西村明美 さん プロフィール

  •  
西村明美さん: パルマの食と生活
ハンドル名西村明美 さん
ブログタイトルパルマの食と生活
ブログURLhttps://marchesell.exblog.jp
サイト紹介文パルマより、美味しい物を探求します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/06/21 01:56

西村明美 さんのブログ記事

  • メリー先生の夏料理
  • 7月も中旬。メリー先生の夏のお料理をご紹介します。イチジクと松の実のカップケーキこの時期にしか採れないイチジクのカップケーキです。海の幸のニョッキお魚の出汁で茹でた美味しいニョッキです。プーリア風ソースとパルマ料理のニョッキが合体。シンプルなバカラのコロッケ。熱々も、冷めても美味しい!ヴィテッロ・トンナート元祖の味を教えていただきました。豚のフィレ肉ピスタキオ風味やわらかーいお... [続きを読む]
  • パルミジャーノ・レッジャーノの種類
  • パルミジャーノ・レッジャーノチーズにこれだけの種類があるってご存知でしたか?全部パルミジャーノ・レッジャーノなのですが、幅広いお客様の嗜好に合わせてこんなに多くの種類があるのです。すごく昔はマッジェンゴ、ヴェルネンゴと、夏に作ったチーズと冬に作ったチーズを分けていましたが、(夏のチーズは牛が外で牧草を食べるから黄色い色をしていて、冬のチーズは干し草を食べるから白っぽくて、味も違うと... [続きを読む]
  • ぶどうへの愛 
  • 自然派ワインって最近流行してます。でも流行じゃなくって、本当に哲学を持ってワイン造りをしている方たちもいます。そういう方が近くにいらして嬉しいなと思った1日でした。パルマ郊外のコロルノという街にはナポレオンの2番目の奥さんで、パルマを統治していたマリア・ルイージャが住んでいた建物があります。そこで、Festival della lentezzaスローなフェスティバルが行われていま... [続きを読む]
  • EMILIA SUR LI
  • シュール・リーってフランス語で、「澱の上」っていう意味らしいのです。10年近く前にヴァルドビアデネにあるプロセッコの生産者のところで、「シュール・リー法でワインを作ってるんだけど、クレームが来たからこの言葉は使わない」って言ってたなーっと思い出します。イタリア語で、ワイン用語が(多分)ないからシュール・リーって言ってるのかな〜?(もし間違ってたらコメントで教えてください)通常ワイン... [続きを読む]
  • ご無沙汰しました。
  • こんにちは。ご無沙汰しています。3ヶ月もお休みしてしまいました。今年の春は、4月からなかなか暖かくならず、風邪ばかりひいていました。最近やっと暖かくなって来たかと思ったら、不安定なお天気。夕方に雷、大雨。。。今年はどんな夏になるのでしょうか。さて、やっと冬眠から覚めて、動き始めています。先日、プロシュット・ディ・パルマを購入して来ました。昨年の9月から、生産者さんに保管... [続きを読む]
  • お米のサバラン
  • 先日友人が遊びに来てくれて、晩御飯を一緒に食べました。うちの夫はコテコテのパルマ人なので、パルマ料理を出せば間違いなく喜んでくれます。友人のご主人もパルマ人。パルマ料理の「お米のサバラン」を作りました。このレシピはパルマの幻のレストランと言われる「カンタレッリ」のレシピ少し変えたものです。本来なら、舌肉を使うらしいのですが、ハムで代用しました。「カンタレッリ」は、40年以... [続きを読む]
  • 寒波に備えたパルマ
  • 心配されたシベリアからの大寒波。来ました。今朝8時の気温は−6度。寒いけど、いつもの湿気のある冷た〜く体の芯から冷える寒さとは違う。家のわんこ、くまは、日向ぼっこするくらいお天気が良く、気持ちがいい。くまのお散歩でも道は凍ることなく、普通にお散歩できました。よく見ると、うちのガレージの前、公園、家の玄関前まで凍結防止の塩が撒いてありました。市がこの寒波を予想して巻いていてくれた模様です。... [続きを読む]
