jandmstation さん プロフィール

  •  
jandmstationさん: 函館・青柳町暮らし
ハンドル名jandmstation さん
ブログタイトル函館・青柳町暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jandmstation
サイト紹介文2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいをお伝えするフォトエッセイ。
自由文元雑誌編集者。街・食・医療ライター。
2010年4月、長年暮らした横浜から、函館に移り住みました。
全国の函館ファンの方に、函館で暮らしているような臨場感を味わってもらえたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/06/15 17:03

jandmstation さんのブログ記事

  • 雨模様だったけど楽しかった夜祭り
  • 昨日から大門グリーンプラザで行われている、はこだて夜祭り。今日は雨模様だったけど、夕方から出かけてきました。お目当ては、この春に店をとじた星龍軒の塩ラーメン!昨日は整理券も早々になくなったと聞いてましたが、雨の今日はチャンス、とばかりに行ってみると、17時すぎで80番ほど。無事ゲットできました。テント内では麺をゆでたり、具を盛りつけたり、お店のかたがひとつずつ心をこめて作ってくださっている姿が。あの澄 [続きを読む]
  • 2年に1度の函館八幡宮の神輿渡御
  • 仕事で駅前のほうに出かけていたら、外から「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声。「あ、八幡さんのお神輿だ」と気づいて、覗きにいきました。あいにくの雨模様でカバーがかかっていますが、1.5トンの立派な神輿。この大神輿で、2年に1度、神様を街なかにお連れするんですね。いったん家に戻ってから、神輿が巡行から戻ってくる夕方4時半ごろ、八幡宮へ出かけました。あ、ちょうど参道を戻ってくるところです。函館山の山麓に家が点 [続きを読む]
  • 今シーズン初りんご、恋空
  • 所用で五稜郭公園前に出かけたら、GLAYラッピングの市電を見かけました!けっこう沿線に出歩ているほうですが、なかなか出会えず、運行開始から2週間での対面です。緑の島でのライブは来週末。さて、シエスタハコダテの地下に立ち寄ったら、青果店の店先に今年の新物りんごが並んでました。青森の恋空。毎年お盆のころの出始めですが、一気に秋の気配です。さっそく1つ買って食べてみました。真っ赤なボディにおしりが緑色という [続きを読む]
  • くじら汁で、炊き込み玄米くじらご飯
  • ちょっと前にケータリングのお弁当でくじら飯(くじら汁の炊き込みご飯)に出会い、「自分で作って、好きなだけ食べたい!」と思ったもの。先月の「くじらフェスタ」で塩くじらをゲットして、満を持してのトライです。塩くじらは、この暑さで脂が融けだしそうな感じ。滑らないよう、慎重に薄切りにし、熱湯にしばらく漬けて塩&脂抜き。くじらと昆布を20分ほどゆでて、たけのこ、こんにゃく、大根、人参、きのこを加え、夏のくじら [続きを読む]
  • 芸術祭で食べた美味しいもの
  • 家から近いということもあって、連日通って夕飯(あるいは遅いお昼)をゲット、ライブつきの食堂と化していた、はこだて国際民俗芸術祭の「もぐフェス」。今年の思い出に、食べたり飲んだりしたものをアップしておきます。会場に漂ういい匂いがたまらない、AKAMARUのガーリックシュリンプライス。北斗市のおぐに牧場の美味しい牛肉を使った、ひげのメンチカツとカルビ串。メンチって、ひき肉じゃなくて、ほぼかたまり肉で豪快・大 [続きを読む]
  • 芸術祭最終日、美しすぎて楽しすぎて
  • 1週間にわたって開催されてきた、はこだて国際民俗芸術祭。千秋楽は、待望の快晴です! 今日でお別れと思うと愛おしくてたまらない、芸術祭のあれこれを心に刻みましょう。青空に映えるアートフラッグ。正面ゲートを入ると、函館山と公会堂がお出迎え。チーズステーキとクラフトビールを手に、公園の最上部へ。にぎわう会場を見渡しながら、ステージに耳を傾けます。美しく、気持ちのいい夕暮れです。そして夜へ。階段に腰を落ち [続きを読む]
  • 日和坂上、船魂神社のお祭り
  • 芸術祭がにぎやかに行われている元町公園のすぐそばで、毎年、同じ時期にある船魂神社の例大祭。日和坂に並ぶちょうちんは、とても風情があります。芸術祭のあいまに、ちょっとお参りに。夜のあじさい。松前神楽が奉納されるのを、本殿の外から拝見。最後は獅子舞。迫真の演技に、お約束のように後ずさりする子どもがいたり。大人もパクリと噛んでもらいます。ひとときのジャパン体験後は、芸術祭会場に戻ってもう少し楽しみましょ [続きを読む]
  • 日和坂上、船魂神社のお祭り
  • 芸術祭がにぎやかに行われている元町公園のすぐそばで、毎年、同じ時期にある船魂神社の例大祭。日和坂に並ぶちょうちんは、とても風情があります。芸術祭のあいまに、ちょっとお参りに。夜のあじさい。松前神楽が奉納されるのを、本殿の外から拝見。最後は獅子舞。迫真の演技に、お約束のように後ずさりする子どもがいたり。大人もパクリと噛んでもらいます。ひとときのジャパン体験後は、芸術祭会場に戻ってもうひと騒ぎしましょ [続きを読む]
  • 青柳坂のあじさいは個性派ぞろい
  • 函館の名前のつけられた坂では、いちばん端っこの青柳坂。しょっちゅう自転車や徒歩で通るのですが、ふっと道端のあじさいに目が留まり、自転車を降りて、しみじみ眺めてみました。青柳町会館の前にあるのは、うずあじさい(渦紫陽花)じゃないですか!アジサイフェスタのときに、ショップで出会って一目ぼれした種類。こんな身近に育てられていたなんて、びっくりです。ひとつの木で、色がピンク、青、薄緑、薄紫などさまざまなの [続きを読む]
  • 腹の据わった雨の芸術祭
  • はこだて国際民俗芸術祭、中日の4日目。あいにくの雨模様でしたが、来ている人は意気込みが違います。しっかりまかなって(着込んで準備して)、いい音楽を楽しんでました。しぶいリズム&ブルースのフタリズムさん。11種類の楽器にカッパを着せて、会場をまわる油井ジョージ・ワンマンバンドさん。歩きながら片足でバスドラ、片足でスネア、ギターのネックでシンバルを鳴らし、ラッパやハモニカも吹き分けて、楽しそう!ほのぼの [続きを読む]
  • 待ってました、芸術祭!
