manamomo さん プロフィール

  •  
manamomoさん: チクチク テクテク パグと香港
ハンドル名manamomo さん
ブログタイトルチクチク テクテク パグと香港
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/manas317/
サイト紹介文主人と6才のパグとの香港生活。 刺繍が好きでチクチク。散歩が好きでテクテク。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/06/08 18:13

manamomo さんのブログ記事

  • 古いアラジンのストーブ
  • 曇り、9度、40% 35年ほど前に買ったアラジンの灯油ストーブ、30年間使わないで取ってありました。このストーブには日本を離れる前に飼っていた猫や犬、息子の幼稚園の頃の思い出があります。家の改築が終わって、戻って来たストーブをオーバーホールに出しました。このストーブに火を入れたのは2月に帰国してからでした。 アラジンのストーブはブルーフレームといって小さな青い炎が特徴です。そして石油ストーブ独特の匂いが少 [続きを読む]
  • 二つのおひつ
  • 曇り、12度、45% おひつを二つ持っています。一つは私の実家で使っていたもの、母が20年ほど前にお客時の食卓にと持たせてくれました。このおひつは香港からの引越し第2便で福岡の家の戻りました。その後友人から頂戴したのが京都「たる源」のおひつです。二つのおひつを並べたのはこの2月の帰国の引っ越しの後でした。見るからに二つのおひつは違います。 引っ越しの片付けも終わり余裕が出てきた頃からこのおひつの使い比べを [続きを読む]
  • 美味しいお塩  「雪塩」
  • 曇り、11度、52% 結婚したての頃は専売公社のお塩しか売っていな時代でした。どこの家も使うお塩は専売公社のお塩だけ。日本各地の特徴のあるお塩が店頭に並んだ時は驚きでした。そして今では世界中のお塩が日本で手に入ります。ヒマラヤのピンクのお塩は綺麗です。香港生活の当初はお塩、お砂糖の違いに戸惑いました。藁くずが混ざったお塩まで売られていました。お塩一つで苦労したものです。そんな香港でも日本の各地のお塩が [続きを読む]
  • ココさんの晴れ着
  • 晴、9度、39% ココさん少しずつですがパグ体形に近づいています。もっとお首回りのタフタフが欲しいとか、もう一回り大きいパグになって欲しいとか、私の希望は膨らみます。額のシワもできて来ました。よく食べるのですが、それ以上に動きます。女の子ですが仕草は男の子に近いココさんです。そんなココさんにお正月の晴れ着をいただきました。 季節柄、犬の洋服売り場に行けばサンタの洋服がずらりと並んでいます。晴れ着です [続きを読む]
  • 毎朝焼く小さなパン
  • 雨、11度、63% 毎朝、15センチほどのフランスパンを焼きます。1本だけ焼きます。朝起きて冷蔵庫で寝かせておいたパン種を出して来て、ベンチタイムをとっている間、こうしてPCの前に座ります。 小さなバゲットは私の朝ごはんです。時にはお昼に残しておくこともあります。時にはお夕飯にそのまま取っておくこともあります。美味しい賞味期限が短いフランスパンです。焼き上げると、毎日写真を撮ります。すでに100枚以上の毎朝焼 [続きを読む]
  • シクラメン
  • 晴、9度、53% 香港に行く前は、12月になるとお金もないのにシクラメンの鉢をクリスマス、お正月の飾りに買いました。多摩川のすぐそばに温室がありシクラメンを栽培していました。家から歩いて20分、テツの散歩のついでに息子は自転車に乗って一緒に買いに行きました。町の花屋さんや東急ハンズで求めるよりずいぶんお安かったことを覚えています。毎年買わずに済むように花の終わったシクラメンの夏越えを試みましたが、毎年失 [続きを読む]
  • レンズ豆のスープと富有柿のサラダ
  • 曇、9度、50% 先日、若い友人が我が家を訪ねてくれた時の昼食です。博多駅まで出迎えに出ましたので、家に戻ってすぐに食べれるようにとスープにしました。朝から冷え込んだ日でした。レンズ豆のスープ、インド風のスープではなくヨーロッパの田舎料理といった風情のスープです。 このレンズ豆を知ったのは30年以上前のこと、その本を書いた阿倍野の辻料理学校の小川邦彦さんは、「日本では馴染みのない豆でほとんど売られてい [続きを読む]
  • 日本の病院はすごい。
