川越 さん プロフィール

  •  
川越さん: 旅とElmar&Hektor
ハンドル名川越 さん
ブログタイトル旅とElmar&Hektor
ブログURLhttp://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文旅行に温泉、キノコ狩り、山菜狩りにキャンプや自転車が大好き。写真やカメラ、キャンプ道具も大好きです。
自由文レンズはできる限り少なくしようと努力中。6×6はフレクサットに、マミヤ6(蛇腹)。ライカはM8がメインで、好きなレンズはHektorに SummarとSーロッコール。Summaron35/3.5に球面ズミにエルマリート1st、ルサール、キャノン19ミリと盛りだくさん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2010/06/04 14:42

川越 さんのブログ記事

  • アカハライモリ
  • 今朝、玄関を出たらトカゲのような生き物が目に入った。尻尾が短いので尾の切れたトカゲかなと思って近寄ると、ちょっと間抜けな顔が可愛いイモリだった。卵の時はよく見たけど、成長してからはほとんど目にしたことがなかったけど、どのくらい生息しているのかなぁ。 [続きを読む]
  • 切り出しの鞘を作ってみた
  • 形見の切り出し、そのままだと持ち出すのに具合が良くないので、適当な木を使って鞘を作ってみた。ちゃんと柄の方も作ろうかと思ったけど金属そのままの刃物もいい感じなので、今回は厚めの皮を貼っただけ。それでも薄い金属の板とはまた違った感触で、これはこれでいいかも。逆さにしても落ちないようにはしてあるけど、腰に下げるつもりはなくて紐は目印の代わりでかっこだけ。刃先のしのぎ面はムラムラだけど一応の平面は出てい [続きを読む]
  • 母の形見
  • 先日東京の用事を済ませた後に、千葉の館山の田舎にある母の住んでいた小屋を見てきた。もう母が亡くなってから20年が過ぎ、この小さな畑と小屋に通うのは7つ上の姉くらい。その姉もいい歳になってきたので、ここ1年半は手付かずだというから、山の中にある小屋までたどり着けるのか、小屋の中は動物の住処になっているんじゃないかと、心配しながら行ってきた。畑は予想通り雑草とイノシシのせいでひどい有様。でも意外と小屋の [続きを読む]
  • 早くもナメコがでた!
  • 東京から戻り、今日は夕方に山の様子をちょっと見てきた。ほとんど何も出ていないのは東京に行く前と同じだけど、なめこの出ている木がわずかに2本だけあった。と言っても、多分先日の冷え込んだときに出たもので、ちょっと状態が良くない。食べられそうなものを少しだけ取ってきたけど、さすがになめこはまだ早いはず。それとも今年は晩秋から初冬のキノコが早く出て、さっさと冬になってしまうんだろうか?それも嫌だなぁ。 [続きを読む]
  • 今日から都会へ
  • 今日から18日までは東京と千葉で用があり、田舎を離れた。途中の好きな景色の魚沼丘陵では、正面に見えるはずの山々がすっかり雲に隠れている。途中のトンネルがある山も標高は低くてせいぜい300mくらいだけど、上の方は雲に隠れていた。もうすっかり秋というか冬の始まりのような雲の位置だ。と思ったら、東京も天気が良くなくて気温も15度くらいらしい。今週はずっとそんな感じだから、気温だけは田舎も東京も変わらなそうだ。 [続きを読む]
  • 壊れた
  • 自分には田舎暮らしをするには致命的な欠陥があり、車の免許もなければバイクの免許もない。これは都会暮らしでは大した問題じゃないけど、田舎暮らしではものを運ぶにも何をするにも車がないと始まらない。ということで必然的に自分にはマウンテンバイクやロードバイクが足代わりになるわけだけど、今日乗り始めるとすぐに異変を感じた。「タイヤは替えたばかりなのに?」と思いつつ止まってみたら、見事にタイヤサイドが2ケ所裂 [続きを読む]
  • キノコ探し
  • このブログのせいってわけじゃないだろうけど、今年は山に足跡がとても多い。去年も少し増えてきたかなという印象はあったけど、今年は「ここにも入っているんだ!」って思うくらい多くて、パキパキと歩く気配がすることも多々ある。今までは全然人が入った形跡がなかったのに、急に増えたのはなにかしら理由があるんだろうけど、今まで見られすぎたのかな?そんな状況に輪をかけて今年は例年にないくらいキノコが出てこないので、 [続きを読む]
  • ブナハリタケ
