COROE さん プロフィール

  •  
COROEさん: ♪COROE遠藤洋子のお絵描き講座
ハンドル名COROE さん
ブログタイトル♪COROE遠藤洋子のお絵描き講座
ブログURLhttps://ameblo.jp/coroe/
サイト紹介文占星術・タロット・十牛図・サビアンシンボルの、お絵描き講座を開催しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/06/08 17:21

COROE さんのブログ記事

  • 今週の占星術メッセージをお届けします。10/15〜
  • おはようございます。今週は、10月20日(金)未明の04時13分に、天秤座27度で新月です。この度数のサビアンシンボルは、「頭上を飛んでいる飛行機」。はるか頭の上を飛んで行く飛行機を見て、上空からはどんな景色が見えるのかしら?と、思いをはせたり、また、飛行機から地上を見た時のような、大きな(たくさんの人たちのことを考えた)視点を持つことなどが、象徴されている度数です。今回のこの天秤座27度の新月に [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。10/08〜
  • おはようございます。占星術では10個の天体を使いますが、太陽と月以外にはすべて、逆行という現象があります。たとえば、お空(トランシット)の冥王星は、9月29日に逆行を終え順行に転じました。この逆行から順行へ、順行から逆行へというタイミングでは、天体の移動の速度がとてもゆっくりになります。9月から10月にかけての、およそ2か月間、お空(トランシット)の冥王星は、ずっと山羊座17度、サビアンシンボルは [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。10/01〜
  • おはようございます。今週は、10月06日(金)の早朝の03時41分に、太陽天秤座・月牡羊座のそれぞれ13度で、満月になります。 太陽がある天秤座13度のサビアンシンボルは、「しゃぼん玉をふくらませている子どもたち」。斬新なアイデアや直感的なイメージを、いくつも思いついているようすが描かれています。 月の、牡羊座13度のサビアンシンボルは、「成功しなかった爆弾の爆破」。早急に事態を変えようとするようす [続きを読む]
  • 十牛図とオポノポノのおはなし。【今季洋の解体新書】
  • いつか、オポノポノのことつについて、ブログに書きますと言っていたのだけれど、気がついたら、そう言っていた頃から、いつの間にか半年以上が過ぎてしまっていました。ほんとうにすみません。 先ほど、「私にとってのオポノポノ」について書いている過去記事を見つけたので、こちらにリンクしました。もし良かったらどうぞご覧いただけると、とてもうれしいです。 オポノポノで言っていることが腑に落ちると、それは実人生を生 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。09/24〜
  •  おはようございます。 もう間もなく10月10日より、お空(トランシット)の木星が蠍座に入ります。今までのおよそ一年間(去年の9月9日より)、木星は天秤座に滞在していました。 木星は、古くは恩恵をもたらす吉星と歓迎されてきましたが、最近では、何でも増やす拡大天体というふうに、その意味付けにも変化が起きてきています。 その木星が今までの一年間、対人関係やパートナーをあらわす天秤座に居たわけですが、みな [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。09/17〜
  •  おはようございます。今週は、20日(水)の14時31分に、乙女座28度で新月です。 乙女座28度のサビアンシンボルは「禿頭の男」。たとえば、禿頭(スキンヘッド)の男性が目の前に居るとしたら、どんなタイプが思い浮かぶでしょうか? ・パワーあふれ、精力的で、堂々としている人。・裏表がなくて、ストレートで、ハッキリしている人。・本音で向かい合う人。・本質をつかむのが上手い人。・受容力がある、懐の広さがあ [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。09/10〜
  • おはようございます。火星は、「活力・やる気」をあらわす天体ですが、お空(トランシット)の火星は、9月5日(火)に、それまで滞在していた獅子座から、乙女座に入宮(イングレス)しました。乙女座というサインは、土の柔軟宮。現実的なことにフォーカスして、役に立とうとする性質を持ったサインです。「あれをしてください」ということに、「はい、わかりました」と応えます。最近、「プチ仕事」(プチバイト・プチパート) [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。09/03〜
