こもれび さん プロフィール

  •  
こもれびさん: こもれびの風に吹かれて・・・
ハンドル名こもれび さん
ブログタイトルこもれびの風に吹かれて・・・
ブログURLhttps://ameblo.jp/komorebi2009/
サイト紹介文介護を通じて、利用者の笑顔とありがとうを集め、スタッフと一緒に人として成長することを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/06/05 12:07

こもれび さんのブログ記事

  • 経営者として今必要なこと。。
  • 経営とは科学、理論、浪漫、実践、継栄・・諸説ありますが、まずは続けること。 事業スタートにあたり建物関係の業者さんと関わることが多く、情報もそこそこ集まってきます。創業してから狭いエリアでも廃業や運営者変更は2桁。倒産過去最高と言われる中にこの運営の変更は含まれていません。これって凄いことなのですが、あまり気にせずマクロな流れだけが話題になる業界。また、社会福祉法人の財務内容を見れば民間と比べ余裕が [続きを読む]
  • こはぜやさん大流行。。
  • 社内も社外も陸王ブーム、音楽と場面の組み合わせも絶妙で日曜日の楽しみに・・最終回を前に資金調達の目処が立っていないというコトは最終回に怒涛の展開が予想されます。 資金繰りや金融機関とのやりとり、企業買収、商品開発、そして夢とロマン。実際に直面することがリアルに描かれ、挫折やそれを乗り越える感動も上手く織り込まれたドラマです。 個人的には設備投資の資金調達ができるまでは逆転劇のスタートと感じられないの [続きを読む]
  • 転原自在でニコニコ・ワクワク。。
  • 「動けば変わる」シンプルで素敵な言葉です。 同じ動くでも立場によって変わってきますが、会社となると人や設備や資金が大きく関わってきます。会社として動くには覚悟と準備が必要。そして準備が100%になることはないので、51%程度でスタートし、少しずつ100%に近づけていくしかありません。そうなると覚悟だけは100%以上必要でとなり、覚悟不足が1歩踏み出せない一番の原因です。 では、安全に今のままでいいと [続きを読む]
  • 求む!イノベーター頭とマーケター頭。。
  • 経営とは環境適応業、刻々と変わり行く世の中で自社が存続できるように変わり続けること。市場には自社の都合も、もちろん社長の都合もない。というあたり前のことを学習し、環境に適応する技術を習得する日々です。 そして、もう一つ大切なのが「何をやるか?」という決定。「何のため?」という問いかけも大切ですが、経営においては組織を継続させることが第一であり、継続するから、いろんなことができるようになるわけです。 [続きを読む]
  • 起業ブーム、その昔のブームか世の中の広がりからスキマと呼ばれるチャンスがたくさん生まれ導入期ビジネスのチャンスだったような気がします。 今は、普通に商店が存在しているように既存の商売での開業が多く、中には集団でのコミュニュケーションが苦手で一人起業というパターンも・・ もちろん自宅で固定費を発生させなければ成り立つビジネスもたくさんあります。ただし現場が大好きという想いだけで始めると、かなりの高い確 [続きを読む]
  • 2018年の制度改正と介護事業の開設について。。
  • 2018年、介護業界として確かに激動(激変)かもしれませんが、多少読み解いたところで、そう簡単に方向転換できるはずもなく、3年、4年と積み重ねてきた延長に2018年があるだけです。 デイサービスの報酬減がそのまま影響するのは稼働率100%の事業所のみ。稼働率が80%程度なら90%、95%を目指すことが自分たちにできること。 もちろん経営者が何をして何をやらないかと決めることは大切です。それを間違えると折角の社員さんの頑張り [続きを読む]
  • ゴルフで健康管理。。
  • 今期スタート時にあまりも不健康な生活をしていたため、ファスティングを2回と8月からは軽い運動習慣を取り入れました。更に9月からは軽いジョギングも追加。結果は約8キロ体重減。(ただし同じ時期に再開したゴルフの飛距離も大幅減。) 月1、2回のゴルフで健康になるというわけではありませんが、パブリックゴルフ場の会員に登録しておくと毎月1回はラウンドでき、競技会のため練習をしておかないとハンディが上がらないという環境 [続きを読む]
  • 時間の使い方。。
  • 全ての人に平等な時間、違うのはその使い方・・と言いつつ、時間の使い方はあまり得意ではありません。せめて隙間時間の有効活用と集中した時間確保ということで、削れるものを削ることに。 地域的に運転が多いので、運転中はCDで勉強。電話に出られない時間も長いので、用件はメールで簡潔に、まとまった時間は優先順位1番目のことに集中。 そして、急ぎでなくても重要のことは、ルーチンワークにして組み入れる。または、先に時 [続きを読む]
