弁護士自治を考える会 さん プロフィール

  •  
弁護士自治を考える会さん: 弁護士自治を考える会
ハンドル名弁護士自治を考える会 さん
ブログタイトル弁護士自治を考える会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii
サイト紹介文弁護士懲戒・非行専門。弁護士見張ってます
自由文弁護士の懲戒処分を公開しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供509回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2010/06/18 15:39

弁護士自治を考える会 さんのブログ記事

  • 加島宏弁護士(大阪)懲戒処分の要旨 自由と正義2008年2月号
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2008年2月に掲載された弁護士懲戒処分の公告大阪弁護士会 加島 宏弁護士の懲戒処分の要旨弁護士懲戒処分検索センターでは1980年代からの弁護士の懲戒処分の有無が検索できますが、懲戒処分理由の要旨については2008年後半からになります。リクエストがございましたので掲載いたします。なお懲戒処分検索センターで検索があり処分理由の要旨を知りたい方はセンター [続きを読む]
  • 裁決の公告(処分取消)高橋一弥弁護士(千葉)
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。 日弁連広報誌「自由と正義」2018年10月号に公告として掲載された弁護士の裁決の公告、要旨・千葉県弁護士会・高橋一弥弁護士の処分変更の公告戒告処分から『処分なし』へ変更戒告処分を受けて被懲戒者が処分は不服であると日弁連へ審査請求を出し認められ、戒告処分が取消しとなったもの。  ↑(懲戒取消)2016年3月号自由と正義日弁連広報誌・自由と正義2016年3月号に掲載された弁護士の懲 [続きを読む]
  • 福岡市の弁護士が”弁護士法違反”か  (RKB毎日)11月7日
  • 福岡市の弁護士が”弁護士法違反”か11/7(水) 福岡市に拠点を置く男性弁護士が、資格を持たない事務員に法律業務を任せる「非弁活動」をさせていた疑いが浮上しています。関係者によりますと、福岡市天神に事務所を構える30代の男性弁護士は、今年3月、事務員の男性に他人から依頼を受けた債権の取りたてをさせた弁護士法違反の疑いがもたれています。この事務員から時効を迎えたはずの債務の支払いを求められた人が不審に思い、発 [続きを読む]
  • 大量懲戒請求『高校生・中学生でも、遠慮なく・悩まず・連絡を』
  • 大量懲戒請求 『高校生・中学生でも、遠慮なく・悩まず・連絡を』 先日5日大量懲戒請求記事の配信後、少々気になる情報が来ました。今回の 大量懲戒請求問題 で、懲戒請求者約960名のなかに、『未成年の存在』 等、書き込み等の情報です。 ひとり悩まずに !!自分だけで悩んでいることなく(親御さんも含め)、匿名でいいので、まず連絡ください。また、『 どうも大量懲戒請求問題のような内容で、同級生や友達がネット [続きを読む]
  • 飲酒運転で2台巻き添え輪倉大流弁護士業務停止1月(新潟)
  • 飲酒運転で2台巻き添え 弁護士業務停止 新潟 新潟県弁護士会所属の輪倉大流弁護士(32)が今年5月に飲酒運転で物損事故を起こしたとして、同会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けていたことが6日、分かった。処分は10月15日付。 同会によると、輪倉弁護士は今年5月30日夜に新潟市中央区の飲食店で酒を飲んだ後、事務所から帰宅するために車を運転し、同市東区の路上で電柱に衝突。弾みで部品が飛び、近くに止まっ [続きを読む]
  • 尋問で名誉毀損判決に「不服」県内弁護士が上告
  • 尋問で名誉毀損判決に「不服」県内弁護士が上告山梨日日新聞民事訴訟の証人尋問で名誉を傷つける質問をされたとして、甲府市の女性が県弁護士会に所属する小笠原忠彦弁護士(65)を相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、小笠原弁護士は5日までに、賠償を命じた二審東京高裁判決を不服として、 上告した。引用  山梨日日新聞https://www.sannichi.co.jp/article/2018/11/06/00307922当初の報道「横領したのか」弁護士の証人尋問 [続きを読む]
  • 大阪弁護士会「会員逮捕に関する会長談話」過去一覧
  • 所属する弁護士が逮捕されると弁護士会は会長談話を出すのが恒例となっております。全国の弁護士会で大阪弁護士会会員の逮捕者の数は群を抜いています。当然、逮捕者の数だけの会長談話を過去発表しています。とりあえず逮捕されたら会長談話を出す、対応策も対策も講じない。また逮捕者が出る。談話を出す!この繰り返しを続けていくのみです。大阪弁護士会だけの「会員逮捕に関する会長談話」をまとめておきます。(大阪弁護士会 [続きを読む]
  • 木?博弁護士(福岡)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2018年10月号に掲載された弁護士の懲戒処分の要旨/福岡県弁護士会・木?博弁護士の懲戒処分の要旨 木?博弁護士は4回目の処分となりました。自由と正義2018年2月号にも業務停止1月の処分公告が掲載されました。1年で2回も自由と正義に掲載されることはめったにありません。4回の処分理由の要旨に懲戒請求者株式会社A社が登場します。どういう会社なのでしょうか (4 [続きを読む]
  • 会員逮捕に関する会長談話・2018年11月2日 大阪弁護士会
  • 会員逮捕に関する会長談話・会員逮捕に関する会長談話  昨日、当会会員が、業務上横領容疑で逮捕されたとの情報に接しました。 被疑事実の真偽については、今後の捜査及び裁判の進捗を待つことになりますが、いうまでもなく依頼者からの預り金を着服するという行為は、到底許されるものではありません。当会は、これまでも、弁護士、弁護士会が市民から信頼される存在でありたいと、不祥事の防止に向けて様々な努力を重ね [続きを読む]
  • 1億8千万円横領容疑で洪性模弁護士逮捕 大阪地検特捜部
  • 1億8千万円横領容疑で弁護士逮捕 大阪地検特捜部11/1(木)  土地建物管理会社から依頼を受けて弁護士の業務として預かっていた計約1億8200万円を着服したとして、大阪地検特捜部は1日、業務上横領容疑で、大阪弁護士会所属の弁護士、洪(こう)性模(せいも)容疑者(66)=韓国籍、堺市西区=を逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。 逮捕容疑は、土地建物管理会社が所有するビルの賃料相当損害金を管理 [続きを読む]
  • 依頼者見舞金支給申請に関する公告 上賢郎弁護士(新潟)
  • 依頼者お見舞金制度公告依頼者見舞金支給申請に関する公告公告(10月18日〜2019年1月16日) 日本弁護士連合会は、上賢郎元弁護士について依頼者見舞金の支給に係る調査手続を開始しましたので、依頼者見舞金制度に関する規程第7条の規定により、下記のとおり公告します。なお、この手続において依頼者見舞金の支給を受けることができるのは、上賢郎元弁護士が2017年(平成29年)4月1日以降に行った業務上の横 [続きを読む]
  • 大森清治弁護士(静岡)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2018年10月に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・静岡県弁護士会・大森清治弁護士の懲戒処分の理由の要旨大森清治弁護士は2回目の処分となりました。今回の処分について報道がありました。遺言を無視した弁護士、業務停止2カ月 /静岡毎日新聞 2018年6月13日 地方版  県弁護士会は12日、会員で「大森清治法律事務所」(沼津市御幸町)の大森清治弁護士(7 [続きを読む]
  • 預かり金横領 菅谷公彦元弁護士に懲役6年 東京地裁判決
  • 預かり金横領 元弁護士に懲役6年 東京地裁判決 10/25 12:37  依頼人からの預かり金約1億5500万円を着服したとして、業務上横領の罪に問われた元弁護士菅谷公彦被告(52)に、東京地裁は25日、懲役6年の判決(求刑懲役8年)を言い渡した。  大川隆男裁判官は「横領額は巨額で一部しか返金されておらず、被害者の処罰感情は強い」と述べた。  判決によると、2014年12月〜15年12月、不 [続きを読む]
  • 文書偽造した田原一成弁護士(東京)を除名 東京
  • 文書偽造した弁護士を除名 東京 東京弁護士会は25日までに、企業の破産手続きを受任したのに放置し、手続きが完了したとの裁判所の文書を偽造したとして、田原一成弁護士(39)を除名した。最も重い懲戒処分で、弁護士資格を3年間失う。弁護士会が聴取のため文書で出頭を求めたが、連絡がつかないという。弁護士会によると、2012〜13年に企業の代表を務める男性から計約60万円の弁護士費用を受け取って破産手続 [続きを読む]