弁護士自治を考える会 さん プロフィール

  •  
弁護士自治を考える会さん: 弁護士自治を考える会
ハンドル名弁護士自治を考える会 さん
ブログタイトル弁護士自治を考える会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii
サイト紹介文弁護士懲戒・非行専門。弁護士見張ってます
自由文弁護士の懲戒処分を公開しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供516回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2010/06/18 15:39

弁護士自治を考える会 さんのブログ記事

  • 保田行雄弁護士(東京)懲戒処分の要旨   
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・東京弁護士会・保田行雄弁護士の懲戒処分の要旨 保田行雄弁護士2回目の懲戒処分となりました。処分理由は「事件放置」です。「事件放置」は弁護士の処分理由で一番多いとされる理由です。しかし、3回目程度までは「戒告」です。依頼者に迷惑をかけても、それがどうしたという対応ですが、今回は業務停止6月という [続きを読む]
  • 林敏夫弁護士(神奈川)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・神奈川県弁護士会・林敏夫弁護士の懲戒処分の要旨まったくもって意味不明、現在、林弁護士は業務停止1年6月の最中です。(2019年3月6日まで業務停止)対象弁護士にとって痛くも痒くもない処分です、弁護士会は懲戒請求者に対し処分をしましたというアリバイ工作のようなことを処分です。なぜこういう処分が出るのか [続きを読む]
  • 「弁護士懲戒請求」対象弁護士の答弁書・弁明書の請求方法
  • 弁護士自治を考える会弁護士に非行の疑いがあれば所属する弁護士会に懲戒請求を申立てすることができます。弁護士会によって対応の仕方、様式が異なります。懲戒請求書の提出部数は、当ブログ書庫「各弁護士会の懲戒請求の出し方」を参考にしてください。https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/folder/1019381.html懲戒請求書が弁護士会で受理され綱紀委員会で審議が開始されると、懲戒請求者に対象弁護士の書いた「答弁書」「弁明書 [続きを読む]
  • 過払い金を本人に渡さず詐取か…仲介のNPO運営者ら
  • 過払い金を本人に渡さず詐取か…仲介のNPO運営者ら 弁護士が債務者のために取り戻した過払い金を「本人に渡す」などと嘘を言ってだまし取ったとして、NPO法人の実質的運営者の男ら3人が逮捕されました。 「STA」の実質的運営者・松本吉則容疑者(51)と長谷川和江容疑者(54)ら3人はおととし、債務者のために過払い金を取り戻した弁護士事務所に嘘を言い、現金900万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、 [続きを読む]
  • 河原格弁護士(東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・東京弁護士会・河原格弁護士の懲戒処分の要旨「処分の理由」国選弁護人が上告期間を徒過した。被告人だった方(懲戒請求者)にしてみれば無罪になる可能性もあったのですが、無罪にしてくれるはずの弁護人が有罪を確定してしまった。一般社会では業界追放になるくらいですが、弁護士業界は「忘れてたわ!」で終わる [続きを読む]
  • 黒田充治弁護士(京都)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分の要旨を公開しています。日弁連広報誌「自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士懲戒処分の公告・京都弁護士会・黒田充治弁護士の懲戒処分の要旨黒田充治弁護士は4回目の処分となりました。お気の毒ですが、京都弁護士会から睨まれておられますので、ちょっとした事でも懲戒処分になります。京都ではもうお一方、懲戒が出されると綱紀委員会素通りになり即、懲戒委員会行きという弁護士もおられます。弁護士の [続きを読む]
  • 蓮見和也弁護士(第二東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・第二東京弁護士会・蓮見和也弁護士の懲戒処分の要旨 今回の懲戒処分の要旨を見ても,何のことかさっぱり分かりません。分からないようにしているのかと考えたくなります。また二弁はほんとうに他の弁護士会よりも処分も甘いわりに酷い内容が多く見受けられます。非行の殿堂・第二東京弁護士会https://blogs.yahoo.co. [続きを読む]
  • 不適切な対応で弁護士 3回目の戒告処分 奈良弁護士会
  • 懲戒処分 不適切な対応で弁護士 奈良弁護士会 /奈良毎日新聞 2018年6月20日 地方版 奈良弁護士会は19日、依頼人に適切な対応をしなかったなどとして、辻内誠人弁護士(47)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は13日付。  弁護士会によると、辻内氏は依頼を受けて、推定相続人廃除の申し立てを行ったが、委任契約書を作らなかった。2015年5月に審判が出てもそのことを伝えず、依頼者が電話をしても連絡 [続きを読む]
  • 豊島哲男弁護士(大阪)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2018年6月に公告として掲載された弁護士懲戒処分の公告・豊島哲男【大阪】弁護士の懲戒処分の要旨豊島哲男弁護士は2、5回目の処分となりました。0、5は綱紀委員会で「懲戒相当」となったが懲戒委員会で処分までには至らないとなったもので0,5回と勘定しました。1回目も今回も戒告です。(堂島ビルヂング)  大阪駅の近くにある堂島は大阪のビジネス街では超一 [続きを読む]
  • 高島 健弁護士(兵庫)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2018年6月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・兵庫県弁護士会・高島 健弁護士の懲戒処分の要旨 【処分の理由】相手方弁護士に暴言を吐いた。市民が懲戒請求を出してもなかなか処分しませんが、弁護士が懲戒請求した場合は処分になります。この被懲戒者は同じ弁護士に対し1回は書面で2回目は口頭で暴言を吐いたとあります。同じ事件ではなく別の事件で会ってし [続きを読む]
  • 日弁連広報誌「自由と正義」2018年6月号 弁護士懲戒処分の要旨
  •                      自由と正義 写真は1月号 表紙は1年間同じ日弁連広報誌「自由と正義」6月号が届きました。本日は一覧です。今月は、処分内容が酷いものが多く掲載されていますが、処分は甘い、もっと早く処分を下しておけば被害者が出なかったのではないかというものもあります。弁護士氏名   登録番号   所 属   処 分    処分日① 蓮見和也  25314    第二東京  業務停止3 [続きを読む]