行政書士オヤジッチ(小野寺智) さん プロフィール

  •  
行政書士オヤジッチ(小野寺智)さん: 相続・遺言/法人設立 仙台の行政書士小野寺智
ハンドル名行政書士オヤジッチ(小野寺智) さん
ブログタイトル相続・遺言/法人設立 仙台の行政書士小野寺智
ブログURLhttps://ameblo.jp/oyazicchi-morinomiyako/
サイト紹介文交通事故、相続・遺言をはじめ、会社設立、各種許可申請など書類作成におけるご相談を受けています。
自由文『人生は、生涯勉強の日々。』
周りの人は、その人自身に挨拶するわけではなく、その人の肩書きに挨拶してくるもの。ならば、今の肩書きにこだわらず「人生の修行僧と化す。」という自分なりの考えのもと日々奮闘中の中年行政書士オヤジッチの雑記帳です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/06/16 22:11

行政書士オヤジッチ(小野寺智) さんのブログ記事

  • 雑誌『仙台っこ4,5月号』相続記事です。
  • 仙台市内の書店で発売しているタウン誌 仙台っこ(税込300円)に相続記事を連載中。   仙台っこ4,5月号表紙 離婚率が高いと言われている昨今、長い間、親子バラバラに生活してきた結果、親が亡くなったとき、親の財産が全く分からないというケースもあるわけです。今回は、まさにのケース。 今回のテーマは、『相続財産が分からない場合は、財産調査と財産目録の作成を』という相談事例です。 [続きを読む]
  • 昨日の行政書士会イベントより。
  • 2月22日は、行政書士記念日。その日に合わせ、全国の各行政書士会毎に様々なイベントを実施しています。我が宮城会では、落語と相続・遺言や成年後見制度に関する寸劇などのイベントを実施。 今回の寸劇では、大御所自らが主役を。 【今朝の地元紙 河北新報に掲載の記事】 【寸劇の中での成年後見制度の説明シーン】 [続きを読む]
  • 我が家も引っ越しシーズン。
  • 昨年、大学進学に伴い東京の某大学の学生寮に入った息子、今年はいよいよ独り暮らしをスタートすることに。 一応、この一年間、まじめに大学にも通い、その間色々と思う所があったようなので、今回は、本人の意思を尊重することに。 写真は、何カ所か部屋を見た時のワンシーン。実際に入居が決まった部屋は、東京という地域柄、南向きではなく見晴らしも良くなく、建物も決して新しいわけでもありませんが、それでも本人は納得し [続きを読む]
  • 雑誌『仙台っこ2,3月号』相続記事です。
  • 仙台市内の書店で発売しているタウン誌 仙台っこ(税込300円)に相続記事を連載中。    仙台っこ2,3月号表紙 今回のテーマは、『遺言書に記載のない財産が見つかった場合の相続手続き』という相談事例。 遺言書の内容の不備により相続手続きがスムーズに進まず、結果的にそれが元で、相続が争族になるとも限りません。 遺言書を準備される場合、慎重にも更に慎重に。 [続きを読む]
  • テーマは「相続・遺言・成年後見のはなし」。
  • 昨日、1月28日(日) 午後2時30分から、予定通り講演会講師スタート。テーマは「相続・遺言・成年後見のはなし」。 当然ながら、超高齢社会の中、年々、今回のテーマでの依頼が増え、関心度の高さを感じます。 今回講師を受けた一つとして、この分野での悪質な法人や行為などへの注意喚起があります。 「気がついたら、騙されていた。」といった事を減らしたいとの真面目な想いもあるわけです。 とは言いながら、どうしても [続きを読む]
  • 新年初講師 1月28日(日) 14:30〜。
  • 1月28日(日) 14:30〜 仙台市若林区中央市民センター講演会講師をさせていただきます。 以下、主催者のHPより あかねグループオープン講座 開催決定!講演会「相続・遺言・成年後見のはなし〜あなたと、あなたの大切なひとのために〜」●1/28(日) 14:30〜●若林区中央市民センターにて講師:小野寺 智 氏(行政書士)ぜひご参加ください。参加無料、ご自由に聴講いただけます!(お申込みは不要です)★問い合わせ★ あかね [続きを読む]
  • 1月4日にクリスマスプレゼント。
  • 今朝目が覚めて、枕もとを見るとメモ書きと包装された箱が1個。メモ書きには、「メリークリスマス」の文字が。 1月4日にクリスマスプレゼント。中身は、徳利とおちょこのセット。 愚妻さんに聞いた所、帰省していた愚息が、昨日、アルバイト代で買ってきたそうです。 年が明けた今頃に何故なのかは不明ですが、有難く使わせていただこうと思います。 早速、今夜から。 [続きを読む]
  • 一日も早く退院できることを願うばかりです。
  • 昨日の午前、仙台市内のある総合病院から携帯に電話が。 内容は、サポートしている方が胸の痛みで救急搬送されたとの事でした。(その後、急ぎ病院へ。) ドクターからの説明によれば、何とか一命はとりとめたようですが、このまま当面はICUに。 この後、一日も早く退院できることを願うばかりです。 写真は、年末に帰ってきた愚息が見よう見まねで生けたお花。 生け花のプロが見たら、色々と指摘もあるとは思いますが、愚息 [続きを読む]
