takutei さん プロフィール

  •  
takuteiさん: takuteiの「ほぼ麻雀」ブログ
ハンドル名takutei さん
ブログタイトルtakuteiの「ほぼ麻雀」ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/takutei/
サイト紹介文麻雀のこと、麻雀博物館のこと、mondo21麻雀プロリーグのこと、海外の麻雀など。
自由文麻雀のこと、麻雀博物館のこと、mondo21麻雀プロリーグのこと、海外の麻雀など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/06/07 17:30

takutei さんのブログ記事

  • みんなで作る麻雀本
  • 近代麻雀・金ポンより新しい戦術書の原稿を依頼されました。 仮ですが題名は「データでポン」らしいです。 どんな本かというと、 リーチ者の現物がない。数牌のワンチャンスかリーチ者のスジ、どっちを切る?リーチ者の現物がない。ション牌の字牌かリーチ者のスジ、どっちを切る?468の形からリーチ。赤5が場に出ていない場合、カン5待ちに受けるべきか、カン7待ちに受けるべきか。(赤期待の5待ちか、スジ待ちか)ダブリ [続きを読む]
  • 誘惑を断ち切る
  • カジサンマの場合、は1点、はさらに1点がつく。だからつい手牌に残したくなる。もちろん自然に手に残る形なら迷わない。たとえば、というシュンツなら切りで何ら問題ない。ただ、の形からを捨ててカンチャンに受けるのは大損だ。出アガリの利くテンパイで、仮にが3枚飛びであってもリャンメンに受けるべきだろう。ま、なら切れる人がほとんどだが、だと意外にを切る場面もよく目にする。カジサンマは「早くアガってなんぼ」「ツ [続きを読む]
  • くっつき暗刻
  • 麻雀は専門用語が多い。と、同時に牌形に対して明確に用語化されていない(あるいは浸透していない)ものも多い。 たとえば、亜リャンメンという言葉。 これを最初に出したのは片山まさゆき先生の『打姫おバカミーコ』だったと記憶している。もしかしたら片山先生の周りのプロがそういう言葉を使っていたのかもしれない。ま、それでも最初に出版物で亜リャンメンという文字を目にしたのはおバカミーコが初だったと思う。 実は、古 [続きを読む]
  • ペンコとカンコ
  • 四人麻雀でよくある手筋が「リャンメン固定」という打ち方。  という形からを捨ててリャンメン受けを決める打ち方だ。 もちろんサンマにもある。 ポン という形からを捨て、受けを固定し、ポンに備えるのだ。 ただ、サンマの場合、端牌含みのペンチャン・カンチャンを固定することもある。 目いっぱいに構えるなら打。ピンズの上と字牌を万全にする構えだ。だが、ここでを切ってみるのもありだと思う。 イーシャンテンを維持しつ [続きを読む]
  • プチ秋刀魚部発足
  • 昨日、ロンで新たに「プチ秋刀魚部」が発足しました。 概要としては、 毎週火曜日19〜23時開催(途中参加・途中退出可能)1セット1時間 参加費1セットにつき500円 ノーレート1セットに1回「写メタイム」を取ることが可能。何を切るか判断が難しいとき、画像を取って後でLINEグループにて質問をすることが可能。1セットごとに成績を記入し、管理する。1セットごとの平均得点を競う。 LINEグループ内で希望者が集ま [続きを読む]
  • ヤミテンとリーチの使い分け
  • 先日、殿(たけしさん)の後ろで見ていたらこんなリーチをかけていた。 待ちは。ただ、リーチ宣言牌がだったので、実はこういうテンパイにも取れた。 こちらはピンフがつく形。実はヤミテンに構えて、に受けるほうがちょっとだけ得なのではないかと思う。というのは、でのアガリを待ちつつ、ツモで3メン待ちの変化も待てるからだ。 ここでを捨てると、 ちょっとわかりにくいが、をを抜くとこうなる。 このように役ありの時はヤ [続きを読む]
  • 嬉しいテンパイ形を想定する
  • カジサンマにおける最強のイーシャンテンはこんな形である。 ピンズもソーズも3メン待ちの形があり、片方が埋まれば他方が3メン待ちでリーチ。途中でが出ればポンして待ち。こういう形が速度も待ちの良さも申し分ない。常にこういうイーシャンテンになればトータルでは圧勝できるだろう。 じゃあこういうイーシャンテンだったら何を切るか? この場合、を捨ててのリャンメンを固定するのが良い。仮に、何も切らずに14枚(多牌 [続きを読む]
  • 字牌待ち
