アイ さん プロフィール

  •  
アイさん: 軌跡から奇跡へ
ハンドル名アイ さん
ブログタイトル軌跡から奇跡へ
ブログURLhttp://mataitsuka892.blog14.fc2.com/
サイト紹介文満ち足りることのない彷徨い…
自由文ありきたりな恋愛遍歴を軌跡として綴り
いつの間にか染まってしまった不道徳な恋愛に
奇跡はあるのか…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/06/10 15:42

アイ さんのブログ記事

  • ごめん・・・
  • 彼の おしゃべり好きなところは6年前と変わっていない6年前に聞いた話がまた 彼の口から出てくると「前も そう言ってたね」と 覚えていることを伝えた6年前に 微妙な男だったと感じた理由を徐々に 思い出し始めるおしゃべり好きは 悪くはなかったただ 喋り過ぎて「どうする? やる?」みたいなことを 聞かれたっけすると 今回も 同じことを言われる「どうする? 話だけして帰ることもあるよ」それは・・・何度も頻 [続きを読む]
  • 理想的な男性
  • 後部座席に座る 屈辱と 捉えるのは 私だけか・・・助手席に 乗せてもらえるなら女性として 恋人風味に扱われている感じにも捉えられる「聞きたいことが いっぱいあるの」ホテルに向かって運転する彼の後ろで唐突に 話しかける驚くように笑いながら 彼はひとつひとつ 疑問に答えていくイケメンで イクメンで いい夫でどうして 浮気をするのかしかも かなりの年上女と妻帯者は ホテル代を どう捻出してるのか自分を棚 [続きを読む]
  • 予想に反して
  • 久しぶりに会う・・・その彼は彼に言わせると 6年ぶりだというあの頃 闇雲に男性と会っていた私にはすぐには 誰とわからず乗っていた車と行ったホテルの場所を言われて記憶がよみがえったほどでも そうとも言えずそうなの? と心の中で つぶやいていた自分のブログを遡って 確認すると確かに 6年ぶりであの時 一度きりの出会いに終わったのはどうやら 彼だけの都合だったわけではなく私からも 断りを入れていたようだ [続きを読む]
  • 普通の人ほど意外性を持っている
  • 年上好きを公言する 若い男性は 多い何故?マジで?敢えてなの?笑疑心は収まらない聞けば今までも 年上と付き合ってきたというしかも 長きに渡りセフレ関係を 続けてきたとかそれなら 私でも大丈夫ということかいやいやいやそれでも 年上過ぎるでしょ!嬉しいけどそのセフレが 遠くに引っ越し新しいセフレを 探してるというタイミング私も 今の彼との温度差に悩み新しい男性を 欲してるというタイミングそれだけ考えて [続きを読む]
  • 鳶が油揚げを・・・
  • いまひとつ乗り気になれずに踏ん切りがつかない やり取りをダラダラとしているうちに鳶が油揚げをさらうように横から 一気にかっさらう男あり「覚えてますか?」覚えてるわけがないでも私がメモを残しておいた男性ということは良かったか 悪かったかのどっちか「6年くらい前に一度会ったことが・・・」その時の状況 乗っている車ホテルの場所など彼の詳しい説明に私の記憶違いでなければ一度だけ会った若い既婚男性何故 今に [続きを読む]
  • 釣り
  • 承認欲求?構ってちゃん?暇つぶし?久しぶりに出会い系サイトで 文字を綴る誘うような文面に釣りの いやらしい画像あきらかに 欲求不満を叫んでる笑【調教師】の彼に 相手にされない憂さを他の男に絡んでもらいあわよくば 新しい男を物色しようという魂胆他の男で 憂さは晴れるのか?意地を張って 彼の方から誘ってくれるのを待ち3ヶ月にもなるメールすれば返信は来るし電話にも出てくれるでも 自分から「会いたい」と  [続きを読む]
  • 秘め事
  • 愛想笑い仮面優柔不断八方美人陰口最近の自分を 嫌で嫌でしょうがない反面それを 悔い改めるでもなく果てには「どうにでもなれ」的に暴走しその一瞬だけはちょっと爽快になっているやさぐれ気味の日々そのうち 周りの人達に私の本性がバレるのも 時間の問題だろうそうならないためにも以前の 他人の噂話 陰口 悪口を言わない無口で 愛想のない「私」に 戻らないとなんてもう 無理に決まってるだから嫌われたら嫌われたで [続きを読む]
  • 小説よりも奇なり
  • 小説やドラマなどに見る 『不倫』本人たちは 純愛気取りだったり周りを巻き込んで 修羅場のドロドロであったりそんな光景は現実では どれくらいの割合で『現実』なんだろう実際は周りの誰も気づかないままその 『不貞』は 終わってるのが現実ではないだろうか一度限りの 『浮気』でも何年も続いてる 『不倫』でも上手く 大人の割り切り方で終わらせている人が 大多数ではないだろうかといっても『マジ不倫』に 発展し離 [続きを読む]
