canard さん プロフィール

  •  
canardさん: パリの空の下で
ハンドル名canard さん
ブログタイトルパリの空の下で
ブログURLhttp://mouton07.seesaa.net/
サイト紹介文パリでリタイヤ生活、徒然に見たまま、聞いたまま、感じたままのパリ生活、パリの政治問題など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/06/14 07:06

canard さんのブログ記事

  • 在外投票日のお知らせが
  • 日本大使館から、第48回衆議院総選挙の在外投票日のお知らせが届いたのだが( ^ω^)・・・どこに投票して良いものやら・・・?自民も歯痒いが、民進党などは崩壊(自滅)してしまったらしい  〓そんな時、都知事に就任したばかりの小池百合子さんがさっそうと(?)新しく「希望の党」を立ち上げて再び、百合子旋風を巻き起こすかと思われたが都知事選で最大の課題だった築地、豊洲の問題やその他の大小さまざまな問題が何 [続きを読む]
  • 栗ひろいをした
  • 日曜日は、素晴らしい秋晴れの一日だったパリにいては勿体ないような日よりに誘われ再び、郊外にある 「La Vallée aux Loups」(オオカミの谷)へ遠出することにした「La Vallée aux Loups オオカミの谷」はパリからRER とバスで、20〜30分ほどで行けるRER の終点から歩いても行ける近距離の郊外なので午後からでも気軽に出かけられる「オオカミの谷」という名前の示す通り、この谷は、昔はオオカミがたくさんいたのかも知れな [続きを読む]
  • 今日は、「秋分の日」
  • 秋の野原を駆けめぐるねずみさん、地下の住家にもぐっては温かい飲み物を飲んで身体を温めるそんなGoogleの初動ページのイマージュが可愛らしくてどんな説明があるのかと すると今日、「EQUINOXE AUTOMNE 2017」とありました!今日、22日は「秋分の日」だったのですね日本の暦は、秋分の日は明日23日になっていますがこういうことも時差があることを、改めて認識したうっかりものの私ですいずれにせよ、今日の午後 [続きを読む]
  • 新パソコンの使い心地
  • パソコンは、先日も書いたように「習うより慣れろ」でしょうが、退職後の暇つぶしにと50代後半からパソコンを習い始めた年寄りにはそうはいきません! 〓パソコンを買い替えるたびに新機能に慣れなければならないのは一苦労ですが、今度の、新しいパソコンに組み込まれた「Windows 10」の新機能は、今まで使っていた機能と大分使い方が異なるとは言われていましたので、覚悟はしていましたが、確かに大分表示や使い方に戸惑うこ [続きを読む]
  • 新パソコンのお試し
  • ブログなどを書くときは、スマフォよりもパソコンの方が便利だし、5〜6年前に買った Toshiba のパソコンは雑音が酷くなったので、気軽に旅行に持っていけるような薄型の軽いパソコンに買い替えたいなと思っていたが、やっと新しいパソコンが手に入った。 〓メーカーは DELL、大きな画面を買ったので、薄型でも重さは2?あるが、シンプルなデザインが気に入った今朝、友人がいろいろな設定をしてくれたが、今までは、システムが [続きを読む]
  • 秋の長雨の合間の楽しみ
  • 秋の長雨とは、日本でよく聞いた言葉だが、パリにもそんな現象があったのかと思うくらい雨が多いこの頃、やっと晴れ間が出たので友人と久しぶりにリュクサンブール公園へ行くすっかり秋景色になったリュクサンブール公園を散策最近、樹木に興味が湧いてきたという友人が樹木の名前をいろいろ聞いてくる。樹木の名前に関しては、自然派だった私の方が幾分詳しいようです  「樹木に興味が出てきたなんて年齢のせいかしら?」と私よ [続きを読む]
  • 秋の風景 知識の秋に・・
  •  栗の実?いいえ、いいえ、マロニエの実ですイガには、やはり痛そうな棘がありますマロニエ=栃の木ということで、ちょっと調べてみたら、栃の木(マロニエ)には幾つかの種類があるということを初めて知りました!パリでよく見かける白い花をつけるマロニエは、セイヨウトチノキ(西洋栃の木)と言うんですねその他に、紅い花をつけるアカバナトチノキ(赤花栃の木)があるが更に、「西洋栃の木」と「赤花栃の木」との交配で作出 [続きを読む]
  • パリは初秋の候、マロニエの実の効用?