  • 今日も夕方の一時、何かキノコは出ていないかなと山に入ってみたけど、めぼしいキノコは全くなし。かろうじてブナハリタケが付いている立ち枯れがあったので、少しだけ取ってきた。このキノコ、独特の匂いがあって好き嫌いが分かれそう。自分も昔はこの匂いが鼻について嫌だったけど、最近はあまり気にならなくなってきた。このキノコ。出る時には一つの木に大量に出る。それこそ取りきれないくらい出る。その上水を吸って重いので [続きを読む]
  • 今日は木樵の日
  • この木は毎年晩秋というか、初冬になると5mくらいのところまでなめこがびっしりと生えている。そんななんでもう半分は死んでいるんだけど、上の方にはあおい葉をつけているのでまだしばらくは大丈夫なんだろう。胸の高さで幹周りが2m以上もある立派な木だけど、枯れた枝の部分が落ちていたのでチェーンソーを持って行ってきた。枝なのにチェーンソーを使わないと大変ということで、どれくらいの大きさか想像がつくかもしれない。 [続きを読む]
  • やれやれ
  • 下の舞茸の株を薪を取るついでに見てきたら、群馬ナンバーの車が止まっていた。嫌な予感がして出ていたところを見たら、まだ一番大きくてもせいぜい女性の拳大なのに、見事に全ての株が取られていた。多分この連休で取りに来たんだろう。自分が来たのがわかったら慌てて帰って行ったけど、そんなマメにもならない株を取ってもしょうがないだろうに。まぁ、気持ちはわかるんだけど。(^^; [続きを読む]
  • 古い立ち枯れに
  • 古い立ち枯れなので、もうこの先何年取れるかわからないけど、良くても2年くらいだろうか。10個ほどの小さいな株ができている。ここは他の人も知っているポイントなので早い者勝ちだけど、こういう小さい株を残してきても根こそぎ持って行かれてしまうと考えてしまうことが多い。残しておくと場所を知られてしまうからそうするのだと思うし、舞茸はそれだけ貴重なキノコなんだとはわかっているんだけど、すっきりしない。小さいの [続きを読む]
  • ぎっくり腰?
  • 昨日は舞茸を取りに行ったので、夜はうちでも舞茸を炭火で焼いた。焼いて食べる舞茸もなかなか美味しい。ところで昨日、古民家再生で総理大臣賞をもらったドイツ人のカール・ベンクスさんのお手伝いで分厚い木の板を運んだら、どうも歩くときに腰が痛い。今朝は遂に体を支えるのが辛い。どうやらぎっくり腰のようだけど、こんなことになるといよいよ年寄りになって気がしてくる。とほほ。 [続きを読む]
  • 舞茸狩り
  • 今日はわざわざ「おおむらさき」さんが日帰りでキノコを採りに来てくれたので、あいにくの雨模様の中だったけど、車でひとっ走りして舞茸探しに行ってきた。私には時間がないので、お付き合いできる時間が限られていたのが残念。見つかったのはこんな小さな山道の脇。ミズナラの木が生えているけど、この木の裏側に1.5キロくらいの舞茸が見つかった。人が通るところなので、気にする人なら見つけてしまうけど、歩くことだけ考えて [続きを読む]
  • 昨日の舞茸
  • 昨日の舞茸、写真で見ると小さく見えるけど実は結構大きい。相棒と比べると大きさがわかると思うけど、持ち帰るにはそれなりに苦労した。一番大きな株は長野の「まほろば」に送ったけど、喜んでもらえただろうか?実は去年送るといいながらもつい忘れてしまい「届かないよ?」と言われてしまったので、今年は大きいのを見つけたら慌てて送ったのだ。(^^; [続きを読む]
  • 麦麦(バクバク)パンにサイクリング
  • どうしたことか、今日は相棒が「自転車で麦麦パンに行こう」というので、二人とも細々とした用事を片付けてちょっと走ることにした。このパン屋さん、美味しいのはいいけどちょっと道のりが険しいのが玉に瑕。相棒の支度が整うまでの間、自分はちょっとキノコの状態を見に出かける。まず見つかったのが美味しそうなこのキノコ。片葉やヒラタケに似ているけど、ツキヨタケです。でも食べた人の話だと、結構美味しいらしい。次に見つ [続きを読む]
  • 釣りシーズン終了
  • 1尾はちょっと小さくて20センチ余りだけど、最後なので「ごめんなさい」してキープしてしまった。今日で釣りシーズンも終了。先日は雨もしっかり降ったし、条件としてはバッチリ。そこでとりあえずお昼を食べて、午後からいっとき竿を持って行ってきた。餌釣りかルアーか迷ったけど、やっぱり自分はルアー。最後はラパラを持ってマウンテンバイクにまたがった。場所は放流もしていない小渓流。いつもは1尾しか釣れないけど、今日は [続きを読む]
  • かつての主要道かな?