  • おはようございます。今週は、09月06日(水)の16時04分に、太陽乙女座・月魚座のそれぞれ14度で、満月になります。太陽がある、乙女座14度のサビアンシンボルは、「家系図」。ファミリーヒストリーの中で受け継がれている大切なものに目を向けることで、自分が持っている強みをどこに向けて行くと良いのか、気が付くことができます。月の、魚座14度のサビアンシンボルは、「キツネ皮をまとった女性」。すこしミステ [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。08/27〜
  • おはようございます。 22日(火)の日食も過ぎ、お空(トランシット)の太陽は、23日(水)に乙女座に入りました。このあたりで、それまでとは、雰囲気や気分の変化を感じている人も、多いのではないでしょうか。 星の動きには、このような切り替わるポイントが、いくつかあります。たとえば、新月の直前までと直後でも、雰囲気や気分に変化が起きます。(食の場合は、その変化はいつもよりも大きく感じられると思います。)ま [続きを読む]
  • 絵描きとは。その2。【今季洋の解体新書】
  • 2006年11月07日の過去記事です。 私の今までの半生を振り返ってみて、私を激しく絵を描くことにかり立てていたものは何であったのかということをよく考えますが、やはり業のようなものを背負っていたと思えます。 業のようなものとは私なんかが生きていて良いのだろうかというような感覚です。 このような感覚がいつも生きていることの根底を流れていてこのことはなかなか話してもわかってくれる人は少ないかと思います。 [続きを読む]
  • 絵描きとは。その1。【今季洋の解体新書】
  • 2006年11月07日の過去記事より。 蠍座に集合天体が固まっているうえに同じく蠍座に滞在中の水星が逆行しています。 蠍座は何か特定の対象と深くかかわる水の固定サインです。水星の逆行は前にも書きましたが思考が過去に向かう性質も持っています。 その影響を受けて私が今いちばん関心を持っている絵を描くことについて意識が深く、過去に向かい始めました。 ここに書いたことは、そんな自問自答のとても長い文章です。 [続きを読む]
  • 来週の占星術メッセージをお届けします。08/20〜
  • おはようございます。 いつもは日曜日の朝にアップすることが多い、この占星術メッセージですが、食の新月について書いていますので、今回は少し早めにお届けします。 来週は、8月22日(火)早朝の03時31分に、獅子座29度で食の新月です。食の新月は、通常よりも大型の新月で、影響力は半年間続くといわれています。 獅子座29度のサビアンシンボルは「人魚」。獅子座の火のエネルギーが、生命が持っている根源の水と出 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。08/13〜
  • おはようございます。本日8月13日(日)から、水星が逆行に入ります。水星が逆行している時は、過去にさかのぼり、大切な宝物を探しに行くことができる時。つまり、「見直し」に向いている時です。最近、占星術を使う人の中には、この水星逆行の時期を「新月のお願いを振り返って見直す時期」としている人も出てきています。以前書いたものを見直すチャンスとする、とってもすてきな水星逆行の時期の使い方ですね。今回水星が、 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。08/06〜
  •  おはようございます。今週は、8日(火)3時12分に、太陽・獅子座−月・水瓶座のそれぞれ16度で、食の満月になります。食は、大型の満月。その影響力は半年間続くとも言われています。 この満月の太陽の、獅子座16度のサビアンシンボルは、「嵐の後の陽光」。台風一過の青空のような、さわやかさが感じられる度数です。満月の月がある、水瓶座16度のサビアンシンボルは「机に向かっている偉大なビジネスマン」。情熱と [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。07/30〜
  • おはようございます。今のお空(トランシット)の太陽は、8月23日まで獅子座にあります。前回も書きましたが、今年は月食・日食が獅子座で起きて、いつもの夏以上に獅子座ポイントのエネルギーが強まる夏となっています。「わたし、獅子座の生まれじゃあないから、関係ないわ。。。」と思っている人もいるかもしれませんが、いえいえ、実はそんなことはありません。人によっては、10個ある出生の天体のうちのどれか、または、 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。07/23〜
  • おはようございます。獅子座が強まる今年の夏ですが、獅子座が象徴することのひとつに、エンタメ性というものがあります。陽気さと華やかさを持ち合わせ、目立つことも好きなサインが獅子座なので、たとえばテレビを楽しく・面白くしている人たちの中には、獅子座が強い人たちがたくさん居ます。たとえばその中でも、タモリさん・タケシさん・サンマさんは、この三人とも世代的に獅子座に冥王星があります。タモリさん(1945年生ま [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。07/16〜
