ビンセント さん プロフィール

  •  
ビンセントさん: 大人買いモデルガン
ハンドル名ビンセント さん
ブログタイトル大人買いモデルガン
ブログURLhttp://otonagai-mg.blogspot.jp/
サイト紹介文モデルガン・ガスガンのカスタマーサイト。モデルガンは美しくなくてはならないをモットーに仕上げます。
自由文プラスチックでできたトイガンもブルーイング・塗装により、圧倒的な存在感がでます。また、コンピュータ制御の刻印機により、リアルな刻印も再現出来ます。当サイトは、下地処理、刻印、ブルーイングと一貫した作業で、トイガンを魅力的に仕上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/06/18 11:41

ビンセント さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 哀愁のコンバットマグナムは蒼く光り輝く
  • チーフスペシャル(M36、M60など)、ボディーガード(M49など)、センティニアル(M40など)、コンバットマスターピース(M15)。ハイウェイパトロールマン(M28)Smith&Wesson社の38口径リボルバーにはほとんど愛称がついています。この愛称は、「シリーズネーム」というらしいですね。中でも日本で有名なのは、「コンバットマグナム」(M19)でしょう。ここ日本で、この銃の使い手は何といっても、ルパン3世の次元大介ではないで [続きを読む]
  • CAWガバメント塗装仕上げ(その3:完成編)
  • 長々と前編がありましたが、完成しています。CAWガバメントのフル刻印、塗装仕上げモデルです。何の変哲もないガバメントですが、すべての文字やマークを掘り込んでいます。トリガーガードは余白もそれほどありませんので、位置合わせはかなりシビアとなります。こちら側はスライドに刻印はありません。フレームには細かい文字がたくさん並んでいます。平面出ししてから、一文字一文字金属製のカッターで彫っています。それぞれ [続きを読む]
  • CAWガバメント塗装仕上げ(その2:刻印編)
  • 刻印の話です。CAWから出ているスタンダードなガバメントを使えば、カスタムせずに済みます。しかし、敢えてメーカーと同じものをこだわりを持って製作するにはそれなりの理由がないといけません。今回はまず刻印にこだわりを持たせます。実銃の刻印は、今だとレーザー加工も活用されているようです。しかし、20世紀初頭の銃の大量生産が可能となった頃はロール刻印です。これは、刻印文字が彫られた刻印雄型を、刻印対象物の上で [続きを読む]
  • CAWガバメント塗装仕上げ(その1)
  • 実銃とチャンポンしてもピタリと合うCAWのモデルガンのガバメント。カスタムベースにするには現時点での最高峰と言えるでしょう。エランのガバは別格で、そのまま楽しむものですね。(もちろんCAWのガバもそのままでも十分楽しめます。)CAWのガバを最初に見たときは、MGCのモデルガンやウェスタンアームズのガスガンに慣れていた目には、とてもスリムに感じました。こんなにリアルなガバメントならカスタムベースにはもってこ [続きを読む]
  • タナカモデルガン:コルトディテクティブSPブルーイング
  • このブログでは2回目の登場、タナカのモデルガン、コルトディテクティブスペシャルです。ディテクティブは結構思い入れのあるモデルでして、私が中学生の頃までさかのぼります。ディテクティブスペシャルは、タナカからガスガンがモデル化されていました。当時の私は刑事ドラマの影響で、オートマチックよりスナブノーズが好きでした。当時の刑事ドラマは、良い者が持ってるのはリボルバー、悪者が持ってるのはオートマチックでし [続きを読む]
  • 下地処理の紙やすり選び
  • ■紙やすりはブルーイングには不可欠ブルーイングの下地処理に紙やすりは欠かせません。紙やすりをかけることは、次の2点の役割があります。・モデルガン、ガスガンの表面の微細な凸凹を均す成型時に生じた、ヒケやパーティングラインなどを均し、エッジを際立たせたり,表面をなめらかにする役割があります。これらが残ったままでは、美しい仕上がりは得られません。・HW樹脂の表面をリフレッシュする金属粉末が混合された樹脂 [続きを読む]
  • 過去の記事 …