  • 今回もカジサンマの話。 5巡目、チートイツでテンパイ。 が場に1枚切れなら単騎。これ以上のアガりやすい待ちはそんなにないし、ドラの待ちが良いわけでもない。だから即リーチでもいいだろう。ただし、がション牌ならヤミテンで様子をみたい。他家がトイツ以上で持っているかもしれないからだ。カジサンマの場合、アガりに向かう手段として「役牌ポン」がかなり重要、かつ基本的に放銃でもツモでも支払いがほぼ同じだからオリが [続きを読む]
  • 秋刀魚徒然草
  • 麻雀ロンで色々な大会を開催している「殿の会」の人の中にはサンマが好きな人も多いです。通常の4人麻雀とは違った面白さにハマっているようですね。ただ、シンプルなゲーム性のわりには上手くアガるためのコツをつかむのが難しかったりして。なので、自分のスキルアップを兼ねてサンマの戦術などをつらつらと書いていこうかなと思います。 ロンでやっているのは東天紅ルールのサンマ。どんなものかについては、こちらやこちらを [続きを読む]
  • そばそばそーばそーば
  • ううタイトルは「ドナドナ」を思い浮かべながら読んでください久々のブログ更新です。最近「はっぱ隊」と「甚平」がマイブームです。こんな歌があったの、全然知らなかった。たぶん、自分が神戸の雀荘メンバー時代〜上京までという混乱の時代にあった出来事だったのだと思います。TV見てないから(・∀・)甚平はなぜか今年急に気に入りました。何なら今日、天童のイオンで2着+下駄を購入。家には甚平だけで6着あります。そういや [続きを読む]
  • ひと狩りいこうぜ
  • ちょいと先の話ですが「第二回天鳳位を囲む会」を開催します。 ゲストはこのお二人。独歩さん 朝倉康心プロ(つまりASAPIN) 前回はこのお二人より上位になった方には、天鳳位2名連名での「敗戦証明書」を贈らせていただきました。ちなみに証明書をゲットされた強者は9名でした。 前回優勝したのは、麻雀最強戦で実況をされている梅中悠介さんでした(左上)。 第二回の開催概要はこちら。10月7日(日) 11:30集合 12:00大会 [続きを読む]
  • 主役不在でも無双
  • 昨日は第3回豊後無双でした。主役の豊後さんは39前なので今回はお休み。代役として安達瑠理華プロにお越しいただきました(写真左)。 安達プロはお酒が飲めない人なのですが、大会中はいい感じでゆるーいトークで盛り上げていただきました。内容は参加してくれた人から聞いてみてください(*^^)v 優勝したのはサークル「殿の会」のリーダー・たけしさんです。最近調子がいいらしくて優勝か、ぶっちぎりのマイナスか極端らしいで [続きを読む]
  • 旭川で麻雀イベントやります~(^^)/
  • 来月、麻雀ロンで活動しているサークル「殿の会」のメンバーで旭川旅行へ行くことになりました。 せっかく麻雀好きが集まるのだから、麻雀大会もやっちゃおうということで、旅行中の2日間は麻雀大会を開催します。梶本も参加者として大会に参加します。ということで、地元・北海道の皆さんの参加も募集したいと思います。 題して「道産子vs殿の会 麻雀大会」です。対抗戦というよりは親睦を図る麻雀大会ですけど(;^ω^) 開催日: [続きを読む]
  • いっぽう そのころ
  • 昨日は日向藍子pといっしょに山形「麻雀シャンシャン」さんの麻雀大会のゲストでした。オレンジめがねおじさんは国士をアガりましたが、トータルはマイナス。ただの一発野郎でした。 店名「シャンシャン」だけにパンダのぬいぐるみが2つ置いてあります。広くてきれいなお店でした。店長さんがDIYしたとのことでした。 一方そのころ、飯田橋ロンではタイルカーペットの張り替えを行っておりました。 一昨日までの床の色がこれ。 [続きを読む]
  • 2年目です
  • 今日は第七回梶の会@飯田橋ロンでした。ゲストは声優、そして何より麻雀実況で大人気のコバミサ(小林未沙)さんでした。 実は麻雀ロンには最強戦の実況でお馴染みの梅中さんもよく来られており、今回の大会にもエントリー。なのでこんな2ショットも撮れました。 で、今日は何とコバミサさんが圧勝! 4連勝後、最後も2着で楽々ゴールイン(^^)/ リアル麻雀は4か月ぶりぐらいだったらしいのですが、普段からトッププロ達の対 [続きを読む]
  • 39前の無双
  • 昨日は豊後無双でしたヽ(・∀・)優勝したのはエビちゃんさん。前回も準優勝だったので安定の強さですね。産休前の豊後pは3位でした。川又pはツモスーでオープンリーチ。残念ながらオープン対決だったのでトイメンが掴んでロン。役満にはならなかったですが、場を盛り上げてもらいました。またこの日の打ち上げはラーメン+チーズリゾット。ラーメンは釘バットさんに作っていただきました。これを食べながら、またお酒飲みながらゲ [続きを読む]
