私も同様だわ。もう一人の男は私の父親だわ」「…。 え?!」「…」「二人とも悲劇に遭ったようだが、 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第19話(1) お見合い
  • (ドングリが少しずつ色づいていきます:9月末)ミスターサンシャイン第19話(1) ヒソンとヒナのお見合いエシンの髪を切り取ったドンメ「…」「!」エシンはドンメの脇刀を抜いて、「本当に私の手で殺されたいの?」「…」「わざと私の足を撃ったようだけど、 あの時の優しさではなくて、 今度は大勢が見ている前で私を辱めるつもりなの?」「以前は両班のアガシの心を切ったつもりだが、 言ってくれ。 本当に胸が痛んだ [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第18話(5) ドンメの気持ち
  • (萩の花:2018.09.19)ミスターサンシャイン第18話(5) ドンメの気持ち漢城病院に入院していたドンメの傷が癒えたようです部下に命令しました。「俺を撃った奴は…?」「漢城の隅々まで、港の魚干場も隈なく探しています。 見つけ出して殺します」「怒りで死にそうだ。 ク・ドンメは生きているという噂を広めてくれ。 向こうの方から姿を現すだろう」そこにヒソン「良く生きていてくれた。心配だった」「嘘つきめ」「本心 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第18話(4) せまる危険
  • (2018.09.30)ミスターサンシャイン第18話(4) エシンにせまる危険「コ・サホンだ…。 だから彼らはコ・サホンの屋敷に先に行ったのだ…」イ・ワンイクは宮殿に向かいます。「林公使は今朝早くに日本に向かいました。 今度は日本の通貨を大量に運ぶためです」「頭痛があるから、西洋医術で診てもらう予定だ。 要件を早く言ってくれ」「私が頭痛をとり除きましょう。 ともかくコ・サホンを釈放して下さい。 民心の動揺が [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第18話(3) 手のひらの距離
  • # ご存知でしょうか?オクラの花と実です(2018.09.08@nagasaki)ミスターサンシャイン第18話(3) 手のひらの距離森タカシ大佐日本紙幣の両替ができなくなりなりました。「あのアメリカ人教師を呼んでくれ」「釈放ですか?」「いや、尋問だ」ユージーンもグローリーホテルにいるところを呼ばれます。「こんな方法でしか私とも話ができないのか?」「…」「先生は大丈夫ですか?」「ええ、幸運にも…」「大日本の軍人は罪なき人 [続きを読む]
  • 市民階級の成長
  • (2018.09.08@Nagasaki)日韓併合を考える④市民階級の成長と臨時政府1.独立協会(朴永圭『朝鮮王朝実録』より)①1896年4月、前年にアメリカから帰国したソン・ジェビルにより「独立新聞」が創刊されます。さらに、7月になると独立協会を創立させます。目的はアメリカで学んだ自由主義と民主主義の思想を広く民衆に伝えるためでした。ドラマ『ミスターサンシャイン』でも、ユージーンが参戦した米比戦争の模様のシーンが [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第18話(2) 通貨危機
  • (ペパーミント:2018.09.23)ミスターサンシャイン第18話(2) 通貨の価値暴落グローリーホテルのカフェヒナの件は少佐のボタンを撥ねます。「!」「!」ヒナには佐々木少佐は勝てません「この女はどうかしているぞ」「では、大勢でかかってくるのですか?」森大佐「刀をしまえ!」「…」「佐々木少佐。 起立!」「はっ!」「大日本帝国の皇軍が女相手に刀を抜くとは…」「…」「恥を知れ」「部下たちの無礼を許してくれ。  [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第18話(1) 彼女を守る
  • (2018.09.26)ミスターサンシャイン第18話(1) 彼女も守ることができるのだ森タカシ(大佐)が日本軍を連れて、コ・サホンの屋敷に入って来ました。そして、ユージーンと米軍「ではあの時から朝鮮に来ていたのか?」「この再開にはショックだっただろうな。 それとも怒っているのか?」「日暮れまでに公使館に報告しないといけないから、 学校の生徒とお付きは共に美国公使館に来てくれ。 駕籠で…」「説明して下さい」( [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第17話(5) 儒学者たち
  • (2018.09.22)ミスターサンシャイン第17話(5) 儒学者たちコ・サホンの屋敷に集まった儒学者たち「長旅ご苦労様だったな…。 手紙に書いたように、私は皇帝に上奏しようと思う。 署名する者はいるか? 心では支援するものの、名前を出すのははばかられるのは分かる」「この国は日本からの圧力で弱体化しており、 皇帝不は在と同様です。 若い指導者たちが立ち上がるべきです。 逮捕も覚悟の上です」「その通りだ。私の [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第17話(4) 教官と生徒
  • ミスターサンシャイン第17話(4) 師匠と弟子、教官と生徒ファン・ウンサンと宿の女将「隊長、喜んで祝いましょう。 上海からの知らせで、 スンジェが無事に到着して元気でいるとのことだわ」「それは良かった」「今日はチャン・スングを見かけないけど…」「しばらくはここには姿を見せないだろう」「…?」「今度は突然、違った男になって帰ってくると思うが、 驚かないでくれ。 サンモクからは連絡がないのか?」「あり [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第17話(3) ロイヤルガード
  • (ペチュニア)ミスターサンシャイン第17話(3) 内禁将(ロイヤルガード)コ・サホン大監の屋敷「彼が私の空を覆う黒い鳥なのか? それとも他の誰かの…?」(コ・サホン)屋敷にスミと共に花駕籠が来ます。「こんな状況の中で、 なぜヒソン若旦那が駕籠を送って来たのか…?」(ハマン)「エシンに伝えて、話をしてくるようにと言いなさい」グローリーホテルのプールバーでヒソンは待っていました。「今日は私が勝つ」と宣 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第17話(2) 日本軍の司令官
  • (ペチュニア:9月末)ミスターサンシャイン第17話(2) 日本からやって来た司令官花月楼ユージーンからは、「その賄賂は貰っておけ」そして「私のありのままを話せば良い」と言われていた通訳のグァンスです。イ・ドンムンとイム・グァンス「何とも贅沢で、皇帝にとっても高価なコーヒーを、 副領事は朝も夜も飲んでいます。 アメリカの風習を持ち込んでいるが、英語はそれほど上手くはない。 ウェスト・バージニアの南部 [続きを読む]
  • ミスターサンシャイン第17話(1) 王立士官学校
  • (サフラン:2018.09.08@nagasaki)ミスターサンシャイン第17話(1) 王立士官学校京城宮殿「青洲からの甘い桃ですよ。 大切にとっておきました。あなたも召し上がって下さい」「は〜、はは」(# エシンが笑ったのは庶民の食べ物だったからでしょうか?)「両班の令嬢が英語学校に通うと聞いていました。 何が動機なのですか?」「…。 とある外国人の名前を読みたいから興味を持ちました」「名前…。読めるようになりました [続きを読む]