  • 弱音
  • とうとう 終わったかな?【調教師】との 関係我慢意地駆け引き試し確認ずっと会いたい気持ちを 我慢していたでも彼から 誘って欲しいから 意地を張っていたまだ私への気持ちがあるのか 駆け引きしそれによって彼の気持ちを 試したぶん彼の愛情の度合いを 確認したかったのだ最後に会ったのはもう3ヶ月も前になろうかという時期それまで まるで堰を切ったように2週間おきに 会っていたその前は 婦人科系の治療に専念し [続きを読む]
  • リップサービス
  • 今時の若い女性はたとえ褒め言葉でも男性からの絡みを気持ち悪いと 捉える傾向にある男性に免疫がなく自分に自信を持てない時期ならたとえお世辞でも褒め言葉で 自信を付け言葉をかけられることで相手を 好意的に捉えこちらも 少なからず 好意的な態度で返し接するよう 心掛けるといった感じだったでも今は自意識過剰なのか心が歪んでしまったのかそういった お世辞 褒め言葉をリップサービス!面倒くさい!気持ち悪い!果 [続きを読む]
  • 意識
  • 「他人にどう思われようが 気にならない」?それは相手に興味が無いから 言えることその言葉を使うときの状況とその意味にもよるけどたぶん 上司が言いたい意味はいちいち 他人の目を気にしてくよくよするな!って意味よねそれは わかるでも 気にする人はいくつになっても くよくよしているしメンタルの弱い子なら なおさらといっても 小中高生の子供じゃない私と同年代の新人とは言い難い 中年女性もっと 他に目を向け [続きを読む]
  • 公開
  • 個人情報を公開するfacebookを活用している人が意外と多いことに 驚きを隠せないみんな やましいことも後ろめたいことも悪事もない生活をしているのでしょうね私には そんな正統派のSNSはもう一生無理ね笑裏の顔を知っている人がいるもの携帯番号も ラインも!ただ 名前と素性を明かしていないだけで連絡手段と顔は知られてるだからそこへ 詳しい個人情報を公開すれば裏の顔と繋がり 一致することは必至趣味嗜好 学歴 出 [続きを読む]
  • 勇気
  • いくら出会い系サイトで 男と会っていてもリアルで素敵男子を見つけたからといって声をかける勇気はないこれでもそんなビッチ素振りは見せていない・・・つもり笑職場や飲み友との会話の中でも打ち明けることも無ければそういう話題にうっかり乗ることも無いただ非道徳さや 貞操観念の話には同調もしなければ否定もせずただ 笑って聞いているそこは例え嘘でも 譲れないポリシーなのかも知れない自分はそこまで真面目でも頭が堅いわ [続きを読む]
  • ひとり映画
  • いつからかひとり遊びが 板に付きすっかり 単独行動ばかり遠出のドライブも外食も映画も・・・以前なら 好きな人と行きたいと夢見ていたのにあっさり 諦めて今では ひとりの方が気楽に思えてきたさしずめ 映画は混み合わない日を選び隣の席を気にすることなくまるで 部屋でひとりDVDを見てるかのごとく流れる涙もそのままに物語に どっぷり入り込んで鑑賞している本編が始まる前から感極まって涙する可笑しい予告から内容を [続きを読む]
  • あんなに愛し合ったのに・・・
  • いきなりの 既読スルーどうしたんだろう忙しいのか?会いたくないのかなもしかしてバレたのか?それとも他に男ができたか・・・?いや まさか俺以外に 男なんて できるわけないでも どうして返信してくれないんだ会えない?なぜ?あんなに愛し合って甘えてきたじゃないか悦んでいたじゃないかセックスしたいんだろ?俺みたいな若い男が いいんだろ?違う・・・セックスがしたいのでもセフレが欲しいのでも若けりゃ誰でもいい [続きを読む]
  • 自信喪失は表に出さずに
  • 「その余裕は 愛されてる自信?」この年齢差に 自信なんて 無いけど?「最後には 男が自分のところに戻ってくれば嬉しい?」いいえ 寄り道されることを喜ぶ女なんて いないよ?何を根拠に そんな風に私を見たのかしら鏡を見るたび 恋愛なんて縁がなさそうなほど老けていくしつまみ食いなのか よそ見なのか 他の女に入れ込んでる彼を戻ってきたなんて形に 思わないしたとえ他に女が出来ても もしかしたらたまーに会えれ [続きを読む]
  • 根比べ
