canard さん プロフィール

  •  
canardさん: パリの空の下で
ハンドル名canard さん
ブログタイトルパリの空の下で
ブログURLhttp://mouton07.seesaa.net/
サイト紹介文パリでリタイヤ生活、徒然に見たまま、聞いたまま、感じたままのパリ生活、パリの政治問題など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/06/14 07:06

canard さんのブログ記事

  • 南仏のトラブル?
  • 最近、古本屋さんで「南仏プロバンスの12か月」という本を見つけ、パリの暑い夏を満喫しながら公園の木陰でプロバンスの暑い夏も味わった同じ南仏でものんびりしたプロバンスとピレネーでは風土も人情も異なるのかもと思えたニュースがあった少し前、南仏のバニュルスという村で有機ワインを製造する若い日本人夫婦が、その収入が不十分だという理由でその地方の行政(ピレネー・オリエンタル県)から退去命令(国外退去命令?)を [続きを読む]
  • 世界チャンピオンになって、国滅ぶ?
  • 7月14日の fête national (革命記念日)恒例のパレード(日本の自衛隊も7人が参加)の余韻は早々に翌日のワールドカップの熱気にかき消されてしまいました 〓街のキャフェーに設置された複数の大型テレビの前には、路上にまで溢れかえった黒山の人だかり・・・そのせいか、日曜日の午後のリュクサンブール公園はいつもと打って変わって閑散としていましたおかげで私たちは、選り取り見取りの公園のベンチでのんびり( ^ω^ [続きを読む]
  • 日本の自衛隊、パリ祭に初参加?
  • 今年の7月14日のパリ祭、革命記念日の恒例の「軍事パレード」に日本の自衛隊が出ると聞いたのでそれが見たさに朝からテレビをつけた日本では、200人以上の死者が出ている「西日本豪雨災害」で自衛隊は忙殺されているらしいので、大変な時期だが、それでもフランスとの外交のためにか、数人(7人)の自衛隊員がパリに派遣されていてシャンゼリーゼにおける恒例の軍事パレードに参加していた大東亜戦争で、仏領だったインドシナから [続きを読む]
  • 日本-ベルギー戦を見た
  • パリもここしばらく夏らしい暑さが続いて夏らしい気分を満喫中、昨夜は日本-ベルギー戦があり、夕方8時からというゴールデンタイムに観戦できるとあって、見らにゃそんそんですね〓日本チームには申し訳ないが、あまり期待はしていなかったので、最初に2点も獲得したのには正直嬉しいというより驚き( ^ω^)・・・ただそこで油断をしてしまうのではと心配したがその通りになったと思うそれまで整然とした完璧な守備をしていた [続きを読む]
  • ロシアの「自給自足」政策がスゴイ
  • 先日、仏テレビでちょっと面白いニュースを見たロシアのプーチン大統領が嫌いらしいフランスのマクロン大統領は(それ以前から?)ロシアを制裁するために、フランスのチーズなどの食料品を一切ロシアに輸出しないことにしていたらしいロシアの食料品店の棚から、フランスのチーズやその他の乳製品などが一切消えたというまあ、これでロシアの民衆がフランスのチーズが食べたいと暴動でも起こせば、それが欧州の思う壺だったのかも [続きを読む]
  • 米朝会談のロゴマーク・・・
  • 昨夜は、フランスも、トランプとキム・ジョンウンの「米朝会談」のニュースばかりでした。その会場をぎっしりうずめていたらしいアメリカ国旗と北朝鮮の国旗が並んで翻っていたのが気持ち悪かったですねさらに、記者会見の会場の壁には、米国、北朝鮮の2国の二つに分断された国旗が一つになったロゴマークがたくさん散りばめられていましたが、民主主義国家の代表のような米国と、独裁国家、北朝鮮の相反する体制の国の国旗が一つ [続きを読む]
  • 「海賊と呼ばれた男」を見て・・・
  • 最近、年齢のせいか、街の映画館などへはすっかりご無沙汰なのですが、日本へ帰る飛行機などでは機内映画を楽しみに見ますそんな機会に、素晴らしく感激させてくれる映画に出会ったりすれば、十数時間に及ぶ長旅もあっという間に到着です今回の日本へ帰る飛行機の中では「海賊と呼ばれた男」という映画を見ました。「永遠のゼロ」で有名な百田尚樹さんの書いた本だということは知っていたが、海賊というタイトルのせいか、娯楽的な [続きを読む]
  • 沖縄にて・・・
  • 先日、マクロン仏大統領が米国に行ったらしいトランプ米大統領から国賓待遇で招待されたようですがシリア空爆のお礼でしょうか?そのプロトコルの式典を日本(NHK)でみたけど、なんで日本のテレビが延々と翻訳付きで報道していたのかちょっと不思議に思えただって、日本がフランス大統領の動向を気にしているなんて思えないから、トランプ大統領の動向なんでしょうかね?その中で、米国とフランスの親密な関係を示すのに独立戦争 [続きを読む]
  • ナポレオンの再来?