  • 曇、10度、44% 帰国して初めて行った病院は動物病院、個人の我が家からほど近い動物病院ですら香港の病院とは違って機材の揃った病院ですっかり驚きました。これならば人間の病院はどんなに素晴らしいかと想像します。私自身が行った病院は、初めての人間ドックで近くの救急指定病院に行きました。この病院は昔とちっとも変わっていません。病院そのものの雰囲気も私が小さい頃の病院そのままでした。 ふた月前に左手の親指関節 [続きを読む]
  • クリスマスの飾り
  • 晴、11度、68% 11月の最後の日、クリスマスの飾りを出して来ました。昨年はクリスマスの飾りはほとんどこの家に戻っており、香港の家で飾ったのは新しくニュージーランドの友人が送ってくれたパグのオーナメントだけでした。香港のフラットとは違い日本家屋のこの家にどう飾ろうか腐心します。  白木のオーナメントは息子が小さい時からの我が家の定番です。箱書きを見るとこの白木のオーナメントは1982年に西武のシアーズで求 [続きを読む]
  • 若い友人の訪れ
  • 晴、11度、61% 「真奈さん、2日博多を通過します。お時間があればお会いできますか?」とメールを受け取ったのは先月の末でした。息子よりもお若い友人です。5年も会っていません。佐賀に出張の帰路、博多で下車してくれました。  久しぶりです。ゆっくりと話したいので我が家にお誘いしました。博多駅まで迎えに出ました。変わらないショートカットですが、痩せてしまっています。20代のふっくらした彼女のイメージが、30代も [続きを読む]
  • 冬支度 毛布
  • 晴、9度、55% 暖房器具、服装、香港の冬生活とは違います。冬支度が必要です。寝具も冬支度を始めました。羽布団は手持ちの4枚で十分ですが毛布が足りないように思います。冬の声を聞く頃から毛布を探しにいきました。デパートのお布団売り場にある毛布はアクリル毛布が主流です。毛足が長いアクリル毛布は手入れも簡単で暖かだと売り場の方は勧めてくださいます。私が探しているのはウールの毛布です。秋も深まると寝具のセール [続きを読む]
  • 黒いはちみつ
  • 晴、12度、41% 黒い色のはちみつを買ったのはずいぶん以前の香港でした。フォッションの「松のはちみつ」でした。フォッションの紅茶の缶が金色の頃、新生フォッションになる前のことです。当時はアップルティーに凝っていましたので、足繁くお店に通いました。お値段が安くなっていたので買い求めた「松のはちみつ」です。興味津々で家に持ち帰りました。蓋を取ると松ヤニの匂いがします。かなり強い匂いです。ぐっとこらえて一 [続きを読む]
  • エルメス「ツイリー」
  • 曇、15度、81% この秋は新しい香水が次々に出てきました。デパートの化粧品売り場を通れば新しい香水を匂わせてもらいます。エルメスの「ツイリー」もその一つです。 先日、主人がお土産に買ってきてくれた2つのコロンのうち一つが「ツイリー」でした。デパートで匂わせてもらった時、「あっ、この匂いダメだ。」と思った「ツイリー」です。コロンが好きで、いろんなコロンをずっと使ってきました。コロンは身に纏うものですか [続きを読む]
  • 粒胡椒のすすめ
  • 雨、16度、92% 帰国して間もない頃でした。黒胡椒の粒が切れました。近くのスーパーを探しますが見つかりません。仕方なくデパートまで粒胡椒を買いに出かけました。胡椒を粒のまま使うようになったのはずいぶん昔のことです。おそらく香港に行く前、30年以上前からです。細かくされた胡椒を使うのが当たり前の頃です。当時は白胡椒と黒胡椒のみを使っていました。白胡椒はオールマイティーに使えます。ペッパーミルの力加減で胡 [続きを読む]
  • ウッドデッキ
  • 晴、12度、70% 家の改築の設計は全部主人がしました。改築ですから大まかなところは変わりません。部屋数を少なくして、階段の取り付け位置が変わり、水周りが整えられました。部屋が減ったところにウッドデッキが作られました。始めウッドデッキと聞いて、ピンとこない私でした。内心そんなもの要らないと思っています。ウッドデッキは裏庭に面して作られました。 他所のお宅を見ても、ウッドデッキには通常屋根がありません。 [続きを読む]
  • 小さな香水 バレードブランシュロール
  • 晴、12度、75% 今回主人は東京の本社への出張の帰りに福岡に戻って来ました。東京の出張でもまっすぐ香港に戻ることもあります。たまたま祝日でした。香港から戻ってくる時は食料品を山のようにトランクに詰めて私へのお土産にしてくれます。東京からですから、「お土産なんていらないよ。」と言ってあったら香水を求めて来てくれました。幾つになっても香水は嬉しいプレゼントです。 箱を見た時、「あれ。香水?石鹸かな?」と [続きを読む]
  • スモークささみ、スモーク鯖、スモークサーモン
