銀行バンク さん プロフィール

  •  
銀行バンクさん: 銀行員の融資対策ガイド
ハンドル名銀行バンク さん
ブログタイトル銀行員の融資対策ガイド
ブログURLhttp://ginkobank.com/
サイト紹介文融資担当の銀行員が実務をもとにご案内しています。
自由文銀行融資・ローン・借金の受け方やつきあい方、悩みや疑問について融資担当の銀行員が実務をもとにご案内しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/06/11 17:03

銀行バンク さんのブログ記事

  • 境界線未確定の不動産購入資金融資を謝絶
  • ホーム>銀行融資申込事例集>境界線未確定の不動産購入資金融資を謝絶小売業の会社から新店舗の出店用地としてその不動産購入資金の融資相談がありました。銀行は不動産購入融資の案件があった場合、その不動産を調査します。もちろん原則として購入する不動産を担保徴求しますから、担保価格査定の調査の他に瑕疵、つまり問題がない不動産なのかどうかを調査します。不動産を購入する際には隣地の所有者の立会いの下、境界線を確 [続きを読む]
  • 金利が低いと銀行融資が受けられないリスクがあります
  • ホーム>銀行とのつきあい方>金利が低いと銀行融資が受けられないリスクがあります最初に銀行が融資によってどれだけ儲かるかの話をします。例として1、000万円を1.5%の金利で1年間融資した場合にどれだけ銀行は儲かるのかです。金利1.5%の場合だと概ね銀行の利鞘は今は(2018年9月)1.2%程度です。そうすると銀行の利鞘収入は1、000万円×1.2%=120千円となります。一方で銀行は融資した相手先の信用状態に応じて貸倒引当金を計 [続きを読む]
  • 売掛の回収が出来ず資金繰りに困っています
  • ホーム>資金繰りの悩み事例>売掛の回収が出来ず資金繰りに困っています売掛金の回収が不能もしくは遅れていることにより資金繰りが狂ってしまい、銀行融資をどのようにして相談すれば良いかというテーマです。まずこのケースは銀行としても融資に慎重な判断を要します。なぜなら売掛金が将来に渡って回収出来ない、つまり焦げ付いてしまった場合、その会社の資金繰りと業績の双方にマイナスとなるからです。売掛金が回収不能とな [続きを読む]
  • 返済猶予中に繰上返済すると銀行の印象が悪くなりますか?
  • ホーム>返済条件変更(リスケ)>返済猶予中に繰上返済すると銀行の印象が悪くなりますか?業績が悪化し資金繰りが回らなくなり銀行融資の返済猶予を受けた。その後、業績が回復してきたので返済猶予のをしてくれた銀行には申し訳ないが借入金を繰上返済したい。このことによって銀行は「せっかく猶予を認めたのに自分勝手に繰上返済するとは何だ」などと銀行の心象が悪くなり今後の銀行取引に悪影響を及ぼすのではないか。今回の [続きを読む]
  • 担保がなくても本当に銀行から融資が受けられるのですか?
  • ホーム>銀行融資と担保>担保がなくても本当に銀行から融資が受けられるのですか?初めて銀行から融資を受ける際には担保がないと無理と考えている方が意外に多いようですのでここに整理しておきます。担保がなくても銀行から融資が受けられることは決して珍しいことではありません。銀行の融資審査は簡単に言えば、融資した資金がきちんと返ってくるかどうかを判断しています。担保がなくても融資した資金が返ってくる、つまり返 [続きを読む]
  • 教育ローンの延滞と事業資金の関係
  • ホーム>銀行融資と経営者の関係>教育ローンの延滞と事業資金の関係会社の社長が個人的に子息の教育費のために教育ローンを借りていることは少なくありません。今回のテーマはその教育ローンの返済が社長個人の資金繰りが厳しいために延滞している場合に、会社の事業資金の調達に悪い影響を与えて借入が出来なくなってしまうのかどうかということです。教育ローンを利用している金融機関と事業資金を利用している金融機関が同一の [続きを読む]
  • 繰上返済をすると銀行の評価が下がりますか?
  • ホーム>銀行とのつきあい方>繰上返済をすると銀行の評価が下がりますか?銀行からの融資を繰上て返済すると、今後の銀行とのつきあい上マイナスに働くかどうかの質問です。結論から言ってマイナスの評価にはなりません。そもそも繰上返済自体は取引上ありうることであり、銀行融資の営業上は「残念」という思いはあっても「もう融資しない」とかマイナスの評価につながることはありません。銀行が融資したいという考えるお客様で [続きを読む]
  • カードローンを利用していても事業資金は借りられるか?