  • 企業経営の深さ。。
  • ネットの普及によってたくさんの壁が壊れ、業界やプロアマを問わず横のつながりが容易になった時代。 中小企業の経営の本質は変わらないことを忘れないようにしないと、変化の波に簡単に飲み込まれてしまいます。経営サポート?業務改善?各種セミナー?しっかりしたものに紛れて、個人が片手間でやっているようなものまで、案内だけは山のようにやってきます。 周囲にいる本気で業績悪化を食い止めたり、旧業態を切り替えようとし [続きを読む]
  • 凡人社長の仕事術。。
  • 振り返ると1日の中でたくさんの無駄があることに気がつきます。同じ1ヵ月でも1日10時間で月間300時間、、1日8時間(週5日)なら月176時間。これが仕事に費やす社長の時間とすると300対176の違いが出ます。 時間じゃない、大切なのは質!という意見もありますが、時間も質も確保できたら、凄い成果につながります。(実際に身近にいたりします) 1日24時間という部分だけは変えられませんが、普通の社長が睡 [続きを読む]
  • 社会保険料どのくらい収めているでしょうか?。。
  • |賞与に対する社会保険の割合|賞与時期です。本来は半年の成果に対して支払うものですが、多くの中小企業は季節資金として銀行から借り入れして支給、その後の5ヶ月間で返済するというのが実情ではないでしょうか。一部の優良企業は、賞与引当金として事前に確保しておいて支払うという本来の支給が可能となっています。いずれにしても会社の実績に対しての支給が賞与。 さて、会社が賞与資金2000万円を借りて支給すると、 [続きを読む]
  • マネジャーの仕事。。
  • マネジャーかマネージャーか?は発音の違いなのでどちらでもいいのですが、このマネジャーとリーダーの違いについては、あまりに違うことと、今まであまり考えていなかった適当さに冷や汗・・ マネジャーとは部下の強み(個性)を活かし、それを有効に活用すること。また、本人のやる気スイッチが何なのかを知りスイッチを押す。そして、成長のパターンにあわせ指導するというものらしいです。 この成長するパターンには3通りあっ [続きを読む]
  • ゴルフで 目指せ脱メタボ。。
  • 激しくなく継続できる運動ということで、ゴルフの練習とトレーニングを始めることにしました。ゴルフそのものは運動というには回数が少なすぎです。かといって練習とトレーニングだけではすぐ飽きてしまう可能性大。そこで、自分の性格を考え、スコアのガッカリ感をモチベーションにできるよう、定期的にラウンドを入れることにしました。(現在は、そのラウンドさえ面倒に感じる重症堕落モード) 定期的なラウンドを入れるにはど [続きを読む]
  • 新卒採用。。
  • 「本気で会社の未来を考えていますか?」と聞かれれば多くの経営者は「考えています」と答えます。しかし「新卒採用していますか?」と聞かれると、何%の経営者が「はい」と即答できるでしょうか。 介護業界の人の問題で、あまり騒がれていない(あえて触れない)ことが2つあります。1つ目は働く人の年齢比率。単純に人材が足りないという問題の中に、定年や高齢化で退職するスタッフさんが激増する時、採用が追いつくかどうか [続きを読む]
  • クラブセッティング。。
  • ここのところずっと仕事の話題ばかりだったので、少し趣味に没頭しようと思ったのですが、浮かびません。月に2日くらいは、趣味に没頭するのも体にいいようなのでゴルフでも・・といっても、高校の同級生に誘われて年に2〜3回行く程度(プラス、某幹部の企画するコンペ)これでは運動にもなるわけもなく、毎朝トレーニングや練習がしたくなる(体を動かす習慣を身につける)にはどうしたらいいかと考えた結果。 練習+トレーニ [続きを読む]
  • 経営は学問。。
  • 経営は机上と現場の学問「論語と算盤」で有名な渋沢栄一翁は、論語によって生き、論語によって実業をしてみせると言われています。 明治、大正の頃の学生は「論語」「孝経」「大学」「論語」などたくさんの古典を教養として読み、その学ぶ姿勢で経営学を学び、事業を行う実践の中で更に学び、経営に活かし、また学び続ける。そんな方達が戦後、日本の復興に尽力されてきています。 一方、高度成長後の創業は、時代の流れにのれば増 [続きを読む]
  • 人材を海外に。。