  • 顔が痛い
  • 昨日夜は「昭和風焼肉屋さん」からのスナック飲みで午前2時すぎに解散。軽く二日酔いになりつつ今日を迎えました。そして今日挑んだのは冬山です。スキーと温泉で有名な蔵王です。ちなみに今回、山形へは長袖シャツ1枚で行ってました。昨日夜帰ったときも大概寒いなと思っていましたが、蔵王の麓も同じぐらい寒い。そこから山頂近くまで800メートルは登ります。さすがに上着を1枚借りて行きました(≧∀≦)て、お地蔵様のあるとこ [続きを読む]
  • ふわっと旅行へ
  • 今日と明日、スケジュールが空いたので山形へやってきました。暫く働きづめだったのでたまにはいいかなあと。ますはどうしても食べたかった冷たい肉そば。右は特盛です。自分はビビって並盛りにしましたが、大盛でもなんとかいけそう。美味しでした。その後は銀山温泉へ。温泉には入らず散歩だけしてきました。吉永小百合さんはいませんでしたが、いいところでしたね〜。まだ雪も残ってるんです。この後は人間将棋の会場へ。もう桜 [続きを読む]
  • 一年経ちました
  • 麻雀ロンの経営を引き継いでから大体1年になりました。先日は殿の会の宮田さんから一周年記念のご祝儀まで頂いてしまいまして(≧∀≦) こういうのはやってる本人は区切り目として強く意識するもんですが、周りの人も同じなんだなぁと実感しております。「何か一周年記念の大会やりましょうよー」とか提案されたりもしますし。とりあえずそれは6月3日にやることにしてます。内容はいま考え中(^^)さて、開店当初、ロンにはいくつかの [続きを読む]
  • 異色肌ギャルと顔色悪いおじさん
  • 今日は異色肌ギャルのmiyakoさんがロンに来られました。 miyakoさんは『龍が如く』のミニゲーム・麻雀に出演されていたそうで、せっかくなのでちゃんと麻雀が打てるようになりたいとのことで。で、今日、ロンにきてリアル麻雀の勉強会をやりましたヽ(・∀・) 釘バットさん@kugibat つー事で今日は異色肌ギャルとして有名な(本人コレばっかと思われるのはアレかもしれんが)miyakoちゃんに梶本さんと麻雀を教えて釘らぁめんを食べて [続きを読む]
  • 愛されそうなnewフェイス
  • 昔、「にくまれそうなnewフェイス」という吉川晃司の歌がありました。 今の若者は知らんやろなぁ。というか何でそんな歌をとお思いの方へ。なんと今日は大事件があったのです。今日、麻雀ロンにnewフェイスのバイト「ひなちゃん」が初出勤となりました。 ひなちゃんは雀荘バイトが全くの未経験で、牌掃するのも大変そう。まぁそのうち覚えてくれるでしょう。 で、仕事の傍ら競技ルールの飯田橋ロンりーぐでも打ったりして。そのう [続きを読む]
  • 201803406飯田橋(仮)リーグ成績
  • 昨日は飯田橋(仮)リーグ戦でした。 今期も残すところあと6節(1節 2卓×半荘4回)です。ポイント倍づけのリーダー勝負で3トップを取った「銀次チーム」が圧倒的リードで突っ走っております。ここで何とか差を詰めないと逃げ切られそう…。 あ、ところで今日は番長チームのお1人が日程を一週間勘違いしておられました。大体は連絡がついて対局はできるのですが、昨日は全く捕まる気配なし。そこで、ブリちゃん [続きを読む]
  • 空気がちがうぜ
  • 昨日は飯田橋ロンにて初めてとなる女性限定の「第一回くのいちカップ」を開催しました。集まったのは13人。当初2卓で開催する予定でしたが、ツイッターや口コミで少し参加者が増えて3卓になりました。 「梶本さん、こんなに女性ばかりだと落ち着かないんじゃないですか?」 ええ。大会中はなんかソワソワして落ち着きませんでした。いつもと店内の空気が違って緊張するんですよね(;^ω^) 優勝したのはあっちゃんさんです(^^)/ [続きを読む]
  • 変テンション
  • きょうは第6回の梶の会でした。ゲストは水口美香プロ。なんか今日は皆、ちょっと緊張気味。それを無理やりほぐそうとしたせいか、全体的に変なテンションでした。たぶん皆、美人に弱いのでしょう。うんうん、わかるわかる。 おかげで16人5回戦の大会なのに役満が3発も出ちゃいました。四暗刻をアガったあっきーさんはその前に大三元を放銃してしまい、傷心からの役満成就。まさに地獄からの復活でございます。 ちなみに参加 [続きを読む]