Kitten T.T. さん プロフィール

  •  
Kitten T.T.さん: Deep Impact! ver.3
ハンドル名Kitten T.T. さん
ブログタイトルDeep Impact! ver.3
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/di_tanicchy/
サイト紹介文スポーツや政治・事件のニュースを中心に言いたい放題書きまくります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/06/08 16:13

Kitten T.T. さんのブログ記事

  • 豪雨災害支援よりカジノ最優先の延長国会閉会
  • 7月22日まで期日が1か月延長された第196通常国会が、20日で実質的な会期末を迎えた。森友学園の決裁文書改竄、「働かせ方改悪」のこじ付けデータ引用等、かつてない程に国会が荒れて破壊しようが、安倍晋三政権はまたひとつ強固に独裁の駒を進めた。これまで見たなかで最悪の国会であった。閣僚も官僚も平然と嘘をつく。誠実に答えない。それでいて誰も責任を取らず法案だけは通る。安倍内閣発足当初は首相答弁が随分幼稚だと思っ [続きを読む]
  • エアアンセムが函館記念で勝利の凱歌を上げる
  • 本日の函館1R2歳未勝利(芝1200m)でロードワンダーが初勝利を挙げ、管理する庄野靖志調教師はJRA通算200勝を達成しました。函館3R3歳未勝利(ダート1700m)でナイルデルタが初勝利を挙げ、鞍上の岩田康誠は現役8人目のJRA通算1500勝を達成しました。福島5R2歳新馬(芝1800m)は、石川裕紀人騎乗のカイザースクルーンが好位追走から、最後の直線で先頭に立って突き放し、単勝1番人気に応えて勝利。ルーラーシップ産駒で、母のアイスフォ [続きを読む]
  • movie review『菊とギロチン』
  • わたしは7月8日にテアトル梅田にて、瀬々(ぜぜ)敬久監督の映画『菊とギロチン』を観賞した。女相撲と実在したアナーキスト集団「ギロチン社」を題材に、関東大震災直後の日本を舞台に描いた作品である。女相撲の一座が以前に存在していたことも事実で、ギロチン社の存在もまた事実だが、脚本はフィクションである。関東大震災直後の荒涼とした東京近郊(劇中では千葉県船橋市)に、女相撲一座の「玉岩興行」が巡業に訪れた。玉岩興行 [続きを読む]
  • movie review『ゲッベルスと私』
  • わたしは7月1日にシネ・リーブル梅田にて、ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私(原題:A German Life)』を観賞した。第二次世界大戦下のナチスドイツで、宣伝省にてヨゼフ・ゲッベルスの下で、秘書として勤務していたブルンヒルデ・ポムゼルの証言を軸に、ゲッベルスの1943年2月のスポーツ宮殿での演説の音源や、当時の映像を挿入しながら全編モノクロで展開されているドキュメンタリーである。クリスティアン・クレーネス、フロ [続きを読む]
  • オウム元幹部7人の一斉死刑執行に恐怖を感じる
  • 本日7月6日午前に、オウム真理教の元幹部7人に対する死刑が執行された。わたしは月に一度の通院で外出中にツイッターを覗いた際、些かの驚きを持って知った次第である。坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件等、オウム真理教の信者による一連の事件は、昭和末期から平成に既に入っていた1990年代の日本に大きな暗い影を落とすに至り、特に教組である麻原彰晃こと松本智津夫の特異性や、オウムを内部から批判 [続きを読む]
  • 英国遠征控え川田が大外一気&鉄魂の脚で追走を封じる
  • 本日の函館は記念の勝利ラッシュ。7R(ダート1000m)で、単勝11番人気のライオンボスが勝利し、騎乗した北村友一はJRA通算600勝を達成しました。9R(芝2600m)で、クレッシェンドラヴが単勝1番人気に応えて勝利し、管理する林徹調教師は今年3月の厩舎開業から4か月で漸くJRA初勝利。林師は、小笠倫弘調教師に続くJRA史上2人目の東京大学卒業の調教師です。10R檜山特別(ダート1700m)で8着のワンパーセントに騎乗した岩田康誠は、JRA通算 [続きを読む]
