メタルフィッシュ さん プロフィール

  •  
メタルフィッシュさん: フィッシュクラフトおやじ
ハンドル名メタルフィッシュ さん
ブログタイトルフィッシュクラフトおやじ
ブログURLhttp://blog.zige.jp/metal-fish/
サイト紹介文実物魚から型を取り、スズ鋳物とする手作りのフィッシュ・クラフトを制作してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2010/06/15 23:25

メタルフィッシュ さんのブログ記事

  • おさかなロードのイルミネーション
  • NPO法人元気みなとのヤマヨシさんからメールをもらい、おさかなロードの魚オブジェにイルミネーションを点灯してると情報頂きました。ちょうど境港の友人の所へ行っていたので、帰り道に寄ってみました。        水木しげるロードのアーケードに連なるおさかなロード。 現在そのアーケードは夜間工事で撤去作業中。 なのでアオデガニのイルミネーションには残念な環境。それでもアオデガニはブルーのライトに照らされ [続きを読む]
  • やはりそうだった!
  • 昨日の記事で私のブログのアクセスが急に増えたのは、「まともな文章書けないひと」コメントが原因か?って書きました。すると、今日も昨日の2割増しで増加。やはり、感が当たってました。 (;^ω^) てなことは関係なく、純錫犬掻き棒 4個完成しました。 (1個はギャラリーさん納入) 「犬掻き」 と 「犬も歩けば棒にあたる」 をネーミングに加えるのは、しょうも無いオヤジギャグ。  さて、今夜からはヤマセミ翼閉じ [続きを読む]
  • 「まともな文章書けないひと」
  • 本日の私のブログは通常の3倍近いアクセスがありました。「リサイクル現場」を考察した記事を書いたので、皆さん関心があるのかな〜と思いましたが、コメントは無いし・・・ふと、他の方の記事に書いた私のコメントに対し、「まともな文章かけないひと」とされた他のコメントを思い出しました。それで、メタルフィッシュとはどんな奴だと、こちらにアクセスあったのかな。? 「まともな文章」であるのかないのか?。 それは読む [続きを読む]
  • 誰がリサイクルするの?
  • 先日来、私のパート先であるリサイクル現場の事を記事にあげています。これら業務は、『容器包装リサイクル法』に基づくものだと、調べているうちに知りました。 容器包装リサイクル法 とは、 家庭から排出されるごみの重量の約2〜3割、容積で約6割を占める容器包装廃棄物について、リサイクルの促進等により、廃棄物の減量化を図るとともに、資源の有効利用を図るため、平成7年6月に制定され、平成9年4月から本格施行され [続きを読む]
  • 純錫犬掻き棒完成
  • 今朝は5時に目が覚め、スッキリした頭で作業開始です。 その前に、ヤマセミ受注先に原型デザイン照会メールを送信。 こうした動きが出来るのも、会社務めを経た年の功かな。6時から作業開始して、純錫犬掻き棒(頭部犬型スプーン)6本仕上げ完成しました。スプーンの表面には鋳物ゆえの微妙な模様の違いと、手持ち部分の手持ち感もそれぞれ違う。純錫の抗菌作用と熱伝導の良さで,珈琲の味も変わるかも。(ほとんど気分ですが [続きを読む]
  • ヤマセミ原型パターン2
  • バードカービングの作家さんから、翼を閉じた状態のヤマセミ原型を受け取りました。         今回は取り付ける欄干の径が細い為、脚部分を工夫されてます。 また、3年前のものよりさらに細部が作り込んであり、メタル化がより困難になりそうです。原型を見ながら…、すでに私の頭の中はフル回転しています。           すでにメタル化され彩色も終わったヤマセミから、「お前も早く俺みたいにカッコよ [続きを読む]
  • カニの買い出しと純錫スプーン飾り台
  • この秋の大分旅行でお世話になった方に、松葉がにを送る為、境港水産物直売センターへ行きました。       土井商店さんには、『おさかなロード案内図』を置かせて頂いてるので、蟹を買います。展示コーナーを見ると案内図が無いので聞いてみると 、「お客さんが皆持って行かれた」とのこと。 かなりの宣伝効果があるようです。 明日はヤマセミ原型受け取りに境港へ行くので追加で持って行きます。        その後自 [続きを読む]
  • 銀座市場にメタルフィッシュ展示と錫スプーン制作
