H.Matsu さん プロフィール

  •  
H.Matsuさん: カレー細胞 -The Curry Cell-
ハンドル名H.Matsu さん
ブログタイトルカレー細胞 -The Curry Cell-
ブログURLhttp://currycell.blog.fc2.com/
サイト紹介文一日1〜2回カレーな生活。東京を中心にあらゆるカレーと辛いものを毎日紹介。たまに生き物記事も。
自由文twitter: hm_currycell
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/06/13 02:16

H.Matsu さんのブログ記事

  • つくば駅最近スリランカ。「ヘラディワ カレー」(つくば)
  • 知る人ぞ知るスリランカ料理天国、茨城県。大阪にひけをとらないレベルのスリランカ料理店がたくさんある茨城県ですが、そのほとんどが駅から何キロも離れた場所にあり、クルマじゃなきゃ行けないのですよね。今回は、そんな茨城スリランカの中でも電車の便が良いお店をご紹介。・・・といっても、つくば駅から1キロとちょい。歩いて約15分。茨城にしては破格の利便性!!アパート風の建物二階にビカビカとした輝き。「ヘラディワ [続きを読む]
  • 真夜中池袋のネパール人隠れ家。「ふんわりダイニング池袋」(池袋)
  • いままで池袋で真夜中カレーがいただける店って案外少ないなぁ・・・なんて思っていたのですが、やっと見つけました。しかも現地式ネパール料理。けれど繁華街から少し離れた微妙な立地。「ふんわりダイニング池袋」真夜中にフラフラしていて見つけたのですが、最初驚きました。なにせ日本人ゼロ、完全にネパール人の溜まり場になっていたんですから。「こんばんは〜」と言って店内へ入ると、皆不意を突かれたような表情。「なぜ日 [続きを読む]
  • Japanese Curry Awards presents 『カレー寺 vol.2 小芋とトマトと短角牛』
  • Japanese Curry Awards presents 『カレー寺 vol.2』2017年12月2日開催!!*****************************************************************日本のカレー文化を、さらに面白くするために何ができるだろう?日本のカレー文化の秘める、新しい可能性をもっともっと探りたい。私たちが注目したのは「日本の食材」そして、その生産者の方々です。繊細な四季に恵まれた日本のあちこちで、魅惑的な食材を作り続ける生産者の方々と、 [続きを読む]
  • 新宿に吹く、ナイジェリアの風。「エソギエ」(新宿三丁目)
  • なんだかんだで日本の首都東京。アフリカ料理店の数はどこにも負けません。モロッコ、チュニジア、エチオピア、ケニア、エジプト、ガーナ、トーゴ・・・そしてナイジェリア料理ならやはりこちら。「エソギエ」実は何度も訪問しているのですが記事化は初。ナイジェリア出身のラッキーさんのお店です。エレベーターのない雑居ビルを三階へ。バーカウンター10席、テーブル10席の落ち着いた雰囲気のお店。店内にはナイジェリア音楽が流 [続きを読む]
  • 宮脇坂上の気軽なタイ屋台。「バンコク屋台カオサン」(渋谷)
  • 渋谷宮益坂、「ワンディッシュタイ」が閉店したあとに入ったのは同じくタイ料理店。「バンコク屋台カオサン 渋谷宮益坂」2017年6月16日オープン。「ティーヌン」などを経営するスパイスロードの系列店ですね。同系列ならではのカジュアルポップな内装。バックパッカーの聖地カオサンロードに思いを馳せながら、さあいただきましょう。★スパイ カミカゼ 590今春解禁されたスパイのカクテル。この南国感が最高。★ガイヤーン 79 [続きを読む]
  • 大阪スリランカ料理のレジェンド復活。「コロンボ」(北新地)
  • 日本におけるスリランカ料理最大の密集地であり聖地とえば、大阪。その大きなルーツとなったのが、1990年に開催された「花と緑の博覧会」(通称「花博」)。このとき招聘され来日したスリランカ人シェフこそがラクスマンさん。通称ラッキーさん。(同じく花博で来日したシェフに徳島「マータラ」のダンミカさんもいます。)花博のあと日本に残り「コートロッジ」を皮切りとして、数々のお店を渡り歩いたラッキーさんは、大阪スリラ [続きを読む]
  • このビアパブのカレーが旨い。「Publion」(下北沢)
  • 先日開催された下北沢カレーフェスティバルでは、カレー屋以外のいろいろなカレーと出会える機会がありました。こちらもその一つ。「Publion」(パブリオン)駅北口近くにあるブリティッシュパブなんですが、ここのカレーがなかなか良かった。カレーフェス期間中は、ハーフサイズカレーも注文可。カレー梯子の4軒目だったので迷わずそちらをオーダーしたのです。★トロットロ牛スジ肉と東京都小金井産有機野菜のカレー(ハーフサ [続きを読む]
  • 高円寺に染み渡るアジアの空気。「リトルアジア」(東高円寺)
  • 東高円寺駅近く、青梅街道沿い。遺跡のようにこの地に馴染んだ門構え。「リトルアジア」台湾、タイ、ベトナム、韓国、カンボジア、シンガポール・・・・アジア各国の料理とお酒を幅広く提供するお店。・・・と書くと、昨今よくあるフュージョン系のアジアンバルと混同しそうになりますが、雰囲気も内容も全然違うんです。中華系(台湾かな?)の方が経営されており、まるでアジア広域を網羅した華僑食堂といった感じなんですね。し [続きを読む]
  • 食材店奥のネパール人秘密基地。「ベットガット」(新大久保)
  • 一見コリアンタウンでありながら、着実に、凄まじいほどの勢いでリトルカトマンズ化が進む新大久保。そこには華やかなネパール料理レストランだけでなく、在日ネパール人向けの憩いの場があちこちに隠れているんです。今回はそんな中でも、知らなきゃ絶対見つけられないネパール大衆食堂をご紹介しましょう。新大久保改札を出て左手側、線路沿いの路地を新宿方向へ。ビルの狭間に小さなネパール食材店「カンティプールマート」があ [続きを読む]