  • ホーム>銀行融資と経営者の関係>カードローンを利用していても事業資金は借りられるか?会社の代表者が個人的にカードローンを利用していても、会社の方で銀行から事業資金が借りられるのか?個人のカードローンがマイナスの影響となって銀行から事業資金融資が受けられないのではないか?答えは原則として会社の代表者個人がカードローンを利用しても、会社で事業資金の融資が受けられる可能性は十分にあります。銀行の事業資金 [続きを読む]
  • カードローンを事業資金に使うとバレるのか?
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>カードローンを事業資金に使うとバレるのか?個人向けのカードローンの資金使途については「使途自由、但し事業性は除く」という注意書きがよくあります。個人向けのカードローンはあくまでも資金使途が消費性、例えば旅行資金とか生活費など個人の資金需要を目的に作られている銀行の融資商品ですから「事業性は除く」というのは自然なことです。もっとも事業を行なっている個人の方が仕入資金 [続きを読む]
  • これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した資金繰りの問題等で銀行に預けている定期預金を解約した。別に担保に取られているわけではないが今後の融資に悪影響を及ぼすのでは?銀行は担保に取っていない限り、預金の払い出しの申し出を受ければそれに応じなければなりません。払い出しをしにきた企業(個人)宛に融資をしていても、定期預金を担保にとっていない限り解約には応じないといけ [続きを読む]
  • これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした税金を払いたくない、あるいは納税額を少なくしたいとの理由で利益を圧縮することは現実にはよくあることだと思います。実際に多くの企業がこのような対応をしていると思います。中には税金を払いたくないから、本当は黒字だけど赤字にしたと言われる会社の社長もいらっしゃいます。ところでこの「税金を払いたくないから赤字にしたのであって、本当 [続きを読む]
  • ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?
  • ホーム>銀行融資・資金調達にお悩みの方へ>ファクタリングは中小企業でも相手にしてくれるのか?急な資金需要が発生し銀行融資では時間的に間に合わない場合、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法がスピードある調達手法としてあります。このファクタリングについて大企業ではなく中小零細企業でも利用が可能なのかどうかという問い合わせを受けましたので説明しておきます。ファクタリングというのはさきほ [続きを読む]
  • 銀行融資が受けられない時の対処方法その2
  • ホーム>銀行融資の交渉>銀行融資が受けられない時の対処方法その2銀行に融資を申し込んだが断られてしまった。諦める前にその断られた銀行は日頃売上の入金などを行なっているところかどうか確認をしてください。売上入金取引がない銀行はほとんど決算書の良し悪しだけが融資可否の判断基準になってしまいます。赤字決算など業績が悪ければ融資判断のハードルはどうしても高くなってしまいます。もし今回、そのような、つまり売 [続きを読む]
  • 銀行融資が受けられない時の対処方法その1
  • ホーム>銀行融資の交渉>銀行融資が受けられない時の対処方法その1銀行融資を申し込んだが断られてしまい融資が受けられそうにない・・・。銀行融資の審査を受ける側から見て業績がずっと赤字続きなどどうやっても融資が難しいという案件がある一方で、「ここがこうであれば融資が検討可能なのだが」という案件も少なくありません。「こうであれば融資検討が可能なのだが・・・」という事例を参考までに紹介をしていきます。今回 [続きを読む]
  • 別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?これは信用保証協会の保証を使って運転資金融資をA銀行から受けている状態で、追加の運転資金を別の銀行で受けてもA銀行からの心象が悪くならないかどうかという質問です。融資を利用している会社の規模にもよりますが、1つの銀行だけで融資を受けていることは少数でむしろ複数の銀行と融資取引があることが大多数です。複数の銀行と融資取引を行っている [続きを読む]
  • 銀行融資を受ける際に車は見られていますか?
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資を受ける際に車は見られていますか?これは個人事業を行なっている方が銀行に事業資金の融資を受ける際に乗っている車で判断が変わるかどうかという質問です。高級外車に乗っていた方が資金的に大丈夫そうに見られるとか、軽自動車に乗っていた方が誠実そうに見られるのではないかいった内容です。銀行融資の審査において申し込みをした人がどんな車に乗っているかは判断にはまったく影 [続きを読む]
  • 私の返済遅れが父の借入に影響しますか?