  • 寒波が来ています。
  • シベリアから寒波が来ています。と言う割には気温はマイナスにはなっていません。雪も降ったけど、それ程ではない。山や丘ではかなり降っているらしいけれど、昨日パルマの街はお天気で、道も乾いてた。今回の雪は、夜中に降っては、日中止んで、今の所それ程寒くないから凍らないという車を運転する人にはありがたい、比較的心配の少ない雪です。1月に日本から帰ってすぐ、ヴェネツィアから北に車で1時間の製粉会社を... [続きを読む]
  • メリー先生のお料理教室
  • ご無沙汰してしまいました。日本に帰って、美味しい日本料理に日本酒に浸り、あっという間に2月も半ばに、、、。ひさしぶりにメリー先生のお料理教室がありました。今回は4回目のリピート、岡山からいらっしゃったお料理の先生へのレッスンでした。2日間みっちり、楽しく教わりました。メリー先生はいつも、手振り身振り、笑顔いっぱいです。今回のメニューは、鯖、オレンジ、フィノッキ、紫玉ね... [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。パルマの元旦は初雪が降りました。今年の冬は例年に比較して寒い冬となっています。とはいえ、東京の気温を見ると、パルマよりさらに低いようですが、、、。みなさま、温かくしてご自愛くださいね。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 11月11日サンマルティーノ
  • 11月11日はサン・マルティーノ。ヴェネツィアではマントを羽織った騎士の姿のお菓子が売られ、子供達はお菓子をもらいに近所を回る習慣があるらしい。パルマではこの日引っ越しをすることが多いのだそう。引っ越しの日と言われる。農家は収穫を完全に終え、冬が来る前に引っ越しをする。11月11日が契約日になっていることが現在でも多いという。日本ではチーズの日らしい。昨日パルミジャーノ・レッジ... [続きを読む]
  • りんごのトルタ ダイエット編
  • 白砂糖は体に良くないらしい。キビの砂糖は簡単に手に入るから最近はそれを使ってるけど、スーパーでこんな砂糖があったので使ってみた。普通のお砂糖に比べて血糖値を上げないらしい。お菓子作りには、卵を砂糖と一緒に泡立てる調理法を使うけど、このお砂糖だといくら混ぜてもなかなか泡立たないのが難かな、、、。味は糖分控えめの自然な風味。悪くはないけど、ふんわりさせたいならきび砂糖止まりにした方... [続きを読む]
  • 秋のお料理教室
  • どうやったらいつもこんなにパワフルでいられるんだろう、、、。そして笑顔笑顔笑顔!!!こうでなくちゃね。下準備完璧。栗も茹でて皮を剥くところまで全部してくれていました。そうそう栗は山で採ってきたもの。野菜はお家の畑から。全てBIO商品を使って。体に優しいお料理を作ってくださいます。今回は、お仕事でパルマにいらした奥様と、2歳のお子さん、おじいちゃんおばあちゃんの4名様。昼食兼ねてお料理教... [続きを読む]
  • 今栗を茹でてます!日曜日に栗祭りに行ってきました。ヴァラーノ・マルケーゼというパルマ郊外の小さな町。何があるというわけではなく、焼き栗とテント張ってみんなでご飯。でもこの時期にしか見ることができない季節の行事だから、こういうお祭りがあると聞くとついつい足を伸ばしてしまう。 [続きを読む]
  • フルーツ宅配便
  • 毎週届くフルーツ宅急便。ちょっと秋らしい。ウヴァ・フラゴラ。この葡萄、日本のブドウ(子供の頃に食べてたの)に味が似てる。1kg別に頼んだので、二人じゃ食べきれないと思って、、、。古いパルマ料理のレシピ本から。こんなの作りました。スーギドゥーバ。葡萄汁と少量の小麦粉で作ります。 [続きを読む]
  • お散歩
  • 週末にお天気が良かったので、1時間ほど散歩した。胡桃が沢山落ちてたので、一つ持って帰った。中はカビてたけど、しっかり胡桃の香りがした。胡桃の上にあるのは、栗に似た実。でも渋皮もないし、栗のイガがなかったし不思議な実。お天気の良い日はお散歩をすると気持ちがいい。 [続きを読む]