  • 先日、米仏英が突如シリアを攻撃して、ロシア側の報復が心配されたけど、その後の続報はないので第三次世界大戦は回避できたのだろうか? 〓攻撃前の数日間、フランスのテレビは、シリア政府軍が化学兵器で市民を殺したと、犠牲になった子供たちの映像と医者の証言などをもとに、シリアのアサド大統領を責めるニュースを流していたが、そしたら突然の米英仏によるシリア空爆?、ビックリしました「化学兵器を許さない!」と仏のXX [続きを読む]
  • フランスの最近のニュース・・・
  • パリは、まだ「春爛漫」とまではいかないけど大分春らしくなってきました。行きつけの公園や散歩道も爽やかな新緑が多くなってきましたこんなが新緑が美しい季節は、気持ち良く上ばかり見て歩いているので、地上のニュースは何となくスルーになっていましたが最近の目に入ったニュースを取り上げてみると、昨今騒がれているのはジョニー・ホリディーの相続問題!他人の遺産相続なんかに興味はなかったのですが、遺産を独り占めにす [続きを読む]
  • 閑話休題(ミミとコクチョウ)
  • ミミはとうとう野良猫じゃなく、永久的に家猫に昇格したようだ。自分から出奔しない限りだが・・・ミミは4年も公園で自由に生きてきたのだからまた戻ってくると待っている人もいるけれどあの寒い公園でふるえなくとも済むのだからミミにとっては新しい飼い主の家でぬくぬくと暮らしていける方が良いと言うのが大方の意見それでも念のため公園に行くと、必ずミミのいた場所へ行ってみるが、勿論ミミの姿はどこにも見えず、ミミの存 [続きを読む]
  • パリは桜の季節・・・
  • 4月1日の PAQUES(パック・復活祭)も過ぎてもう今日は5日ですが、春まだ浅しですねパリはまだまだ寒いけど、樹木には新芽も吹き出し美しい季節が訪れようとしていますリュクサンブール公園の桜は満開でしたが植物園の大木の桜はまだ一分咲きでした種類によって開花時期が随分違いますねパリでは、昨今いろんな所に桜が増えました私がパリに来た当初はこんなに桜なんて無かったような気がしますが、いつの間にか増えていたんです [続きを読む]
  • 日本の過労死が報道されていた
  • 寒波の後に温かい日が続いたから「もうコートもいらないね」と言っていたら、今日はなんと雨から雪になった。雨に雪が混じり、その後は本格的に雪!大きな綿雪がはらはら・・・、けっこう吹雪みたいになったので、今日の散歩は取り止め   〓 ざんねん      夕方のテレビで日本の「過労死」を取り上げた番組を見た。以前から、日本では過労死が問題になっていたが、とうとう外国にまで取り上げられるようになったのかと・ [続きを読む]
  • 春まぢか
  • またまた久しぶりにマイブログにログインしたけどさて何を書こうかなあ・・・・( ^ω^)なんてねもう3月も半ば過ぎてしまいました。今月初の投稿です。酷過ぎますね・・ 〓3月はいろいろ書きたいと思うことはあったのに、時間が経って忘れてしまったり、また、月日が経つと意味が無くなったり(テーマにも賞味期限ありますね)それに何よりも月日の経つのが早すぎて、年と共に、ますますのんびり屋になった私には頭が追い付い [続きを読む]
  • 春先はジェットコースター並みの気候変動
  • ここ3〜4日、シベリアからの風が流れ込んできたらしいパリ、氷で顔を撫でられるような冷たさ極寒のシベリアの地が思い馳せられましたシベリアはもっと寒さが厳しいことでしょうが・・・〓そんな極寒の地獄の地に送られ、ろくな食べ物も防寒着もなく、外での強制労働を強いられた敗戦後の日本兵たちの苦労がしのばれました(シベリア抑留より) 〓  野外で暮らすミミ、このシベリア並みの寒さは辛かろうと思っていたが、一昨日 [続きを読む]
  • 日本を貶めるフランスの司会者!
  • 昨夜の平昌冬季五輪の開会式の中継を少しだけ(ほとんど日本人の入場式だけ)見たのだが、安倍首相が慈父のような笑顔で選手たちに手を振っていた姿が良かったですね  〓敵陣(?)に入った日本選手団は、安倍首相の笑顔に百倍も勇気づけられたことでしょう安倍首相は、それだけでも韓国に行った意味があったと思えました。私はフランスのテレビ中継を見たわけだがその時のフランス人の女性司会者が驚くべき無知な発言、間違った [続きを読む]
  • 雪の花?