  • 毎年楽しみでしょうがないイベント、はこだて国際民俗芸術祭が始まりました!メインステージのこの景色……1年間待ってたよ。空があり、海があり、風があり、人があり、音があって最高です。空は刻々と色を変えて、光の時間へ。胸がキュンとしちゃいます。今日は、芸術祭デビューの友人と一緒に行ったので、お楽しみフルコース。地べたに腰を下ろして見上げる、サブステージ前のパフォーマンスが素敵です。スリランカのダンサーズ [続きを読む]
  • 雨に濡れた巨大アナベルをリビングに
  • 函館もしばらく30℃前後のピーカンお天気が続いてましたが、昨日からパタッと変わって、今日は最高気温が20℃いかず。寒〜い!冷たい雨に濡れて、わが家のアナベルは花の間に水を含み、頭が重くなってお辞儀をしてしまいました。私の手も相当大きいけど、このサイズ!花の中から水がしたたってきます。折れちゃった花を切ってきて、リビングに。普通に飾ってあったアジサイとのあまりの差に、笑っちゃうくらいですね。どの子も個性 [続きを読む]
  • 秘密の花園、函館公園のあじさい園
  • 函館公園の「こどものくに」のわきに、知る人ぞ知るあじさい園があります。ミニ観覧車やミニ新幹線などと、涼しげなあじさいとの取り合わせは、なんだかおとぎの国に迷い込んだみたいな可愛らしさ。私が移り住んできた次の年のスタートでした。木もずいぶん生長して、少し「森」の雰囲気がしてきたかな。クジャクのおりの横を通って奥に進むと、森の中に入れます。ひんやり、ひっそりして、お気に入りの場所です。面白いあじさい見 [続きを読む]
  • 今年もにぎやか、十字街ビヤガーデン
  • 毎年、港まつりに合わせて行われる、十字街商盛会のビヤガーデン。路地というには立派な車道を1本通行止めにして、出店各種、テーブルとイス、ステージまで出現するというビッグなイベントです。4日間開催の3日目、夕方から出かけました。この日は「十字街吹奏楽祭」ということで、まず地元の青柳中学校(旧潮見中ほか)吹奏楽部の演奏。全道大会出場が決まっている地元のチーム、なんだか誇らしくなります。今年の港まつりは、こ [続きを読む]
  • 港まつりワッショイはこだて、大門の熱狂
  • 今日は、函館港まつりのワッショイはこだてパレードの日。うちから歩いて十字街に出て、パレードを眺めながら大門までぶらぶら。3キロくらい夢中で歩いちゃいます。途中、熱烈応援集団が目に入ったら、なんと友人グループだった!パレードのハイカラ號の人も、これなら気合入りますね。いい具合の夕暮れになってきた駅前通りの大門。元気なYOSAKOIのパフォーマンスに、沿道のギャラリーも思わず笑顔です。と、ここでもキレキレに踊 [続きを読む]
  • 函館港の夕焼けと花火大会
  • 月日の流れは速いもので、もう8月。函館港まつりが始まります。今日は今年2回目の港の花火大会。暑かったとはいっても30℃そこそこの日、7時をすぎると25℃くらいで、絶好の花火観覧日和です。何より、この夕焼け! 花火が始まる前から、これでテンション上がります。広場は人、人、人。夏の夕暮れ。今日は、花火を見つめる人にも注目して、鑑賞してみました。若松ふ頭、函館山と摩周丸を望む絶好のポジション。豊川ふ頭の後ろか [続きを読む]
  • アジサイフェスタのショップの個性派あじさいたち
  • 昨日のアジサイフェスタに出店していた桔梗造園さんの店頭です。市民の森に植えられているあじさいは、ヤマアジサイやガクアジサイなど、オーソドックスなタイプが多いのですが、こちらはさすがに個性派ぞろい。あじさい好きをうならせる鉢がいろいろありました。アジサイサポート隊メンバーの目をくぎ付けにした一鉢!マジカルレボリューション(何度聞いても覚えられなかった)という、オランダで作られた新しい品種だそうです。 [続きを読む]
  • 久しぶり、アジサイフェスタの市民の森へ
