goody-goody さん プロフィール

  •  
goody-goodyさん: 哲ノート
ハンドル名goody-goody さん
ブログタイトル哲ノート
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/goody4350
サイト紹介文なんでも見てやろう。なんでもやってみよう。アクティブに物事を考え行動しようとがんばります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/06/04 09:41

goody-goody さんのブログ記事

  • 撮りだめた写真を整理 -2019初春-
  • ことしも“えいやぁ…”と昨年撮りだめた写真をいっきょにディスクに保存しました。ドロップボックスを利用しているんで(容量オーバーで課金されないようにメンテナンス…これ大事)パソのなかですべてできちゃうけどパソコン内にHDDに移動して、さらにDVDディスクにダビングして…内容を確認したら、ドロップボックス内のデータを消去!!この「消去」を(間違って消さないように)注意を払っておこないますが、(やらなきゃ [続きを読む]
  • ホームライナー
  • 時々利用させていただく「ホームライナー○○」特急車両、座席指定で510円時間的な面よりも、わずかな時間でもストレスなくリラックスモードで帰路につけるんで、“ちょっと贅沢に…”てなもんで利用します。  …………ところが、伝え聞いた話だと今春のダイヤ改正で“特急に昇格”なんだそうな。新型の特急車両になって、予約システムも取りやすくなって…なんて理由をつけているが「新型」だろうが「お古」だろうが、通勤車 [続きを読む]
  • 武蔵新城・千年温泉に浸かる -2019初春-
  • 今年の初銭湯は、初訪の武蔵新城の駅からちょっと歩いたところにある「千年温泉」さんに…「千年…」なんて縁起いい名前だな…と思っていたら、「千年」は「チトセ」と読むらしく、住居表示も「千年」なんだそうな。(なんだぁ…)それでも「…温泉」とあるんで、この地域の温泉というと「黒湯」ですから、期待を持って訪問します。昨年行こう行こうと計画を練っていたのですが、「リニューアル休館中」ということで、待ちに待って [続きを読む]
  • 日比谷神社の勝守り
  • はてさて、こんなところに神社ってあったっけ…?向かったのは新橋の駅を降りて、第一京浜と環二通り(新虎通り)が交わった交差点。目の前にしかも交差点とJRの高架橋に挟まれたところに鳥居があるじゃないですか…「日比谷神社」(鯖稲荷)  元は今の日比谷公園付近に鎮座していたらしいが、江戸城の拡張で…つづいて鉄道敷設で…計画道路予定で…と、3度も移築されて現在に至っているようです。苦しむ旅人に無病息災を祈願 [続きを読む]
  • 「然共今の士大夫」 松陰先生一月の言葉
  • 毎年初詣でする松陰神社の参道には、毎月の「松陰先生の言葉」が掲示されます。一月の言葉として「然共今の士大夫(しかれども いまのしたいふ)」とありました。掲示板のしたには解説があります。「今現在官職についている人たち、学業に勤しんでいる人たち、その心の中を考えてみると、自分の名声名誉が上がること、官職の地位が高くなることを目的にしている。日々正しい道筋や道理の当然を求めて、実行しようと努力している人 [続きを読む]
  • 松づくし -池袋演芸場 正月二之席-
  • 平成31年の寄席通いは「池袋演芸場 二之席 昼の部」から…。「信者のみなさ〜ん 集合!!」(小三治師匠お目当てです)池袋演芸場亭の二之席は昼の部はトリが小三治師匠です。しかも今日は初日でしょ…もうチケット購入で大大大!!行列必死、遅いと立ち見間違いないんで早めに向かいます。開場2時間半前の9時半にはチケット売り場にすでに30人くらい…(早めにきてよかった!!)(開演時には予想通り場内は満席・立見客で一杯 [続きを読む]
  • かぜ・せき・インフル
  • なんか「セキ」こんじゃってさぁ(止まらなくて…毎年のことだけど)なんか「ねつ」もでているようでさぁ(自覚ないけど、寒気がして…)“おもだる”“だるおも”でさぁ(カラダがいうことキカン!!)………(病院キライだけど、行くしかないかぁ)「37.8度くらいあって、寒気もするし、セキも続くんですよね」聴診器を胸にあてたりして、いつもの問診が続きます。「きょうはクスリを出しますから、これで熱が下がんなかったら [続きを読む]