  • 随分涼しくなったと思うこの頃、よく散歩する路上に栗の実に見まごうマロニエの実が落ち始めていた落ち始めたばかりの実は、つやつやと茶色の光沢があって美しいので、つい拾い上げて手の中で遊んでみたくなる(日本では、栃の実と言うそうですが)突然、マロニエの実が頭上から落ちてきて、足元の路上に当たり、大きな音をたててはぜる時があるが、その直撃弾、当たったらさぞ痛いだろうな 〓 と思う落ちた弾みではじけたマロニ [続きを読む]
  • カリブ海の悲劇
  • オーストリアとの国境に近いイタリア側の (Dolomiti ドロミテ山脈という)美しい山岳地方での旅行の余韻を楽しんでいた時、 「イルマ」という巨大ハリケーンでフランス領のサンマルタンなどのを含むカリブ海の島々が甚大な被害をこうむったというニュースが連日流れてきたサンマルタン島は数年前にバカンスを過ごしたことがありあの美しい夢のような島が、95%の壊滅状態に近い被害を被ったというので驚いた!。青い海原にア [続きを読む]
  • イタリアの魅力発見の旅
  • 昨夜、イタリア三泊四日の小旅行から帰った今回は、オーストリアとの国境に近い山岳地方への旅アルプス山脈に連なる山岳地帯だが、イタリア側では Dolomiti(ドロミチ、ドロミテ山脈)と呼ぶそうだアルプス山脈もよく知らない私には、Dolomiti(ドロミテ山脈)の景観は驚くべきものでした!。私たちは、ベルノ Bellunoという Dolomiti(ドロミテ山脈)の麓の方の街に泊まったのだが、少し町を出ると、空に聳えたつ裸の奇岩の数 [続きを読む]
  • 昨日、8月15日は・・
  • 8月15日は、フランスでは、聖母被昇天祭で会社がお休み、友人などは月曜にも(橋をかけて)土日月火と4日間も休みになったが、8月末に家の用事でイタリアに行くことになっているので、どこへも行かずパリでブラブライタリアには私もついていくので、用事にかこつけたプチ・バカンス気分。 ベニスからレンタカーを借りて数時間走らなきゃならない山岳地帯だよ(?)という事でどんな野蛮な(?)ところかと戦々恐々としていた [続きを読む]
  • パリの夏の怪奇な事件?
  • またまた、「お久しぶりでございます!」というご挨拶で始めなければならないですねブログ然り、何事もいったん滞凍らせてしまうと再開するのがタイヘン・・・・〓 ということかも?お久しぶりのブログ更新は、「パリの夏の怪談」ならぬパリの公園で起きた怪奇な事件をご報告パリの住宅街にあるモンスリー公園は庶民の憩いの場!その公園に大きな池があって、たくさんの水鳥(鴨や白鳥、その他多種・・・)がいて、散歩者の目を楽 [続きを読む]
  • パリ雑談
  • このブログにも、しばらくご無沙汰してしまいました!又、ぼちぼち勝手なお喋りをしようかな〜と思います継続は何とかと言いますし・・・・  〓 4月〜5月に、日本旅行している間にフランス大統領選がありEU推進派のマクロン氏が大統領に選ばれたのですが6月パリに帰ってきたら、見慣れない男(?)が、エリーゼ宮の(大統領府)玄関に主人顔をして立っていたのでアレレ・・・?そうですね。大統領が新旧交代していたのでし [続きを読む]
  • アメリカ国民は、トランプさんに騙されたのか?
  • トランプさん、反対派に押しまくられて、全てがうまくいかずストレスの頂点に達してしまったのか?、(最近、顔が変?)大統領としては、驚くほどの稚拙な言い訳で、(子供や可愛い赤ちゃんを化学兵器(有毒ガス)で殺したのは許せないと・・・)突然にシリアに59発ものミサイルを撃ち込んだのです驚きましたね!  〓 それで子供も犠牲になったとか?シリア国民が犠牲になった化学兵器を使用した者は誰か調査もする前に、マス [続きを読む]
  • 栃木スキー場での雪崩事故 
  • 栃木県立高校の生徒7人と教諭一人の計8人もが犠牲となった、栃木スキー場で起きた悲惨な雪崩事故・・・高校が雪崩の起きやすい春の雪山で登山訓練?と、驚いたが最近は、常識が常識として通用しない時代のようですね結果として、起きなくてもよい悲劇、事故、事件が頻発するようになってきたのではないかと残念ですスキー場は、すでにシーズン・オフで閉鎖されていた時期更に、当日の気象状況は、雪崩警報も出されていたというそ [続きを読む]
  • 目に青葉(変化)の季節・・
  • 冬の姿のままの裸木だったポプラの樹木に、数日前、やっと青い芽が吹きだしたなと思ったら、日一日と裸の枝は新芽に覆われてきた爽やかな新緑が目に心地よい季節ですね  〓ここしばらく天気が良いので、公園はすごい人出!広場のベンチに座って、見上げると青空の下周囲を取り囲むマロニエの樹木の新芽がふくらみ日当たりが良い樹は、すでに花の穂をつけている「もうすぐマロニエの花が見られるわね」と、隣に座っていたマダムが [続きを読む]
  • 日本国民を守らない日本政府?
