muneyuki さん プロフィール

  •  
muneyukiさん: subbacultcha
ハンドル名muneyuki さん
ブログタイトルsubbacultcha
ブログURLhttp://muu-diary.blogspot.com/
サイト紹介文音楽と文学と映画と漫画と動物と妖怪とに囲まれて暮らす日々。
自由文ジョジョ、藤田和日朗、町田康、カートヴォネガット、pixies、逆柱いみり、西岡兄妹、夢野久作なんかが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/06/20 14:23

muneyuki さんのブログ記事

  • オガツカヅオ 『魔法はつづく』全作品の感想文
  • 待ち望んだ本が出るのは嬉しい。特に、マンガは雑誌やWEBで「事前に読んだ」というライブ感が、「いつ紙の本を手に出来るだろう」と期待を膨らませてくれます。…ただ、 オガツ先生に関しては、小学館・ぶんか社・朝日出版、と傑作を残しながらもほぼ単行本が出ておらず、うーん、出版社跨いでの単行本収録は無いよね…と諦めていたところの、劇画狼さんのパワー編集とその出版を実現したリイド社と。ありがたいやらありがたいやら [続きを読む]
  • 黄島点心『黄色い円盤』
  • 黄島点心『黄色い円盤』怖さ:☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆☆満点作品です!「出ました!」とは日野日出志『愛しのモンスター』の名台詞であるのは周知の事実ですが、「黄色い円盤が出ました!」前作『黄色い悪夢』に比べると、収録作品によりホラー度は落ちるものの、トンデモ具合、またその作品配置による「マンガ単行本としての精度」は向上しています。まず、描き下ろしの「intro」「outro」により、本自体を一つの作品として [続きを読む]
  • 祟山祟「カマドウマになった少年」
  • 祟山祟「カマドウマになった少年」怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆----------------------------------------------------------------『恐怖の口が目女』に収録。…まさか「口が目」が本になるとは…。そして、表紙とタイトルが表すほどには「ホラー」ではない口が目の、足りないホラー成分を補うかのように描き下ろし短編作品が1作。それが「カマドウマになった少年」。もうタイトルで言ってしまってるので言ってしまうと、「少 [続きを読む]
  • 吉永龍太『ムカデムラ』
  • 吉永龍太『ムカデムラ』怖さ:☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆----------------------------------------------------------------『チノミ』吉永龍太の新刊が2冊同時発売。もう片方『モンスターバンケット』は巻数「1」の表記があり、続刊がある模様。中国の試験制度・科挙にフードファイトを掛け合わせたトンデモ大食いバトルが展開されるそっちもオススメですが、トンデモっぷりだけなら本作が圧倒的です。仕事を選べぬ地下アイドル [続きを読む]
  • 川島のりかず 『中学生殺人事件』
  • 川島のりかず 『中学生殺人事件』怖さ:☆☆☆造型:☆☆状況:☆☆川島のりかず最後にして、ひばり書房ホラー漫画最後の単行本。高校受験を目前に控えた十善心は、教育ママの母・エリート志向の父・二人に乗じて自分を叱責する祖母に囲まれ、閉塞感を感じていた。友人たちは「それなり」を選ぶ中、父母から成績が下がり始めたことを理由に部活を辞めて塾に行く様言われ、休みが増えたことで部のレギュラーから外され、心はあらゆるや [続きを読む]
  • しちみ楼『ピーヨと魔法の果実』
  • しちみ楼『ピーヨと魔法の果実』怖さ:☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆「ピーヨ」なる、鳥とも人とも付かぬ謎の存在が、奇妙な目に会う・会わす・ビビる。不思議悪趣味奇譚集。ストーリーテラーかと思いきや、ピーヨ自身も決して安全な立ち位置にいつも居るわけでは無い、というところに読者は裏切られるやも。時折信じられないほどブラック、グロテスクなオチが待ち受けてたりもしますし、割と人体の保全や生命の安全は軽視されがちな漫 [続きを読む]
  • 日野日出志 『恐怖!四次元の町』
  • 日野日出志 『恐怖!四次元の町』怖さ:☆造型:☆状況:☆日野日出志版漂流教室と言いますか、マガジンに載ってた、少年誌日野日出志。朝起きると、見知った、けれども誰もいない町に自分が居る。家族を探すと、霧にお父さんが溶かされている!…と思ったらそれは夢だったのだけど、でも兄やら近所のおねーちゃんやらが居るのは別として、やはり大人が居ない、いつもとは違う町に居ることに変わりは無かった…。日野先生が珍しく「少 [続きを読む]
