トット さん プロフィール

  •  
トットさん: チーズの日記
ハンドル名トット さん
ブログタイトルチーズの日記
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/tn5504/
サイト紹介文こころを和ませるおもてなしとその日の随感を届けたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/06/13 01:47

トット さんのブログ記事

  • [随感日記]持ち上がらない。
  • にほんブログ村何十年ぶりだろうか。高校以来ではないかと思う、懸垂するのは。近くの公園にある大人用の遊具、かつての「ぶら下がり健康器」だ。子供が使う時には、必ず大人が付き添わないといけないとのことだ。しかし、子供たちは、その「健康ぶら下がり器」のぶら下がり棒の上に登って遊んでいる。いや、高校の時には、最低でも10回ぐらいは出来たと思うのだが、全く自分の体が持ち上がらない。そんなバカなと、トライしてみた [続きを読む]
  • [随感日記]認知症
  • にほんブログ村前の施設に勤めていた頃の男性の利用者さんの一人は、退職して相当の年数が経つのに、なぜか勤務していた時代の中で暮らしていた。普通の会話かと思うと、タイムスリップして、勤務していた時代に戻り、「○○さん(当時の部下の名前らしい)今日は、誰が入っているの?」と、シフトの確認をしていた。あの時、彼が見ていた世界は、私たちが見ていた世界とは、違っていたのだろう。認知症というものがあることは、知識 [続きを読む]
  • [随感日記]音楽の思い出。
  • にほんブログ村?花咲く花散る東京。?雲か嵐か稲妻か小学校に上がる前に聞いた曲だと思うのだけれど、今も耳に残っている。島倉千代子さんの「からたち日記」も、なぜか耳に残っている。小学3・4年頃に、近所の中学生のお兄さんから、ビートルズの日本編集「ステレオ!これがビートルズ」のレコードを借りて聴いて衝撃を受けたが、それよりも「哀愁のカレリア」の方が、お気に入りだった。 ステレオ!これがビートルズ VO [続きを読む]
  • [随感日記]TVの思い出。
  • にほんブログ村TVとの付き合いは、かなり早かったようだ。と言うのは、生まれてから、社宅住まいだったので、社宅の集会所があり、そこにはTVが備え付けられていたそうだ。そのTVの前の場所を私は、占領していたそうだ。それで、他の家より早く、TVを買ったということを生前に祖母から聞いた記憶がある。本人は、まったく覚えていないが。で、鮮烈に覚えているのが、「七色仮面」と「ナショナルキッド」だ。「怪傑ハリマオ」「まぼ [続きを読む]
  • [随感日記]読書の思い出。
  • にほんブログ村小学生の時、学校の図書室だったか、学級文庫だったか忘れてしまったけれど、小学生用の「南総里見八犬伝」と「プルターク英雄伝」を読んだのが、分厚い本の最初と記憶している。学級文庫には、偉人の伝記が並べられていたので、それも読んだ記憶がある。中学に入ってからは、図書室を利用した記憶がない。その代わりに、通学途中で駅前の本屋さんで、角川文庫か新潮文庫を購入していたのではないかと記憶する。中学 [続きを読む]
  • [随感日記]チーズの友達。
  • にほんブログ村チーズの心臓が悪くなっていない時によく散歩に来た公園。あの時は、公園にあるベンチに腰掛けることもなく、ただ通り抜けていた。今日は、2カ所の病院に健康診断に行き、その帰り道に、風が結構吹いていたけれど、その公園のベンチに座ってボーッとしていたら、チーズが生きてた頃のチーズの友達が、飼い主さんと一緒に私の前を通り過ぎようとした。その時、そのチーズの友達は、私のことを覚えていたようで、飼い [続きを読む]
  • [随感日記]図書館にて、
  • にほんブログ村ここのところ地元の図書館に入り浸り状態です。それで、書棚に並べられた本の背表紙をじっくりと見ながら、今の自分にとってどの本が一番大切なんだろうと考えながら見ている。他者が考えたことって、ある種その人の妄想に近いものではないかと思うと、それが自分に何かの役立つのだろうかという、それこそ今度は、自分の妄想の虜になっている。では、科学書の類は、客観的な事実が記載されているのだから、信じられ [続きを読む]
  • [随感日記]遅すぎたか。
  • にほんブログ村夜の公園のベンチに座っている。さすがにこの時間だと、寒さを感じる。家に帰ればいいとは、思うのですが、後ろめたい気持ちがあるから、帰りにくいのです。で、周りを見渡すと同じようにベンチに荷物を置いている人が居る。若い人のようですが、携帯をいじってます。昨日は、ハローワークの紹介で面接に行ってきた。しかし、副理事長の名刺を忘れてきたことに、今朝気付いた。これは、縁がないってことだろうなぁと [続きを読む]
  • [随感日記]生きがいってなんだろう?
