黒目 河太郎 さん プロフィール

  •  
黒目 河太郎さん: 東久留米みてある記
ハンドル名黒目 河太郎 さん
ブログタイトル東久留米みてある記
ブログURLhttp://kurome.asablo.jp/blog/
サイト紹介文東京都東久留米市の黒目川、落合川で見かける鳥や植物など、生き物を中心に写真で紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/06/21 01:37

黒目 河太郎 さんのブログ記事

  • 赤い実とジョウビタキ
  •  黒目川の護岸にピラカンサの実が垂れ下がっています。小さいものなので、食べごろになると、あっという間になくなってしまいます。今年はまだ鳥はこないかな、と思いながら眺めていると、動くものがあります。ジョウビタキのメスです。 手持ちの望遠レンズで対岸のジョウビタキをとるには短すぎます。しかし、これしかない。風景的に撮ってもジョウビタキが小さいので、鳥の写真になりません。何か方法はないかと考えていたら、 [続きを読む]
  • 水辺のスズメ
  •  いつもの黒目川。土手の枯れ枝にスズメがとまっていました。日陰です。背景の川面は反射光を受けて輝いています。うあー、逆光すぎる! 反射光の色が飛ばない程度の露出にして、あとは撮ってから調整することにしました。その結果が下の写真です。《Nikon D7100 +70mm-300mm》  [続きを読む]
  • 地べたのツグミ
  •  午前7時前、柿の木の周辺に鳥たちが集まっていました。オナガ、ムクドリ、ヒヨドリ、そしてツグミ。枝にとまって、残った柿の実をつついています。オナガはギャーギャーとうるさいこと。しかし、もっとも遠いところにいます。 地べたにでも鳥たちが動いていました。ムクドリとツグミです。そのなかに1羽だけ、私にもっとも近い場所にツグミがいました。土地の位置が高いので、私の目の高さとツグミの目の高さがほぼいっしょ。 [続きを読む]
  • 頭上を行くダイサギ
  •  午前7時40分すぎ、私の頭の上をダイサギが悠然と飛んでいきました。滑空のうな状態だったのでスピードはそれほどでもありません。ダイサギをファインダーで追いながら、体全体が収まるような感じで撮ってみました。なかなか貫禄があります。黒目川で確認できたダイサギは3羽。もう少し増えてほしい。《Nikon D7100 +70mm-300mm》  [続きを読む]
  • 尾羽を立てたセグロセキレイ
  •  黒目川にセキレイが増えてきました。いちばん多いのがハクセキレイ、セグロセキレイとキセキレイはあまり多くはいません。 早朝のできごと。セグロセキレイが下流から飛んできて、土手の枯れ枝にとまりました。カメラを構えてレンズを向けると、おもしろい動きをしています。お尻を上げて尾羽を立て、口を開けています。鳴き声は聞こえなかったのですが、鳴いていたのかもしれません。お相手を探しているのでしょうか。それとは [続きを読む]
  • シジュウカラ 青の世界
  •  黒目川で、葦をつづいているシジュウカラがいました。葦を割り、中にいる虫(幼虫?)を引っ張り出して食べてしまいます。虫を嘴にはさんでいる写真を撮るのは至難のわざ。この日も、虫を撮ることはできませんでした。 ということで、撮り方を変えました。ホワイトバランスを変えて、青い世界にしてみました。いかにも寒そうですね。《Nikon D7100 +70mm-300mm》  [続きを読む]
  • ジョウビタキ 今季初撮り
  •  黒目川の対岸から、かわいらしい鳴き声が聞こえました。ジョウビタキです。このところ、よく鳴きます。探すゆとりがないのでやりすごしてきましたが、きょうは発見する気で探しました。 橋を渡って対岸に出て、目星をつけた木に近づきました。ヒヨドリがいます。その奥に、ジョウビタキのオスがとまっていました。警戒しているのか、鳴き声をたてません。枝だらけの木にお尻を向けてとまっているので、撮りたくても撮れません。 [続きを読む]
  • 舞うコサギ
  •  黒目川にコサギが増えはじめました。10羽ほどの群れになってきました。群れといっても各自ばらばらなんですが、1つの塊にはなっています。ダイサギも1羽から2羽になりました。 ちょうど、コサギの群れに遭遇したので、短時間ですがシャッターを切りました。5分だけ。撮らないより撮ったほうがいいだろうという気にさせたのは、逆光の位置から撮れたから。羽が透けました。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]
  • 飛び去るダイサギ
  •  いつもの黒目川です。川の流れが激しい場所にダイサギがいました。水の色も濃い目の青でいい雰囲気です。じっくり撮ろうと思って、少しずつ近づき始めました。なにしろ、私の顔を見ると逃げ出す相手なので、慎重にいかなければなりません。しかし、2歩進んでカメラを構えたところで飛ばれてしまいました。ゆっくりピントを合わせている余裕なし。やぶれかぶれでシャッターを切ったら、案の定、ピントがきていませんでした。ダイ [続きを読む]
  • 落ち葉と黒猫
  •  黒目川の土手に落ち葉が積もっている場所がありました。その一角に黒いものが見えます。何かなと思ったら、黒い猫でした。近くに寄ってみると、こちらを睨んでいます。睨み返すつもりでレンズを向け、シャッターを切りました。音に反応したのか、黒猫は飛ぶように姿を消しました。撮れたのはこれ1枚。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]
  • 初冬に桜が咲いていた
