春野桜子 さん プロフィール

  •  
春野桜子さん: 春野桜子の公式ブログ
ハンドル名春野桜子 さん
ブログタイトル春野桜子の公式ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sakura-hearts/
サイト紹介文漫画製作会社の漫画家のブログですv雑誌への投稿も行ってますv
自由文漫画製作会社の漫画家で代表のブログでござんす☆
毎日の近況を毎日更新しています^^
画像で作品の漫画の絵をアップしたり、会社の仕事のことを書いてますvどうぞ〜→http://ameblo.jp/sakura-hearts/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/06/19 10:30

春野桜子 さんのブログ記事

  • HIROYUKI
  • 「HIROYUKI」             井手妙子矢部浩之はタカの外れた男娼として有名であった。顕正会の会員で、薄汚い手を使うので有名であった。誰しもが「今夜、寝ぇへん?人生は諦めが肝心やさかいに」と笑う白髪の頭を恐れていた。「気持ちが悪い」と汚物の様に扱われ、誰も人が寄ってこず、一人きりでいるのが常であった。どろりとした目つきは、畜生以下の下等なものを想起させ、忌嫌われていた。不潔なその肉体 [続きを読む]
  • HITOSHI
  • 芸能人の松本人志はその名を男娼として、轟かせていた。その名を知らない者は裏表関係なく淫乱ぶりが知られていた。「こんばんは、せえへん?」そう耳元で囁くのであった。性病と年齢による加齢で見るも無残な姿を晒していた。テレビで話す内容はベットの中で男に教えてもらった事ばかりであった。松本人志は天才の名を被っていたが、その実は本当の天才から見ると失笑を買っていた。最後はガソリンを、被って自殺した。狂った頭と [続きを読む]
  • 藤子F不二雄先生論【論文】
  • こんばんは( *´艸`)本日二本目の藤子F不二雄先生の論文を書こうと思っているわたくしです。藤子先生の凄さは、「精神の安定」を漫画でやれるところです。漫画家として強く影響を受けました。作品を描いていて、疲れ切って読みながら眠るのは「ドラえもん」でした。張り詰めた精神を開放する、生命がホッとする漫画を描かれたのが、藤子F不二雄先生でした。「ドラえもん」はとても短い作品で、一話8枚位です。紙にして4枚です。 [続きを読む]
  • 手塚治虫先生論【論文】
  • こんにちは(^^♪今日は論文を書いておこうと思って、「手塚治虫先生」について書きたいと思います。紙とペンという武器で、ヒトラーと戦い、仏陀を描き切ったその生涯は、ヒューマニズムに裏打ちされた、素晴らしいものでした。私が初めて手塚作品に出合ったのは、小学六年生の時、学校の図書館に「火の鳥」が置いてあって、慌てて借りたのをよく覚えています。「未来編」に強く影響を受け、現在もその偉大さに敬服せざるをえませ [続きを読む]
  • 新暁九
  • 「創価・人間革命」新暁九           井手妙子枝野は誠実で知られていて、入江妙子が信頼している人間の一人であった。「毎日、山本先生にお応えする思いで、世界広宣流布に走っています。御書に「師とは師匠授くるところの妙法、子とは弟子受けることの妙法吼とは師弟共に唱うる所の音声なり」(七八四頁)とあります。今が勝負だと思って、臨終只今の心で頑張っていきます」入江妙子は枝野に深く敬礼し、仏を敬う思い [続きを読む]
  • 「YURIKO4」
  • 「YURIKO4」           井手妙子百合子はいつにも増して、強い性欲で前原に迫った。「貴方、お若いからあっちの方も達者なんでしょ」そう言って強い淫乱な目で前原を見た。前原は百合子の淫乱さに嫌気が刺していて、こんなばあさん相手にしても仕方がない、と思っていた。「私の欲求を満たして頂戴」百合子は足を開くと、大胆に迫ってみせた。腰を上げ、全裸で男に己の性欲を満たすため道具の様に扱った。「私に [続きを読む]
  • 「とおやまくん」
  • 「とおやまくん」          井手妙子ぼくはあたまがわるいっていわれるけど、ぜんぜんいみがわかりません。ぼくはいつもいっしょうけんめいおはなしをしているのに、だれもしんけんにきいてくれません。どうしてかなっておもうけど、むつかしいことばやせいじのはなしはよくきいてもりかいというのができません。りかいというのはとてもむつかしくて、ぼくはいつもなみだがでてしまいます。せいじのせかいというところに [続きを読む]
  • 麻紀子ちゃん3