  • 秋も深まる
  • 9月の半ばが過ぎ、肌寒く感じる日も出てきました。寒がりの私は、そろそろブロードを使ったお料理、スープで体を暖めたく、昨日今年初のカペッレッティ(アノリーニ)を食べました。レストランとか文献では、パルマではアノリーニと呼ぶと書いてありますが、地元では一般的にはカペッレッティと呼んでます。。。なので私はカペッレッティと呼んでいます。パルマの外れ、マントバよりの街ソルボロのさらに外れのIL... [続きを読む]
  • 秋のアペ
  • 雨。。。寒い。。。13度。。。先週末のカラブリアでの32度からパルマに帰ってきたら、いきなり20度の差。これは一昨日32度の海岸。10月半ばの気温らしいです。(クラテッロできるね)いきなり秋になったので、赤ワインが恋しくなった。porta del vento社のペッリコーネというシチリアの土着品種のワイン。(何年か前にシチリアで生産者さんより購入)ヴェネト州北のアウロンツ... [続きを読む]
  • 昨日の朝。9月に霧なんて、何年ぶり???今年は夏がめちゃくちゃ暑かったけど、9月に入って雨が降るようになって、いきなり涼しくなった。。。ところで、ここのところ白いご飯を食べることが多い。夫がスポーツダイエットをしているので、その影響もあるんだけど。いつも茹でたイタリア米にパルミジャーノ・レッジャーノとオリーブオイルと胡椒。今日は、彼のお弁当(タッパーにお米だけ)の残りご飯に梅... [続きを読む]
  • メリーさんちのご飯
  • もう1週間も前になるんですけど、、、。メリー先生のお料理教室で、10時間レッスンがありました。通常4品のお料理に加えて、手打ちパスタ(棒で伸ばすレッスン)プラス、パルマ料理ということで、プンタ・ディ・ヴィテッロ。このお料理はあまり夏場にはしないのですが、どうしてもパルマ料理をということで、メリーさんは前日から準備して待っていてくれました。夕食には、ご主人とお子さんも一緒に、レッスン... [続きを読む]
  • 6月の日曜日
  • visciole sotto spiritoスミノミザクラってご存知ですか?私はイタリアでアマレーナというグミとさくらんぼのあいのこみたいな実のジャムが大好きなので、今までも何度か作りました。こんな木になっています。パルマ郊外の丘にさくらんぼ狩りに行って、4kg収穫して来ました。今年はリキュール漬けも作ってみました。知らなかったのですが、パルマでは昔から家庭でよく作られていたのだそ... [続きを読む]
  • lambrusco festival ランブルスコフェスティバル
  • 今年もランブルスコフェスティバルの時期がやってきました。私たちランブルスコを見守るグループOSSERVATORIO DEL LAMBRUSCOが毎年初夏から夏の終わりにかけてやっているランブルスコフェスティバル。今年は96のランブルスコ生産者が参加してくれました。モデナ、レッジョエミリア、パルマ、マントバ近郊で作られるランブルスコ。あら、パルミジャーノ・レッジャーノの生産地とほぼ同じ。。... [続きを読む]
  • 静岡でパルマ祭
  • 以前、パルマのお料理と食材の研修でパルマにいらした静岡のレストラン、イル・カスターニョの稲見シェフと一緒にレストラン12周年記念として「パルマ祭」を開催させていただきました。お客様はレストランのお得意様。2日間、満員御礼の素晴らしい会となりました。パルマの食ということで、お客様はプロシュットディ・パルマとパルミジャーノ・レッジャーノを期待されていました。昔はパルミジャーノ・レッ... [続きを読む]
  • 癒しconforto
  • 予期しない訪問者。霧のパルマ。体の心から冷える寒さ。霧はたまにはロマンチックなのだけど、住んでいるといつもそう思えない。実際この時期鬱になる人も多いそう。家から出るのがおっくうになります。もちろんクマも癒してくれますが、、、。いつも寝てる。。。きのうリビングの採光窓に陰が、、、。カーテンを開けると近所のジジ。家で一休みかい?ちょっと癒された瞬間でした。 [続きを読む]