  • おはようございます。来週は、7月23日(日)の18時47分に、獅子座01度で新月です。獅子座01度のサビアンシンボルは「脳溢血の症例」。自分自身の火の活力が、溢れんばかりになっているいることが表現されています。(もちろん脳溢血になるという意味ではありません。)真夏の太陽のように思いきり「わたし」が輝くことが、高らかに歌い上げられています。この夏は、このあと8月8日(火)に太陽−獅子座、月−水瓶座の [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。07/09〜。
  • おはようございます。いつもは日曜日に公開している、この占星術メッセージですが、あさって日曜日の満月について書いているので、今回は少し早めにアップします。9日(日)13時08分に、太陽・蟹座−月・山羊座のそれぞれ18度で、満月になります。 この満月の太陽の、蟹座18度のサビアンシンボルは、「ヒヨコのために土をほじくる雌鳥」。自分自身の可能性や、自分が育てているもののために、せっせと養分を与えている姿 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。07/02〜
  • おはようございます。そういえば先日、用事があって、銀座に行きました。銀座は、東京星図(東京という都市の生まれた時の星配置図を、土地に当てはめたもの)では、蟹座地区にあたります。かつて絵を描いていた頃、私にとって銀座というのは、画廊巡りをするために週に一回は通っていた場所でもあったのです。そんな頃、「わぁ〜!すてきだなぁ」と思っていたバーがありました。そのバーは、通りに面したところにあるカウンター一 [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。06/25〜
  • おはようございます。6月21日(水)に夏至を迎え、太陽は、水星と同日に蟹座に入りました。すでに6月5日(月)に蟹座に入っていた火星もふくめて、現在は3天体が蟹座を強めています。(新月を迎えたあとの月も入れると4天体。)蟹座のイメージが強い人として、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか? いろいろな人が居るかと思いますが、わたしの場合は、河合隼雄さんも蟹座が強いイメージの人の一人です。その理由はユン [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。06/18〜
  • おはようございます。今週は、6月24日(土)の11時32分に、蟹座03度で新月です。蟹座03度のサビアンシンボルは「毛深い鹿に先導される毛皮に包まれた男」。ここでは、導き手としての「鹿」が登場しています。場所は、山奥や深い森の中なのでしょうか? 山や森は無意識の象徴でもあり、また古来より異界との接点とも言われてきました。そこに、大地母神のお使いとしての鹿が登場し、人を導いています。この人は、場の導 [続きを読む]
  • もくじ。【今季洋の解体新書】
  • 【今季洋の解体新書】をひとつの目次にまとめました。この後も少しずつ更新して書いて行く予定です。 2017年06月03日(土)その34. 子育てが終わるころ。 2017年05月09日(火)その33. 占星術を学んで良かったこと。  2017年02月18日(水)その32. にょろりさんよりアンケートのご回答をいただきました。 2017年02月28日(火)その31. 可憐さんよりアンケートのご回答をいただ [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。06/11〜
  • おはようございます。トランシット(現在のお空の天体配置)の木星は、今年の2月6日から逆行に入っていましたが、6月9日(金)23時04分に順行に転じました。この順行に転じる度数は、天秤座14度。サビアンシンボルは「正午の昼寝」。無意識を活用するために、リラックス状態や睡眠を上手に使う度数といわれています。最近では、お昼寝の持つメリットも評価されていて、積極的にお昼寝の時間を設けている企業も増えている [続きを読む]
  • 今週の占星術メッセージをお届けします。06/04〜
  • おはようございます。今週は、06月09日(金)21時11分に、太陽双子座−月射手座のそれぞれ19度で満月です。 19度という度数のキーワードは「新しい世界観」。A)とB)という二つが仲良く二人三脚して、新しい可能性が広がって行くことが表されています。 満月の太陽の、双子座19度のサビアンシンボルは「大きな古典書物」。A)変化が激しいお手軽な流行の情報と、それとは違うB)もっと根源的な知恵をも求め、そ [続きを読む]
  • 子育てが終わるころ。【今季洋の解体新書】
  • わたしには子どもが2人いるのですが、もう大きいので、今では、それぞれの人生を歩んでいます。でも、下の子が中学3年生の2003年頃、「子育てが終わった後、わたしはどのように生きて行くのか?」を真剣に考えていた時がありました。それはどうしてかというと、今までとこの後がつながらない感じを持っていたからなのです。今までは今まででもう終わりで、この後はこの後バージョンの人生を新たにスタートさせるしかないよう [続きを読む]