磯野 さん プロフィール

  •  
磯野さん: うら技・バレーボール技術・戦術研究会
ハンドル名磯野 さん
ブログタイトルうら技・バレーボール技術・戦術研究会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/urawaza-volleyball/
サイト紹介文9人制バレーボールの戦術研究会です。クラブチームやママさんバレーではかなり通用しますよ。
自由文クラブチームやママさんバレーで通用する、実践してきた裏技・技術・戦術についてのブログです。転勤しながら各県で見聞きした理論を展開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/06/05 00:45

磯野 さんのブログ記事

  • 全国大会をプロデュースする(その2・・・問題解決策)
  • はじめに全国大会の開催を受け持つとなると、その地域のチームは大会当日試合どころではありません。何しろ、私的に始めた懇親を目的とした大会です。手作りの大会というとっつきやすさがある反面、ホストのチームにとっては、大会案内、体育館や審判の確保、資金集め、予算執行、会場準備、大会結果の把握、案内等、その手続きは、なかなか大変な部分があります。そのため、開催を受け持った地域のチームは、必ずと言っていいほど [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・その11
  • いくらパワーをつけても、支点(足)から力が加わっていく方向にきちっと重心が乗っかってるかということが大事になります。でないと体は上に上がりません。重心がうまく乗っかってなかったら体は幅跳びみたいにずれたり、後方や左右にずれたりします。で、この現象を防ぐための重心を力の加わる方向にうまく乗せるためのトレーニングとして私が推奨するのは、ゴム跳びです。2台のパイプ椅子を5mほど離して置き、その間に高さ3 [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その10
  • ハイクリーン(瞬発力&ジャンプ力up) 前置きが長くなりましたが、私がジャンプ力アップのためにお勧めするのはこれ!ハイクリーンです。で、ここで注意してほしいのは、始める時の姿勢です。やり方が悪いと腰などを痛める原因になります。上記図を見てください。青シャツの選手のように、バーベルのシャフト部分がひざの関節のすぐ下に来るくらいまでバーベルを持ち上げます。この時、お尻を後方に突き出し、背中を意識してそらせ [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・その9
  • ジャンプ力のうち滞空時間を稼ぐ原理について思うところを話していますが、今日は空中でのスパイク動作が及ばす影響についてお話しします。下図を見てください。このように腕を重力による自然落下以上に素早く振り下ろします。そうしますと、腕を下方に強引に振り下ろすための力の反作用で 体内にある重心に対して上向きの力が加わり、重心が自然落下していく速度が遅くなります。腕の振り卸だけでもそうですが、例えば下図のよう [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その9
  • 空中に上がった体は、放物線を描いて最高到達(放物線の頂点)に達し、そして床へと落下していくわけです。それで、その最高到達点付近を見てみますと、上記図のようになります。ここで注意していただきたいのは選手は両腕を上げたままでいるという点です。このように一定の姿勢で動かずにいると、体の中での重心の位置も一定です。ですから重力加速の影響を受けつつ自然落下していくことになります。上記図では、右側から紫のシャ [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その8
  • 前回は、上記の図を見て1 腕を振り上げてジャンプした時(腕が赤で示された状態)2 左腕を下し始め正にスウィングしようとする直前(腕が紫で示された状態)3 スウィングした瞬間(腕がオレンジで示された状態)における、重心の位置を考えてほしいというお話をいたしました。本日は、その続きですが、単純に腕の位置だけ考えて、重心を考えますと、下図のようになります。両腕が1 腕を振り上げてジャンプした時(腕が赤 [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その7
  •      上記図の左図のとおりジャンプした時の重心の移動ですが、普通は放物線を描くので左図のアタッカーのシャツの色に合わせて、その時々の重心をアタッカーのシャツの色に対応させて表示すると右図のようになります。これであれば空中にアタッカーが止まって見えるってのは目の錯覚で、単に放物線を描いているだけなのに紫シャツ付近の状態の選手が止まって見えるだけなのかなと思ったりします。でも違います。両腕を振り上 [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その6
  • 上記図のとおりジャンプしてスパイクするとき、空中で体が止まって見えるような人がいます。ジャンプ力があるから長く空中にとどまることができるのだろうという方もいますが、実はそうでゃありません。ジャンプ力がなくても重心をうまくコントロールする技を身に着けると、体が空中で止まったように見せることができます。今日はその話です。まず、ジャンプを考える時、体の重心を考えないといけません。上記のシャツのとおりジャ [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのための筋力トレーニング・・・・その5
  • 昨日までの記事では、助走し、体を止め、腕を振り、腰を伸ばし、腕で体を引っ張り上げつつ、膝を伸ばし、かかとを伸ばし、床を蹴ってジャンプしていくという話をしてまいりました。今日は、最後、ジャンプしてほぼ頂点に達したところでの、滞空時間を稼ぐための動作です。このうまさが、体を空中に留めてプレーしているように見せるアイテムとなります。下図を見てください。赤シャツから紫、オレンジシャツという流れです。まず、 [続きを読む]
  • ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・その3
  • まず、上の図を見ていただくと、白シャツから助走して、で、黄色シャツのとおり、大きく踏み込んで、その後今度は緑シャツのとおり踏ん張って体を止めると言いますか、その前向きのスピードを上方向に変えていくわけです。その所を少し大きくしたのが下の図です。で、詳しいことは分かりませんが、こういう動きするときに主に必要であろうと思われる筋肉を赤で記してみました。腕を振るってなれば方の付近の筋肉も必要です。走ると [続きを読む]
  • ジャンプ力をつけるためのトレーニングその2
  • しばらく、ブログ更新をしないでいたらどうにも写真尾アップ方法が変わってて、サイズ調整がしにくいのですが、見にくくてすみません。スパイクのジャンプ時は図のように白シャツから助走して、黄色シャツのとおり最後の一歩を大きく踏み込んで、次の瞬間緑シャツのとおり両足で踏みとどまり、同時に腕を前方から上に振り上げ青シャツピンクシャツという具合に空中に身体を引っ張り上げる感じでジャンプします。ここまでサッと見 [続きを読む]
  • ジャンプ力をつけるための練習
  • はじめに皆さんこんにちは。久々の記事アップです。このブログをはじめて早いもので8年になろうとしています。日々バレーボールは進化していますからね、この記事も更新して新しい情報を入れていかないとダメですね。この2年ほど、仕事が忙しかったこともあって、なかなか記事アップも叶わなかったのですが、実は私、この3月に無事定年退職を迎えまして、熊本に住むこととなりました。もちろん、年金が出るまで仕事は続けなければ [続きを読む]
  • がんの免疫療法の選択
  • 私の母が熊本で免疫療法を受けていたという話を聞きつけた友達が相談してきたのですけど、免疫療法もいろいろあるようで、どれを選べばよいのかなかなか難しいですね。友達の話によると、患者さんの血液から丁寧に3〜4時間くらい時間をかけて、必要な1種のリンパ球を取り出し、それを培養してまた血液に戻すという免疫療法らしいのですが、3時間も4時間もベッドに寝て血を取られるというのも、なかなか患者さんにとっては負担 [続きを読む]
  • がん免疫療法に関するテレビ放送
  • 2016年9月30日再?医療等提供機関の皆様株式会社がん免疫研究所事務局10月30日(日)午後零時〜同30分全国放送・BSフジにて特別番組「第 4のがん治療〜免疫療法を知る〜」が放送されます。今年1月3日にTKUで放送した特別番組「第 4のがん治療〜免疫療法を知る〜」が、全国放送・BSフジにて放送される予定です。BSフジでは視聴者にとって有益な情報を含んだ番組と認識されております。この度はより多くの視聴者 [続きを読む]
  • 全員が揃って練習することが難しい場合の対応(2)
  • 私の場合は、自分ひとりの場合はボールを使った自主トレを、2人の時は二人でできる練習を、3人なら3人用の、という具合に集まった人員でできる練習を考えており、その練習を行います。(当たり前といえば当たり前かもしれませんが・・・)で、その場合意識するのは、チーム全体の守備や攻撃のパターンを考え、選手の起用方法を考え、それに沿った形で選手を育てるのと、選手の現在の状況を把握して、そこからどのように指導する [続きを読む]
  • 全メンバーが揃っての練習ができないときの対応(1)
  • バレーボールは、一瞬のボールコンタクトをしながら、味方選手でパスをつなぎ、相手に攻撃したり、逆に相手の攻撃に対応したりする競技です。スパイクを打つには、必ず誰かにトスを上げてもらわなければならないし、そのためには誰かにレシーブしてもらわないといけない。また、自分がレシーブミスをしたボールについては、自分自身でそれをカバーすることはできず(自分でやったら、ダブルコンタクトの反則です。)、誰か別の選手 [続きを読む]
  • 私の最近のバレーボール事情
  • なかなか、記事アップができない状態がつづいていますが、明日、大阪で我チームは練習試合を行います。なんといっても素人が多い我チームですが、皆さん頑張ってくれ、少しずつレベルを上げてきてくれました。宮崎出身で、昨年の我チームで中衛センターを張り、奥さんがセッターをしてくれたという夫婦が鹿児島に転勤し、その穴は結構大きいのですが、その分皆がうまくなってくれましたので、どうなるかは、明日のお楽しみです。明 [続きを読む]
  • 強豪との対戦決定で落ち込まないための工夫(その6・・・アクシデント2)
  • はじめに京都のチームはクイックの選手を育て、セッターも竹下君に任せるというところで順調にレベルを上げていったのですけど、思わぬところで、トラブルが発生しました。その1件目は前回の記事でお話ししたとおり、クイックを練習していた杉山君がバイクに乗っていて転倒し右足首を骨折し、ギプスを巻いてしまったのです。試合に出ることは、かなわなくなりました。アクシデント2松江に練習試合に行くということが決まり、選手 [続きを読む]
  • 除夜の鐘(知恩院・・・その2)
  • はじめに12月31日午後10時40分からの知恩院の除夜の鐘を聞きに行こうということで、同日午後6時には知恩院の門の前に並んだ私たち。午後7時ころには私たちの後ろに数百人の列ができたのです。ところがその頃になって、果たしてこの場所でいいのか・・・と、北門のほうにも列があるけど、ほんとに山門の前に並んでて大丈夫なのかと・・・という声が上がったのです。それで、私、その場から知恩院に電話し確認しようとした [続きを読む]
  • 除夜の鐘・・・知恩院
  • 初めに今年4月に縁あって京都に転勤し、せっかくの機会だからということで、知恩院の除夜の鐘を聞きに行きましたが、ちょっとした失敗があったのでそのお話をします。除夜の鐘のプログラム知恩院の除夜の鐘見学のプログラムは下の写真のとおりです。新聞で確認したところ、知恩院は12月31日は、午後8陣開門し、午後10時40分から鐘のつき始めとなります。それで、当初午後10時ころに行こうかと考えていたのです。しかし [続きを読む]