  • 海外に人材を求める。日本の年代別の人口をみればそう考えるのも当然。ただ、いつものことながら、全国的な規模の流れと小企業では事情が違ってきます。 何万人、何十万人の介護人材が不足。業界としてそうなのかもしてませんが、小さい規模の会社までが安易に業界全体論に便乗するのは、まだまだ時期尚早。毎年数名くらいの採用ができないのは、本当に時代背景が原因でしょうか?意外と原因は会社そのものにあったりします。 採用 [続きを読む]
  • やらないことを決める!。。
  • 経営者が抽象的でいるだけの会社は変化しないといいます。「今期は気合入れて頑張る」「社員さんのために必死でやる」「心入れ替えて取り組む」「気合だ!気合だ!(ここまではないです)」もちろん気持ち的にはそれでもいいのですが、その後何をするのかが明確でない。また、行動になるといきなり消極的・・(自戒の念を込めて) 多くの会社の最終的な目的は似ているかもしれません。またミッションも業務を通じての社会貢献であ [続きを読む]
  • 予定の環境整備。。
  • 本当に必要なモノだけを残し、置く場所と数量を決める物的環境整備。この考えをスケジュールに応用したらどうなるか実験。まずモノの変わりに予定(人を含む)、置く場所は時間です。これを見やすくしたのが手帳のスケジュール。ただし時系列の記載なので、長期ではとても見づらくなります。 そこで予定を絞って配置、今回は3人ミーティング(別名3人飲み)だけの日程を書き出すという整頓をしてみました。次にマスを作り(置く [続きを読む]
  • コミュニケーションの変化。。
  • 世の中の流れも人の心も似ています。人は、何かの危機に対して、「つながり」や「きづな」を求め、近づきすぎると「個」や「自由」を尊重し、また人恋しくなると「愛」を求める。その繰り返しが個人。もっと大きな流れが世の中。個室の居酒屋さんが流行るのも、一人カラオケが登場したのも時代の流れでしょうか。 今は一人でもスマホがあればいくらでもコミュニケーションの取れる時代。1人=寂しい、とは言えなくなりました。ただ [続きを読む]
  • スポーツきっずアカデミア。。
  • 今年から運営を開始した放課後等デイサービス、運動と学習を中心に療育を行い自立へのお手伝いをさせていただきます。発達の段階では、大きな運動から細かい運動の順番なので、まずは粗大運動から。そして、読み、書き、計算に、運動が深く関係しているといわれています。 そのプログラムも研究されて開発されたものなのですが、大きく見ると基礎に環境整備と昔からあった躾けがあります。(個人的見解)大好きな遊びを時間が来たら [続きを読む]
  • 凡人経営者。。
  • 経営者・・法人でも、個人でも、規模に関係なく代表であればそう呼ばれます。しかし、数年前に経営のケの字も知らなかったことに気づき、経営と名前のつく本を何十冊も読んでみました。そして、知れば知るほど、恥ずかしくなり、笑うしかなくなり、最後は本気でやるしかないという結論に到達。 ネットからも、様々な情報や勧誘が来ます。今はたくさんの人と繋がりやすい時代であっても、それを仕事に活かせる人はごくわずか。逆に [続きを読む]
  • 決定責任と実施責任。。
  • 社長の仕事は決定とチェック!とても有名な言葉です。そして、実施責任は社員!これは決められたことをやったかどうかの責任。 では決定責任とは?その決定が実行された結果に対する、経済的負担を伴う全ての責任。 単に「責任とればそれでいい」というものではなく、精度の高い決定をするための情報収集、判断力と決断力を磨き続ける。今頃ですがその意味が体験としてわかってきた気がします。(わかったのと実践は別(^^;)) 何をし [続きを読む]
  • 役職が先、実力は後、役割が人を育てる。。
  • 人は成長する。事業所を立ち上げる時、事業部長、事業所責任者(社内の役職)などの役割が発生し、若い会社なら誰にでもなれるチャンスが・・ただし、その後チャレンジと失敗を繰り返し、役職にあった実力をつけるか、役職に甘えそのままでいるかは運命の分かれ道。最初に失敗し成長した方が 、いつまでも変わらずにいるよりずっと楽です。 これは社長も同じ、役割を果たせず名前だけなら、その会社は会社としてずっと成長しないまま [続きを読む]
  • 環境整備の正体。。
  • 環境整備とは・・始めて間もない会社にわかるはずもなく、ただ愚直に繰り返すことで、少しずつ環境や習慣が変わり、考え方が変わり、結果として強い集団になる・・らしい! らしい、というのは実際に体験できていないから。当然?マークのままのスタッフさんもいて、価値観が合わなければ仕方ないということになりがちです。 しかし、本当に知っている限りの内容、実際に変わった多くの会社の実例、存続する会社にしようと、あれこ [続きを読む]