  • 曇、12度、61% 主人、息子と揃っての我が家での夕飯はどうしても献立が偏ってしまいます。メインは先月札幌に行った折に買い求めて置いたスモークサーモンです。札幌の空港は地元の海産物、農産物をお土産に売る店がたくさんありました。カニやサーモンが旬の時期です。お店の賑わいもひとしおでした。 今月に入って我が家にステンレスのスモーカーがやって来ました。台所スモークではない本格的なチップを使うスモーカーです。 [続きを読む]
  • 北海道の新米
  • 曇、12度、46% 先日、東京からのお客様と夕飯をご一緒にしていました。ご飯の味にうるさいお孫さんがいらっしゃるそうで、全国のお米を試してるのよとのお話です。昔は北海道ではお米ができなかったのに、北海道のお米がこれまた美味しくて、よく取り寄せているとも話してくださいました。20代になったばかりのお孫さんもこの北海道米がお気に入りだそうです。 ここ福岡の近くのスーパーでは福岡産のお米しか置いていません。デ [続きを読む]
  • 監視カメラ
  • 曇、12度、42% 主人が私の身を案じて監視カメラを増やしてくれました。四面が庭の塀のない家です。しかも、ツタや大木を切りました。外行く人から家の中も見えます。住んでいる私は初めのうちこそ人目が気になりましたが、だんだん横着になっています。 家周りの三面に取り付けられた監視カメラ、初め2台でしたが今は4台になりました。取り付けてもらった当初は、面白さも手伝ってコピーされているカメラの映像を巻き戻して楽し [続きを読む]
  • 風呂敷
  • 曇、13度、57% 風呂敷、絹の風呂敷はよそ行き、手土産を紙袋でなく風呂敷に包むと気持ちも改まります。この歳ですから、絹の風呂敷もずいぶん溜まりました。絹でない、木綿の風呂敷は本当に重宝します。しかも大判の木綿の風呂敷はざっくりとものを包んでくれます。 先日、「犬紋」と私が名付けた臙脂色の木綿の風呂敷を頂戴しました。和犬が紋の中に描かれています。「何を包もうかなあ?」 木綿の風呂敷に包んでは納戸にしま [続きを読む]
  • 手袋
  • 曇、12度、54% 朝の散歩の時、手指の先がかじかみます。それよりもっと辛いのが走っている時です。足はソックス、靴で守られていますから、さほど寒さを感じません。ところが手指は、握っても開いてもずんずん冷たくなってしまいます。今年の2月の極寒の中、帰国後一番最初に買ったのは手袋でした。それは近所で求めたフリースのお安いものです。それでも寒さはしのげました。 この冬に入って徐々に防寒着を揃えました。日本の [続きを読む]
  • ふたつの長靴
  • 晴、9度、52% 日本に戻ってきて長靴を2つ買いました。一つは庭仕事用、もう一つは雨の日の散歩用です。同じ頃に買いました。買って9ヶ月くらいです。 庭仕事用の赤い長靴はホームセンターの園芸売り場で同じ物がたくさん並んでいるのを買いました。買って以来、雨の日も晴れの日も暑い夏も毎日履きます。すぐに履けるようにデッキのところに出したままです。土を掘るときも、石を運ぶときも、木を切るときもこの長靴を履いてい [続きを読む]
  • ココアとチョコレート
  • 曇、10度、51% 気温がぐっと下がってきました。すると、決まり事のようにココアが飲みたくなります。コーヒーより紅茶より長く飲んできたココアです。子供の頃、初めてガスレンジの前で作ったのもココアです。 ココアもいろいろなメーカーから出ていますが、ずっとバンホーテンです。バンホーテンも日本のものはまろやかで、香港で売られているオランダのバンホーテンは苦みが強く感じます。子供の頃に比べればダマが出来難くな [続きを読む]
  • 白菜の漬物、青首の大根のたくあん
  • 曇、12度、43% 友人から大きな白菜をいただきました。2キロもあります。大きな青首の大根を2本もいただきました。どれもご自分で作ったものです。白菜も大根も冬になると美味しさを増します。とても一人では食べきれる量ではありません。そこで漬物にすることにしました。 白菜の大根も4つ割りにして丸一日天日に干しました。白菜は香港でもつけていましたがたくあん作りは初めてです。干した白菜、大根を塩につけます。塩は少 [続きを読む]
  • 怪獣ココごんとレースの服
  • 雨、13度、80% 寒くなって来ました。怪獣ココごんに防寒も兼ねて洋服を作ってもらいました。「レースをつけますか?」と聞いてくださいます。怪獣といえど女の子ですから、「レースをつけてください。」とお願いしました。 グットタイミング、一昨日その洋服が届きました。襟まわりにはレースが。早速着せてみます。こちらで作ってくださる服は脱ぎ着が楽です。それでも暴れるココごん。着せて、「かわいいねえ。」と言えば喜ん [続きを読む]