canard さん プロフィール

  •  
canardさん: パリの空の下で
ハンドル名canard さん
ブログタイトルパリの空の下で
ブログURLhttp://mouton07.seesaa.net/
サイト紹介文パリでリタイヤ生活、徒然に見たまま、聞いたまま、感じたままのパリ生活、パリの政治問題など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/06/14 07:06

canard さんのブログ記事

  • パリはくすぶっていますね
  • フランスは燃えているかなどという海外からの冗談まじりの声が聞こえてくるが、まだ燃えてはいないがかなりくすぶっていますね 〓今日も朝から、フランス全土に広がっているマクロン大統領退陣を求める各土曜日ごとの「黄色いベスト」運動の中継をテレビで見てしまった。先週よりもデモ参加者が少なくなったとか、今日のデモは静かで平和的に済んでいるとかテレビの司会者たちが言っているけど、今週も8000人の機動隊員たちが [続きを読む]
  • 遅ればせながらフランスの「春」?
  • ノエル(クリスマス)も間近になったが、未だに収まらない(土曜日ごとに繰り返されてきた)gilets jaunes 「黄色いベスト」運動は5週目に入り、明日の土曜日も行われるかどうかが人々の関心の的になっている政府が必死にデモを行わないように脅したりなだめたりしてきたが、マクロン大統領の対応が手遅れぎみだったこともあるが尊大な態度がさらに反感を招いてしまい明日のデモは行われるだろうと、パリの中心街のメトロなどは閉 [続きを読む]
  • パリは、嵐の後の静けさ
  • 毎週土曜日に行われている反マクロン大統領(=反グローバリズム運動?)の少々激しい抗議運動も、翌日にはきれいさっぱりと姿を消して、日曜日は静かな静かなパリに変身・・・シャンゼリーゼも大掃除されて翌日には痕跡無しいつものクリスマスツリーの輝く美しい大通りに戻ったようです  〓あの騒動は夢だったのかとつい思えてしまいます少し前ですが、勝谷誠彦さんが亡くなったとかたまたま、あるブログで知りビックリしました [続きを読む]
  • フランス人の反骨精神
  • フランスは、今朝から4週間目の「Gilets jaunes ジレ・ジョウンヌ=黄色いベスト(マクロン大統領退陣を求める反政府運動)が行われた先週は高校生たちまでが参加!。1年半目にして、フランス人をここまで怒らせたマクロン大統領!どこを見て政治をしていたのか、最初からフランスの市民のための大統領じゃないことは三橋さんが予言していましたがその通りでした素人寄せ集めの政権のせいもあるのでしょうか?誰にも政治の経験が [続きを読む]
  • パリのデモ、フランス人が怒ると恐い?
  • 普段はニコニコおとなしい民族ですけど結構、正直で正義感が強いのだと思いますねでも日本人と違うところは、自分の主張に対し遠慮はしないというところでしょうかだから、政府の不公平なやり方に対しては毅然とデモを行う( ^ω^)・・・それに便乗する悪者もいることは確かですが玉石混交の民族の入り混じるフランスですからデモに暴動が混じるのは仕方のない結果でしょうか3週間くらい前から連続して続いていたらしい!フラ [続きを読む]
  • パリは内乱か?、騒動か?
  • 10月の半ばから11月末まで日本に滞在して約一月半ほどパリを留守にして帰ってきたら驚いたことに、パリは内乱か?と思えるような過激な抗議運動「暴動」騒ぎが起きていたフランスの抗議運動は、いつも過激になるが「火事と喧嘩は江戸の花」」ならぬ、「デモと暴動はパリの花(?)」ではないが、今回はいつもの暴動よりも数倍過激だったらしい。ビックリ!、ここまで過激だったとは・・・〓証拠映像は下のユーチュブで見てねhttps: [続きを読む]
  • パリ四方山話 アズナブールの死
  • つい先日、マクロン大統領主催のベルサイユでの晩さん会のテーブルで、皇太子さまの横にちょこんと座っていたシャルル・アズナブール、あまりの上座にちょっと・・と思っていたが、そのアズナブール氏が昨日亡くなったという。突然の訃報でしたそれで、昨夜のニュースは彼の追悼番組で彼の経歴などいろいろ紹介していましたが彼の人生は晩餐会の上座に座れるくらいのことをしてきた人生だったのだと思わされました彼はアルメニア系 [続きを読む]
  • パリから四方山話
  • 日本ではまたまた台風一過(24号)したそうでその被害状況を「うさぎ屋さんの四方山話」というブログを読んで笑った!。(被害が大きかった方には申し訳ないが・・・)「建物には被害は無かったが、果樹類が倒れた芽を出したばかりの大根・人参は吹き飛ばされた。小ネギ、ラッキョウも吹き飛んでいました。あの地域は「吹越」(ひごし)という字ですので、地形上、昔から風が吹き抜けていたのでしょうね」そんな小さな野菜の芽も吹 [続きを読む]
  • 安倍首相3選の結果・・・
  • ブログなどでも騒がれていた自民党総裁選予想通り、安倍首相が勝利したようですね今朝のブログなどで知りました  〓新聞、テレビなどより、より真実で、詳細な情報が得られることが多いので、最近は私もネットのブログなどが情報源になりました 事件でも政治問題でも世界情勢でもネットの方が早くて、詳細が詳しいですしねでも、あの(?)石破氏を選んだ人も予想外に多かったのにはちょっとビックリしました!「蓼食う虫も好き [続きを読む]
  • 160年前の歴史って?