  • 「ま●こ、濡れ濡れなの」「雨が降っているからね」「ま●こ、激しく出し入れして欲しいの」「箪笥の話ね」「ま●こ、路地裏でするのが好きなの」「ゴム跳びかな?」「ま●こ、えすえむが好きなの」「お洋服のサイズの話だね」「ま●こ、縛られる方なの」「恋愛の話かな?」「ま●こ、おかされるのが好きなの」「領空侵犯の話かな」「ま●こちゃん、って呼んでね」 [続きを読む]
  • 寺子屋
  • おはようございます!東京で倒れた時に、叔父叔母夫婦にとてもお世話になりました(^o^)へろへろで救急車で運ばれた私をお店を休んで病院まで迎えきてくださり、車でお家まで連れて行ったくださいましたm(_ _)m「寺子屋」という居酒屋を横浜市の戸塚で経営していらっしゃるので、行ってみたら良いですよ(^o^)とても美味しくてレトロな感じの素敵な居酒屋です\(^o^)/いつもありがとうございます\(^o^)/ [続きを読む]
  • MASAMI
  • ゆうきまさみは出版界の男娼として知られていた。編集者から作家まで見境なく夜を共にした。本人は漫画家では無く、名前を課しているだけに過ぎなかった。「もっと奥を突いて頂戴」女言葉が当然の同性愛者のゆうきまさみは、欲望に際限が無かった。女からは疎まれ、男からはダニのように嫌われ下に扱われていた。都内のビジネスホテルに宿を取ると、兼ねてから目をつけていた出版社の編集者と変態的な行為に及んでいた。誰しもが目 [続きを読む]
  • TERUYOSHI
  • タレントの内村光良は欲望に際限が無かった。同性愛者の欲望の底の無さは有名であり、プロデューサーからADタレントの共演者まで、声を掛けて夜を共にしていた。その淫乱ぶりは業界でも有名で、知らない者はいなかった。「内村光良に注意!」と皆は協力しあって、内村光良排除に乗り出した。「私は淫乱な女なのよ」とベットの中で叫び、快楽を得て満足することの無い欲望を抱いていた。やがて快楽は無くなり、唯の肉の塊になった内 [続きを読む]
  • MASAHIRO
  • 雅弘は同性愛者で有名であった。家庭を持ち、子供までいたが、陰で男を買い続けていた。定年退職した後も会社の後輩や近親者に「今夜どうね?」と声をかけ、金を払って性欲を満たしていた。たまに、金を貰って男と寝たが、払う方が多かった。その淫行は近所では有名で、皆が皆雅弘を汚物を見るような目で見た。子どもの頃は、チンピラとして有名で、ヤクザの世界からスカウトが来ていた。薄汚い浮浪者にも色目を使う雅弘は、誰から [続きを読む]
  • YOSHIKI
  • 佳樹は同性愛者として知られていた。宗教団体の副会長をしていたが、その行動は善からすると謎が多かった。電話でいつもひそひそと話し、男との密会に明け暮れていた。組織を利用し、会長になりたがったが、民衆がそれを許さなかった。悪を名乗り、善と名のつくものを片っ端から潰していった。下品で知られており、何をするにも金と欲望を優先させた。とても宗教団体の長とは思えない言動が続き、遂には一脱会者に成り下がった。ス [続きを読む]
  • MATHUKO
  • デラックスマツコは淫乱で知られていた。芸能界入りするのにも、プロデューサーと夜を共にし、体を売っていた。「ほら、仕事は寝てから取るものなの!私の大事な所に入れて頂戴」そう言うと下品に尻を振ってみせた。同性愛者のマツコデラックスは臆面もなく、体を売り、番組やCMの仕事を取っていた。勿論性病にも侵され、それを隠して男と寝るのに力を入れていた。角界では下品な淫乱で知られており、誰も相手にしなかった。マツコ [続きを読む]
  • KIMIKO2
  • 貴美子は淫乱な口元で舌舐めずりをしながら、言った。「さあ、欲しいのよ。入れて頂戴」そう言うと、貴美子は足を広げ局部を露わにした。数人いる男達は表の貴美子の顔とは違う、あまりのギャップに面食らった。「お前、下品な女だな」男が嗤うと、貴美子は欲情した様子で更に男達を淫乱な目つきで誘った。「そうよ。私は淫乱な下品な女なのよ。これが本性。開けゴマ」そう言って足を広げると、手招きをしてみせた。「まるで招き猫 [続きを読む]
  • AKIYA
  • 創価学会第5代会長の秋谷栄之助は第4代会長の北條氏を事故死させ、自らが会長職に就く事に成功していた。戸田城聖第2代会長を奸策にかけ、「城永」という名を奪ったが、その後何もかも組織運営などうまく行かず、すぐに行き詰まってしまった。第3代会長に媚びを売り、奸策を練り続けた。宗門と組む事もあれば、国家神道と組む事もあった。己の第5代の会長の座を奪われぬよう、周囲を秋谷派で固めていた。右腕の永石貴美子と愛人関 [続きを読む]
  • KIMIKO