  • Wわんたんめん -新橋・しお福-
  • 2019年「初ラー」は…新橋にある「わんたんめんの店 しお福」 わんたんめん専門店ですから、注文も「…わんたんめん」になるんで「W(ダブル)わんたんめん・塩味・細麺」で注文わんたんめんはいろんなとこで食べ歩いていますが、ここは肉肉しいタイプのあん(ちゅるちゅる、皮タイプもいいけど)あんの味は好みがわかれるところですが、新年早々なんでガッツリといきます。ひさびさ訪問したんで、忘れていましたがわんたん [続きを読む]
  • 深川不動堂で願掛け -2019初春-
  • 松陰神社へ初詣を終えて、年始のもう一つの行事「深川不動堂での願掛け」をおこないます。  ここも年明け最初の月曜日ですので、参道から境内までけっこう混んでいます。そんな長蛇の列の本殿祈祷所を横目に見て、おなじ境内にある「開運出世稲荷」に…社務所で「願掛きつね」を頂戴し、願い事を書いた紙をきつねの中に入れます。願い事は「一念通天」(強い決心を持ち、一心に努力すれば、何事も成功する)このきつねを願掛けの [続きを読む]
  • 松陰神社に初詣 -2019初春-
  • 年の初め、今年も松陰神社に初詣します。いつものように世田谷線にトコトコゆられて参拝  今年は「勝守り」(「志」のお守りと交互に…)と「勝絵馬」を頂戴いたしました。勝絵馬には「無事息災 今年も良い年になりますように」と記入して奉納しました。  趣きのある大好きな境内と境内に通じる参道は、いつもと違ってにぎやかです。今日はちょうど会社関係のひっきりなしの参拝と重なったようです。(静観なのがいいんですけ [続きを読む]
  • キャベツモリモリ2019
  • おせちも、おもちも食べ飽きたんで…いつものコンビニで「焼きそば」(なんだ、またかよ!!)「千切りきゃべつ」を“もりもり”とその上に盛り上げてレンジでチン!!「焼きそば ウイズ キャベツモリモリ」  ふたをあけると、ちょうど「温野菜」って感じで、キャベツの体積も減ってモリモリとたくさんキャベツがいただけます。炭水化物中毒にならないよう、ちょっとは気にしているんですが…なにか。 [続きを読む]
  • 一白水星…
  • 「今年の運勢」年の初めに決まりきったように、なにかと話題にはなるが…今年はどうなる…とか、「大吉」「小吉」とか…、でもあくまでも「(未来を)占う」であり、人の心の内や「運」勢、人の未来などを「暗示」のように人を諭すようなもの「予言」とも違うし、「催眠」とも違って、ようはその言葉を「信じる」「信じない」「当たる」「当たらない」「ポジティブ」「ネガティブ」はその人の気の持ちよう次第ではある。このコトバ [続きを読む]
  • 福袋 -2019初春-
  • 毎年「福袋」を購入しています。昨年、おととしと「プーマ」の福袋を購入しましたが今年はちょっと趣向をかえて「RYZ」の福袋「RYZ」???…だけど、ネットサーフしていたら偶然見つけて…こういうのってロゴイメージも大事だし、なんたって「目立った方が勝ち」じゃないですかしかも街中ではなかなか見かけない…「ほおぉぉぉ」って相手におもわせる感じのヤツ年に一回の買い物ですもの、この一年飽きることなく「着ふるし [続きを読む]
  • ヤモリ -2019初春-
  • 「ヤモリ 見っけ!!」大変縁起が良いヤモリ(家守)がいました。小さな小さなカラダだけど、いっしょうけんめいはいずりまわっています。(前足の指は4本、後足の指は5本なのね…)新年早々、縁起が良い小さな命との出会いです。 [続きを読む]
  • 「起」-2019 今年の字-
  • 2019年 念頭に今年は…ということで決めている「今年の字」 (昨年は「輪」おととしは「新」でした)今年は「起」  おきる・おこる・おこす…の「起」なにかがあらわれたり、なにか活動がはじまったり、その活動からなにかが起こったり自分自身・自分の身のまわりで「なにか」はじまらなきゃ。「なにか」うごかなきゃ。「なにか」かわらなきゃ。年を重ねるだけで、なにもなしにまた1年を過ごすことが無いよう他人本位・他 [続きを読む]
  • 謹賀新年 -2019年-