  • 今年は、「日仏友好160周年」だそうで 〓そのことを記念して、今年はパリで日本政府主催の日本文化紹介の行事がいろいろめじろ押しのようですところで日仏友好160周年記念とは何か?と誰も知らないので、ちょっと調べてみたら、何だか日本人が喜んで浮かれ騒ぐような事じゃないのではないかと思いましたが・・・ 〓160年前というと、つまり1858年の日本は「安政の大獄」がはじまった時期だったようです安政の大獄な [続きを読む]
  • 日仏間の大いなるズレ?
  • 久しぶりの更新ですがまず9月初めに関西地方を襲った台風21号、更に直後の北海道大地震による大きな被害にお見舞い申し上げます。特に、北海道地震では多くの山々が崩れて軒並み赤茶色の山肌がむき出しになった写真に衝撃を受けました、あんなにたくさんの山々が峰から地滑りを起こしていたのです自然の保護が行き届いていないせいでしょうか日本は昔は山林の保護が行き届いていたそうですが台風はあらかじめ予想がつきますが、 [続きを読む]
  • 南仏のトラブル?
  • 最近、古本屋さんで「南仏プロバンスの12か月」という本を見つけたので、その本を持ち、パリの公園の木陰で、パリの貴重な暑い夏を満喫しながら南仏、プロバンスの夏も同時に味わったプロバンスののんびりとした出来事を読んでいたが、同じ南仏でもプロバンスとピレネー地方では風土も人情も異なるのかもと思えたニュースを最近見つけた少し前、南仏のバニュルスという村で有機ワインを製造する若い日本人夫婦が、その収入が不十分 [続きを読む]
  • 世界チャンピオンになって、国滅ぶ?
  • 7月14日の fête national (革命記念日)恒例のパレード(日本の自衛隊も7人が参加)の余韻は早々に翌日のワールドカップの熱気にかき消されてしまいました 〓街のキャフェーに設置された複数の大型テレビの前には、路上にまで溢れかえった黒山の人だかり・・・そのせいか、日曜日の午後のリュクサンブール公園はいつもと打って変わって閑散としていましたおかげで私たちは、選り取り見取りの公園のベンチでのんびり( ^ω^ [続きを読む]
  • 日本の自衛隊、パリ祭に初参加?
  • 今年の7月14日のパリ祭、革命記念日の恒例の「軍事パレード」に日本の自衛隊が出ると聞いたのでそれが見たさに朝からテレビをつけた日本では、200人以上の死者が出ている「西日本豪雨災害」で自衛隊は忙殺されているらしいので、大変な時期だが、それでもフランスとの外交のためにか、数人(7人)の自衛隊員がパリに派遣されていてシャンゼリーゼにおける恒例の軍事パレードに参加していた大東亜戦争で、仏領だったインドシナから [続きを読む]
  • 日本-ベルギー戦を見た
  • パリもここしばらく夏らしい暑さが続いて夏らしい気分を満喫中、昨夜は日本-ベルギー戦があり、夕方8時からというゴールデンタイムに観戦できるとあって、見らにゃそんそんですね〓日本チームには申し訳ないが、あまり期待はしていなかったので、最初に2点も獲得したのには正直嬉しいというより驚き( ^ω^)・・・ただそこで油断をしてしまうのではと心配したがその通りになったと思うそれまで整然とした完璧な守備をしていた [続きを読む]
  • ロシアの「自給自足」政策がスゴイ
  • 先日、仏テレビでちょっと面白いニュースを見たロシアのプーチン大統領が嫌いらしいフランスのマクロン大統領は(それ以前から?)ロシアを制裁するために、フランスのチーズなどの食料品を一切ロシアに輸出しないことにしていたらしいロシアの食料品店の棚から、フランスのチーズやその他の乳製品などが一切消えたというまあ、これでロシアの民衆がフランスのチーズが食べたいと暴動でも起こせば、それが欧州の思う壺だったのかも [続きを読む]
  • 米朝会談のロゴマーク・・・
  • 昨夜は、フランスも、トランプとキム・ジョンウンの「米朝会談」のニュースばかりでした。その会場をぎっしりうずめていたらしいアメリカ国旗と北朝鮮の国旗が並んで翻っていたのが気持ち悪かったですねさらに、記者会見の会場の壁には、米国、北朝鮮の2国の二つに分断された国旗が一つになったロゴマークがたくさん散りばめられていましたが、民主主義国家の代表のような米国と、独裁国家、北朝鮮の相反する体制の国の国旗が一つ [続きを読む]
