jandmstation さん プロフィール

  •  
jandmstationさん: 函館・青柳町暮らし
ハンドル名jandmstation さん
ブログタイトル函館・青柳町暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jandmstation
サイト紹介文2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいをお伝えするフォトエッセイ。
自由文元雑誌編集者。街・食・医療ライター。
2010年4月、長年暮らした横浜から、函館に移り住みました。
全国の函館ファンの方に、函館で暮らしているような臨場感を味わってもらえたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/06/15 17:03

jandmstation さんのブログ記事

  • のまサルーテ!で、美味しいワインと料理
  • 今日は、まちづくりセンターで「のまサルーテ!」というイベントがありました。「飲まさる」というのは、函館に来て初めて聞いた言葉で、「自分ではそのつもりはないのに、ついつい飲んでしまう」という方言。飲むじゃなくて飲まさる、わるいのはお酒のせいよ〜♪という素敵な言い方です。昨日からプチぎっくり腰だったのですが、湿布とカイロ、コルセットでがっちり固めて、ロボットみたいに歩きながらの参戦です。チケットを買っ [続きを読む]
  • 山菜とトマトの昆布茶びたし
  • ご近所さんから「ミズって知ってる? 今採ってきたの、手伝ってもらえる?」と嬉しいおすそ分け。青森でよく食べられる山菜ですが、この辺でも採れるんですね。元気のいい葉っぱの陰に、こんなかわいいつぼみも!「さっとゆでて、昆布茶に浸して食べると美味しいわよ」と聞いて、やってみました。ミズはポキポキ折りながら皮をむき、10秒くらいゆでて、濃いめの昆布茶に浸して。一緒に、わが家の山ウドとフキもゆでてから昆布茶に [続きを読む]
  • 津軽海峡の気持ちいい青空と青い海
  • 今日も朝起きると、ピカピカの青空で嬉しくなりました。こんな日は、函館公園の展望台に寄って、深呼吸。下北半島がくっきり見えます。行きつけのスーパーから、海岸までは歩いてすぐ。道の突き当りが海になっているこの景色、函館のあちこちで見られますが、なんだかワクワクしてきます。まだちょっと肌寒いけれど、少し遠回りして、海を見て帰りましょう。青空と青い海、雲まで気持ちいい!対岸の建物までくっきり。時々、カモメ [続きを読む]
  • 青空、でも肌寒いベイエリア
  • 今日は所用でベイエリアへ。雲は多く、風は強かったけれど、ようやく青空が見えました。やはり気持ちが上がりますね。珍しくヨットが停泊していました。そちらには、イカ釣り漁船。今日のお出かけはまだかな。こちらは観光遊覧船のブルームーン。4月から運航がスタートしています。そして、ベイエリアでよく見かける人力車。車夫さんは、もうこんがりと日焼けされています。だけど、今日はまだ肌寒かった……早く暖かくなって散策 [続きを読む]
  • 雲の海を見上げながら
  • 大森浜から見る函館山がすっぽり傘をかぶる日がふえてきました。これも函館の初夏、という感じ。さらに、ここ何日間は最高気温が15℃ほど、朝晩は10℃くらいに冷え込んで、ストーブをたいている人も珍しくありません。自転車に乗っていると、手袋なしでは凍えてしまいそうです。函館公園の夕暮れの空。こんな雲の姿も面白いなと思いながらも、カラッと晴れた青空の、暖かい日を待ってます。★函館市公式観光情報サイト「はこぶら」 [続きを読む]
  • 花と緑の大門グリーンプラザ
  • 昨日は、はこだて花と緑のフェスティバルに出かけました。会場の大門グリーンプラザは花いっぱい。楽しい大道芸も! 日光さる軍団のおサルさんがやってきてました。ところで、会場の外も、まるでヨーロッパのおしゃれな通りみたい。イベントの装飾以外に、街路樹、街灯、フラワーバスケットがきいてますね。街路樹のベニバナトチノキも、ちょうど花ざかり。新緑に、鮮やかなピンク色の花が映えます。歩道側。これまたおしゃれな自 [続きを読む]
  • 中村商店のじゃこで、ネマガリタケのねぎ味噌焼き
  • 十字街にある中村商店。味のある店構えが目をひきます。看板に「海産物」とある通り、ひじき、のり、かつお削り、がごめ細切りなどのほか、「北海道寿都産小女子、入荷致しました」の文字。わー、北海道産って珍しいかも。じゃこ大好き!です。寿都というと、長万部のちょっと北、積丹半島に向かう日本海に面した町ですね。真空パック入り200グラムで1700円ほどだったので、ちょっとひるみましたが、せっかくだから買ってきました [続きを読む]
  • 函館公園の奥ゆかしいフジの花