  • movie review『OKINAWA1965』
  • わたしは6月23日に大阪のシネ・ヌーヴォにて、都鳥伸也監督のドキュメンタリー映画『OKINAWA1965』を観賞した。わたしの観賞した6月23日は沖縄慰霊の日である。1965年に少女が米軍トラックに轢殺された事件が起きた。少女の遺体を前に困惑する米兵の姿を捉えた写真は瞬く間に本土に発信された訳だが、その写真を撮影したのは当時駆け出しの報道写真家だった嬉野京子氏である。嬉野氏は沖縄県祖国復帰連絡協議会が主催した祖国復帰 [続きを読む]
  • 「働かせ方改悪」法案強行採決も結局我々の自業自得だ
  • 【画像】過労死遺族が傍聴するなか、質問に対して笑う安倍晋三首相と加藤勝信厚労相=26日、参院厚労委 pic.twitter.com/dV4HpJUPEa— 赤旗政治記者 (@akahataseiji) 2018年6月27日「働き方改革」なる「働かせ方改悪」関連法案が、今夜の参議院厚生労働委員会にて挙手での採決が強行され、賛成多数で可決される暴挙に至ったのだ。今回の採決に国民民主党が応じたことも、この暴挙をより加速させたのであり、最早国民民主党は [続きを読む]
  • ロケットに乗る和田竜二がオペラオーに捧ぐ17年ぶりのG1制覇
  • 函館6R3歳未勝利(芝2000m)で、アスタービーナスが単勝1番人気に応えて初勝利を挙げ、今回がテン乗りだった藤岡佑介は現役28人目のJRA通算700勝を達成。今年はNHKマイルカップでJRAのG1初制覇を果たしています。本日の阪神競馬場11Rで行われた上半期の競馬を締め括るサマーグランプリのG1、第59回宝塚記念。ダンビュライトに騎乗した武豊は今回がJRAのG1通算500回目の騎乗となりました。外国調教馬として21年ぶりの出走となった香港 [続きを読む]
  • 大阪府で震度6弱の揺れに恐怖を感じた
  • 今朝7時58分頃、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の大地震が発生した。地震発生の瞬間からわたしは、自分の人生で経験したことのない非常に強い揺れに恐怖を感じた。震源の深さは10kmとされるが、実際はほんの数km程度だろうと思う。わたしの地元の枚方市を始め、大阪市北区、箕面市、茨木市、高槻市で震度6弱を観測し、遠くは茨城県筑西市から佐賀県神埼市、白石町まで震度1を観測している。【近畿地方で大地震】大阪府で [続きを読む]
  • 逃げて復活セイウンコウセイ&2歳ダート王が後続を圧倒
  • 本日の東京3R3歳未勝利(ダート1600m)で、シネマソングスがスタート直後に躓き、鞍上のクリストフ・ルメールが落馬し競走中止。単勝3番人気のベルクカッツェが直線で先頭に立って抜け出し、3馬身半差を付けて11走目で初勝利。鞍上の藤田菜七子は、師匠の根本康広厩舎の管理馬で今年の9勝目を挙げ、JRA通算29勝目。地方競馬の指定交流競走での2勝を加えて勝利度数が31となり、来週から平場競走の減量記号が3kg減の▲から2kg減の△に [続きを読む]
  • 米朝首脳会談の意味を日本は最後まで理解しないのか
  • アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプと、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長の金正恩との首脳会談が12日、シンガポールのセントーサ島のカペラホテルにて行われた。今回の首脳会談に漕ぎ着けるまでに様々な困難もあったろうが、まずは朝鮮半島情勢が一層良くなることを願わずにいられない。朝米首脳会談の共同声明全文聯合ニュース 2018/06/12 17:02【シンガポール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員 [続きを読む]
  • 新潟県知事選挙で花角英世が当選し日本オワタを強固にする
  • 前職の米山隆一の辞職に伴う新潟県知事選挙が昨日10日に投開票された。元々、米山が野党共闘の流れの中で出馬し、当選したにも関わらず、スキャンダルで辞任させられたこともあり、野党推薦の候補である池田千賀子の劣勢は、わたしには端から目に見えていた。マイナス要因からの出発を強要されたという時点で、わたしは池田は選挙戦に入る前から負けるべくして負けると信じていた。一方の自民、公明の推薦候補である花角英世の陣営 [続きを読む]