  • 「森友学園」問題に興味を持っていたので今日の国会で行われた森友学園の籠池氏の証人喚問を午前中と午後もユーチューブで見入ってしまいました証人喚問の証言からは、籠池氏が、少なくとも正規に土地を取得し(ワイロも口利きもなく)、法規則に従って、小学校建設を着々と進めてきたことが感じられましたもし問題があるとすれば、それは行政側にあったということでしょう行政側のミスを一個人に押し付ける大阪の遣り方は汚いです [続きを読む]
  • 「カササギとカラスの戦い」を見て考えたこと
  • 我が家の窓から、ポプラ、菩提樹などの背の高い樹木が数本、並んでいるのが眺められる。 お陰で春夏秋冬、季節の移り変わりを楽しませてもらっているのだがそれらの木々の枝には、山鳩が止まっていたり、目を凝らせば、枝の間を、小さな小鳥たちが飛び回ったりしているこちらは優雅なリタイヤ生活なので時間はたっぷり  〓お茶を飲みながらそんな窓外の光景を、時おり観察して楽しんでいる・・・ 〓その中庭に、白と黒の2トン [続きを読む]
  • 「塚本幼稚園」を潰すのは日本の損失!
  • 今、いろいろと取り沙汰されている森友学園 狂想曲は安部政権を追い落としたい野党とマスコミの引き起こした根拠の無い騒動のようだが、その最大の被害者となったのは森友学園の理事長だった籠池氏なのかもしれないと思う。園児たちに、祖国、日本を愛する日本人になるように、熱心に教育してきた人、(多少、行き過ぎはあったとはいえ)安倍夫人も多くの愛国者、保守派の人たちも感動し、賛同していた塚本幼稚園の教育!、それを [続きを読む]
  • 廃墟の街と化したアレッポ(シリア)に・・・
  • やっと、紛争が少し収まってきたかのように見えるシリア昨夜、アレッポ(シリア)の街の様子をテレビ・ニュースで見たが、石造りの建物の形骸が延々と続く広大な廃墟の跡!かつてはかなり繁栄していた街の様子・・・破壊された建物の合間にかいま見える広場の様子などから以前はどんなに美しい中東の街だったかと忍ばれましたそれが永遠に失われたのだと思うと本当に残念無念!6年前、震災と津波で破壊された東日本の悲惨な光景を [続きを読む]
  • 塚本幼稚園児たちの能力、称賛されるべきですね!
  • 塚本幼稚園は、「教育勅語」の暗唱ばかりが有名になってそれが非難されたりしていたが、この(下の)動画を見たらその他にもさまざまな文章(?)の朗読ができるのですねその能力にビックリです! この子供たちの暗記力に敵う大人がいますかね?私なども知らない事ばかりで恥ずかしい  塚本幼稚園 園児による暗唱 2017年3月9日 https://youtu.be/MStjG1la54I 意味は分からなくても、これだけの暗唱する能力は頭脳の働きを最大 [続きを読む]
  • 水に落ちた(溺れかけている)犬を棒で叩く人たち!
  • 愛国教育の森友学園(塚本幼稚園)の小学校建設計画が民進党、共産党、マスコミ、反日(在日系)勢力の攻撃で潰されましたが、今だにマスコミは口汚く籠池理事長をバッシングしているのに驚きました。籠池氏が会見で説明や非難をすれば、それを「恨み節炸裂」などと非難しています。「水に落ちた犬は棒でたたけ」という、中国、朝鮮、韓国にある弱い者苛めの文化(溺れたものを助けるどころか苛めて喜ぶ?)そのものの日本のマスコ [続きを読む]
  • 森友学園(塚本幼稚園)騒動の顛末は?
  • 今朝のニュースでは、ここしばらく野党やマスゴミから集中攻撃を受けていた「森友学園」は、設置認可申請取り下げ、さらに籠池理事長が退任の意向という、大変、残念な結果になったようです四面楚歌の中、理事長夫妻は潰されてしまったのかな?りっぱな校舎まで建っていたのに、何という無駄でしょうさらに4月から日本一立派な愛国教育を受けられると入学を楽しみにしていた父母たちも子供たちもガッカリでしょうそんなことも結果 [続きを読む]
  • 春まだき?
  • 3月は giboulées de mars にご注意?春先に、突然、真冬に逆戻りしたような寒波と氷雨に見舞われたりする月のようです。沿岸沿いでは強風による被害も出ていますから3月はあまり旅行に適した月ではなさそうですそれでも観光客たちは楽しそうに記念撮影していました陰鬱な曇り空も若者の明るさには敵いませんね日曜日は、公費で妻や息子を雇ったことが非難されて連日、メディアから叩かれている右派次期大統領候補のフィヨン氏を [続きを読む]
  • 仏で「中国語」が必須科目になった?
  • 安倍総理とトランプ大統領の会談は大成功だったようですねそしてトランプ大統領の率直で、素直な、そしてユーモラスな人柄は、ユーモアを解する日本人には受けて、トランプ人気もうなぎ上りのようですフランスでも大きく安倍総理、トランプ大統領の二人の写真が報道されていたので(かつてあまりない現象なので)フランスもやっと日本を認めたかと思いきや・・・、フランスは、今だに日本より中国との絆が強いんですねフランスの子 [続きを読む]