  • にほんブログ村高齢者の心性は、「孤独」だとのことです。それは、身近な人たちが徐々に旅立ち、家族と居ても、話が噛み合わないから、話に加われない。そういう「孤独」な世界が、待っているとのことです。死期も近づいてきているが、死ぬことは怖くなくなるようですが、死ぬまでの時間が生活できるのだろうかという不安があるとのことです。確かに、死んでしまえば、もうそこで終わりだから、そこから先のことを考える必要はない [続きを読む]
  • [随感日記]津田沼から歩いて6時間弱。
  • にほんブログ村朝9時頃家を出て、最寄り駅まで歩き、電車に乗って、途中津田沼で乗り換えて、千葉に着いたのが11時頃。とにかく、風が凄かった。昼前に用事を終えて、津田沼に戻り、そこで軽く昼食を取り、津田沼から家まで歩いて帰ってきました。iPadを片手に。津田沼は、わりと街中の道です。東船橋駅を越えて、船橋に入ってからは、かつて二和向台で働いていた頃に、営業車で回っていた風景に再会。あの時は、そんなに時間が掛 [続きを読む]
  • [随感日記]移動していく利用者さんへ。
  • にほんブログ村お泊りデイサービスが今月末で終了する。今お泊りデイサービスを利用している利用者さんも、次の施設に移動しなければならない。皆さん、次の施設が決まり、月末に向けて移動が始まる。今朝は、私が施設長時代から利用していた利用者さんと最後の軽い挨拶をして、職場を出たところ、同僚の職員から呼び止められた。「利用さんがしっかりと挨拶したい。」と、門まで出てきていた。「今まで本当にありがとう」と、手を [続きを読む]
  • [随感日記]あと、3日か。
  • にほんブログ村今日を含めて3日間で、今の職場を退職する。現デイサービスが、宿泊を止めるから、夜勤は必要ないとのこと。都内の夜勤を勧められたが、この年齢で都内まで通勤、それも夜勤ということは、連勤なんてできないです。となると、大幅な収入減。であれば、この地域内での再就職ということになるわけですが、そう簡単に次の仕事があるわけではないと思うのです。それで、知人を頼って紹介を待っているのですが、未だに連 [続きを読む]
  • [随感日記]生命より大事なものって?
  • にほんブログ村3月5日の国会中継の中で、山本太郎議員の質問の時、「生命を落とさないようにして下さい。」との発言があった。彼が危惧したことが起きてしまった。生命を落とさなければならないほど、何かに追い詰められていたということに、悲しみと怒りを覚えます。いったい何から追い詰められていたのか、その正体はわかりませんが、出来ることならば、その正体を明らかにしてもらいたいものです。私は、生命が何よりも一番大事 [続きを読む]
  • [随感日記]もう居ないのか。
  • にほんブログ村夜勤を終え、途中駅前のスーパーで消費期限が本日のため、値下げされた菓子パン類を購入する。最近売れ残りが少ないようで、以前のように種類が多くない。このコーナーに訪れるのは、私のような高齢者がほとんどで、たまに中年の主婦がいる。かなり前にお会いしたご婦人は、「中村屋の肉マンがあればすぐに買うのだけれど、今日はないわねぇ。定価で買うと500円近いのに、200円で買えて、それに何と言っても美味しい [続きを読む]
  • [随感日記]思い出散歩。
  • にほんブログ村仕事を終えての帰り道。たばこ屋さんに寄って、黄昏時の人遠いの途絶えた道をとぼとぼと歩く。歩きながら、ふと先日旅立ったチーズのことを思い出す。スーッと忍び込んでくるのです。そして、人家から漏れてくる明かりを見ながら、高校時代に振られた時のことを思い出した。今、この時間と地球の上で生きていることは、彼女と同じ時間と空間を共有しているのだから、それだけいいんじゃないかとあの時自分を慰めてい [続きを読む]
  • [随感日記]新たな問題浮上。
  • にほんブログ村今の職場が、4月からデイサービス一本になる。ということは、今までの夜勤がなくなるということで、4月から失業者になる。都内の系列施設にという打診があったが、今更都内に夜勤の通勤は、さすがに体が持たない。で、地元で再就職を考えているが、この年齢だとすぐに見つかるとは思えず、頭を抱えている。ネットで探したり、知人に聞いたりしているが、新たな問題が降りかかってきたもんだ。しかし、あと何年働ける [続きを読む]
  • [随感日記]暖かくなってきたなぁ。
