hitori-shizuka さん プロフィール

  •  
hitori-shizukaさん: 団塊夫婦・山野草に魅せられて
ハンドル名hitori-shizuka さん
ブログタイトル団塊夫婦・山野草に魅せられて
ブログURLhttp://gokenzan.exblog.jp
サイト紹介文 野山・旅で出会った可憐な山野草と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/06/03 13:47

hitori-shizuka さんのブログ記事

  • 我家の実物小品盆栽も色づき始めました
  • ヒメリンゴ(バラ科) 今年は受粉状態が良かったのか小さな枝に鈴なり状態です。(8月23日撮影)その後、摘果したのですが自然落下や傷みが出来たりするのを勘案して7個も残してしまいました。今回は初めてなので様子見です。 赤く色づき実に傷みもなく育っていますが、鉢が小さいのに実の数が多すぎて実が一回り小さいですね。 (10月18日撮影)ズミ(バラ科) 花は白色で... [続きを読む]
  • サワヒヨドリと判明
  •  前回、大串半島のサワフジバカマと載せた花の確認に昨日(10月1日)行ってきました。ところが、群生していた花の場所や広場付近の雑草が刈り取られ、丸坊主になっていました。アサギマダラの飛来に気付かないのか全く興味が無いんでしょうね。去年、私が見た時には10数頭確認できたのに残念。そこで花の種類の確認は、海岸線沿いにもまばらに同じ花が有ったのでその花で確認することにしました。... [続きを読む]
  • センニンソウ、ボタンヅル、ヤブギリ?
  • センニンソウ(キンポウゲ科) この時季、野山の至る所で木々を覆うようにセンニンソウやボタンヅルの白い花が咲いていますね。花弁状の萼片の先端が尖りすっきりした花姿です。 センニンソウとボタンヅルが混生していると直ぐに区別がつきますね。ボタンヅル(キンポウゲ科) 下2枚の写真は周りの葉にボタンの葉のような切れ込みの葉が見られずセンニンソウの葉だったので、撮る時はセ... [続きを読む]
  • ナンバンギセル、クコ、ヒメリンゴ他
  • ナンバンギセル(ハマウツボ科) ヤハズススキに寄生させたのですが今年は猛暑でススキの下葉が枯れて折角の斑入りの葉とナンバンギセルの花とが離れ離れになってしまいました。 草丈が10センチ前後と小さく、草丈の低いヤクシマススキに似合いますね。このナンバンギセルは数年前にヤクシマススキを買ったなかに自然発生したものです。なんだか得したような気持ちになりました。クコ(ナス... [続きを読む]
  • 久しぶりの阿波踊り
  •  8月12日昼頃、急遽息子夫婦から阿波踊りに誘われ、久しぶりでラッキーでした。途中、有料演舞場の桟敷席を予約しようとコンビニで検索するも4カ所とも4人一緒に入れる席は皆無でした。祭り初日だったので特に混雑したのでしょうかね。午後2時過ぎでしたが両国橋近くに設けられた小学校の駐車場は既に満車で、両国橋から約1キロ位離れた富田小学校駐車場に車を止めました。無料の両国本町演舞場の席... [続きを読む]
  • 黒沢湿原のサギソウ
  •  7月30日久しぶりに黒沢湿原にサギソウなど山野草を見に行ってみました。サギソウ(ラン科) シラサギが飛んでいるような花姿に感心します。本当に花の名前をうまくつけていますね。 蕾が沢山見られますのでまだ咲き始めでした。もう少し遅かったらもっと沢山の花が見れたでしょうね。ヒルムシロ(ヒルムシロ科) 変わったな名ですね。葉をヒルの居所にたとえた名だそうです... [続きを読む]
  • フウラン
  •   いい香りのするフウランの花も終わりに近づいています。長期間、植替えもせず放置状態でしたので、名札が無くなり品名不明や枯れたりしましたが強い品種が残ったようです。今は種類も沢山増えてますね。我家は数十年前に買ったもので古い品種ばかりですがフウランは香りの他、葉芸や軸・根の色合いにも違いがあって楽しめます。湖東覆輪 東出都の白覆輪が黄色の変化したものだそうです。葉の先... [続きを読む]
  • 一面のヒマワリと子牛の団地?久しぶりの山内うどん
  •  7月16日まんのう町の林内にある山内うどん店に行ってきました。随分昔ですがこのうどん店近くの斜面の畑一面にヒマワリが咲いていたのを思い出し付近を散策してみました。以前咲いていた斜面は牧草地になっていたのですが、その農道を登ってみると見渡す限りのヒマワリ畑でした。一面のヒマワリに感動です。子牛の団地?  ヒマワリ畑の道筋には牛舎があって、その牛舎の一角に箱型のプラステ... [続きを読む]
  • レンゲショウマとフウラン
  • レンゲショウマ(キンポウゲ科) この花は日本固有の一属一種の多年草で東北南部から近畿地方にかけて分布している花だそうです。道の駅で買って5〜6年位は経ってますが毎年花が咲き目を楽しませてくれます。フウラン 一時は100鉢位持っていましたが植替えもせず放置状態だったので、枯れたり鉢内のミズゴケが痩せて鉢に挿していた名札(品名)が無くなり、葉や根等に特徴のない品種は品名が判ら... [続きを読む]
  • ネジバナ、カセンソウ、カワラナデシコ、ブットレア
