kuri-ma さん プロフィール

  •  
kuri-maさん: 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ハンドル名kuri-ma さん
ブログタイトル三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ブログURLhttp://sangatusakura.seesaa.net/
サイト紹介文☆自作の純愛小説と詩、毎日更新☆愛が人の心を開き、夢を繋ぎ、人と人、命と命、あの世にまで橋を架けます
自由文愛が連れてくる幸せと、いつか来る別れ。
でも、彼らには永遠の別れはなかった…。
三代に渡る愛の物語。

ブログタイトルと同名の小説の他に、『時の追いかけっこ』『ひのくに物語』『雪洗YOU禅物語』『忘れられた零地点』『あの人は広い傘をもっている』などがあります。

別ブログ「幽霊っているんでしょうか」http://kuri-ma.seesaa.net/もどうぞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2010/06/03 08:12

kuri-ma さんのブログ記事

  • (季節の詩) 秋がいつの間にかやってきたように 2018
  • いつの間にか十月も第3週の終わり。もう秋。。。気がつけばすっかり秋としか言えなくなっています★「 秋がいつの間にかやってきたように 」 秋がいつの間にかやってきたように  私の隣には いつの間にかあなたがいた  秋が葉の色を染めていくように  私の心は あなたの色に染まっていった  その葉が色づくのに 理由などはない  ただ 夏の暑い日が重なるほど  また 秋の冷え込みが厳しいほど  その色が濃くな [続きを読む]
  • 11 《ひのくに物語'18》 夜明け、そして契り1  A面〜素描(デッサン)〜の章
  • 架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──国王、馨の今日は結婚式のシーンです。伝統的な八尾伽奈国(ひのくに)の婚礼の儀式。馨は未来を踏み出すことにしましたが…★夜明け、そして契り 婚礼の日まで、私は妃となる女性と会ったことはなかった。事前に会う日を作ると、うるさかった母には、はっきりと断った。決めたからには、すぐに事を進めたかった。 私はその女性の名前しか知らなかった。妃となる女 [続きを読む]
  • 9 《ひのくに物語'18》 夢、そして目覚め2  A面〜素描(デッサン)〜の章
  • 架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──まさか・・・夢が現実のことに?!馨と菫に悲劇が襲いました★「菫、死ぬな、死んではいけない」 彼女の体を揺すり、声を掛けたが、もうその目が再び開くことはなかった。嘘だと思いたかったが、心の片隅で『やはり』という思いが起こった。 そう、夢の中で何度もこんな場面を体験していた。しかし、それが現実に起こると、こうまで生々しく、心が切り刻まれるような [続きを読む]
  • (詩) 紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に 201 8 男女バージョン
  • 秋の深まりと、愛の深まり… 秋のこうよう(紅葉)と 愛のこうよう(高揚)… 女性・男性バージョンを一気に掲載!★〜女性バージョン〜「 紅葉(もみじ)がすっかり色づく前に 」紅葉(もみじ)が色づくその前に私の気持ちもすっかり染まってしまう夕陽が空を焼け尽くす前に私の心は焦げるくらいに熱くなっていく風がそよげば 木の葉のように揺れ花が咲けば あなたを思い微笑む吹く風は日ごと冷たく変わり顔だけはほてるけれど愛 [続きを読む]
  • 1 《ひのくに物語'18》 悪夢、そして思い出1  A面〜素描(デッサン)〜の章
  • 今日からは、この作品を一挙再公開!!架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──さあ、スタートです★「 ひのくに物語 」A面〜素描(デッサン)〜の章悪夢、そして思い出 私は、何度となくその夢を見る。身を切られるような悲しみに、その度に枕を涙で濡らす。 それは、かけがえのない女性(ひと)を失う夢だ。彼女の命がなくなる瞬間がなぜかわかる。 どうして私はこの人を救うことが出来なかったのか、私 [続きを読む]
  • (詩) 風の中に真実がある 2018
  • 風が教えてくれました♪「たまには、自分から奇跡の風をおこしてやろう?!」★「 風の中に真実がある 」 風は気づかなかった優しさを教えてくれる  見えるはずのない、明日の景色を一瞬見せてくれる  帰れるはずのない、昨日のきらめきを一瞬思い出させてくれる  懐かしさを運んでくる  希望を呼び起こす  過ぎ去った昨日は、ずっと風に飛ばしてもらって 笑顔が幸せを呼ぶ そよ風を生む 風はあの世とつながっている  [続きを読む]
  • 解説・ひのくにWORLD  *「ひのくに物語」を読む前に*
  • 架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──小説を読む方は必ずお読みください。「ひのくに」WORLDにようこそ!*☆*《主な登場人物》馨(かおり): 日向 英雨・馨(ひゅうが エイブル・かおり)        平和家で育つが実は王家(日向)の王子。私生児。菫(すみれ): 陽宮 菫・薫里(ひのみや すみれ・かおり)        菱倉家からの養女。ケイン: 平和 家允(ひらなぎ いえさね)       [続きを読む]
  • 23 《時の追いかけっこ'18》 「時」に勝つ方法(1)  [THE PAST POST]  
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼パーティーでスピーチを語り終えかすみの手を取る斉藤は…★「時」に勝つ方法 つい一ヵ月前には、まだ、日本に帰国してさえいなかった。ボランティアに身を奉げようと覚悟したわけではなく、ただ居場所を求めて、空と人々の瞳が限りなくきれいな、アジアの片田舎の村に引きこもっていた。 かすみと再び会えるなんて、夢にも思わなかった。永遠に会えないと思って、喪失感と後悔の念 [続きを読む]
  • 22 《時の追いかけっこ'18》 思 い  [THE PAST POST] 
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼さて、かすみが沈黙を破って語ります★思い パーティーが佳境に入ると、最近、現地に行って来たメンバーがスピーチするのが、恒例だという。 四年以上行きっぱなしだった私と、一年の任務を終えてから来たことがなかったというかすみ、両方に声が掛かった。 かすみがまず壇上に立った。現地の状況と活動した内容を簡単に説明してから、彼女は、しっかり顔を上げると話し始めた。「 [続きを読む]
  • (詩) じっと君だけをみつめていたい  2018
  • 自信もなく自分の生き方をみつけられなかったこともありました。人を変えるものとは、やはり、愛でしょうか★「 じっと君だけをみつめていたい 」時代から取り残されても 今じっと君だけをみつめていたい時間がたっても 残るものはあるはず準備出来ていなかった 突然のときめき自由気ままに生きてきた これまでの日々次回はないことも自分が一人だということも ただ 自身と    人生と     条件だけ求めて それが独 [続きを読む]