  • 雨が降り出しそうで、急いで家に帰る途中、久しぶりに函館公園の藤棚のほうを通ってみました。新緑の木々の下、横に長い藤棚も緑がきれい。五稜郭公園の藤棚は、かなり前に見ごろになっていましたが、こちらは、まさに今が見ごろです。小ぶりな房ながら、けっこうな花つき。五稜郭公園の華やかな藤の花も素敵ですが、この清楚な藤にもうっとりです。何よりこの静けさ、さらに函館山にかかる霧でしっとりした空気感。函館公園の藤の [続きを読む]
  • 海霧を眺めに函館公園展望台へ
  • 仕事で管理しているサイトのトップページを日に何度も見るのですが、最近、函館山からのリアルタイム画像に「雲海」が映っていることがよくあります。今朝もこんな感じ。実際にはどうなってるかなと思って、近所の函館公園の展望台へ行ってみました。山のあたりで海霧が発生して、こちらにどんどん流れ込んできています。海の表面を覆い、街に侵入して、家並みが途中で消えている不思議な光景。函館の初夏は霧の季節で、こんなショ [続きを読む]
  • 宝来町20時半、シェアーズのにぎわい
  • 所用が終わって、宝来町あたりで20時半すぎ。この時間は市電が通るのも15分に1本くらい、車もほとんど通らない時間帯ですが、元気に営業している店の明かりがあって、嬉しくなります。おなじみ、角のたこ焼き屋のこがねはもちろん、ジンギスカンのいい田屋に、とん悦も明かりがついてます。家に帰り着くまでについふらりと立ち寄ってしまいそう……。そして、護国神社坂を上っていくと、途中のバー・シェアーズ・ヒシイがにぎやか [続きを読む]
  • 高龍寺で、ひのき屋の野外ライブ
  • 今日も気持ちよく晴れて、気温は25℃まで上がった初夏の一日。函館に現存する最古のお寺・高龍寺で、ひのき屋の20周年イベントがありました。国の登録有形文化財に指定されている立派な山門の裏が……このようなステージに!函館が生んだ「旅するバンド」ひのき屋、とても似合っています。ステージの始まりは、大梵鐘の迫力のある突き鳴らしから。本堂前では、ひのき屋が始めた学童保育所の子どもたちによる太鼓演奏も。構えもばっ [続きを読む]
  • 漁解禁の真いか刺しと、真いわしなめろう
  • 6月1日は函館の真いか漁解禁日。生協にもさっそく並んでました!まだ「走り」でこんなに可愛いサイズ、ちょっとお高めでしたがゲット。同じく地物の真いわし、豊漁のようで、単価は真いかの8分の1以下です。うろこがびっしりの新鮮そのもの、一緒に今夜のおかずにしましょう。いか刺しといわしのなめろう、とっておきの日本酒で。せっかくの生け簀いかでしたが、夜に食べたので普通のいかになっちゃって、ちょっと残念。それでも、 [続きを読む]
  • 入舟・弁天エリアの倉庫コレクション
  • 昨日ぶらぶら歩いた入舟町・弁天町あたりは、倉庫銀座(って言い方が古いけど)。マニアにはたまらない街歩きになります。こちらは、イベントのあった白壁の倉庫。その裏手にある石積みの倉庫。渋カッコいい!さらに隣に、時代がかった赤レンガの倉庫。出入口のアーチが美しい弧を描いているのが魅力的です。それらの向かいには、100メートル以上ある長〜い赤レンガ倉庫。その奥にも、別の赤レンガ倉庫が見えます。すぐにでも映画 [続きを読む]
  • 眠りから覚めた入舟町倉庫でイベント
  • 市電の終点、函館どつく前で降りて、港のほうへ歩きはじめると、なかなかいい感じの倉庫が建ち並ぶエリアがあります。まず現れるレンガ造りの倉庫は、ボルダリングジムに再活用されているもの。その数軒先に見える白い蔵で、今日はイベントが開かれるということで、ワクワクしながら行ってきました。入舟町の倉庫、「ホウスイ」という文字が見えます。まだ正式な名前はないとのことで、今日がたぶん初の一般公開、これからの活用が [続きを読む]
  • 大人の社会科見学、上磯のセメント工場
  • 今日は、とある研究会でお隣北斗市のセメント工場と鉱山を見学できることに。その前に、貝鮮焼きの北斗フィッシャリーで予習の腹ごしらえ(笑)。まだ見ぬ峩朗(がろう)鉱山のミネラルが流れ込んだ浜で育った「峩朗ガキ」を、蒸し焼きでいただきます。殻を開けると、ふっくらプリンと張り切った大粒のカキ!海の香りと豊かな旨みに満たされて、言葉も出ないほどの美味しさです。この峩朗カキ4個、ホッキ1個、ホタテ1個の貝鮮セッ [続きを読む]
  • 会社のお昼に、注文配達の「季節のお弁当」
  • Uターンして飲食店開業をめざしている方が、すごい宅配弁当を作ってると聞いて、仕事先のみんなで注文してみました。11時半に、料理人自らが配達に。期待がぐーんと高まります。ジャーン! まず、添えられてる春の花が素敵で、女子大喜びです。これが季節のお弁当デラックス。コゴミ、ぜんまい、クレソン、たまねぎなど、地元の旬の食材をふんだんに使ったおかず10品と、ご飯はなんと「くじら飯」。お正月のくじら汁に使う塩くじ [続きを読む]
  • OZIOプロデュースのホテルスイート