  • 国分恭介7年8か月ぶりの重賞制覇&アーサー重賞初Vで秋に繋ぐ
  • 阪神5R2歳新馬戦(芝1600m)は、圧倒的1番人気のサートゥルナーリアが、好スタートから道中は好位に控え、最後の直線で行き場が塞がれかけるも、内を突いて先頭で抜け出し、最後は鞍上のミルコ・デムーロが流す余裕も示し、1馬身1/4馬身差を付けて新馬勝ち。サートゥルナーリアは、父がロードカナロア、母がシーザリオ、兄にエピファネイア、リオンディーズ等がいる良血馬。母や兄たちと同じ角居勝彦厩舎の管理馬です。1週前の追い切 [続きを読む]
  • 怪物の仔モズアスコットが連闘で安田記念を勝つ
  • 今週から、2016年生まれの2歳馬による新馬戦が開始。来年2019年のクラシックに向けた戦いが始まります。東京5Rの2歳新馬戦(芝1600m)は、グランアレグリアが道中余裕の手応えから最後の直線で突き放し、最後は2馬身差を付けて単勝1番人気に応えて新馬勝ち。勝ちタイムの1:33.6は2歳新馬では破格の好時計。ディープインパクト産駒は今年の2歳世代でも早速大物候補を出してきました。鞍上はクリストフ・ルメール、藤沢和雄厩舎という [続きを読む]
  • movie review『万引き家族』
  • わたしは6月2日にTOHOシネマズくずはモールにて、是枝裕和監督の映画『万引き家族』を観賞した。この作品が、先月のカンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールを受賞したことを受け、6月8日の全国公開に先駆け、6月2日と3日の2日間、先行上映されたものである。オンボロの平屋で暮らす家族の経済的な糧は、祖母の初枝の年金のみで、足りない生活品を万引きによって補っている。冬のある日、治が見かねて幼女の「ゆり」を引き取 [続きを読む]
  • 働かせ方改悪法案が衆議院通過、労働者の敵だ
  • 労働者の権利の全てを無化する「高度プロフェッショナル制度」が盛り込まれた労働者基本法改悪案が本日31日の衆議院本会議で、自由民主党、公明党、日本維新の会の賛成多数で可決され、参議院に送付された。一昨日29日に採決される予定だったが、昨日30日に衆議院厚生労働委員会で野党に2時間の質疑時間が与えられた。それでも委員会で強行採決された法案の差し戻しは果たされず、本日の本会議での採決にそのまま持ち込まれてしま [続きを読む]
  • 労働者の権利を無化する「高プロ」強行採決に断乎抗議する!
  • 「働き方改革」と称し、労働者の権限を無力化する「高度プロフェッショナル制度」が盛り込まれた労働基準法改悪法案が本日25日に衆議院厚生労働委員会で採決が強行された。23日の委員会審議中に、野党から高鳥修一委員長の不信任決議案が提出され、23日中の採決は見送られ、昨日24日に不信任決議案は否決されていた。【音声配信】「このタイミングで…」働き方改革関連法案の強行採決へ向かう中、安倍総理と与党の酷すぎる対応に荻 [続きを読む]
  • movie review『ラッカは静かに虐殺されている』
  • わたしは5月19日に第七藝術劇場にて、マシュー・ハイネマン監督のドキュメンタリー映画『ラッカは静かに虐殺されている(原題:City of Ghost)』を観賞した。シリア内戦が泥沼化する2014年に突如、シリア北部の都市ラッカを「首都」として誕生した過激派組織IS(Islamic State)は瞬く間にラッカを制圧していった。パラボラアンテナを撤去する等、ラッカの惨状を発信させまいとする傍らで、矢鱈に洗練されたISの映像からは、処刑さえ [続きを読む]
  • 雨の五月府中を切り裂く脚でジュールポレールが競り勝つ
  • 本日の京都3R3歳牝馬限定未勝利(芝1400m)で、岡田祥嗣騎乗のメジェールスーが2番手追走から直線で差し切り初勝利。母は、2008年のヴィクトリアマイル優勝馬のエイジアンウインズ。東京4R3歳未勝利(ダート1400m)でジェイケイマッチョが勝利し、鞍上の蛯名正義はJRA史上4人目、現役では武豊、横山典弘に続く3人目のJRA通算2500勝を達成しました。新潟9R(ダート1200m)でサイモンミラベルが勝利し、管理する梅田智之調教師はJRA通算200 [続きを読む]