  • 「海賊と呼ばれた男」を見て・・・
  • 最近、年齢のせいか、街の映画館などへはすっかりご無沙汰なのですが、日本へ帰る飛行機などでは機内映画を楽しみに見ますそんな機会に、素晴らしく感激させてくれる映画に出会ったりすれば、十数時間に及ぶ長旅もあっという間に到着です今回の日本へ帰る飛行機の中では「海賊と呼ばれた男」という映画を見ました。「永遠のゼロ」で有名な百田尚樹さんの書いた本だということは知っていたが、海賊というタイトルのせいか、娯楽的な [続きを読む]
  • 沖縄にて・・・
  • 先日、マクロン仏大統領が米国に行ったらしいトランプ米大統領から国賓待遇で招待されたようですがシリア空爆のお礼でしょうか?そのプロトコルの式典を日本(NHK)でみたけど、なんで日本のテレビが延々と翻訳付きで報道していたのかちょっと不思議に思えただって、日本がフランス大統領の動向を気にしているなんて思えないから、トランプ大統領の動向なんでしょうかね?その中で、米国とフランスの親密な関係を示すのに独立戦争 [続きを読む]
  • ナポレオンの再来?
  • 先日、米仏英が突如シリアを攻撃して、ロシア側の報復が心配されたけど、その後の続報はないので第三次世界大戦は回避できたのだろうか? 〓攻撃前の数日間、フランスのテレビは、シリア政府軍が化学兵器で市民を殺したと、犠牲になった子供たちの映像と医者の証言などをもとに、シリアのアサド大統領を責めるニュースを流していたが、そしたら突然の米英仏によるシリア空爆?、ビックリしました「化学兵器を許さない!」と仏のXX [続きを読む]
  • フランスの最近のニュース・・・
  • パリは、まだ「春爛漫」とまではいかないけど大分春らしくなってきました。行きつけの公園や散歩道も爽やかな新緑が多くなってきましたこんなが新緑が美しい季節は、気持ち良く上ばかり見て歩いているので、地上のニュースは何となくスルーになっていましたが最近の目に入ったニュースを取り上げてみると、昨今騒がれているのはジョニー・ホリディーの相続問題!他人の遺産相続なんかに興味はなかったのですが、遺産を独り占めにす [続きを読む]
  • 閑話休題(ミミとコクチョウ)
  • ミミはとうとう野良猫じゃなく、永久的に家猫に昇格したようだ。自分から出奔しない限りだが・・・ミミは4年も公園で自由に生きてきたのだからまた戻ってくると待っている人もいるけれどあの寒い公園でふるえなくとも済むのだからミミにとっては新しい飼い主の家でぬくぬくと暮らしていける方が良いと言うのが大方の意見それでも念のため公園に行くと、必ずミミのいた場所へ行ってみるが、勿論ミミの姿はどこにも見えず、ミミの存 [続きを読む]
  • パリは桜の季節・・・
  • 4月1日の PAQUES(パック・復活祭)も過ぎてもう今日は5日ですが、春まだ浅しですねパリはまだまだ寒いけど、樹木には新芽も吹き出し美しい季節が訪れようとしていますリュクサンブール公園の桜は満開でしたが植物園の大木の桜はまだ一分咲きでした種類によって開花時期が随分違いますねパリでは、昨今いろんな所に桜が増えました私がパリに来た当初はこんなに桜なんて無かったような気がしますが、いつの間にか増えていたんです [続きを読む]
  • 日本の過労死が報道されていた
  • 寒波の後に温かい日が続いたから「もうコートもいらないね」と言っていたら、今日はなんと雨から雪になった。雨に雪が混じり、その後は本格的に雪!大きな綿雪がはらはら・・・、けっこう吹雪みたいになったので、今日の散歩は取り止め   〓 ざんねん      夕方のテレビで日本の「過労死」を取り上げた番組を見た。以前から、日本では過労死が問題になっていたが、とうとう外国にまで取り上げられるようになったのかと・ [続きを読む]
  • 春まぢか
  • またまた久しぶりにマイブログにログインしたけどさて何を書こうかなあ・・・・( ^ω^)なんてねもう3月も半ば過ぎてしまいました。今月初の投稿です。酷過ぎますね・・ 〓3月はいろいろ書きたいと思うことはあったのに、時間が経って忘れてしまったり、また、月日が経つと意味が無くなったり(テーマにも賞味期限ありますね)それに何よりも月日の経つのが早すぎて、年と共に、ますますのんびり屋になった私には頭が追い付い [続きを読む]