  • あけましておめでとうございますことしも“いつものように”元旦の朝をむかえました。あたらしい年の初めなんだろうけど、31日が1日になっただけの、ここで気持ちが…生活が…変わる意識のないままの除夜の鐘。テレビで夜更かししての元旦の深夜。今日は“ゆっくり”起きてもいいや…の元旦の朝。 きょうだけは(ふだんは食べることが無い)「おせち」をいただくという元旦のお昼。カレンダーを新しくしたり、届いた年賀状を確 [続きを読む]
  • 大晦日 -2018年-
  • ことしも“いつものように”やってきた大晦日こたつにあたって紅白を見ながら年越しそばたべてみかんをパクパクやりながらいつの間にか「除夜の鐘」が聞こえてきて“いつものように”新しい年を迎えます。いつもの…まったくいつもの年の瀬の我が家です。(でも、ことしも1年無事に何事もなく迎えられたことに感謝です) [続きを読む]
  • 2018年 回顧
  • 今年もあと1日今年もいろんなことあったなぁ…と、2018年を回顧年初めに描く「今年の字」。2018年、年頭を込めての字は「輪」◎ 廻る 物事がうまく進むように、うまく動くように、公私ともどもが事なく進むように◎ 動く マンネリと化した今の自分(ただだらだらと1年が過ぎる)          なにかが動かなければと思う自分。     なにかをしなければと思う自分。…なんて思い描いていたのですが、毎年の事 [続きを読む]
  • 2018〆のゴルフ -武蔵丘GC-
  • 2018年 24ラウンド目の〆のゴルフは…武蔵丘ゴルフコース。いつも行く“シンム”新武蔵丘GCではなくて、今年を締めくくるラウンドなんだからと、そのお隣にある、トーナメント(三菱電機レディース)が開かれる武蔵丘GCを初訪です。  毎年のようにトーナメントを観戦しているんで、コースレイアウトは知っていますし、実際ラウンドしてみたいじゃないですか。(ああ、ここ、ここ…なんてね)今日は天気は良いのですが [続きを読む]
  • お風呂掃除 -2018冬-
  • 年末ですから。歳末ですから。年の瀬ですから。こういう時こそ「家のこと」しとかないと…てんで、今日は恒例の「お風呂掃除」です。(だれに言われなくても、“いつのまにか”やる係に…)毎日のようにお世話になる「お風呂」ですから、きれいにすると気持ちよいもので…    [続きを読む]
  • 札幌味噌ラーメン -北海道ラーメン ひむろ-
  • 季節柄、日が暮れるっと急に寒くなりますでしょ。そんな時にはラーメンでもすすって、温まりましょう…てんで、御徒町アメ横のなかにある「北海道ラーメン ひむろ」さんへ…。ここは、小林製麺の熟成されたちぢれ麺をいただける、正統派の味噌ラーメンがおいしいお店です。「札幌味噌ラーメン」コクのある甘めの味噌スープがゴクゴクとおいしい。幅広のチャーシューにメンマ・ワカメ・モヤシ・たまねぎに長ネギが入った“まさしく [続きを読む]
  • 芝浜の革財布 -2018冬 鈴本十二月下席-
  • 2018年最後の寄席は、今年も鈴本演芸場から…「暮れの鈴本 琴調六夜 -芝居と役者と講談と-」宝井琴調師匠の毎年暮れの吉例興行で、今年で9年目だそうです。そして演目は…やはり暮れですからね「芝浜…」でしょう。講談「芝浜の革財布」を堪能します。思い起こせば4年前の暮れの鈴本でも、琴調師匠の「芝浜…」を拝聴しました。しんみりと心温まるいい話。これを聴かなきゃ年越せねぇってやつですよ。今回の興行は琴調師匠 [続きを読む]
  • 金色の筆ペン
  • ふだんは使う事のない「筆ペン」正月の年賀状は“直筆”で…と決めているんで、“あまりうまくはありません”が筆ペンを駆使します。(まあココロが伝わればいいんです)いつも同じは面白くないんで、今回も昨年同様「金色の筆ペン」を…。(めでたいもんで!!)ペンも年一回のことだから、ここは新調して「新年のあいさつ」をこころして筆に託します。 [続きを読む]
  • くち呼吸 -2018冬-
  • いつのまにか「くち呼吸」していた…。季節的に乾燥していて、しかも暖房効かせ過ぎると、鼻の中がムズムズしてきて、いつのまにか無意識に「くち呼吸」を。季節へのカラダの順応がまだまだだからかもしれないが、自然とカラダが反応しちゃっているんだろうなぁ。「くち呼吸」して良いことなし。水分をたっぷりと補給して、カラダをいたわってあげんとね。年末年始乗り切れんわぁ…。 [続きを読む]