  • 数日前の秋晴れの1日、今月もサイクリングに行ってきた。その道中にあったのが現在の上越市から十日町市に抜ける、名もない峠に向かう途中の道祖神(写真左中)。みれば並木道の痕跡のように大きな杉の木が残っている。舗装路に分断されているけど、途中にも同じような九十九折れの街道らしきものが棚田の合間に残っていた。当時は人力かせいぜいが牛や馬で荷物を運んだわけだから、現在の車用の道が当時のルートであるはずはない [続きを読む]
  • 上越市大島区の飯田邸
  • これも先日初めて知ったんだけど、とても贅沢な作りの古民家。名は飯田邸というらしい。場所は上越市大島区の菖蒲地区にある。入り口は・・・というか、敷地の周りには樹齢数百年(?)の杉の大木に囲まれ、白い石が敷き詰められた庭には池や水が流れ、それはそれは豪華な作り。明治元年以前に建てられた庄屋屋敷ということで、 欅を使用した大きな柱、梁などが目を引くが、茅作りの屋根は素人の自分にもどれほど手のかかったもの [続きを読む]
  • いい感じの集落
  • ここはうちから18キロほどのところにある小さな集落で、初めて行った時からなんとなく惹かれていた。今住んでいるのはわずかに三件。それ以外の家はみんな3.12の地震で離れて行ってしまったらしいが、その3件も地震後に東京や横浜など、よそから入った人たちだけが住んでいる。それは今日初めて知ったんだけど、たまたま目に入ったのがこの建物。今時新しい茅葺の屋根なんて見たことがないので、つい引き返してお邪魔してきた。元 [続きを読む]
  • 薪が足りない?
  • 昨年はサボったつもりはないんだけど、どうも見た目に惑わされたようで思ったほどには薪の蓄えがない気がする。今更慌てても間に合わないんだけど、少しでも足しになればと山から枯れた枝を下ろして乾かしている。水気が抜ければ燃やせるので、一週間分でも10日分でもできれば助かる。それに今年はストーブを1台増やしたので、来客があれば薪の消費量も増えてしまうので、その分も作らなければならない。でも今年の冬の薪を用意し [続きを読む]
  • 大外れ
  • 昨夜からおおむらさきさんが舞茸狩りに来たので、今日は早朝から出かけてきた。先日幾つか取れたのでそろそろ大丈夫だと思ったんだけど、事前に見た感じでは全く出ていなかったので一抹の不安があった。その不安が的中。最初に行ったところでは小さな株が4つほどあったきり、他の場所では全く出ていない。それどころかほとんどキノコの姿が見られないし、周りの雑草も例年よりも背が高く季節が早い感じ。こんな感じだと、あと10日 [続きを読む]
  • 日本ミツバチのハチミツ
  • バイト先の知人が今年始めた養蜂。その最初のハチミツを少し頂いた。花の種類はわからないけど、まじりっけなしの本物のハチミツ。ハチミツは大好きだけど、日本では高くてなかなか買えないので、海外に出た時はよく買ってくる。自分でもやってみたいんだけど、来年はトライしてみようかな。 [続きを読む]
  • 舞茸第2弾
  • 昨日まで東京で仕事だったのですが、出がけに駅のそばで顔見知りのおばあちゃんに、昔舞茸が出たところを教えていただいた。嫁に来た頃の話なのでもう50年も前のことだけど、昔出ていたなら良い環境なんだろうと出かけてみることにした。残念ながら教えていただいたところには見つけることはできなかったけど、朽ちた大木が2本あったのできっと昔はそこに出たのだろう。環境としては申し分なしだった。半分はうちで食べるのに持ち [続きを読む]
  • 初舞茸 (^^)/
  • 今年はどうかなぁと、ヤキモキしながらここしばらく様子を見ていたけど、ついに今年も舞茸をゲットできた。一番早く出るところはちょっと離れているので、相棒に車で連れて行ってもらったが、今まで出ていたところは木が倒されたり、朽ちたりしていて3箇所あったポイントは全てダメ。でも新たなポイントを見つけることができて、ちょっと安心した。まだシーズン初めなのであまりいいキノコじゃないけど舞茸は舞茸、今年も出てくれ [続きを読む]
  • カーボンロッド
  • 以前、釣りキャンプを終えて帰ってきてから、「カーボンの竿が欲しい(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2017-06-21)」なんて記事を書いたけど、その後しばらくしてからヤフオクでお目当のカーボンロッドを手に入れていた。昨日のイワナは初めてこのカーボンロッドを使って釣ったもの。使った感じは今までのグラスロッドとは全く別物で、穂先がぶれないし、片手で操作できるし、水の抵抗もわかりやすく、当然のことながら川底 [続きを読む]