メタルフィッシュ さん プロフィール

  •  
メタルフィッシュさん: フィッシュクラフトおやじ
ハンドル名メタルフィッシュ さん
ブログタイトルフィッシュクラフトおやじ
ブログURLhttp://blog.zige.jp/metal-fish/
サイト紹介文実物魚から型を取り、スズ鋳物とする手作りのフィッシュ・クラフトを制作してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/06/15 23:25

メタルフィッシュ さんのブログ記事

  • マネートレーとサワガニ制作
  • 今日はパートは休み。 なので一日、工房勤務。「頼まれ事は快く引き受けること。 必ず自分に返る。 労を惜しむな。」 今朝の新聞占いでした。と言うのも…、昨日倉吉のギャラリーさんから、「錫のマネートレーが出来ないか?」との依頼メール。 忙しいなかですが、朝から試作にかかろうと思ってたとこ。       純錫を薄板に鋳造、木槌で叩いて曲げてお札が丁度入る大きさに。 頼まれ事は自分の中の新しい部分を [続きを読む]
  • トラフグの型取り終了
  • 月曜日に魚を預かって4日目。 トラフグの石膏鋳型作りを終え、型バラシをしました。他の仕事を進めていた中での飛び込み的な要素もあり、事前に聞いていたとはいえ慌てる。しかしここで気持ちを切り替えて、魚オブジェの制作に切り替える。 夜遅くまでと朝3時起きの作業を二日連続。    「懸命な仕事を正しい方法で行う事が成功へと繋がる」。。。 誰かが言ってた言葉かな。?        40kg近い鋳型を吊り上げた [続きを読む]
  • 境小学校でのメタルフィッシュ教室とフグ鋳型完成
  • 昨日は境小学校でのメタルフィッシュ教室でした。 パート終わりの午後から出かけて、2時間ほどでメタルフィッシュを作りました。       用意してきた魚の鋳型をそれぞれ選んでもらい、金具で締め付けます。4か所のボルトを均等に締め付けられなかったり、ネジの左右の回し方が反対だったりと…現代っ子ならではの驚き。1回で上手く出来た子や、4度目でやっと出来た子。 でもみんな諦めずに取り組んでくれました。 [続きを読む]
  • 4000部配布のおさかなロード案内図
  • 「おさかなロード」を知ってもらおうとマップを自費制作しています。 これまで新オブジェが登場するごとに作っていましたが、「トラフグ」設置まで更新は待とうと思ってます。そんな折、さかいみなと銀座市場を運営するKさんから、マップ制作の依頼。        水木しげるロード東端からすぐにある さかいみなと銀座市場 1年ほど前に4000部を作ってあげたのですが、観光客などに全て配布したとのこと。さらなる発注 [続きを読む]
  • 魚オブジェ23号は「トラフグ」
  • 今週月曜日にNPO法人元気みなとさんから依頼を受け、魚オブジェ第23号となる「トラフグ」の制作にかかっています。水木しげるロードのスタート時は妖怪オブジェが23体であったことから、自分の中で目標としてきた数字。  それも縁起の良いとされる「フグ」なのでモチベーション上がってます。とは言うものの…、パート勤務は忙しく、委託販売品の注文や、来月には某デパートでの3人展。 明日は境小学校でのメタル [続きを読む]
  • サワガニの制作
  • サワガニの注文を頂いて制作にかかっています。 シリコンの鋳型もだいぶ損耗してきたので、ここらで新調することにしました。         原型となるサワガニをさらにリアル感を増すように、手を加えています。 そんななか今朝のテレビ情報番組で、「カニオブジェ」が人気という。       ところで錫鋳物でのサワガニは爪を曲げることが出来る。 なので、こんな使い方も。              箸を両手で支え [続きを読む]
  • 純錫豆皿?の新作
  • 純錫豆皿の制作依頼を頂いた 倉吉のギャラリーさんから 丁寧なメールをいただき、やる気になっているメタ工房。さらに新作2枚を作ってみました。皿の表面の模様は、「あおや和紙」でできたもの。 (ここらあたりも売りかな) 左は大山と美保湾をイメージした豆皿 (10センチ×7センチ)右はなんてことない四角       (15センチ×10センチ) 1.8ミリ程度の厚さに鋳込んだ錫板を叩いて成形するの [続きを読む]
  • 県展彫刻は入選でした