  • 毎週土・日に朝市が開催されている「さかいみなと銀座市場」に、メタルフィッシュを展示しに行きました。                      一時の賑やかさはないですが、それども観光客の姿は途切れないですね〜。         朝市名物の イカカツ に シャークカツ 。 今日も元気な村尾蒲鉾店の大将でした。地元特産品コーナーの壁に、とりアート用に作ったおさかなロード・パネルとメタルフィッシュを飾りま [続きを読む]
  • パート仕事と工房仕事が大忙し
  • 年末に入り、空き缶&ペットボトルのリサイクル現場では回収物で溢れかえってます。          これらはスーパーやコンビニなどで集められたものや、集客施設や町中の自販機回収ボックスなどから回収車で集められたもの。本来は、空き缶とペットボトルとビンのみのはずなんですが…、家庭ゴミにその他あらゆる不燃ごみが混じった状態。 それらを分別して、空き缶はプレス。 ペットボトルは粉砕します。 で、それら [続きを読む]
  • 「干支展」作品制作
  • 米子市河崎のギャラリィー喫茶・ガムシャラさんで開催される年末恒例の『干支展』、今年も出展します。今年は、「犬掻き」という名の「耳かき」を作る予定で試作。        で…、ギャラリイーさんに持っていくと、「このイヌでも作れんかな?」と焼き物のイヌを預かりました。 あれから工芸会展やとりアート出展がありバタバタしてましたが、アイデアいろいろ考えてました。 そして今夜制作完了。       純 [続きを読む]
  • メタルフィッシュの活用法
  • 昨夜は「さかいみなと銀座」の月に一度の運営会議でした。 いつものメンバーで来月の運営や今後の方向について話し合います。        年末まで毎週土・日は朝10時から朝市が開かれます。 場所は水木しげるロードのアーケード終わって直ぐのところです。 しめ縄販売などお得ですよ〜。         そのアーケードの撤去工事も進み、年内には鉄骨も取り除かれるようです。  米子工〇会など私の意見への賛同者が少な [続きを読む]
  • 海くらの展示替えと新オブジェの注文
  • パートのリサイクル現場はこの時期には珍しく、回収物で溢れかえってます。       日なのでパート出勤時間が増え、その影響で工房作業時間が減る。 しかしそれと反比例して…、ヤマセミ4羽の製作と、おさかなロードの新オブジェ制作依頼も受けてます。でも身体は一つ。 眼前の事から一つずつ取りかかります。今まで何度となくやって来た事。 苦労の後の幸福感は必ず得られます。 海とくらしの史料館のメタルフィ [続きを読む]
  • とりアート出展終わりました。
  • 今日は午前10時から県展の搬出日。 お手伝いしてくれる人と共に、武道館へ行きました。搬入時、接着剤が乾いていない作品を係の人の機転でパス。 おかげで入選(受賞候補)しました。  おまけに浮遊するような作りなので、運送業者さんのお手も煩わせたり…。       取りあえず自宅まで持ち帰り、その後米子文化ホールの「とりアート」会場へ。        今日は天気も良くて自然光と照明の灯りで、作品も映 [続きを読む]
  • とりアート一日目
  • 12月のこの時期としては良い天気に恵まれ、とりアートの一日目を楽しく過ごしました。オープン前の準備時間に、文化ホール前庭の亀と蛙のオブジェ前に、セイゴも置きました。                  どこでも置けるのが メタルフィッシュです。そして10時半に「とりアート」オープンです。         オープンスペースでは朝倉弘平さんのワークショップの紙の魚が舞い、家族連れ中心のお客様が目立ちます。 [続きを読む]
  • とりアート展示終了
  • 今日の午前中のパート勤務は、新人さんのへの職場実習。 しっかり教えて頑張ってもらわないと、おやじの工房活動の時間が取れません。(;'∀')       そんな勤務も終えて他の私用もこなして、米子市文化ホールの「とりアート」会場へ行きました。文化ホールと小ステージを会場としたコンパクトな会場設営。中央のオープンスペースにはストーブも用意されるようです。      さてメタルフィシュ工房の展示ブース [続きを読む]
  • 触ってもいいです(^^♪
  • 通常の展示会は、稀に写真撮影は許可するところあっても、作品を触る事は許可されません。しかしメタルフィッシュという金属工芸は、作品に触れて質感を感じてもらえなければ、伝わらないものがあると感じてます。特に手仕事の分野では、作家の手によって作られたモノを、鑑賞者は手で触れずに見るだけ。とても矛盾します。        先日開催された米子工芸会展でも、「手で触るな!」の拒絶マークが置かれてました。 私とし [続きを読む]