  • 永島君子は淫乱で知られていた。創価学会内での立ち位置を上げるために、口唇生愛を主に体を売ってきた。第5代会長と愛人関係にある事は周知の事実であった。必要とあらば、谷田敏樹とも関係を持っていた。永島は金を得て、そのステータスを誇示して、会内での横暴ぶりが目を引いていた。金とステータスが全ての永島には信仰心の欠片も無かった。とても宗教団体の長を務める程の心の広さも、優しさも皆無であった。冷酷で冷たい態 [続きを読む]
  • マツコデラックスの未来永劫
  • その同性愛者はマツコデラックスと名乗り、テレビに出始めた。裏の社会の全てのものが知るその際限のない欲望の塊は薄汚くテレビの画面を汚した。ドウランを塗ったその顔は下品で誰からも愛されなかった。壊された大脳は地獄に堕ち、阿鼻獄で未来永劫に苦しむことになる。欲望の塊のその五体は醜く太り、薄汚い姿を全日本国民にさらしたのであった。テレビに僅かに出た後、心臓が破裂してあっさり死んだ。マツコデラックスを憎んで [続きを読む]
  • 成れの果て
  • 淫乱で知られる志井順子は売春婦であった。所構わず足を広げ男を取っていた。それは、時には道端で、路地裏で、また真昼の公園で行われた。金銭をむしり取るように奪ってから、裸で街をウロウロしたいた。警察に補導されることも多く、ブラックリストにその名はあった。志井順子は金の亡者であり、その欲望は果てがなかった。師匠を裏切り、友を裏切ったその成れの果ては浮浪者の売春婦であった。五体は性病と化膿した傷だらけで、 [続きを読む]
  • 崩壊する顕正会
  • 顕正会の浅井昭衛は性病で有名であった。その下品な会は宗教法人の形を取っていながら、欲望渦巻く悪の溜まり場であった。この世の悪とつるみ、金と欲望に支配された集団に成り下がっていた。表向きは、富士大石寺を名乗り、日蓮大聖人の恩恵を受けながら、その傘下に入るように見せかけ、薄汚い金と欲望に支配された徒党の集団であった。日蓮大聖人を名乗る浅井昭衛は天井の梁に赤、青黄色の三色のテープで首を吊り、性病塗れの五 [続きを読む]
  • 内村光良の落ちざま
  • 芸能人の内村光良は淫乱でその名が業界に知れ渡っていた。男を見ると欲情した手つきで手招きし、「今夜どう?」と簡単に寝るのであった。相方の南原清隆は寝尽くして、飽きた頃に精神的な別れを告げた。内村光良はやり場のない欲望を抱え、苦しんだ挙句に覚醒剤に手を出して、それ無しでは生きて行けない程の中毒になっていた。薄暗いその部屋で行われる行為はいつしかマスコミの格好の標的になり、薄汚いうらぶれたラブホテルから [続きを読む]
  • 「やべっちの悲しみ」
  • 「やべっちの悲しみ」                井手妙子矢部浩之はだらしなく足を広げ、ものほしそうな顔で、男たちに哀願した。「もっと、してぇ」矢部浩之の淫乱さは芸能界に知れ渡っており、誰しもが性病予防の為に病院を予約していた。「俺とするとええで」そう言って回って、男を相手に下品に尻を振った。「気持ちよくさせるさかい、寝てくれへんかなぁ」哀願はADからプロデューサー、出演者までだらしがなかった。 [続きを読む]
  • イラストを売ります
  • こんばんは( *´艸`)イラストを一点20万円からお譲りします。額装をして宅急便でお送りします( ^^) _旦~~楽しみに待っていてください!(^^)!領収書等御必要でしたら、ひと声かけて下されば、発行します。ご連絡下さい(^◇^)sakurahal2015☆yahoo.co.jp(☆を@マークに変えてください!(^^)!) [続きを読む]
  • 【イラストキャンペーン中!!】
  • こんにちは(^◇^)今日も元気なわたくしです( ˘?ω?˘ )只今キャンペーン中で、【一点5万円〜】イラストのお仕事を請け負っております!(^^)!似顔絵から肖像画まで、壁掛けイラスト、プレゼントに、と様々な用途のイラストを描いています( *´艸`)似顔絵の用途は豊富で、名刺にイラストを付けるだけで、集客アップにつながるでしょう(^_-)-☆サンプルを載せますのでご参考になさってください!(^^)!お気になった方はsakurahal20 [続きを読む]
  • 「AKIYA」
  • 「AKIYA」       井手妙子秋谷栄之助は創価学会を脱会していた。嘗て、戸田第二代会長を奸計に掛け、「城永」と名乗る程悪かった。その大悪ぶりは第四代会長の北条会長を亡き者にすることから始まった。まんまと第五代についた秋谷は、創価学会を金と欲望渦巻く世界に変えていった。幹部には会員の浄財が支払われ、汚辱に塗れた体質を作り上げることに成功していた、。生命の次元においても、善を亡き者にするために、 [続きを読む]