  • 今年で3回目となる県展への彫刻作品は、入選でした。        前、前々回とは違い小品だったので…、入選するだけでも良いかな?と一安心。 16日(日)は、自作と他の作品鑑賞に出かけることにします。来年は大作の制作に一年がかりで向かうつもりです。       数日前から作っていた豆皿も5枚が完成。 磨きをかけてギャラリーさんに納品することにします。他にも水木しげるロード内・「もののけ本舗さん」 [続きを読む]
  • 錫での豆皿制作
  • 今年の正月に作った「犬スプーン」を置いて頂いたギャラリーさんから、豆皿が欲しいと言われ制作にかかっています。                       犬ヘッドの純錫スプーン  豆皿の作り方は、皿の形の純錫板を鋳造。 凹み床の上で木槌で叩いて成形します。        ジュラルミンの板に和紙を張り、厚紙で作った鋳型を挟みます。錫を熔かします。                      厚さ1〜2ミ [続きを読む]
  • 明日から9月
  • 8月も今日で終わり。 リサイクル現場にはこの夏に消費された空き缶・ペットボトル類が山盛り。 まだまだ暑い作業は続きそう。午後からは境港の「海とくらしの史料館」へ。 来週の取材用に、「立体鮭図」を持ち帰りました。 展示ケースの中には、「真鯛」が再登場。      館長さんのお話では、近々このコーナーを移動されるそう。 隣に置いている「おさかなロード・ジオラマ」も玄関に移動し、お客さんの目に触れる機会 [続きを読む]
  • メタ工房の今
  • なかなか収まらない暑さの中で工房活動は休業中。 パート勤務のリサイクル現場で、文字通り汗を流す毎日が続いています。そんな中でも、20日には境小学校の6年生5名が先生に引率されて工房の見学。メタルフィッシュの作り方を学んで、「おさかなロード」盛り上げに頑張ってくれます。        NHKさんに取材されたVTRを見てもらい、興味深々。 「失敗してもあきらめないことが大切と分かった」などと感想。 自 [続きを読む]
  • カツオ・オブジェの新聞掲載
  • 昨日のカツオ・オブジェのお披露目式の様子を、地方紙2紙に掲載していただきました。        流石に記者さんですから、ポイントを押さえて紹介されています。特にS紙の方は大きな字で、「水産の町・境港アピール」の文言。交流館内で土産物店を経営される赤石会長も、「境港の玄関口に魚オブジェが出来て嬉しい」ということです。以前米子を中心として活動していた時、反応の少なさから…、やはり魚クラフトは境港 [続きを読む]
  • カツオ・オブジェのお披露目式
  • 今日は、「みなとさかい交流館」前で魚オブジェ第22号カツオのお披露目式がありました。スポンサーさんである赤石商店の会長さんはじめ、国や県や市の関係者さあんたちと大漁旗をひく除幕式に臨みます。 力を入れたかいあって、皆さんに満足頂けたようです。 その後、新聞社さんなどから取材もうけました。 何時もの事ながら、苦労が報われる至福の時間です。 海辺の自然光の下で見るカツオは一段と映えて見え、彩色にも新た [続きを読む]
  • 明日はカツオオブジェお披露目式
  • 今日はカツオ・オブジェが設置されるという事で、パートが終わってから境港へ行きました。         今回の設置場所は境港駅横の隠岐汽船ターミナルの海岸通り側。 ブルーシートに覆われてオブジェが設置されていました。          正面には境港市警の交番があるので、防犯上も安心。 なにより観光客の通りが多い所なので、「おさかなロード」のPRには最適の場所です。石材店さんで加工された石の台座がどん [続きを読む]
  • 工房仕事どころでな無い夏
  • 連日続く暑さの中でのパート勤務で、工房活動どころでは無い日々が続いています。しかし毎日運び込まれる空き缶・ペットボトルの量は、はんぱない。        そんななかペットボトルの新製品も続々登場。 こちらは透明なノンアル・ビール 今後も便利で手軽なペットボトルの利用は進むと思われますが…、そのリサイクル処理が間に合わない事態が既に起こっています。 (;^ω^)以前の輸出先であった中国はこれを [続きを読む]
  • 空き缶・空きペットボトルは災害ゴミ
  • ここ連日続く異常な猛暑。 「命に係わる危険な暑さ」は自然災害と言っても過言ではないレベルのようです。当然、熱中症の危険が叫ばれるなかで、ビールをはじめとする清涼飲料水の需要も伸びます。そしてその空き缶・空きペットボトルも例年を上回る量となります。私が働く空き缶・ペットボトルのリサイクル工場にも…、連日大量のゴミが搬入されてきます。                   もはや工場内に入らず&hel [続きを読む]
  • クローン文化財展