  •  自宅近くにある団地の一角が、妙に賑やかでした。紅葉(黄葉)を背景に白い花が浮き出ています。木の幹には「ヤマザクラ」と書いてあります。何度か紹介したことがありますが、冬咲きの桜です。念のために見に行ったら、やっぱり咲いていました。 掃除をしている男性がいたので、「毎年咲きますねえ」と声をかけたら、「そうなんだよ」の返事。さらに続けて「春にもちゃんと咲くんだよ。夏だって咲くんだぜ。ほとんど狂い咲きだ [続きを読む]
  • ご近所の紅葉
  •  自宅近くにある雑木林の紅葉です。近所で少しは紅葉が見られるだけでもありがたいと思いながら撮りました。どんどん葉が落ちているので、最初で最後。今年は桜の葉が早く落ち切ってしまったため、黒目川遊歩道の紅葉が撮れませんでした。《OLYMPUS STYLUS SH-60》  [続きを読む]
  • ツグミ 今季初見
  •  柿の木に鳥がいました。逆光で遠かったのでヒヨドリかと思っていました。それにしては丸いなあ、と疑問もあったので、露出を合わせて写真を撮りました。モニタで確認すると、ツグミでした。12月に初めにツグミを見るのは、例年よりかなり早いです。実は、1週間ほど前、別の場所でツグミらしい鳥を見たのですが、その時は確信がありませんでした。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]
  • 原宿のスズメ
  •  用事があったので原宿駅を降り、表参道に続く道で人を待っていました。と、イチョウの葉が落ちた足元にスズメがやってきました。葉をかき分けて何かを食べています。周辺にはたくさんの人がいます。ちょこまか動いて人の足を避ける身の処し方は、いかにも都会の野鳥でした。  [続きを読む]
  • 川霧 朝日に燃えて
  •  毎年、黒目川恒例の風景です。前夜に放射冷却が起き、快晴のまま寒い朝を迎えると霧が立ち昇ります。朝日に照らされると霧がむくむくと立ち上がり、黄金色に輝きます。 毎年、定点で撮っていますが、川は絶えず変化しているので、一瞬とて同じものはありません。撮るのは難しい。露出を切り詰めれば赤は増すものの、霧自体の量感が失われます。オーバーめに撮れば霧の量は増えるものの、黄金色が消えていきます。何を優先して撮 [続きを読む]
  • スーパーマクロで遊ぶ
  •  コンデジのスーパーマクロはかなり遊び甲斐があります。「スーパーマクロ」というのはオリンパスのいい方だろうと思いますが、かなり接近して撮れるという意味合いです。スーパーマクロのまま焦点距離を移動できるコンデジもありますが、私がもっているコンデジは焦点距離固定です。 坂道の途中で、私の目の高さの場所に小型のネコジャラシのような植物がありました。背景は雑木林。都合のいいことに、西日の木漏れ日が美しい。 [続きを読む]
  • 写真展のお知らせ
  • バード・フォト・クラブの第10回写真展を開催します。11月28日から12月4日まで。午前10時から午後5時。初日は午後1時から。最終日は午後4時まで。会場:東久留米市生涯学習センター(まろにえホール)   東京都東久留米市中央町2の6の23   電話 042(478)7811   地図は、こちらから。1人あたりの作品数は3点。全体で50点ほど。私の受け付け当番は11月30日(木)の午前中です。土日は仕事のため、会場 [続きを読む]
  • 初冬のスズメ
  •  いまの時期は、葉っぱが残っている分、色があります。葉や実が落ちて色が消えてゆくと本格的な冬です。黄色の2枚は、かピントがなかなか合いませんでした。数羽並んでいたスズメが1羽に減って、やっとピントが合いました。とほほの事態でした。悪いのはカメラ? それとも腕? 答えは療法です。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]
  • おや、オオバンがいた
  •  落合川でヒドリガモを見ていたら、黒いものが動きました。カラスでもいるのか。しかし、嘴は白っぽい。オオバンでした。どことなく体が小さめに見えました。若いのかもしれません。ヒドリガモの群れの中を気軽に移動しています。お互い不干渉といったところ。葦の茂みに消えていきました。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]
  • 赤い実とスズメ
  •  東久留米市を流れる清流、落合川。狭い土手に赤い実がなっていました。ヒドリガモの写真を撮りながら、赤い実に鳥が来てくれないかなあと思っていたら、スズメたちが集団でやってきました。私のレンズではちょっと遠い。少し動いたら、みんな飛び去ってしまいました。再度挑戦。先ほどより近い場所にいて、赤い実とは反対の方向を向いてヒドリガモを見ていることにしました。案の定、10分ほどしたらスズメたちが戻ってきました。 [続きを読む]
  • ヒドリガモの水浴び
  •  何カ月ぶりかで落合川に行きました。東久留米市を流れる清流です。たいして遠くもないのに、たぶん半年ぶりくらいでした。ヒドリガモを見に行きました。北からの使者です。 ヒドリガモは毎年、落合川にやってきます。だいたい30羽くらいです。晴れてくれればよかったんですが、あいにくの曇り。水がきれいに写りませんでした。 寒い中、水浴びをしてくれたので、シャッターを切りました。黒目川には鳥がいないので、落合川にヒ [続きを読む]
  • コサギしかいない
  •   「なんで鳥がいないんだろうね」が日常会話になっている黒目川。カラスとスズメとコサギ1羽くらいしか見ません。最近はじっくり歩く余裕がないので、発見できない実力ばかりが向上する傾向であることも原因です。もう少し寒くなるのを待つしかないか。《Nikon D5200 +55mm-300mm》  [続きを読む]