  • 時に女は好きな男の気持ちを確かめるために意味のない賭けに出る会いたい気持ちが募りすぎてマイナス思考になり在りもしない不信が膨らんで勝手に悲しんだり落ち込んだり傷ついたり苛立ったり女ってやつは 本当に 面倒くさいそんな ネガティブな毎日を過ごすのは肌にも表情にも態度にも良くないエイジングに拍車をかける何より そんな自分が嫌だ今度彼と会ったら・・・目の前に彼が居たら・・・そんな気持ちで仕事に励み自分を [続きを読む]
  • 恋する女
  • 女性が乳房や子宮を失うことは時として、死を宣告されるが如く辛いらしい70過ぎの女性が乳房にシコリを見つけ 手術となったとき良性であろうが悪性であろうが乳房ごと切除することを事前に医師に申し出ていた彼女女性らしい姿態よりも 命の大切さを選んだのだと当時の若い私は それが最善の選択だと安易に思っていたでも 今 自分が微妙な年齢に差し掛かりもしも いざ見た目の乳房を切除と宣告されたら考え込んでしまうだろう [続きを読む]
  • 今度は・・・
  • フルコースのデートはメニューが山盛り過ぎてやはり今回も ホテルには行けずに解散といったところ「今日も 楽しかった」この言葉に 嘘はないスマートなエスコートじゃなかったけれどマナーも悪くて ちょっと興醒めしたけどおしゃべりは楽しかったし彼の優しさは 十分伝わってきたそこに 愛があるかは わからないけどこの年齢でこの立場で普通のデートなんて・・・独身の時には なかったことだもの憧れだったから新鮮で楽し [続きを読む]
  • スマート
  • 彼のエスコートは決してスマートとは言えない経験不足によるもの世間知らずとまでは 言わないが経験値の高い女性なら がっかりするレベル以前の私 さしずめ若かりし頃の私なら一瞬で冷める恋心だろう今はまだ スマホがあるからすぐに調べて 迷うことなく止まらずに デートは進められるけど彼は マナーまでは調べていない時間 道順 ルール・・・そこまでは最低限として調べ男性として 私をリードする私も 知っていながら [続きを読む]
  • 私のため
  • 映画を?一緒に観るの?「誰か他の人と 行ったら?」彼が 一緒に観に行こうと言ってるのに突き返すような 私の返事だって・・・そもそも 私が映画チケットをあげたのは普段 映画館に行かないって言うからむしろ レンタルで十分だと言ってたし無駄だの 勿体無いだの金勘定だけで 映画の良さを知らないみたいだからそれだったらタダで観られるなら 足を運ぶのかなって違うのか・・・そもそも 映画館まで行くのが 億劫なの [続きを読む]
  • 声のボディガード
  • 「電話してもいい」お約束の 酔っぱらいメール普段 メールを遠慮してる私の唯一の勇気が沸く瞬間なんてね ただのお酒の力を借りた 小心者の勢い「いいよ」ラインメールが入るとすぐにコールそこからは お酒の気持ち良さに相まって彼の声を聞きながら 足取りも軽く・・・千鳥足で 笑夜道を歩く飲み会の内容近況報告仕事の愚痴そして 本題「明日 暇? 会えない?」すると 彼のデートプランが・・・「あそこに行って それ [続きを読む]
  • アンバランス
  • いつでもウエルカムの体になったは いいけど見えない女の周期は まだ存在している胸の張り性欲イライラ明らかに 生理期間やら 排卵期間やらを思わせる女性ホルモンによる 自覚症状 もし まだ子宮があったなら今は 生理前の胸の張りねとかこの下着の濡れ具合は 排卵期のムラムラかしらとか無闇矢鱈のこのイライラは 本当なら生理期間かもとか更年期障害とも見間違ういや もしかしたら 更年期ゆえの症状かそんな アンバ [続きを読む]
  • 物足りなくなくもない
  • 明らかに 終わりの時間・・・よね?まさか これからホテルとか 行かないわよね さすがにそんなことを思いながらいつもの解散場所へと 車が到着する楽しかった・・・文句なく楽しかった精神的満足感は 100%傍から見たら どういうカップルに見えようが恋人気分で 一日過ごせたことはこの上ない喜び何も得られない何も望めない未来なんかない私との関係のために時間を費やし体力を費やし金銭を費やし頭をひねり話題を作り [続きを読む]
  • お天道様
  • 晴れてしまった・・・なんてこと しかも快晴お天道様に顔向けできないことをしているけどそれでも 天気がいいとホテルに直行するのは 惜しいな〜んて そんなことこれっぽっちも 私は思っていなかったのに【調教師】は ホテルに向かわずどんどん 車を走らせるどこに 行くのだろう帰りの時間ホテルの滞在時間ランチは?気にしながらも気にしていないふりそれでも どんどん車は進む彼とは 来たことないほどの距離敢えて ど [続きを読む]