  • ホーム>銀行融資全般に関するQ&A>私の返済遅れが父の借入に影響しますか?これは親子で別々の事業を個人事業で行なっており、親子ともそれぞれ別に銀行融資を受けている状況です。子の事業状態が思わしくなく資金繰りが悪化し、銀行融資の返済が滞っています。このような状況で子の延滞が父の今後の新規借入に影響を与えてしまうかどうかというものです。結論ですがまず影響はありません。仮に親子が借入している銀行が別々の銀 [続きを読む]
  • 都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?
  • ホーム>銀行融資の受け方>都市銀行と地方銀行、どちらが融資を受けやすいですか?起業などで初めて銀行融資を受ける際に、一般的に大銀行である都市銀行と中小規模である地方銀行や信用金庫でどちらの方が融資が受けやすいのかは気になるところだと思います。明確にこの疑問に答えることは難しいですが、どちらかというとそれは都市銀行よりも地方銀行や信用金庫の方でしょう。都市銀行はやはり相対的に会社規模が大きいところに [続きを読む]
  • 貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?
  • ホーム>起業・創業融資の申込み>貯蓄をしていると銀行融資が受けやすくなりますか?これは数年後に個人で飲食店の開業を検討している方がその開業資金を銀行融資で手当てすることを考えているケースの質問です。今後、銀行から融資を相談するにあたりあらかじめ個人で銀行に積立貯金などの貯蓄をしておいた方が有利に働くかどうかといった疑問です。これはずばり銀行にあらかじめ貯蓄をしておいた方が有利に働きます。銀行という [続きを読む]
  • 父親の借入金の返済を条件にされました
  • ホーム>信用保証協会保証付融資Q&A>父親の借入金の返済を条件にされました銀行融資を受けるために信用保証協会に保証の申し込みを行なったところ、信用保証協会から本人の父親の借入金の返済を保証認可の条件にされたという内容です。このケースは父親が以前に信用保証協会の保証を利用した銀行融資を受けていたが、返済ができなくなり信用保証協会に代位弁済され、父親は信用保証協会に求償債務を負うことになりました。簡単に [続きを読む]
  • 売掛金の売却による資金調達
  • ホーム>銀行融資・資金調達にお悩みの方へ>売掛金の売却による資金調達資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。赤字決算などが理由で銀行融資が受けられない場合もあるでしょう。経営者個人の資金を会社に投入して資金繰りに充てることもあるでしょう。しかし個人の資金にも余裕がなく資金繰りに窮する事態もあり得ます。なんとか資金調達をし [続きを読む]
  • 決算書の質問に答えれない社長
  • ホーム>銀行融資審査マンの心理>決算書の質問に答えれない社長銀行は取引先から新しい決算書を徴求するとその分析を当然行ないます。その分析の過程において不明なところがあればそれを取引先に質問することになります。その質問相手は誰かというと大企業は財務部といった専門部署に問い合わせることになりますが、中小企業の場合にはずばり社長に質問することになります。これは不明点を解明するという本来の意味とともに、社長 [続きを読む]
  • 銀行に中長期的な見方は乏しい
  • ホーム>銀行とのつきあい方>銀行に中長期的な見方は乏しい取引先の将来を展望して融資を実行し必要な資金を供給する。取引先のその資金を有効に利用して業績の発展を来たす。たぶんこれが求められる理想的な形だと思います。しかし残念がなら銀行では取引先の将来の成長を展望した融資検討はほぼ行なっていないのが現実です。なぜなら。それは取引先の将来性が保証されないからです。1年後、2年後といった期間であれば、今までの [続きを読む]
  • 運転資金が検討しづらい決算書
  • ホーム>運転資金に関すること>運転資金が検討しづらい決算書運転資金は銀行融資の代表的なものですが、運転資金が融資しづらい決算書というものがあります。これは決算が黒字か赤字かに関係なく共通して運転資金が融資しづらいのです。ではどういうものかというと、具体的な下記の決算書の貸借対照表の抜粋をご覧ください。売上債権15,392買入債務76,442在庫9,458自己資本-39,558この貸借対照表から必要な運転資金金額を算出する [続きを読む]
  • 銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資
  • ホーム>銀行とのつきあい方>銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資今月は資金が不足するが3ヶ月後には売上の入金が入ってきて、資金は足りる・・・このような時、その3ヶ月後までの資金繰りのために銀行からは短期での融資を受けたいと考えると思います。当然、短期間の銀行融資を受けるのであれば借入の支払利息も少額で済みます。銀行も短期の融資であればすぐに回収出来ると考えて喜んで対応するのではないか。こうした考え方は [続きを読む]