  • 雪のせいか、今年初めて耳が痛くなるような冷たさ、転ばないようにそろそろ歩いて公園にきてみたけど、公園は閉まっていました残念、ミミに会えないじゃないか 〓ミミはこの雪の中、どうしていることやら?樹々に積もった雪が美しいレースのようでしたきれいなのでスマフォで写真を撮ってみた。 [続きを読む]
  • 洪水の後は雪景色
  • 今日は、本格的な雪になって、窓の外が真っ白にお化粧直しをしていた! 雪景色は美しいけど、吹雪いているし、今日の散歩は取り止めですね 〓この雪ではミミも小屋から出てこれないでしょうしパリは昨年11月ころより雨が多くて、そのせいで最近、フランス各地では洪水被害が発生していた!水かさが引かない地域の人々は腰まである長い、ゴム長靴ズボン(?)をはいて外出していたけど便利なものができたと思う反面、あれで流され [続きを読む]
  • パリは暖冬と寒波が入れ替わり・・・
  • 1月のパリは雨が多かったが、暖冬で(100年ぶりぐらいだったとか)比較的過ごしやすかった。ところが、2月になると大寒波になると騒がれている。木か金曜日当たりには−9度位になるとか・・・〓 ブルルです確かに昨日あたりから突然に空気が冷たくなり散歩に出たものの長くは外にいられない感じ!ミミは寒さにもかかわらず木登りをしていたが持って行った残り物のお肉を食べると、早々に自分の小屋に入ってしまった今(正午前)の [続きを読む]
  • ミミのご帰還
  • 前回ミミが失踪した話を書いたので、その後数日して戻ってきたことを、一応.数少ないこのブログの読者様にお知らせしようと書き始めたのですが、書き終わらないままになっていました。 スミマセン( ^ω^)・・・ミミの失踪後も、どうせ散歩のついでだし、ミミの近況も気になるので、いつもの時間帯に公園に行っていたのですが、ある日、木の下にうずくまっているミミを発見!。どうやらミミは、数日後に自分のテリトリーに戻 [続きを読む]
  • ミミの失踪?
  • 飼われていた家を出奔、公園に居を構えた猫ちゃん何度連れ戻されても公園に戻ってきてしまうので飼い主さんも諦めたらしい猫は自由、孤高な生き物ですからね 人間の自由にはなりません!  〓        以来、元の飼い主や猫好きな人々から餌をもらい公園で自由気ままな生活を送っていたミミちゃん 〓餌をもらっても甘えないし、嬉しい時に鳴らすゴロゴロもあまり聞かない猫のくせに、斜めに構えた「eremite 隠者の」の [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます
  • いよいよ2018年の幕明けですね今年は戌年だそうで、かわいいワンちゃんの年賀状が届きました 〓 Bonne année!Bonne santé à nous tous !戌年の『戌』は、『良犬』のことだそうですね12支の中で最も誠実、忠犬ハチ公を彷彿とさせるとかそう言えば、昨夜アメリカ版「忠犬ハチ公」の映画をテレビでやっていたので見てみたが、何度見ても涙が出ます。この映画がヒットしたせいでしょうかね?最近、近くの公園でも秋田犬に [続きを読む]
  • 本年もお世話になりました<br />
  • 2017年も残りわずか・・・、たった一日否、もう午後ですから正確には半日です今年も一年の過ぎ去るのが「光陰矢の如し」あっという間に過ぎ去った感じです今年はノエルも大晦日も日曜日にぶつかりのんびりした祭日になりましたが、いろいろ書きたいと思うことはあったのだけど時間がありませんでした来年、またゆっくりした時間があるときに再更新したいと思います。 来年もよろしく   〓 ですね2018年は、皆様にも日 [続きを読む]
  • 日馬富士に同情する今回の事件
  • 11月の日本帰国の間に、大相撲の九州場所があり連日、母とテレビで相撲観戦を楽しんだのだが、今年はその九州場所3〜4日目に思いがけない事件が勃発したテレビは、「日馬富士暴行事件」として、連日スキャンダラスに報道し始めたが、そのせいで、当初、些細なよくある出来事と思われたことが、あれよあれよという間に、「テレビ」で、一大スキャンダルに発展させられていくのを見た恐ろしい・・・、これが有名なマスメディアの誘 [続きを読む]
  • 12月のパリ
  • 10月半ばより一月半も日本に帰っていたせいもあるけど、ブログの更新が滞った!恐る恐るブログを開いてみると、何とアクセスの順位が4桁に落っこちていた4桁なんてjamais euなので流石にショック!でも次の日は3桁に戻っている・・・、ブログの順位なんていい加減なものなのでしょうね  と、自分を慰めてみる。  〓久しぶりに公園の猫サークルに顔を出す友達とは有り難いものですね私が帰ったのを歓迎してくれました久しぶりの [続きを読む]