  • 昨日は、駅前のホテル男爵倶楽部でリニューアルしたスイートルームの、市民向け内覧会がありました。函館在住の4人のクリエイターがプロデュースした4種類の部屋があり、それぞれ素敵でしたが、中でも個性的だったのがOZIOの永嶺さんの部屋。鞄作家というアーティストらしく、おなじみのモチーフの作品が各所に飾られて、ワクワクしてきます。これは、シエスタハコダテにある函館山のトワイライトバージョンかな。振り返ると、リア [続きを読む]
  • 函館公園にある旧博物館の公開日
  • 毎年、ツツジが咲く季節に、函館公園内の旧博物館の内部公開の日があり、楽しみに出かけます。明治11年に建てられ、今も公園の奥にひっそりたたずむお洒落な洋館。大火の難も逃れて、昭和41年まで市民の好奇心に応えてきた建物は、本当に貴重なもので、たまらなく愛おしく感じられます。この空間で明治時代を想像して、タイムトリップするのは楽しいものです。今年はモース関連の展示がありました。モースって、あの大森貝塚の!博 [続きを読む]
  • ツツジとフジが見ごろの五稜郭公園
  • 仕事先が五稜郭公園近くにあった頃には、しょっちゅう園内を通り抜けてたけど、移転してからたまにしか行かなくなって、ちょっと寂しいところ。そろそろツツジとフジの見ごろかな……ということで、久しぶりに中を散策してみました。正面入口付近のツツジは、こんもりとした群生になっていて、ダイナミック。土手をよく見ると、ただ今、石垣の修復工事の真最中。部分的に囲いを設置して水を抜き、積み直しをしているようです。二の [続きを読む]
  • 青空もいいけど雲もいい、初夏の函館
  • 昨日の昼間は、所用で二十間坂あたりに出かけてました。ふと空を見上げると、なんだかカッコいい雲!とっても表情豊かで。知人のカメラマンは、青空よりも雲の撮影が好きと言ってました。函館公園に帰着。つつじの彩りに、青空に、面白雲。なんて気持ちいいの!初夏のころは、空気中の水分が思わぬいたずらをして、街がガスに包まれたりすることもあります。海に囲まれた街だから、こんな水のマジックがみられるのかな。雲にもぜひ [続きを読む]
  • こごみを発見! 山うどと天ぷらに
  • ご近所さんから、「おたく、こごみが出てるわよ」と言われて、「生えているの、見たことないんですが、どれですか?」ということで、教えてもらいました。え?これ、シダじゃなかったの?ちょうど真ん中に2つ、クルクルと巻いている葉っぱがこごみだったとは!わが家のこごみ、初収穫。柔らかく巻いているところが、かわいいですね。山うども相変わらず新芽がどんどん出ています。今日は、歓迎の天ぷらにしましょう。新緑をそのま [続きを読む]
  • 函館公園、木陰のツツジと木漏れ日
  • 美しかった桜から一月もたたずに、函館公園は今、ツツジの花ざかりです。初夏の日差しを受けた艶やかなツツジも目をひきますが、木陰でしっとり咲くツツジって、本当に素敵です。新緑とツツジと木漏れ日にキュン。松の木のそばにも。桜の木陰と木漏れ日が絶妙にミックスされた、美しい陰影。ツツジをたどりながらの函館公園の散策、おすすめです。★函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆担当★にほんブログ村 [続きを読む]
  • 快晴の函館山ドライブから山頂絶景
  • 今日は所用も兼ねて、友人の車で昼間の函館山ドライブ。これまで、徒歩やロープウェイで昼間の山頂に上がったことは何度もありますが、車で行ったのは、じつはたぶん初めて、大興奮です。初夏の登山道は新緑がさわやかで、「ここ軽井沢?」という感じの気持ちよさ。最高の快晴で、木々の間から見える青空にもテンションが上がります。空へ、空へ。山頂近くでロープウェイとクロスするのもスリリング。駐車場から展望広場に出ると、 [続きを読む]
  • 毎年恒例、草刈りの副産物のフキで
  • 冬枯れしていた家の周りも、いつの間にか緑一色。自然は本当にパワフルです。週末は少し草刈りをしましたが、時すでに遅しという感じ。毎年「ナチュラルすぎるガーデンです」と開き直っていますが、この一角は、まるでフキ畑みたいになってます。育っちゃったものはしかたがない、自然の恵みをありがたくいただくことに。フキのピリ辛きんぴら風。下ゆでして皮をむいたフキを、豚肉、しいたけと一緒に炒め、酒と豆板醤で味つけ。ご [続きを読む]
  • 南部坂のライラック、咲きはじめ
  • 小寒い日が続いていましたが、今日はポカポカ暖か。あちこち用事をすませながら、久しぶりに南部坂を歩いてみました。坂によって主に植えられている植物が違いますが、南部坂はライラック。「北海道といえばライラック」というイメージがありますよね。桜のあと、ライラックが咲き出すと甘い香りにウキウキしてきます。白と紫がありますが、紫でも濃い色と薄い色があり、花の形もいろいろです。花びらは通常4つに切れ込んでいます [続きを読む]