  • とりアートの準備と「山陰イマ人」にヤマセミが
  • とりアートで展示する為の作品を再度、海とくらしの史料館まで取りに行きました。       ボラ と ゴズ と セイゴ です。 この夏には東京江戸川区で展示された魚たちです。展示の為の準備もほぼ終わったので、今夜は車への積み込み。 明日のパート終了後、文化ホールへ直行です。 (その前にちょっと野暮用も ) さてさて我が家では妻の帰宅が仕事上遅いので、夕食作りもおやじの大切な仕事。後片付けもチャッチャ [続きを読む]
  • とりアートの準備ほぼ完了
  • 早いもので来週1日金曜日はとりアートの搬入日。 ということで、今日は一日その準備。と言うか、夢で展示のレイアウトが出てきたので、昨夜からの続きかな…。?       おさかなロードの紹介も目的なので、魚オブジェの写真を貼った額を制作。 この額は以前額屋さんで在庫品を安く分けてもらったもの。 こんなところで役に立ちます。     そして作品の配置図面を基に、ラベルや作品の準備。 こうした展示を過 [続きを読む]
  • メタル化おじさんのお仕事展
  • 来週12月1日は「とりアート」の搬入日。 なので今夜は、事前打ち合わせ会に出席。      メタルフィッシュ工房の展示場所は、文化ホールのロビー。 常設の彫刻が展示してある場所でした。         来週はパート現場も人手不足で終日勤務が増えますが…、目標があることが生きるメリハリ。       空き缶、ペットボトル、その他家庭ごみ の混じった袋が山となった現場。 これらを分別。プレスや粉砕し [続きを読む]
  • とりアート準備・クラゲの彫刻
  • 今日は工芸会展の搬出日。 その前に、海岸にクラゲの台座を拾いに行きました。        なかなか閃くモノが無かったなか見つけた発泡スチロール。 「ふゆう」というタイトルにピッタリ。 (ただ、クラゲを刺して安定するか?)           脚を熔接したクラゲを鉄筋に取り付けます。 試しに発泡スチロールに取り付けてみました。      結果、やはり転倒。当初の考えどうり、木のブロックで制作が必要のよ [続きを読む]
  • とりアートの準備でクラゲの制作
  • とりアートの展示の為、「海」にちなんだ彫刻作品がもう1個必要。 なので県展入選した「クラゲ」を再度作る事にしました。        クラゲの頭?を制作した後は、生型鋳造で脚?の部分を作ります。前回やっているので手順通り。 しかし、偶然の要素が大きいので…、形は様々になります。           今回は審査を受ける作品では無いので…、あまり手は加えないようにし、固定もラフに。一瞬で出来る工 [続きを読む]
  • 彫刻1個完成と工芸会当番
  • 今日の午後2時からは工芸会展の受付当番。 なので昨夜からの続きで、「とりアート」出展の為の彫刻制作。      干物の鋳物を取り入れ、拾ってきた流木と組み合わせて1個の作品に仕上げました。閃きのままに作りながら、「展示発表する場があるから意欲も沸く。」と気づく。制作途中は、気持ちワクワク楽しいものです。 そして午後からは、米子工芸会展の受付当番へ。         自分の作品の説明は勿論、他の作品を [続きを読む]
  • 秋のワクワクおさかなロードフェスティバル
  • 境港・海とくらしの史料館で開催された、境小学校6年生主催の「秋のわくわくおさかなロードフェスティバル」に行ってきました。                          玄関では子供達が元気な声で迎えてくれます。 子供達に案内されて、まずはメタルフィッシュ教室の子供達の3Dジオラマを見ました。         教室で作った魚オブジェも追加されてます。 右の大きい船は大型客船のようです。そして魚オ [続きを読む]
  • 彫刻の材料探し
  • 米子工芸会への展示制作も終わり、来月2(土)・3日(日)開催の「とりアート」の準備に入ってます。展示テーマは<海アート>。 魚を使った彫刻とメタルフィッシュの工芸で考えてます。 折しも、境港市展で奨励賞と市展賞を頂いた作品が現存しているので、2点を確保。あと2点ほど制作しないといけません。 (県展入選作品は、分解して材料となってます。) 作品のイメージは出来上がっているので、その材料を探しに海へ流木拾い [続きを読む]