  • ネジバナ(ラン科) 初めて出会った時は小さなピンクの花が螺旋状にさいているのが可愛く新鮮に思えました。この花は強いんでしょうね。今は綺麗に草刈りしている日当たりのよい斜面などでよく見かけけるようになりました。カセンソウ(キク科) 野山散策していても余り見かけないように思います。調べてみると数県では絶滅危惧種になってました。いつまでも残って欲しいですね。 ... [続きを読む]
  • 小品盆栽(クチナシ、ニワウメ、ノイバラ)
  • クチナシ(アカネ科) 2年前に挿した苗です。小さな鉢ですが蕾を7つも付けて次々と咲いています。部屋内に飾ると夕方には甘い香りを届けてくれますよ。今は小さな鉢に入っているだけですが、芽がよく出るので剪定を繰返すと少しは良くなるでしょうね。 赤い実が付くといいのですが・・・ニワウメ(バラ科) 今回、初めて4個の実がとまりました。 ピンク色の可愛い花が枝... [続きを読む]
  • ホタルブクロ、マツモトセンノウ、ウツボグサ、アジサイ
  • ホタルブクロ(キキヨウ科) 丈夫な花ですね。鉢から逃げ出した白花やピンク花が所々で顔を出すので切花として花瓶に生けて楽しんでます。釣り鐘状の花が和の雰囲気を醸し出し好きな花です。マツモトセンノウ(ナデシコ科) 鮮やかな花色ですが和の雰囲気がする花だと感じます。ウツボクサ(シソ科) 野山の道筋でよく見られる花ですが花姿がいいですね。オカトラノオ(サク... [続きを読む]
  • カシワバジサイ、サルナシとジャコウアゲハの幼虫
  • カシワバアジサイ(ユキノシタ科) 4〜5年前に挿し木した苗木が初めて花を付けました。挿し木して根付いた苗を直径10センチ位の浅鉢でそだて、樹高10センチ位と小さかったのですが花軸が伸びて花が咲くころには3倍の樹高なってしまいました。円錐型の花穂が大きいので小品盆栽の木としては少し無理のようです。しかし、見事な花が付いたので部屋に飾って楽しんでます。サルナシ(マタタ... [続きを読む]
  • ウマノスズクサ、ヒメシャラとシジュウカラの巣立ち
  • ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科) 去年、初めてウマノスズクサの盆栽苗をもらいました。もらった年には1花だけでしたが初めて花姿を見ましたよ。今季は8花蕾が付きました。和名の由来は、葉が馬の顔形に似て、花の球形の部分が馬の首に掛けるような鈴に似ていることからついたらしいです。(ウイキペデイア参照) 盆栽仕立てにはまだまだほど遠いですが、頂いたままのポット鉢では見た眼も悪... [続きを読む]
  • 巣箱のシジュウカラと苔玉ヒメオウバイ、バラの小品盆栽
  •  今年4月初め頃、自宅近くでシジュウカラの姿や鳴き声をよく聞くことから巣箱を作ってみました。巣箱は今年4月7日の夕方に菜園場にある柿の木に取り付けました。樹高が低いので高さ2メートル位の所に設置したものの巣造りするかどうか心配でした。さらに設置した巣箱の一部が少し開いたので応急的にクリップで仮止めして翌日直す予定でした。ところが、翌8日にはシジュウカラが既に入居?して苔などを... [続きを読む]
  • イカリソウ2種、パンダカンアオイ、シャクナゲ等
  •  我家の山野草も花が咲き始めました。イカリソウ(メギ科) イカリソウが今年は鉢一杯に咲きました。頂いた先輩宅には9種類ものイカリソウが地植えしてます。北陸地方のトキワイカリソウのようです。 このイカリソウは花が先に咲きだしました。花姿からバイカイカリソウの仲間と思いますが産地は判りません。イワヤツデ(ユキノシタ科) 小さな植木鉢のまま何年も植替えしない... [続きを読む]
  • 菜の花と飛行機
  •  高松空港西ウイングに以前菜の花が植えられていたのを思い出し立寄ってみました。運が良かった。菜の花は満開でエプロンにはJALとANAの飛行機2機が駐機してました。さらに、スマホで時刻表を確認すると羽田行のJALとANA機がPM2時と2時5分に続けざま離陸することが判り離陸シーンを狙ってみました。ご訪問ありがとうございます。励みになるので下の「山野草ブログ」を し... [続きを読む]
  • 菜の花に鯉のぼりと枝垂れ桜
  •  長閑な風景 野山散策中に川沿いに植えられた菜の花と鯉のぼりが風になびいているいい光景を目にしました。菜の花の中には手作り人形が配置され、その傍らには木製長椅子が置かれそこにさぬきの方言で「ちょっとすわりまい。」と書かれていましたよ。その光景がなんだか微笑ましく感じられ心落着きました。 綾川町西分の堀池の枝垂れ桜 画面には人の姿はあまり見えませんが2か所設けられて... [続きを読む]
  • ニワウメの小品盆栽と高松港寄航のにっぽん丸
  • ニワウメ(バラ科) 昨年に続き2回目の花見です。花は可愛い花ですが花枝が伸びすぎるのが少し難点です。にっぽん丸 3月26日高松港に寄港したものです。総トン数 22,472トン・全長 166.65m・全幅 24.00m・旅客定員 202室、最大524名(2010年大改装後)のクルーズ客船で8階まである船だそうです。 改装前は船体は白色だったそうですが船体の下部は... [続きを読む]