  • イベントラッシュの日曜日、市民の森のアジサイフェスタに出かけました。籍をおくアジサイサポート隊の活動もなかなか参加できず、今シーズン初めての訪問になります。フェスタのお手伝いをしながら、アジサイ園まで散策。道中のあじさいたちが美しさを増した姿で迎えてくれました。ただいま!あじさい群生園、ヤマアジサイ虹が花盛り。王道のブルーのあじさいも見事な群生。青空が似合いますね。市民の森には20種類ほどのあじさい [続きを読む]
  • みんな笑顔、基坂のスライダーと大沼のスカイランタン
  • 今日は、公会堂下の基坂(もといざか)にウォータースライダーが出現すると聞き、ワクワクしながら行ってみました。坂道にすべり台! こんな大胆なイベント、あったでしょうか。子どもたちの目も輝いてますよ。レーンは2つ。すべり口で浮き輪を貸してくれて、坂の下に向かって滑り出します。80メートルを、ひとっとび。めっちゃ楽しそう!!ちなみに、終点はこんな感じ。(この水、あふれたりしなかったのかなあ)見に来ているご [続きを読む]
  • 花電車(夜の部)と、びっくり乱入者
  • 港まつりの花電車は、本番まで午後と夜の2回、町内を回ってきます。昨日に続いて、夜の部の写真をお見せしようと思いますが、ちゃんと撮るのはなかなかむつかしい……。まず、隊列を組んで青柳町の坂を上ってきたところ。これで7時半すぎですが、なかなかムードがあります。まばゆい電飾と大音量のまつりの音楽で、静かな住宅街が不思議な雰囲気に。けっこうな坂です。突き当たりの谷地頭へ。 ここで5分ほどの折り返しを待ってい [続きを読む]
  • 港まつりの花電車、青柳町〜谷地頭で
  • 港まつりが近づいてきて、毎年恒例の市電の花電車の運転がスタート。映画やCMによく登場する青柳町電停付近で待っていると、にぎやかなまつりの音楽とともに、花電車が坂を上がってきました!ここが坂の頂点、ゆっくりと谷地頭方面に下りてくる「絵になる」スポットです。花電車は全部で3台。仲よく連なってやってきます。先頭は国宝・中空土偶などを紹介するフェミニンな花電車。続いて、幕末に箱館にやってきたペリーの黒船をモ [続きを読む]
  • 大三坂下、素敵なリノベーション建物
  • 先日ベイエリアを歩いていたら、素敵な建物が目に入りました。大三坂を下りきって道路を渡った先、突き当たりのラ・コンチャとよく似た外観の、函館らしい上下和洋折衷の建物です。ずっと空き家だったのが、最近持ち主を得て手を入れられて、明治末期の建築当時の姿でよみがえった建物だそう(詳細)。こちら側がオーナーさんの車庫で、左手が貸店舗なので、いいお店が入るといいですね。この界隈は、日本最古のコンクリート電柱や [続きを読む]
  • ふんわり清楚なアジサイ、アナベル
  • わが家のあじさいのお気に入りをもうひとつ。純白のアナベル。毎年、花が終わると地際でカットしてしまうんですが、春から数カ月で、胸ぐらいの丈に伸びて、大きな花をつけます。元々、ひと枝の挿し芽から増えていったので、とにかく繁殖力旺盛です。最初は、上のやや左にあるように小さめの緑色の花ですが、みるみる、まんまるでふんわりした白い花になります。切り花にして窓辺に置くと、日の光に透けてとても素敵。なんとも魅力 [続きを読む]
  • 涼しげなあじさい、ブルースカイ
  • 全国的に深刻な猛暑に見舞われているようで、心からお見舞い申し上げます。今日の函館は最高気温が23℃、夜には20℃そこそこで、腕や足先がひんやり。やっぱり北海道にやってきたんだなあと実感するこの頃です。こちらは挿し芽で増やした庭のあじさい、ブルースカイ。鮮やかなブルーが特徴で、4弁の装飾花もキュート、今が見ごろになってます。ちょっと離れたところの株は、赤紫の花色になってる!こんなブルースカイ、初めて見ま [続きを読む]
  • 海辺のイベントいろいろ
  • 先週は金森倉庫で「海辺で過ごす一日」というイベントを楽しみましたが、今週も海辺でいろんなイベントがありました。なにしろ海の街、函館です。函館どつくの向こうの海洋センターでは、マリンフェスティバル。いろいろな船が係留されていて、見学会などやってます。センター前には、海の生き物に触れるタッチプール、子どもたちに大人気です。ホヤを手にしたお嬢さん、強者。ほかに、ヒトデやヤドカリなど。一方、緑の島では、音 [続きを読む]