  • 早見純『卑しく下品に』
  • 早見純『卑しく下品に』怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆満点作品です!早見純先生には、別に『純のはらわた』というホラー単行本があり、また、かなり判別し難いとはいえ、基本路線は「エロ」にあるため、わざわざ「ホラー」として紹介・記載する必要も無いのですが、本単行本は特にその来歴・単行本群の中においても、随一の恐ろしさを誇るもの故、記録代わりに。たとえば『純のはらわた』においては、「ホラー」とすべく、 [続きを読む]
  • 川島のりかず『悪魔の花は血の匂い』
  • 川島のりかず『悪魔の花は血の匂い』怖さ:☆造型:☆状況:☆☆川島のりかずホラー…とはちょっと言い難い、サスペンス作品。資産家の娘であり、芸能人である女性。妹が似ていおり、その女性を殺して入れ替わりを図ろうとする兄妹。資産家一家、死んだ女性は元より、父・母・弟とクズばかりで救いようのない感じ、入れ替わりにも気づかなかったのだが、女性の弟だけはクズでありながらも切れ者、少しずつ違和感に気付いていき、兄妹 [続きを読む]
  • なかのゆみ『血に染まる月下美人』
  • なかのゆみ『血に染まる月下美人』怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆父が再婚、出張中の家を空けた隙を狙って、苛烈ないじめを行う継母・継子。耐えかねて(父が帰る予定が分かっているのだから、もうちょい頑張って欲しかった…)、自殺してしまうヒロイン。そこから始まる、幻術復讐譚です。この幻術攻撃の酷さになかのゆみ先生の魅力がたっぷり含まれているのですが、やられる側がもう、鬼畜生なので、酷い描写もザマァーミロ!と [続きを読む]
  • 那州雪絵『私のともだち』
  • 怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆満点作品です!花ゆめで『ここはグリーン・ウッド』を連載していた少女漫画の大家が、突如として発刊したガチのホラー漫画。旧校舎のトイレに住まう「謎の怪物」と仲良くなるも、「怪物は怪物であった」という超ブラックな表題作を始め、胸糞ホラーが6編。少女漫画家としての絵の巧みさだけに訴えず、シチュエーションも完全にホラーです。グリーン・ウッドは、ボーイズラブ気味のコメディ作品 [続きを読む]
  • 磯野こずえ『あかい誕生日』
  • 怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆磯野こずえ傑作集。とありますが、同作者のホラー(っぽい)作品集は、もう一個あるとはいえ、「ガチホラー」といえるのはコレのみ、あとは少女漫画っぽい単行本のみ。ちゃおホラーとかヤバホラのような「それと分かる表記」、一切ホラー・恐怖等表記が無く、その割に少女漫画・少女ホラー的ノリからの人体破壊の思い切りが良過ぎて、表紙から「少女ホラー」を期待して手に取った読者にトラウマを植 [続きを読む]
  • 古本酔生夢死
  • 5/19( 土)12〜22時、営業致します。17時くらいから「一人呑みながら短歌を作り始めます」。よく出来たなぁってやつは店の外壁に貼り始めます。お客様の作られたやつで、イイなぁ、ってのも貼り出したりするので、特段何かお世話が出来る訳ではないのですが、気が向いた方は一緒に短歌を作りましょう。住所:〒950-0083 新潟県新潟市中央区蒲原町1-23HP:https://furuhonmoyai.wixsite.com/moyaimail:furuhonmoyai@gmail.com営業時 [続きを読む]
  • 好美のぼる『呪いのホクロ』
  • 好美のぼる『呪いのホクロ』怖さ:☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆ホクロのみ差異があり、そっくりな金持ちの娘と貧乏な娘が、金持ちのわがままで入れ替わるも、金持ちが事故死。入れ替わったまま貧乏は金持ちの生活を満喫するも、増長したせいか、金持ちが祟り始める。…好美先生の作品は、言うて勧善懲悪的な志向がある感じがして、まぁ悪いのは貧乏な娘なんだけど、本作はちょっと腑に落ちないモヤモヤ。とはいえ、「超常存在の、容赦 [続きを読む]
  • 五島慎太郎『吸血ドラキュラ』
  • 五島慎太郎『吸血ドラキュラ』怖さ:☆☆造型:☆☆状況:☆☆☆孤児美奈は、イギリスに住むおじ宅へ向かう途中、船を丸々ドラキュラに襲われ、唯一の生還者となるも、遭難。そして彼女はドラキュラとの因縁に巻き込まれ始める…。ドラキュラが猟奇趣味なのか、結構ショッキングな殺しを見せ付けてくる。コミカライズでは無く、翻案。概して、五島慎太郎先生は、好美のぼる先生的な、「力は入ってるけどあんまり怖くはない、どちらか [続きを読む]