  • 今日のパートは暑さを避けて早朝6時から。 皆さんが飲まれた後のペットボトルのリサイクル作業。それでも8時頃になると気温が上昇するなかなんとか10時まで頑張りました。連日の猛暑。 これからも回収量はどんどん増える一方。 体力の維持が鍵。        その後気になっていた、島根県立美術館へ「クローン文化財展」へ行きました。         東京芸大が伝統的な模写の技術と現代のデジタル技術を融合させて、 [続きを読む]
  • 減らせプラごみ
  • 他のじげぶら〜さんの記事にもあったプラスチックごみ問題。昨日の新聞にもありました。       なかでも私が注目したのは、「ペットボトルなどの使い捨てを減らす方策や数値目標」と「効率的な回収・再利用」です。何度か書きましたが、私は空き缶・ペットボトルのリサイクル現場でパートとして働いてます。毎年夏場になると、普段の倍〜3倍の回収量となり、そのおよそ6〜7割はペットボトルとなります。         [続きを読む]
  • アオデガニの色直しとカツオオブジェの情報(;^ω^)
  • 今朝は暑さを避けて6時に境港に向け出発。 途中「すき家」で390円の朝定食。        先ずは開店前の食事処・峰さん前の真鯛をチェックする頃には、既に太陽の日差しが強い。       なので今日のメインの目的である、水木しげるロード・入口のアオデガニの所へ急ぎます。このゲートが「水木しげるロード」と「おさかなロード」を分断する38度線か。 色直し前のアオデガニ。 日焼けなのか?本来の鮮やかさが失 [続きを読む]
  • おさかなロードがテレビに
  • 明日に予定しているおさかなロード・魚オブジェのメンテ準備中に、「穴場トラベラー」という番組を見てると…、境港編で「おさかなロード」がチラット登場。タレントのはいだしょうこさんが、アオデガニ・オブジェの前で、「おさかなロード?」        その部分は録画出来ませんでしたが、」そのあとのさかいみなと銀座市場まえでのイカカツとシャークカツ販売の村尾さんが登場。 明日も営業されるので、オブジェの修 [続きを読む]
  • おさかなロード・1体の重み
  • いよいよ明日14日(土)は境港・おさかなロードに隣接する?水木しげるロードのリニューアルオープンの日。  連日のテレビ・新聞での報道で盛り上がっています。        リニューアルに伴い妖怪オブジェも一基に24体増えて177体になるそう。(内3体は境港市が負担) おさかなロードも22体目となるカツオの設置が予定されてましたが、未だ準備中のよう。       この日を目標に4月末から5月連休返上で制 [続きを読む]
  • 伊勢海老の彩色
  • 伊勢海老の彩色を継続しています。 冷凍庫からモデルの伊勢海老を取り出しては、実物に忠実に。奥の大きいのがメタル伊勢海老。 忠実に模写?しつつも、絵画的に強調する部分がないとリアル感が出ない。先方に気にいって頂ければ、伊勢海老の本場・伊豆にいくので、気合が入ります。 時間に縛られず…、納得のいく作品になるよう取り組んでます。 [続きを読む]
  • 伊勢海老の彩色
  • 伊勢海老の彩色進めました。 ベースの色は塗ってあるので、本物の伊勢海老をモデルにエアブラシで迫ります。ここまでくると、同じような色の中にも青いところ赤いところ見えてきます。 本物のようでいて重い。 どこにも無いものが出来始めてる楽しさ。 今夜は米子工芸会の総会。  大山1300年祭にちなんだ作品展開催の案内。でも…、急な制作モチベーションの転換は無理。  「出来ません」とお断りしました。 組織と [続きを読む]
  • 伊勢海老の彩色
  • 県展の彫刻に出品する作品を、米子市展出品するつもりだった作品を格上げしました。なので制作時間に余裕が出来、「伊勢海老」をじっくり仕事してます。忙しい間は、懸案である長らく空き家となってる実家の修繕や自宅の手入れも疎かになっていたので、落ち着けます。昨日は大阪北部の地震で、鋳物関係で親しくして頂いている方に連絡。 無事を知り安心しました。        伊勢海老は細かいトゲがありひっくり返すのに気を [続きを読む]
  • クローンアートとしてのメタルフィッシュ
  • 「東京芸術大学クローン文化財展」が来月13日から島根県立美術館で開催されるという。        破壊されたり失われた文化財を高度なデジタル技術と人の手により再現。 その価値と感動を後世に伝えるものという。過去にはブリューゲル制作の「バベルの塔」を3D化した展覧会も開催されている。 そこで思うに我がメタルフィッシュ工房も 、現実にはあり得ない高橋由一昨の「鮭図」の3D化に成功している。?       [続きを読む]