  • 今週は、法人数社の書類作成、手続き、作業の日々。
  • 先週までの業務内容と一変し、決算時の株主総会議事録、株主名簿に始まり、会計記帳、古物商、医療法人など、先週までの相続業務とは違い、今週は、法人数社の書類作成、手続き、作業の日々。 有難くもあり、そして業務に関する知識も蓄積せねばと改めて日々痛感する今週一週間です。 来週は、成年後見制度関連の業務が待っています。今年も残すところあとわずか。心も身体も引締めていかねばです。 今年こそ、「年賀状はお早めに [続きを読む]
  • 雑誌『仙台っこ12,1月号』相続記事です。
  • 仙台市内の書店で発売しているタウン誌 仙台っこ(税込300円)に相続記事を連載中。仙台っこ12,1月号表紙 今回のテーマは、『単身生活が長かった亡き夫のカードローンなども含め財産状況が分からず、相続手続きの進め方が???』という方の相談事例。 相続手続きは、それぞれ複雑な場合があり、書籍通りにいかないケースも多々あります。 [続きを読む]
  • 少し前の11月12日の講師の様子。
  • 既に10日程経ちましたが、先日の12日日曜日の午後、名取市駅前のマンションモデルルーム隣の会議室でセミナー講師をさせていただきました。 今回の内容は、マンション購入予定者向けで、具体的な事例の話というよりは、総体的な観点からのお話をさせていただきました。 少しでもお役に立てればとの想いはありますが、果たして結果は如何に。 [続きを読む]
  • 雑誌『仙台っこ10,11月号』相続記事です。
  • 仙台市内の書店で発売しているタウン誌 仙台っこ(税込300円)に相続記事を連載中。仙台っこ10,11月号表紙 今回のテーマは、『夫と一人息子に先立たれ、独り身になった方のこれから』について。 生前、一人息子は離婚し、唯一の孫とも長いこと会っていない、まさに孤独な日々を過ごされている方の相続手続きとこれからについてのご相談内容です。 [続きを読む]
  • 雑誌『仙台っこ8,9月号』相続記事です。
  • 仙台市内の書店で発売しているタウン誌 仙台っこ(税込300円)に相続記事を連載中。仙台っこ8,9月号表紙 今回のテーマは、『相続が発生する前に、相続放棄は出来ますか?』について。 親に借金がある場合にその借金の支払いを逃れるためだったり、兄弟が何人かいる子どもの方で親から多額の援助をもらった一人が親が亡くなる前に、相続財産を受取らないよう受取り拒否の一筆を書くなど。 今回は、そんなケースのひとつです。 [続きを読む]
  • 7月27日、寸劇再演。
  • タイトルは『秋桜(こすもす)家の「終活」事情』会場は仙台市南部の集会所、出演者とナレーターは、全て現役の行政書士。 別に出演したくて出演したわけではありませんが、どうせボンクラ息子役(主役)で出演するならばと、昔のマンガ「天才バカボン」のパパをイメージしての役作り。前髪を輪ゴムで結び、頬っぺを赤く塗り、鼻毛を描き、お腹にタオルを忍ばせ、その上からコルセットを巻き。 これで2回目、もう演じたくはありませ [続きを読む]
  • セミナー講師の緊急担当。
  • 先日、先輩行政書士さんが講師を務める予定だったセミナー講師を急遽担当することに。 楽天の岸投手が腰痛で先発登板することが出来なくなり、急遽、戸村投手が先発したことがありましたが、今回はそれに似たようなもので、緊急担当でした。 会場は、仙台市内の老人福祉センター、テーマは、「成年後見制度〜相続・遺言について」当日は、担当するはずだった先輩の他もう一人の先輩行政書士さんもいらっしゃり、 [続きを読む]
  • 何故か、最近はシニア世代関連の相談や依頼が多いような。
  • タウン誌に相続に、関する記事を連載させていただいてはいますが、業務的には他にも建設業に関する手続きや医療法人に関する手続き。 その他各種法人に関する諸手続きと会計記帳、外国人の在留資格に関する手続きなど、今まで多岐に渡る業務に関わってきました。 それが、何故か最近は特に成年後見制度や相続、遺言といったシニア世代関連の相談や依頼が多いような気がします。 これも、時代の流れでしょうか。&nb [続きを読む]
  • 5月13日(土) 仙台市青葉区 福祉プラザにて
  • 所属している一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター宮城県支部主催(コスモスみやぎ) タイトル「終活・豊活・葬活 〜すばらしきエンディングのために〜」 イベントの次の日 5月14日(日)地元河北新報に記事が掲載されました。写真は、そのイベント中で行われた寸劇「秋桜(コスモス)家の「終活事情」」。私も、バカ息子役(主役)で出演させていただきました。(写真の左端)メンバーからは、「普段と変 [続きを読む]