  • にほんブログ村悲しみは、時間が解決してくれるとは言うけれども、時間は情け容赦なく、小さなエピソードも持ち去って行く。それを防ぐために、人は記録に残すのだろう。記憶になる前に、記録しておく。記録する時も、すでに記憶ではあるけれど、生々しさが少しは残っている。丁度一週間前のこの時間には、まだ、チーズは生きていた。でも、今日みたいに暖かい日でなく、寒かった。いつからだったか忘れてしまったけれど、心臓の薬 [続きを読む]
  • [随感日記]チーズ旅立ち
  • にほんブログ村本ブログの主人公だったチーズが、2018年2月23日のPM20時過ぎに旅立った。夜勤の出勤時前に散歩するのが習慣なのだが、亡くなる前日は、寒かったことが影響してか、チーズは夕散歩に出ようとしなかった。朝方は、雨が降っていたから、散歩してなかったはずなのに、まぁ、出たくないのなら、いいやと、そのまま出勤時間直前まで床に足を投げ出して本を読んだ。その間、チーズは私の太ももに横たわり気持ちそうに寝て [続きを読む]
  • [随感日記]THE ARMED MAN
  • にほんブログ村図書館借りて録音したMDを取り出して聴いている。自分が選んで録音したのに、このアーティストって誰というヒトが結構多い。何かの情報(ロックの名盤に関する本とか、名ギターリストに関する本等)に基づいて、探して借りたはずだけれど、その経緯がすっかり脱落している。当時の記憶としては、本から得た情報に基づき、一体どんな音楽なんだろうという好奇心一杯で、とにかく手当たり次第、図書館の所蔵状況を検索し [続きを読む]
  • [随感日記]東京タワーの思い出。
  • にほんブログ村関東に住んでいるのに、初めて家族全員で東京タワーに来た。とは言っても、東京タワー見物ではなくて、姪の結婚式場が東京タワーの目の前だったからだ。それで、結婚式が終わった後、東京タワーの展望場に行くということになったのだが、前回の姪の結婚式に引き続き、なんだか飲みすぎたようで、と言ってもビールをコップに2杯と赤ワインを1杯半ぐらいなのだ。しかし、ほとんどアルコール摂取していない生活を送って [続きを読む]
  • [随感日記]復活。
  • にほんブログ村ゲームをしている時、突然iPadがシステムダウンとなった。その後、すぐに再起動をしたのだが、IDコードとパスワードを入力しろとの指示。エッ何が起きたんだと、頭の中が白くなった。その後も何度もチャレンジしたけれど、失敗。一昨日も、息子のiPhoneを借りて、チャレンジしたけれど、失敗。で、本自治つと書きたいところだけれど、すでに昨日ですね。夜勤の仕事が始まって、管理者と雑談している途中で、つい最近 [続きを読む]
  • [随感日記]名盤では…?
  • にほんブログ村かつて、都内及び神奈川県に勤務していた頃、地下鉄を利用していた。そして、時々途中下車して、夜の都内を散歩というか徘徊を趣味にしていた。ふと、文京区の図書館に立ち寄ったとき、CDの多さにビックリさせられた。それから、CDの録音に精を出すようになった。当初は、自分が知っているアーティストのCD録音をしていたが、欲望は抑えられないもので、今まで聞いたことのないアーティストの音楽を漁り始めた。海図 [続きを読む]
  • [随感日記]わが祖国の失敗事例。
  • にほんブログ村戦前のことは、生まれていないのでわからないけれど、歴史書によると、かつての大日本帝国は、今の北朝鮮のようなものだったのかなと思ったりしてる。ただ、あの当時の大日本帝国は、北朝鮮のように挑発どころか、実際に他国に入り込んでいって、嫌自衛だと嘯いていたのだから、もっと始末が悪いと思う。それで周りの国から、経済制裁を受け、最後は石油の輸出をストップされてしまう。まるで今の北朝鮮への対応と同 [続きを読む]
  • [随感日記]プチ・ペットロス
  • にほんブログ村夜勤明けで、「暑い、暑い」と愚痴りながら帰宅。自宅前の自家用車がない、どこかへ出かけたのかな。今日は、平日だけど…。玄関の扉を開けると、いつも締め切っている戸が開けっ放し…。チーズは?と、てテーブルの上に置き手紙があった。今日は、他の家族は、どこかへ泊まりがけで出かけたようだ。チーズは、心臓病悪化のため、ペット病院ホテルに急遽となったようだ。家にいる時は、いつもそばに寄ってきて、まと [続きを読む]
  • [随感日記]最近考えていること。
  • にほんブログ村最近行っていることは、今まで読んできた本を振り返っています。読みながら書き残したノートを読み返しています。大阪に単身赴任していた時は、当然一人暮らしだったから、自分の時間が持てたので、当時の地元の図書館に出かけては、借りてきた本から抜き出ししてましたが、今読み返すと、ただ抜き出ししただけで、書かれている内容が理解できていなかったことを痛感しています。まぁ、読んでた本も経済書ばかりです [続きを読む]