  • 本田真吾『彩子 黒白』
  • 本田真吾『彩子 黒白』怖さ:☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆女子高生の間に急速に広まる、最高の答えをくれるアプリ・SAiKO。アプリを使用する一部の女子高生は、オーメンばりに無残な死を遂げた。ストーリーの奥行きは無く、「一回読んだら終わり」的な雰囲気はあるものの、黒・白どちらも爽快感のある終わり方をしてくれます。同作者の『切子』を読んで面白かった方なら、ハズレなしです。誕生秘話の白、立ち向かう黒。それぞれ独立し [続きを読む]
  • 押切蓮介『サユリ完全版』
  • 押切蓮介『サユリ完全版』怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆満点作品です!念願のマイホームを手に入れた一家。けれどもその家には凶悪な悪霊が取り憑いていた…。容赦無い悪霊の理不尽さが家族を破壊していく前半、人間の力が超常を力強く乗り越えようとする後半。圧巻の構成です。『ミスミソウ』『猫背をのばして』と並び、押切先生の「対世界」が表れている作品で、「世界は理不尽と暴力に溢れているけど、猫背をのばしてし [続きを読む]
  • コブリン森口 『スラッシャー』
  • コブリン森口 『スラッシャー』怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆満点作品です!色々と酷い、ゴブリン(守口・森口)先生の成年コミック。そう、これ別段ホラー漫画じゃないんです。とはいえ、先生のコミック中でも、格段にエロより怪奇と恐怖と暴力が彩る作品。徐々に住人が悪魔に変貌し、暴力と狂気に支配されていく町。対処するためのハイパーポリスの隊員である木場は、悪魔の主軸たる「メタリオス」と闘うため、日夜、処刑人 [続きを読む]
  • 高橋葉介『マリッジ・ミーティング』
  • 高橋葉介『マリッジ・ミーティング』怖さ:☆造型:☆☆☆状況:☆☆怪奇と不条理と意図的な説明不足が演出する、色男のお見合い連続失敗談。例えば『怪談少年』、最初の巻は良かったものの、どんどん「手癖化」していく感が否めなかったので(「最近の高橋先生」を知れる嬉しさはありましたが)、これ以後の単行本はあまり期待すべきで無いかなー、などと思っておりましたが、本作は後期『夢幻紳士』ほどでないにしても、中々「連続怪 [続きを読む]
  • 古本「新人さん、いらっしゃい」
  • 4/1(日)、10-18時で営業。・新店主「もやいのぽんこたん」加入(商品のみ)。・本1点以上お買い上げの方で、新入生・新入社員・新生活スタートの方(何か直近で新しいことを始められた方。自己申告制です)に、店主オススメの文庫本一冊プレゼント。住所:〒950-0083 新潟県新潟市中央区蒲原町1-23HP:https://furuhonmoyai.wixsite.com/moyaimail:furuhonmoyai@gmail.com営業時間:金土日 12-18時(事前連絡により、左記以外の曜日・時間 [続きを読む]
  • アンソロジー:今井康絵、坂本勲等『絶対恐怖』
  • アンソロジー:今井康絵、坂本勲等『絶対恐怖』怖さ:☆☆☆造型:☆☆☆状況:☆☆☆☆満点作品です!全然1日一冊できてないし、たまに上げたかと思えば☆満点ばっかりじゃねぇか、と自分でも突っ込みたくなりますが、とはいえ、記憶に残るような作品について述べたいし、記憶に残るようなのはそうポンポン出るでなし、記憶に残るやつってやっぱ名作だと思うし…などとウジャウジャ言うとりますが、ちゃおホラーアンソロジー。中々昭 [続きを読む]
  • 古本もやい、一緒にやろうぜ!3人目の店主のお誘い。
  • こんにちは・こんばんは。書肆鯖と古本もやいをやってる石田と申します。「古本もやい」というのは、書肆鯖とフィッシュ・オン、2店舗の店主が新潟でやってる古本屋なのですが、この度店主をもう一名募集したいと思います。色々と詳しい話は記事の以下をご覧下さいまし。※2/24 追記 お話まとまったため、募集を終了致します。住所:〒950-0083 新潟県新潟市中央区蒲原町1-23HP:https://furuhonmoyai.wixsite.com/moyaimail:furuho [続きを読む]
  • 古本アサカツ!
  • 2/8(木)7時半〜18時、営業致します。「午前中に本1冊以上お買い上げの方に熱いコーヒーを1杯」。台所設備が無いので流石にモーニング的なものは出せませんが、ちょっとしたお菓子と一緒に。通勤・通学前(通り道で無いと厳しいかと思いますが)、文庫の1冊も購入して1日を始めてみるのはいかがでしょう。住所:〒950-0083 新潟県新潟市中央区蒲原町1-23HP:https://furuhonmoyai.wixsite.com/moyaimail:furuhonmoyai@gmail.com営業時 [続きを読む]