五和れいほく さん プロフィール

  •  
五和れいほくさん: 素質論 L スタイル
ハンドル名五和れいほく さん
ブログタイトル素質論 L スタイル
ブログURLhttp://sositu.blogspot.jp/
サイト紹介文素質論とは運命学(帝王学)を100万以上のカルテにより統計化したコミュニケーションツールです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/06/13 17:58

五和れいほく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 質問〜セカンドとサードの算出方法を教えて下さい
  • 素質基礎講座Ⅰを受講すると「素質論CANCODE検索用年表」が配布されます。その年表を使って調べるのが基本です。非公式な方法として、四柱推命の無料アプリ等を利用して算出することは可能です(上記年表と完全に一致するものではないので、あくまで参考資料です)メジャーなものとして以下アプリがあります。マニアック四柱推命アプリに生年月日を入力すると「命式表」が表示されます。命式表「十二運」の「年月日(時間を入力し [続きを読む]
  • 質問〜素質コアの算出方法を教えて下さい
  • 私が保有する古いテキストの「素質コア」欄には、以下のような記述があります。・素質コアはCANCODE-FC(キャンコードファンクラブ)やCANCODE−BIZ等で検索することができる。近年、素質論講座体系に大幅は変更があったので、メインWEBは以下です。cancode.net/ユーザー登録すれば一部機能を無料で使えますが、素質コアは検索するには月額500円のレギュラーコースに登録する必要があります。前置きが長くなり恐縮 [続きを読む]
  • お詫び
  • 最後のアップ日が2016年8月6日となっているので、2年近くブログを放置していたことになります。その間に10数通のメールをいただいていた事に気がつきました。当ブログの連絡フォームに設定されているメルアドがブログ専用につくったものらしく、通常は全く使っていないものだったのです。そのメールの中に幾つかの質問も含まれていので、それに応える形でブログを再開したと思います。古いものは2016年9月のものなで [続きを読む]
  • 素質タイプとオリンピック
  • 2012年オリンピック開催時、代表選手のタイプを調べてベクトルAが非常に多かったことを覚えています。大運動会といったように言葉に「大」を付けたがるのはベクトルAだという話を聞いたことがあったので、オリンピックのような大会で最もモチベーションが上がるのがベクトルAに違いないと勝手に思っていました。特にバレーボールのように高く飛び、強く打つような競技では、ベクトルAが多くなるのではないか?また女子バレーの練習 [続きを読む]
  • モチベーションがスキルアップの監督二人
  • YOUTUBEで柔道全日本監督井上康生さんと前監督篠原信一さんの対談番組を視聴しました。先輩後輩の信頼関係で結ばれた和やかな雰囲気の対談で、これぞ「ベクトルHの対談」という感じです。とてもよい雰囲気なので、多くの人が共感できる内容だと思われるものの、ベクトルHにとっては格別に心地良い映像だと思われます。篠原信一 1973.1.23生 012-025-000井上康生 1978.5.15生 025-555-100012と025は、モチベ [続きを読む]
  • パワーか、フォースかは「勇気」が分岐点
  • 図書館で「パワーか、フォースか」というタイトルの書籍を目にしました。いつ頃読んだかは覚えていないものの、古い友人に会ったかのような懐かしい感覚がしました。譲ってしまった書籍で手元には意識のマップと題された図表のコピーのみが自宅に残っています。キネシオロジー等の臨床実験により、人の意識を数値化した点がユニークであり、ネガティブとポジティブの分岐点に位置するのが数値200の「勇気」というくだりが、とて [続きを読む]
  • タロット
  • 目の前の事象に対し、自身がどのように「感じた」かを認識するようにしています。また、その事象を違った視点で再認識するようにもしています。再認識するツールとしてタロットを使うこともあります。伊泉龍一さんが提唱している「パースペクティブ(視点)」的な使い方です。昨日、ワンカードで「カップの5」が出ました。本来このカードが正位置で出た場合は、「喪失・落胆」といった意味合いがあります。視点として使う場合は、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …