弁護士自治を考える会 さん プロフィール

  •  
弁護士自治を考える会さん: 弁護士自治を考える会
ハンドル名弁護士自治を考える会 さん
ブログタイトル弁護士自治を考える会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii
サイト紹介文弁護士懲戒・非行専門。弁護士見張ってます
自由文弁護士の懲戒処分を公開しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供513回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2010/06/18 15:39

弁護士自治を考える会 さんのブログ記事

  • 原 武之弁護士(愛知)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2018年9月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告。愛知県弁護士会・原 武之弁護士の懲戒処分の要旨処分理由労働組合の弱体化を図った。弁護士職務基本規程(違法行為の助長)第十四条 弁護士は、詐欺的取引、暴力その他違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない。ときどき愛知県弁護士会の懲戒処分は??な判断がでます。礼儀知らずの若 [続きを読む]
  • 大田清則弁護士(愛知)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2018年9月に掲載された弁護士の懲戒処分の公告。愛知県弁護士会・大田清則弁護士の懲戒処分の要旨処分理由預かり金口座の怠慢な管理・和解金の返還が遅い日弁連、弁護士会が弁護士に、やまかしく預り金口座の管理をしっかりせいと仰ってますが実態は以前と同じどんぶり勘定。そして処分は戒告です。日弁連も弁護士会も世間には、口座の管理はしっかりやってますという [続きを読む]
  • 資格なく業務か 非弁活動容疑、法律事務所など家宅捜索(大阪)
  • 資格なく業務か 非弁活動容疑、法律事務所など家宅捜索 弁護士の資格がない事務員らに債務整理業務を行わせていた疑いがあるなどとして、大阪地検特捜部は20日午前、大阪市の法律事務所と東京都のインターネット関連会社などへの家宅捜索を始めた。関係者によると、捜索容疑は弁護士法違反という。 捜索を受けたのは、大阪市中央区にある弁護士法人あゆみ共同法律事務所の大阪事務所と、法律の相談サイトなどを運営するインタ [続きを読む]
  • 徳本和男弁護士(沖縄)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています 日弁連広報誌≪自由と正義≫2018年9月号に掲載された弁護士懲戒処分の公告・沖縄弁護士会・徳本和男弁護士の懲戒処分の要旨 【処分の理由】 国選弁護から私選弁護に承諾なく切り替えた。法テラスからの斡旋を受けて国選弁護を行った場合、報酬から法テラスに一定の金額を納めなければなりません。私選の方が安くなりますからという弁護士もいます。国選弁護人の懲戒処分は、ほとんどが戒告です [続きを読む]
  • 長友隆典弁護士(札幌)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2018年9月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告札幌弁護士会・長友隆典弁護士の懲戒処分の要旨登録番号51521 平成25年司法試験合格 26年札幌弁護士会登録処分理由・懲戒請求者のプライバシー、名誉を毀損をした。被懲戒者は何らかの事件を受任して、その相手方に対して行ったとは書いてありませんので、なぜ、こんなことになったのかさっぱり分かりません。長友弁 [続きを読む]
  • 日弁連広報誌「自由と正義」2018年9月号 弁護士懲戒処分の要旨
  •                   弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」9月号が届きました。弁護士の懲戒処分の要旨が公告として掲載されています。9月号は本年5月1日から6月6日までに処分を受けた弁護士の懲戒処分の要旨です。5月22日に愛媛県弁護士会より戒告処分を受けた弁護士法人アデイーレ法律事務所は日弁連懲戒委員会において8月22日処分取消になりましたので処分の要旨は掲載されていません [続きを読む]
  • 司法試験合格者1525人 予備試験組2割超に ,出願者数は減少続く
  • 司法試験合格者1525人 予備試験組2割超に フォームの始まりフォームの終わり 法務省は11日、2018年の司法試験に前年より18人少ない1525人が合格したと発表した。3年連続減となったが、政府が年間目標とする1500人は上回った。合格率は3.25ポイント増の29.11%と2年連続で上昇。法科大学院を修了しなくても受験資格を得られる予備試験組の合格者は過去最多を更新し、合格者全体の2割を超えた。引用 日経https://www.nikkei.c [続きを読む]
  • ご都合で懲戒請求を棄却してくる東京弁護士会綱紀委員会
  • 弁護士自治を考える会平成29年12月5日に東京弁護士会の弁護士2名に懲戒請求を申し立てました。40代後半の女性弁護士とそのボス弁、医療過誤を得意とする女性二人の事務所。処分を求める理由は「守秘義務違反」です。事件番号は平成29年東綱3677号 3678号です。昨年12月5日の申立てですから1月1日から1年間で約3600件以上の懲戒請求が東京弁護士会だけにあったということです。いわゆる大量懲戒の影響でしょうが、懲戒の審議が杜撰 [続きを読む]
  • 「預り金」に関しての弁護士懲戒処分例
  • 「預り金」に関しての弁護士懲戒処分例の書庫弁護士の不祥事で一番多いのが「事件放置」その次に「報酬」「着手金」に関するもの「預り金の管理」についても多くの処分例があります。日弁連は、事件毎に預り金口座を設けて弁護士会に届ければ不祥事は無くなるという対策しか講じていません。あとは弁護士、法律事務所のガバナンス、倫理、に任せるしかないという事です。つまりそんな弁護士に依頼したあなたの自己責任で弁護士会、 [続きを読む]
  • 野武興一弁護士(茨城)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2018年8月号に掲載された弁護士の処分公告、懲戒処分の要旨が公告として掲載されています。茨城県弁護士会・野武興一弁護士の懲戒処分の要旨野武興一弁護士は3回目の処分となりました。1回目 1996年12月 戒告2回目 2011年8月  業務停止2月3回目 2018年8月  業務停止1月今回の処分理由は「預り金の管理の怠慢な行為」です。日弁連が弁護士の預り金の管理の不 [続きを読む]
  • 西本哲也弁護士(大阪)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌・「自由と正義」2018年8月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・大阪弁護士会・西本 哲也弁護士の懲戒処分の要旨西本の「西」は、日弁連弁護士検索でも普通の「西」を用いていますが、自由と正義には戸籍上の「西」ですが、パソコンにはありません。 【処分理由】事件放置、事件放置といえば、過去は仕事忘れてましたという簡単な理由が大半でしたが、最近は違います。徹底した、 [続きを読む]
  • 堀江 永弁護士(神奈川)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2018年8月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・神奈川県弁護士会・堀江 永弁護士の懲戒処分の要旨処分の理由・相手方に代理人が就任していたが、直接相手方と交渉この処分は「戒告」しかありません。弁護士であれば、相手に代理人がいれば、代理人に話を通すことは、常識ですが、ベテランが多い処分です。弁護士職務基本規定 第52条違反 処分例https://blogs. [続きを読む]