morinof さん プロフィール

  •  
morinofさん: 杜の舟・morinofune・
ハンドル名morinof さん
ブログタイトル杜の舟・morinofune・
ブログURLhttp://morinofune.blog72.fc2.com/
サイト紹介文木工工芸の傍ら、写真・エッセイ・児童文学・童話などの創作。
自由文130種余りの樹種を使っての原色積み木や箸、スプーン、バターナイフ、コースター、カッティングボードなどのカトラリー類。また寄木や象嵌細工のペンダント、ブローチ、イヤリング、指輪などのアクセサリー類。他にもオルゴールや時計、花瓶、印鑑などの制作。他に童話集、神話、エッセイ、絵ハガキなどの創作自費出版。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供616回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2010/06/14 22:45

morinof さんのブログ記事

  • 悩まないで
  • 多分、こちらが悩むようにお客さんだって悩むのだろうからどれが良いかなんて悩まないでどちらも作ることにした。 アルタミラの壁画風、またはオコトヌシとでも云おうか鬣逆立てた猛々しい感じの奴。 丸々太って旨そうなあんまり猪らしくないポーくん。 [続きを読む]
  • Kouseiくんの積木
  • 積木ご常連の方は、ちゃんんと生年月日と名前を控えて来て頂いているから手間が掛からない。けれども残り少ない在庫の積木は色が地味じみなのでお待ち頂いて出来たばかりの華やかなピースで箱詰め。 Kouseiくんの積木・TSUMIKIT・PANDA この積み木に使用されている各樹種名を記載縦向き三列左上から順にパープルハート・樺(かば)/アフリカンパドックの寄木メープル・ウオルナット・イエローハート真ん中の列メ [続きを読む]
  • 縁の中
  • 杜の舟での企画「木土藍楽展」に出展頂いたり山口や鳥取の展示会でご一緒したりのご縁があった島根県の八幡窯陶芸家、安食美幸さんの訃報を聞く。先代の後を継ぎ、ようよう円熟期を迎えたばかり作家なんて、まだまだ四十〜五十代はひよこ六十代になってやっと先が見え始めたころからが円熟期積み重ねてきた経験や人との縁が実を結ぶそんなご縁の中にあった安食さんの早すぎるお別れに、ぽつりと取り残されたような・・・ [続きを読む]
  • やっぱりね
  • もう正味二週間くらいしか製作する時間がないのだから手間のかかることはしたくないと思っていたけれど 「やっぱりね。」鬣逆立てた猛々しい猪ばかりよりぶひぶひ感の可愛いのも並べたくなってひと手間掛かるけれども心地よく進路変更してみる。 [続きを読む]
  • 湯船シリーズ
  • 湯船シリーズなんて、そんなモノ有りゃあしないのだが猿、戌と確かにそんなのが存在していたので猪でもやってみるかと心が動く。実は今夜も寄木加工をしていたのだけれど10℃以下になると接着剤の乾燥が著しく悪くなり辛うじてくっついたと思っていても接着強度が甘くボロリと剥げてしまうことがある。だから暖房のない工房での寄木の作業を止めて思いついたのを形にしてみた。 湯船と云ったって、針山の台であるウッドボウルを [続きを読む]
  • Ayatoくんの積木
  • もうすぐクリスマスだから積木のご注文が増えてくる。Ayatoくんの積木・TSUMIKIT・PANDA この積み木に使用されている各樹種名を記載縦向き三列左上から順に百合木(ゆりのき)・ウエンジ/ナーラの寄木梍(さいかち)・ウオルナット・榧(かや)真ん中の列メープルにウオルナットの象嵌と寄木、鼻はパープルハートアフリカンパドック・朴(ほお)右端の列レッドシダー・楢(なら)/パープルハートの寄木欅(けや [続きを読む]
  • カラ振る
  • 先日・TSUMIKIT・KIDSの新しいピースを作ったついでに 単品でも販売できるように考え100個ばかり作って見たのだけれども・・・「名の無きモノには展示室の居り場は無い。」そんな詰まらぬ縛りを掲げているせいで何時も作品名には悩まされるのである。3?真四角 1寸角 四角い顔 寄木 無患子 カラカラ連想する言葉を並べてみても良い案が浮かばないので製作意図と仕様をじっくり反芻してみる。カラフルに寄木と [続きを読む]
  • Hさん
  • なぜ、濃いピンクの山茶花を見たときに胸がきゅんとするのかその理由はわからない。山茶花でも白いのとか白にピンクのぼかしとか淡いピンクとかそういう色のときには『ああ。山茶花が今年も咲いたな』とは思いはすれどもべつに胸がきゅん!とするまでには至らないからである。古い友人Hさんの何気ない山茶花の記事に小雨降る中、花を訪ね見たくなった。新聞の連載で「福永武彦生誕百年」を読んだのも遠因にあるかもしれない。大分 [続きを読む]
  • TSUMIKID
  • 『PANDAの蓋つきが欲しい〜。』蓋つきには・TSUMIKID・と云うのがあるが蓋板にテンションを掛けながら して箱の両端の溝に入れて固定するので「101」サイズでは可動域が取れないかもと考え「181」サイズの箱でも並行して試作を進める。 ・TSUMIKID・PANDA・D蓋板で全体をうまくカバーしながらも可動をスムーズにするために指掛かりの穴を開け折角だからウエルズの蛸火星人のような仮面にして [続きを読む]
  • 均衡
  • 今日は近年にも珍しきこと日曜日なのに誰れも来ない。お蔭で仕事の捗ることと云ったらありゃしない。 しかしその分しっかり疲れるから我儘な話しではあるけれども週末には少しばかりお客さんがある方が休息になって宜しい様な気がするしかと言って、お客さんが多過ぎるとそれも困る。ああ、本当にクタクタのぼろ雑巾の様に疲れてしまったので、今日はこの辺でgoodnight〜 [続きを読む]
  • 見上げれば桜・・・
  • こんな時期に桜が咲いていても誰も目を止めることもない。 三波川桜【サンバガワザクラ】今朝は所用があり6時には起き出していたものだから妙に早朝の時間を持て余し散策の足を延ばした。朝露に気を取られながら落ち葉散り敷く風の丘を歩き仄かな花の香に魅かれ、ふと見上げれば満開の三波川桜に目が止まり何時の間に咲いたんだろうと足を止める。十月桜と同じに二期咲の桜だけれど今年も例外なくそんな風に気付くのである。 [続きを読む]
  • 追われてばかりの
  • 催促妖怪マダカを追い詰めたと思っていたのに『積木はまだか。』の催促メール有り。つい先日作ったばかりなのにふるさと納税返礼品などに飛んで行くからままごとセットも181や101PANDAも押しなべてがらあ〜んと在庫の底を見せ始めた。 「賽の河原症候群だな・・・」と自嘲しながら急遽、積み木の箱の夜なべのシゴト約80箱ほど木取りが出来たので今度こそ新春「春の夢ひらき」の分まで確保できそうだ。「この際だから [続きを読む]